イベントバトル会話(~最終話)

第9話 先生の休日

VS海賊ジャキーニ一味

[開始直後]
ジャキーニ
「いくぞ、野郎どもっ! 戦争じゃああぁっ!!」
手下
「へい、船長!!」
[自2ターン目]
アルディラ
「サモナイト石をくすね取られるなんて
これだから男の一人暮らしは! ぶつぶつ・・・」
ミスミ
「いい歳をして身を固めぬから! ぶつぶつ・・・」(戦闘未参加でもあり)
ヤッファ
「もう勘弁してくれ・・・ マジで・・・」
[メイメイ VS ジャキーニ攻撃直前]
メイメイ
「はぁ~い♪ 元気してたかにゃ~?」
ジャキーニ
「ぎゃひいぃっ! なんで今日に限ってこんな豪華メンバーなんじゃい!?」
[マルルゥ VS ジャキーニ攻撃直前]
マルルゥ
「さあ、ヒゲヒゲさん! おしおきするです!」
ジャキーニ
「ひゃあっ、出たっ!?
フ、フン! じゃが、そんなナリで何ができるって言うんじゃい!?」
マルルゥ
「むむむむーっ! マルルゥのとっておきをみせてあげるです」
[アリーゼ VS ジャキーニ攻撃直前]
アリーゼ
「せっかく楽しい休日だったのに・・・
せっかく楽しい休日だったのに・・・ せっかく楽しい休日・・・」
ジャキーニ
「ひいぃぃっ!? ワシ、もしかして絶体絶命っ!?」

第9話サブ 乱れた振り子

VSクノン

[開始直後]
レックス
「俺を止めたいのなら本気になってみろ、クノン!」
クノン
「うああぁぁぁっ!!」
アティ
「私を止めたいのなら本気になってみなさい クノン!」
クノン
「うああぁぁぁっ!!」
[自2ターン目]
アルディラ
「あの子の身体、本当に酷い状態・・・
このまま暴走を続ければじきにクラッシュしてしまうわ・・・!」
レックス
「そんな!? だったら急がないと!
(・・・だけど、うまく 加減して戦わないと クノンの身体が・・・)」
アルディラ
「あの子の身体、本当に酷い状態・・・
このまま暴走を続ければじきにクラッシュしてしまうわ・・・!」
アティ
「そんな!? だったら急がないと!
(・・・だけど、うまく加減して戦わないとクノンの身体が・・・)」
[アルディラ VS クノン攻撃直前]
アルディラ
「クノン・・・」
クノン
「アルディラ様・・・許して・・・」

第10話 もつれあう真実

VS海賊の亡霊

[開始直後]
幽霊キャプテン
「我らの命、我らの誇り これを汚す者に・・・
死の呪い、あれ!!
死の呪い・・・あれ!!」
ジャキーニ
「ひいぃーっ! な、なんべんも言わんでも聞こえとるわいっ!」

VS亡霊召喚師

[開始直後]
カイル
「邪魔者はまとめてぶっちめてやるぜ!」
亡霊兵士
「ウオォォォォォン!!」
[自2ターン目]
ソノラ
「もぉーっ! うじゃうじゃと気味が悪いよ…!」
カイル
「なぁに、一人一匹ずつぶっ倒していけばすぐだろ! いくぜえぇっ!!」
ソノラ
「ええーっ!? ちょっと、アニキ!?」
[全員敵を1人ずつ撃破後]
ソノラ
「よおっし! これで全員ノルマ達成だね」

