【夜会話】アリーゼ(アティVer.)

スポンサーリンク
Kir様/ふぇんりる様

第2話 陽気な漂流者

アリーゼ
「まだ信じられません
まさか、海賊の仲間になるだなんて・・・」
アティ
「やっぱり納得できない?アリーゼちゃん」
アリーゼ
「ごめんなさいっ!?そんなつもりじゃあないんです・・・っ
ただ・・・ 私、不安で・・・」
アティ
「うん・・・」
アリーゼ
「さっき、ソノラさんとお話して、感じました
あの人たちも、私たちと何も変わらないって
だから、私も信じたい 不安だけど・・・私、そう思ってます」
アティ
「そっか・・・」
アリーゼ
「ふぁ・・・っ」
アティ
「ほら そろそろ眠ったら? 久しぶりのベッドなんだから」
アリーゼ
「あ、はい・・・ おやすみなさい、先生」
安心して・・・ 何があっても、私は約束を守るからね・・・

第3話 はぐれ者たちの島

アリーゼ
「あんまりです・・・」
アティ
「まだ、怒ってるの?」
アリーゼ
「だって・・・!先生が助けてくれたおかげなのに・・・
あの人たちお礼も言わないなんてひどいです・・・」
アティ
「いいんですよ 私が好きでやったことなんですし」
アリーゼ
「本当に優しいんですね 先生は・・・」
アティ
「そ、そうですか?」
アリーゼ
「どうして・・・そんな風に、他人を信じられるんですか?」
アティ
「えっと・・・改めて聞かれると答えに困っちゃうなあ」
これが私にとっては当たり前のことだから ・・・かな?

第4話 海から来た暴れん坊

アティ
「話したいことってなにかな?」
アリーゼ
「あの・・・謝りたくて・・・
私、さっきから態度が悪いですよね?」
アティ
「気にしてないよそんなこと
うん、誰だって機嫌の悪い時はあるもの」
アリーゼ
「・・・っ
なら・・・いいんです・・・」
アティ
「アリーゼちゃん?」
アリーゼ
「・・・おやすみなさい」
アティ
「あ・・・」
アリーゼちゃん・・・ やっぱり、様子がおかしいです

第5話 自分の居場所

アティ
「本当に、私って 貴方のこと、泣かしてばっかりだよね・・・」
アリーゼ
「いえ・・・悪いのは、泣き虫の私ですよ!?」
アティ
「それでね、学校のことなんだけど・・・」
アリーゼ
「あ、それは続けるべきですっ!
みんな、先生の授業を楽しみにしてるって思うし、先生もすごく楽しそうだったですし
続けるべきですっ!
私は、もう平気ですし あ・・・でもですね! できたら、その・・・
私の授業は、それとは別にやってほしいとは思ってます、ですっ」
アティ
「あはは、なんか・・・ものすごく、しゃべるようになったね?」
アリーゼ
「あ、ごめんなさい!?あうう・・・っ」
アティ
「わかりました なんとか、がんばってそうしてみますね」
アリーゼ
「はい・・・」
忙しくなりそうだけど でも、この子のためにがんばらなくっちゃ!

第6話 招かざる来訪者

アティ
「アリーゼちゃんも、最近はみんなとよく話すようになって来てますね?」
アリーゼ
「はい、でも・・・
まだまだ、 私は先生みたいに上手におしゃべりできてませんね
自分のことばかりはなしちゃうか、それとも一方的にお話を聞くだけか
気をつけていますけどそうなっちゃうんです
いっぺんに、どっちもできなくて・・・
あ、あの・・・っ これって、もしかして私だけでしょうか?
普通の人なら、こんな当たり前のこと、気にしたりしないってことなんでしょうか!?」
アティ
「そんなことないわよ 誰だって、最初はそんなものですし
私だって、子供の頃はすごく口下手でね、言いたいことの半分も言えなかったのよ」
アリーゼ
「先生が?」
アティ
「うん、だから気にしなくてもいいの
それに、大事なのは、うまく話せるかよりも、話そうって気持ちのほうじゃないかな
話をすることをやめちゃったら そこから先に進めない
私はそう思ってます」
アリーゼ
「そ、そうですよね?」
アティ
「ええ、そうですとも」
話し続ければ きっと、そんな心配も自然に消えていくから がんばって・・・