VSイスラ率いる帝国軍

[開始直後]
イスラ
「いい機会だし・・・せっかくだからその剣、この場でもらっていくよ!!」
[自2ターン目]
ヤード
「皆さん、気を付けて下さい あの召喚師・・・ 何か狙っています!」
スカーレル
「だったら、やられる前にやるだけよ!」
[主人公 VS イスラ攻撃直前]
イスラ
「仲間とかいっても 所詮はこんなものってことさ 簡単にいがみあい傷つけあう
あははははっ♪ なんて、くだらない連中なんだろうねぇ?」
レックス
「イスラ・・・ その言葉、取り消してもらうぞッ!!」
イスラ
「あはははっ 力ずくでやってみなよッ!」
イスラ
「仲間とかいっても 所詮はこんなものってことさ 簡単にいがみあい傷つけあう
あははははっ♪ なんて、くだらない連中なんだろうねぇ?」
アティ
「ひどい・・・ 今の言葉、取り消してください!」
イスラ
「あはははっ 力ずくでやってみなよッ!」

第11話 昔日の残照

VSアズリア率いる帝国軍

[開始直後]
アルディラ
「苦労をかけたわね でも・・・もう、私は迷ったりしないから!」
ファリエル
「はい、義姉さん! 一緒に守りましょう あの人の愛した全てを!!」
キュウマ
「許してください 自分はずっと、貴方の抱えていた苦しみを・・・」
ヤッファ
「気にするこたぁねぇよ 単に、オレが意地を張ってたってだけさ?」
[自2ターン目]
ナップ
「せっかく、剣を封印したのに
帝国軍め・・・
いくぞ、アール!
オレたちの力で、あいつらを追い払ってやるんだ!!」
ベルフラウ
「せっかく剣を封印したのに・・・
いくわよ、オニビ!
私たちの力で、あいつらをぎゃふんと言わせてやるんだから!!」
アリーゼ
「せっかく 剣を封印したのに・・・
力を貸して、キユピー! 私たちの力で、帝国軍を 追い払いましょう!!」
ウィル
「せっかく、剣を封印したのに 帝国軍め・・・
いこう、テコ! 僕たちの力で、あいつらをあきらめさせるんだ!!」
[自3ターン目]
レックス
「(剣のことをあきらめさせるには、圧倒的な力の差を見せつけるしかない・・・)
わかってくれ、アズリア・・っ」
アティ
「(剣のことをあきらめさせるには、圧倒的な力の差を見せつけるしかない・・・)
お願い、アズリア わかって・・・っ」
[友達召喚獣のEランク術を3回以上使用]
ナップ
「どうだっ!! やったぜ、アール!」
ベルフラウ
「やったわ! ありがとう、オニビ!」
アリーゼ
「ありがとう、キユピー!」
ウィル
「よしっ! テコ、やったよ!」

第12話 黄昏、来たりて

VSヴァルゼルド

[開始直後]
クノン
「機体を破壊しましょう さもなくば、被害は拡大するばかりです」
レックス
「・・・っ」
クノン
「・・・いきます!!」
クノン
「機体を破壊しましょう さもなくば、被害は拡大するばかりです」
アティ
「・・・っ」
クノン
「・・・いきます!!」

VS帝国軍

[開始直後]
レックス
「命を奪い合う以外の方法で 俺は・・・
この戦いに、決着をつけてみせる!!」
アティ
「命を奪い合う以外の方法で 私は・・・
この戦いに、決着をつけてみせます!!」
[自2ターン目]
アズリア
「かかってこい、レックス! 幕引きには・・・私とお前こそがふさわしい!!」
レックス
「わかった・・・ だけど・・・ オレはまだあきらめていないから!!」
アズリア
「かかってこい、アティ! 幕引きには・・・私とお前こそがふさわしい!!」
アティ
「わかりました・・・ だけど・・・私はまだあきらめた訳じゃありません」
[イスラ VS 主人公攻撃直前]
イスラ
「おっと 姉さんのところには行かせないよ!」
レックス
「邪魔だ、イスラ! おまえにかまってるヒマはないんだ!」
イスラ
「おっと 姉さんのところには行かせないよ!」
アティ
「邪魔です! あなたにかまっているヒマはないんです!」
[アズリア VS 主人公攻撃直前]
アズリア
「決着をつけるぞ、レックスッ!!」
レックス
「・・・ああ」
アズリア
「決着をつけるぞ、アティッ!!」
アティ
「ええ・・・そしてそこから始まるんです!」

VS無色の派閥

[開始直後]
イスラ
「あははははっ! 力ずくで、君の綺麗事とおしてごらんよ!?」
[自2ターン目]
アズリア
「まだ動けるか、ギャレオ? 動けるなら力を貸せ! 奴らを叩くぞ!」
ギャレオ
「・・・任務、了解!!」
アズリア
「一人たりとも許しはしない!!」
[スカーレル VS 暗殺者攻撃直前]
暗殺者
「シャアアアアッ!!」
スカーレル
「ずっと忘れてたかったけど・・・無理よね、やっぱ」
[暗殺者 VS ヤード攻撃直前]
暗殺者
「シャアアアアッ!!」
ヤード
「悪夢からは・・・逃れられないのか・・・」
[自3ターン目]
スカーレル
「みんな聞いて! 暗殺者には真っ向から向かっていってもダメよ」
ヤード
「ええ! 召喚術で弱らせて叩きましょう!」
[状態異常中の敵を3体以上撃破]
レックス
「よしっ!」
アティ
「よしっ!」
[アズリアとギャレオの合計撃破数5]
ギャレオ
「どうだッ! 帝国軍人の力を思い知ったか!!」

カルマ 微笑みの代償

VS無色の派閥

[開始直後]
レックス
「ウオオオオオオォォォォォォォォッ!!!!」
ツェリーヌ
「なんておぞましい魔力・・・ バケモノめ・・・!」
オルドレイク
「・・・だが、それでこそ手に入れる価値があるというものだ!」
イスラ
「・・・・・・」
アティ
「ウオオオオオオォォォォォォォォッ!!!!」
ツェリーヌ
「なんておぞましい魔力・・・ バケモノめ・・・!」
オルドレイク
「・・・だが、それでこそ手に入れる価値があるというものだ!」
イスラ
「・・・・・・」
[ウィゼル攻撃直前]
ウィゼル
「暴力には更なる暴力・・・ やはり、それしか答えは見つからなかったか・・・」
[オルドレイク攻撃直前]
レックス
「アズ・・・リ・・・ ゴ、メ・・・」
オルドレイク
「よ・・・よるなぁっ! バケモノめェッ!!」
アティ
「アズ・・・リ・・・ゴ、メ・・・」
オルドレイク
「よ・・・よるなぁっ! バケモノめェッ!!」

第12話サブ 終わりなき誓い

VSイスラ

[開始直後]
イスラ
「子供じみた理屈を偉そうに・・・
二度とそんな口が叩けないように、永遠に黙らせてやるよッ!!」
[自2ターン目]
イスラ
「僕たち姉弟の呪われた宿命に関わろうだなんて・・・
キミも呪われたいのかい?」
レックス
「そんな呪い 俺がはねのけてやる!」
イスラ
「僕たち姉弟の呪われた宿命に関わろうだなんて・・・
キミも呪われたいのかい?」
アティ
「そんな呪いは私がはねのけてみせます!」
[アズリア VS イスラ攻撃直前]
アズリア
「イスラあぁぁっ!!」
イスラ
「うん・・・それでいいんだよ、それで・・・」