第7話 すれ違う想い

アティ
「アリーゼは最近、ファルゼンとよく一緒にいますね」
アリーゼ
「はい・・・でも、それは最近ってわけではないんですよ」
アティ
「え?」
アリーゼ
「先生たちに混じって私が戦いに参加するようになった時から
あの人は、私を気にかけてくれてました
危なくないように近くで見守っていてくれたり・・・
平気か、って 声をかけてくれたり」
アティ
「そうだったんですか」
アリーゼ
「それがきっけかで 私から、おしゃべりをしに行くようになったんですよ」
アティ
「でも・・・ ファルゼンって無口だから、話していて困ったりしない?」
アリーゼ
「そんなことないですよ
それは、たしかにあの人は無口で私がしゃべってばかりに見えますけど・・・
でもでもっ、ちゃんとファルゼンさんも、仕草なんかで答えてくれるんですよ
よく見ていないと気づきにくいですけど」
アティ
「へぇ・・・」
言葉のやりとり以外でも、気持ちを伝える方法って、あるんだね

第8話 卑怯者

アリーゼ
「起こしてしまってごめんなさい・・・」
アティ
「ううん、もう目は覚めてたから」
アリーゼ
「喉、乾いてますよね?
果物のジュース・・・私が作ったから、上手じゃないですけど・・・」
アティ
「そんなことないよ すごく美味しいです」
アリーゼ
「よかった・・・」
アティ
「ずいぶん、みんなに心配かけちゃったみたいですね」
アリーゼ
「・・・」
アティ
「大失敗だなあ・・・
なにがあっても倒れたりなんかしないつもりだったんだけど」
アリーゼ
「つもりじゃあ・・・困ります・・・っ!」
アティ
「アリーゼ?」
アリーゼ
「もっと、自分のこと大切にしてください! じゃないと・・・っ
私たち、ちっとも安心できないですよ これじゃあ・・・っ」
アティ
「そうだよね・・・
倒れちゃったら、もう誰かを守ることさえできなくなっちゃうんだもんね」
子供たちを不安にさせるようじゃ 先生失格ですね うん・・・

第9話 先生の休日

アリーゼ
「せっかくのお休みだったのに最後にあんなことになってしまうなんて・・・
ジャキーニさんたちも、もう少し考えて行動してほしかったですよ まったく・・・」
アティ
「ず、ずいぶんとご機嫌ナナメね アリーゼ・・・」
アリーゼ
「当たり前ですっ!
だって、こんな機会 次にまたあるかなんてわからないんですよ?」
アティ
「まあまあ・・・機会だったら、また作ればいいじゃない?」
アリーゼ
「本当に・・・
本当に、そんなことができるんですか?」
アティ
「え?」
アリーゼ
「私たちがこの島にいられる間に 本当にまた、こんな時間がもてますかっ?」
アティ
「それは・・・」
アリーゼ
「ごめんなさい・・・っ でも、私・・・っ
毎日が楽しいほど どんどん、こわくなってきてるんです
いつか、みなさんとお別れしなきゃならなくなる日のことが・・・」
アティ
「アリーゼ・・・」
アリーゼ
「わかって、ますっ 私は、軍学校に入って、立派なお婿さんを見つけて・・・っ
お父様たちを、喜ばせてあげなくちゃ・・・っ でも、でも・・・っ!
私は、みんなとお別れしたくないっ!!
ずっと、ここにいたい みんなと一緒がいい ずっと・・・っ!
先生の生徒のままでいたいの・・・っ
っく、う、うう・・・」
アティ
「泣かないで、アリーゼ」
アリーゼ
「ごめんなさい・・・
でも、こわいの・・・ みんなと、先生と離ればなれになったら
きっとまた、私は昔の私に戻ってしまう そんな気がして・・・」
アティ
「ダメだよ
それが、甘えだってことわかってて、貴方は口にしているよね?」
アリーゼ
「・・・っ!」
アティ
「ひどいこと言ってごめんね・・・だけど貴方は前に言ったでしょう?
自分にウソをついて生きるのは、もう止めにするって」
アリーゼ
「は、い・・・っ」
アティ
「だったら、都合の悪いことにだって、目を背けたらダメ そうでしょう?」
アリーゼ
「先生・・・」
アティ
「島に残るのも、軍学校に行くのも貴方が自分で決めればいい
ただ、逃げる気持ちでそれを選ぶことだけは絶対にしちゃダメ!
きっと、後悔するから
・・・わかるよね?」
アリーゼ
「はい・・・ごめんなさい、先生」
アティ
「うん、わかってくれればそれでいいの・・・」
大丈夫・・・貴方は、自分が思っているほど、弱い子じゃないんだから・・・