第13話 断罪の剣

VS無色の派閥

[開始直後]
レックス
「今は、とにかくスカーレルたちを助けないと!!」
カイル
「待ってろよスカーレル! ヤード!」
アティ
「今は、とにかくスカーレルたちを助けないと!!」
カイル
「待ってろよスカーレル! ヤード!」
[自2ターン目]
ツェリーヌ
「下せんなはぐれ共め 死霊の女王の恐ろしさ 思い知りなさい!」
ファリエル
「彼女の召喚術は危険です! 出来るだけ早く倒さないと・・・」
[ツェリーヌ撃破直後]
ツェリーヌ
「くっ・・・ まさか、この私が・・・」
ヘイゼル
「お下がり下さい あとは私が・・・」
[スカーレル VS ヘイゼル攻撃直前]
スカーレル
「元気そうで安心したわ・・・こんな形で、再会したくなかったけど」
ヘイゼル
「黙れ! 裏切り者ッ!!」
[ヤード VS ツェリーヌ攻撃直前]
ツェリーヌ
「忘恩の徒め・・・死んで、詫びなさい!」
ヤード
「目が覚めただけですよ・・・真実に!!」
[スカーレルがヘイゼルを撃破]
ヘイゼル
「ぐっ・・・貴様・・・っ!」
スカーレル
「・・・・・・」

VS無色の派閥

[開始直後]
イスラ
「今度は、僕が相手だよ!」
[自2ターン目]
ウィゼル
「警告しておく・・・ 今のお前たちでは俺は倒せん」
レックス
「なんて威圧感だ・・・ この人、強い・・・!」
ウィゼル
「警告しておく・・・ 今のお前たちでは俺は倒せん」
アティ
「なんて威圧感・・・ この人、強い・・・!」
[主人公 VS イスラ攻撃直前]
イスラ
「互いに殺し合う・・・それが「適格者」の宿命なのさ!!」
レックス
「そんなこと・・・俺は認めないッ!!」
イスラ
「互いに殺し合う・・・それが「適格者」の宿命なのさ!!」
アティ
「そんなの・・・私は、認めません!!」
[ウィゼル撃破直後]
ウィゼル
「ここまでにしておこう 久しぶりに愉しませてもらった」
レックス
「あの人・・・本気じゃなかった・・・?」
ウィゼル
「ここまでにしておこう 久しぶりに愉しませてもらった」
アティ
「あの人・・・本気じゃなかった・・・?」
[イスラ撃破直後]
イスラ
「見せてあげるよ・・・これが僕の「真実」だッ!!!」

第14話 砕けゆくもの

VS無色の派閥(ミニイベント)

[開始直後]
ジャキーニ
「いくぜ、野郎ども! 戦争じゃあぁぁっ!!」
[自2ターン目]
ジャキーニ
「わっはっは、バカめが! ここはワシらの庭みたいなもんなんじゃい!!
今からそれを、痛いほど思い知らせてやるわい!!」
[障害物で敵を撃破]
ジャキーニ
「がっはっは、思い知ったか! 冴えた頭脳の勝利じゃわい!」

VS無色の派閥

[開始直後]
レックス
「行くぞ・・・ イスラアアァァッ!!」
イスラ
「来い! 来いよッ!? その怒りの目で僕を殺しに来いッ!!」
アティ
「行きます・・・! 覚悟してください!!」
イスラ
「来い! 来いよッ!? その怒りの目で僕を殺しに来いッ!!」
[自2ターン目]
キュウマ
「敵は曲者ぞろい 戦いが長引くと厄介です!」
アルディラ
「だったら、そうなる前にまとめて叩くだけよ!」
[スカーレル VS ヘイゼル攻撃直前]
ヘイゼル
「何故、組織を抜けた? お前ほどの手利きが・・・」
スカーレル
「臆病だったから・・・それだけよ」
[ギャレオ VS ビジュ攻撃直前]
ビジュ
「後がねえ・・・もう オレにゃあ・・・後が ねえんだよおオォぉッ!!」
ギャレオ
「ビジュ・・・哀れな・・・」
[敵主力2人以上を同ターン内に撃破]
レックス
「よし! これで・・・」
アティ
「やりました! これで・・・」