第10話 もつれあう真実

アリーゼ
「剣に操られてしまった時の先生は、本当にこわくて たまりませんでした
あのまま、先生が先生じゃなくなってしまうんじゃないか すごく心配で・・・」
アティ
「・・・正直に言うとね 私も、もうダメかなって思っちゃいました
でも、みんなが必死に声をかけてくれたから がんばれたんです」
アリーゼ
「そう言ってもらえるのは、うれしいんですけど
ああいう無茶は もう、絶対にやめてくださいね
先生は平気かもしれないけど 私はそのたびに、泣いてしまうんですから」
アティ
「もしかして 怒ってます?」
アリーゼ
「ええ、怒ってますよ」
アティ
「うわぁ・・・」
アリーゼ
「そもそも、いつだって無茶をするほうより無茶をされるほうが疲れるんですよ
先生は心配かけるばかりで 心配するほうの立場になったことがなさすぎです
試しに、私が無茶をやってみましょうか? ああ、そうですね いいかもしれません
もっとも、私に先生と同じだけの能力があるわけないから きっと本当に危険ですけど
でも、そのほうが心配する身のつらさが何十倍にもなりますね ああ、いいかもです
そうでもしないと先生みたいな人には毒にも薬にもならないと確信でき・・・」
アティ
「わかりました!わかりましたから!
ごめんなさい・・・先生が、悪かったです」
アリーゼ
「わかってくれれば いいんです」
アリーゼって 実は、ものすごく怒らせるとコワイのね

第11話 昔日の残照

アリーゼ
「やっぱり、簡単には封印できたわけじゃなかったんですね」
アティ
「ええ、油断していたわけじゃなかったけど、ちょっと危なかったですね」
アリーゼ
「だとすると、さっきの赤い光は・・・」
アティ
「ええ、封印が完全じゃなかったせいかもしれません」
アリーゼ
「どうするんですか?これから・・・」
アティ
「遺跡の調査は、護人の二人に任せて、まずは帝国軍と決着をつけるつもりです
じゃないと、仮に封印が成功しても 意味がないですしね」
アリーゼ
「そうですよね」
アティ
「無茶して、また 貴方に叱られたくないしね」
アリーゼ
「あ・・・」
みんなの気持ちを無駄にしないためにも 今は、とにかく前に進まなくちゃ!

第12話 黄昏、来たりて

アティ
「すこしは、落ちついてきました?」
アリーゼ
「・・・・・・」
アティ
「無理もないですよ あんな光景を目の前で見せられたんだもの
あれは・・・ひどすぎました・・・」
アリーゼ
「笑っていましたよね あの人たち・・・
あんなにひどいことをしながら笑ってた・・・
苦しんでる人たちを大声で笑って・・・」
アティ
「アリ・・・」
アリーゼ
「どうしてなのっ!?
あそこまでしなくちゃいけないんですか!?
あれが、戦争ってものなんですか!?」
アティ
「・・・」
アリーゼ
「だったら、イヤです! 私、軍人になんてなりたくない!!
信じられない・・・ 笑顔で人をだましたり、傷つけることができるなんて・・・っ
私にはできません!」
アティ
「アリーゼ・・・」
アリーゼ
「うっ、うう・・・っ」
貴方の言うとおりよ いやだよね?こんなのって・・・

第13話 断罪の剣

アリーゼ
「もう一本の剣が あの人の手に渡っていたなんて・・・」
アティ
「驚いちゃったよね こんな形で目にすることになるなんて」
アリーゼ
「今までは、私たちは 先生の剣の力をずっと、間近で見てきました
すごいと思ってた これなら、どんな悪い人が出てきても平気だって・・・
だけど、その力を向けられた今は 正直、こわい」
アティ
「アリーゼ・・・」
アリーゼ
「使い方ひとつで 同じ力でも、全然違うものになってしまうなんて
先生が、剣の力を恐れていた気持ち、やっとわかった気がします・・・」
アティ
「だいじょうぶです
なにがあっても、イスラは 私が止めてみせますから」
アリーゼ
「先生・・・」
アティ
「全部、終わらせます そしたら、なにもかも全部封印しちゃいましょう
悲しいことも、こわいことも これ以上、戦うことのないように」
アリーゼ
「うん・・・」
貴方たちが、ずっと笑顔でいられるように・・・

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

アリーゼ
「やりましたね、先生!これでもう、無色の派閥なんてこわくなんかありませんよ」
アティ
「ええ、みんなが私に力を貸してくれたおかげです」
アリーゼ
「あとは、イスラの手からもう一本の剣を取り戻せば戦いも、終わりなんですよね」
アティ
「ええ、だけど間違いなく今までで、一番きつい戦いになるでしょうね・・・
心も、身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ きっと、彼には勝てない」
アリーゼ
「だいじょうぶです!
だって、今の先生は あの時みたいに、一人きりで戦うんじゃないもの
みんなの想いを、剣に束ねて笑顔のために戦うんだもの 魔王にだって負けないです!」
アティ
「アリーゼ・・・」
アリーゼ
「絶対、勝ちましょうね みんなが、笑っていられる場所を、取り戻すために」
アティ
「ええ、そうよね!」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

アリーゼ
「やりましたね、先生! これでもう、無色の派閥なんてこわくなんかありませんよ」
アティ
「ええ、みんなが私に力を貸してくれたおかげです
とくに、アリーゼ 貴方がいなかったら、きっと私は立ち上がれなかった
貴方の言葉が勇気づけてくれたから・・・
私は、本当に自分が守りたかったものを、見つけることができたんだと思うの
ありがとう・・・ 本当に、感謝してるよ」
アリーゼ
「あ、いえ・・・こちらこそ・・・どういたしまして・・・
だけど、私のしたことなんて 先生が今まで、してくれたことと比べたら、なんですし・・・
だから、気にしないでください 私、困っちゃいます・・・」
アティ
「そっか・・・」
アリーゼ
「あとは、イスラの手からもう一本の剣を取り戻せば 戦いも、終わりなんですよね」
アティ
「ええ、だけど間違いなく 今までで、一番きつい戦いになるでしょうね・・・
心も、身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ きっと、彼には勝てない」
アリーゼ
「だいじょうぶです!
だって、今の先生は あの時みたいに、一人きりで戦うんじゃないもの
みんなの思いを、剣に束ねて笑顔のために戦うんだもの 魔王にだって負けないです!」
アティ
「アリーゼ・・・」
アリーゼ
「絶対、勝ちましょうね みんなが、笑っていられる場所を、取りも戻すために」
アティ
「ええ、そうよね!
それが終わったら いよいよ、この島ともお別れだね・・・」
アリーゼ
「あの、先生・・・ そのことですけど・・・
やっぱり、私・・・ ずっと、この島にいたいって思ってるんです・・・」
アティ
「え・・・」
アリーゼ
「逃げるつもりで言ってるんじゃないの!
よく考えて・・・決めたんです・・・
昼間に話しましたよね? 私は、先生みたいな軍人に憧れていたって・・・」
アティ
「うん・・・」
アリーゼ
「先生と出会って、一緒にこの島で暮らして 私、改めて思ったんです
私が本当になりたかったのは 先生みたいな軍人じゃない
先生みたいな人間になりたかったんだって!」
アティ
「アリーゼ・・・」
アリーゼ
「だったら、軍学校に行くより 先生の側にいて、色々と教えてもらったほうがいい・・・
勉強だって、戦い方だって 先生に教えてもらったほうが絶対、いいはずです!
だから、私・・・」
アティ
「うん・・・貴方の言っていること よく、わかるよ・・・
でもね・・・それだけじゃ、貴方の考えに 私は、賛成できないよ」
アリーゼ
「!?」
アティ
「私も、話したよね? 貴方の家庭教師になるって決めた理由を・・・
昔の私と、貴方は・・・どこか似ている、って」
アリーゼ
「あ・・・」
アティ
「だけど、今はもう違う 貴方はびっくりするぐらいに優しくて、強い子になって
私も、昔の私とは違ってきた みんな、少しずつ変わっていってるの」
アリーゼ
「でも・・・っ」
アティ
「貴方は、貴方よ 同じ経験を重ねたって 絶対、私にはなれないもの
私が、貴方になれないように」
アリーゼ
「先生・・・」
アティ
「憧れてくれるのはうれしいよ でも、自分のことだから私は私のイヤな部分もわかってる
そして、それ以上に・・・
先生という立場だったからこそ 貴方の持っている、貴方だけの魅力が、よくわかるの」
アリーゼ
「私だけの、魅力・・・」
アティ
「だからこそ、私は そんな貴方の素敵な部分を大切に育ててほしいって思う
私たちだけじゃない 色んな人と出会って、色んなことを経験してほしいの
決めるのは、それからだって遅くはないよね?」
アリーゼ
「は、はい・・・」
アティ
「あわてなくてもいいの 貴方はまだ、最初の一歩を踏み出したばかりだもの
迷ったり、疲れたら いつだって、頼りにしてくれればいい
貴方が大人になっても この先、選んだ道が分かれることになっても・・・
私はずっと・・・貴方の先生だもの・・・」
アリーゼ
「は、はい・・・っ ありがとう、先生・・・っ
先生に会えて、私・・・本当によかった・・・」
アティ
「アリーゼ・・・」

エンディング(好感度・通常)

アリーゼ
「明日の書きとり試験の問題作ってみたんですけど・・・どうでしょうか?」
アティ
「そうだね・・・こことか、ここの部分とかちょっと難しくない?」
アリーゼ
「うーん・・・試験の問題作りって 結構、大変なんですねえ」
アティ
「簡単すぎると意味がないし 難しいと、みんなのやる気がなくなっちゃうものね」
アリーゼ
「試験を受ける立場の時は考えてみたことも無かったですけど・・・
問題作りとか、採点とか 大変なのは、先生も同じだったんですね」
アティ
「でも、そのぶんだけ生徒たちのがんばりを見るとうれしくなるでしょ?」
アリーゼ
「それ、よくわかります!
マルルゥが、かけ算を暗唱できるようになった時は ホント、うれしかったし」
アティ
「そういう喜びがあるから先生って、やめられなくなるんですよねえ・・・」
アリーゼ
「ゲンジ校長が言っていたとおりでしたねえ・・・」
アティ
「次の季節の巡りからは他の子供たちも、学校に来るかもしれないよ」
アリーゼ
「ホントですか!?」
アティ
「うん、ユクレス村や風雷の郷のお母さんたちが、ミスミさまにお願いしに来るんだって
そのためには、私たちも もっと、がんばらないとね」
アリーゼ
「それじゃあ、私も早く見習いを卒業して、一人前の先生にならなくっちゃ!」
アティ
「その意気、その意気♪」
これからも、ご指導よろしくお願いします 先生・・・あ、じゃなくって、先輩!

エンディング(好感度・大)

アリーゼ
「明日の書き取り試験の問題 作ってみたんですけど・・・どうでしょうか?」
アティ
「そうだね・・・こことか、ここの部分とか ちょっと難しくない?」
アリーゼ
「うーん・・・試験の問題作りって 結構、大変なんですねえ」
アティ
「簡単すぎると意味がないし 難しいと、みんなのやる気がなくなっちゃうものね」
アリーゼ
「試験を受ける立場のときは考えてみたことも無かったですけど・・・
問題作りとか、採点とか 大変なのは、先生も同じだったんですね」
アティ
「でも、そのぶんだけ 生徒たちのがんばりを見るとうれしくなるでしょ?」
アリーゼ
「それ、よくわかります!
マルルゥが、かけ算を暗唱できるようになった時は ホント、うれしかったし」
アティ
「そういう喜びがあるから先生って、やめられなくなるんですよねえ・・・」
アリーゼ
「ゲンジ校長が言っていたとおりでしたねえ・・・」
アティ
「次の季節の巡りからは 他の子供たちも、学校に来るかもしれないよ」
アリーゼ
「ホントですか!?」
アティ
「うん、ユレクス村や風雷の郷のお母さんたちが、ミスミさまにお願いしに来てるんだって
そのためには、私たちも もっと、がんばらないとね」
アリーゼ
「それじゃあ、私も早く 見習を卒業して、一人前の先生にならなくっちゃ!」
アティ
「その意気、その意気♪」
アティ
「だけど、こうして星空を見あげていると、すごく実感できるね・・・
本当に、私たち・・・帰ってきたんだなあ、って」
アリーゼ
「それは、私だって同じ気持ちですよ
不思議ですよね・・・
軍学校の宿舎で、さみしくなっちゃうた時、真っ先に思い浮かんできたのは
マルティーニのお屋敷じゃなくて、ここでの思い出ばかりでした・・・」
アティ
「そっか・・・」
アリーゼ
「あ!?もちろん お屋敷のこと、キライだなんて思ってないですよ!
私のワガママを許してくれたお父さまには、本当に感謝をしてますし・・・」
アティ
「やりたいことをやりなさい・・・そう言って、笑顔で送り出してくれたものね」
アリーゼ
「ええ、ですから、私 がんばって、絶対に立派な先生になってみせますよ
胸を張って、お父さまに報告できるよう、自分の進んだ道で幸せになるんですから!」
アティ
「うん・・・」
アリーゼ
「まだまだ、私は子供ですし 色々、迷惑をかけちゃうかもしれませんけど・・・
いつかは、先生と同じように 誰かを守ってあげられる大人になりますから・・・
だから・・・先生・・・
これからも、よろしくご指導、お願いします!」
アティ
「うん・・・こちらこそ、よろしくね アリーゼ・・・」
アリーゼ
「はい・・・」
貴方の生徒になれたから私、自分のことが好きになれました。ありがとう先生
「貴方の隣で」

コメント

タイトルとURLをコピーしました