第15話 ひとつの答え

VSオルドレイク率いる無色の派閥

[開始直後]
レックス
「いくぞ、オルドレイク! 俺は、お前を絶対に止めてみせるッ!!」
アティ
「オルドレイク 私は、貴方を絶対に止めてみせますッ!!」
[自2ターン目]
レックス
「力を貸してくれ! みんなの想いを1つにしてオルドレイクを倒すんだ!」
アティ
「力を貸して! みんなの想いを1つにしてオルドレイクを倒すんです!」
[主人公 VS ウィゼル攻撃直前]
ウィゼル
「見せてもらおうか・・・貴様の「答え」を!」
レックス
「これが俺の・・・掴みとった「答え」だ!!」
ウィゼル
「見せてもらおうか・・・貴様の「答え」を!」
アティ
「これが私の・・・全身全霊の「答え」です!!」

第16話 彼が願ったこと

VSイスラ&亡霊たち

[開始直後]
イスラ
「終わらせてやる・・・僕の願いをかなえるためには、もう・・・
これ以外の方法なんて残されちゃいないんだアアアァァッ!!!!」
[自2ターン目]
イスラ
「存分に魔力をくれてやる! 召喚に応えろ悪魔よ、何もかも破壊しつくせェェ!!!」
レックス
「そんなことはさせない!」
イスラ
「存分に魔力をくれてやる! 召喚に応えろ悪魔よ、何もかも破壊しつくせェェ!!!」
アティ
「そんなことはさせません!」
[イスラ VS 主人公攻撃直前]
イスラ
「お前さえ・・・お前さえ・・・いなければああアアッ!!!」
レックス
「イスラ・・・」
イスラ
「お前さえ・・・お前さえ・・・いなければああアアッ!!!」
アティ
「イスラ・・・」
[イスラ VS アズリア攻撃直前]
イスラ
「どうして・・・どうして・・・ 僕はどこで、間違えて・・・」
アズリア
「・・・え?」

最終話 楽園の果てで

VS亡霊たち

[開始直後]
ディエルゴ
「我らの苦しみを・・・ 嘆きを! 怒りをッ!!  思い知れエエェェッ!!」
[敵を半数倒した後?]
ディエルゴ
「伝わってくるぞ・・・ お前たちに倒された亡霊たちの怒りと嘆きが・・・
それが我を作り上げたッ!! 傷付け合うことしかできないお前たちに我は倒せぬ!!
そして・・・この世界に存在する価値も無いわ!!」

VS???(ネタバレにつき伏字)

[開始直後]
ファリエル
「あの二本の柱が、共界線の制御装置です!
あれを破壊できれば、ディエルゴの力を封じることができるはず・・・!」
ヤッファ
「打撃に対する障壁と魔力に対する障壁かよ・・・
また、めんどくさい防御結界が張られてやがるぜ」
レックス
「それでも! みんなの力で・・・やり遂げてみせるッ!!」
ファリエル
「あの二本の柱が、共界線の制御装置です!
あれを破壊できれば、ディエルゴの力を封じることができるはず・・・!」
ヤッファ
「打撃に対する障壁と魔力に対する障壁かよ・・・
また、めんどくさい防御結界が張られてやがるぜ」
アティ
「それでも! みんなの力で・・・やり遂げてみせます!!」
[核識ノ痛ミ撃破後]
レックス
「・・・!! アレを倒したら結界が弱まった!?」
ファリエル
「ええ・・・きっと、そうやって防御結界を崩していかなければ傷1つ与えられません!」
キュウマ
「今の一撃で打撃に対する結界が弱まったようです! さあ、今のうちに!」
アティ
「・・・!! アレを倒したら結界が弱まった!?」
ファリエル
「ええ・・・きっと、そうやって防御結界を崩していかなければ傷1つ与えられません!」
キュウマ
「今の一撃で打撃に対する結界が弱まったようです! さあ、今のうちに!」
[核識ノ嘆キ撃破後]
レックス
「・・・!! アレを倒したら結界が弱まった!?」
ファリエル
「ええ・・・きっと、そうやって防御結界を崩していかなければ傷1つ与えられません!」
アルディラ
「今の一撃で、魔力に対する結界が弱まったみたいね・・・さあ、やるなら今よ!」
アティ
「・・・!! アレを倒したら結界が弱まった!?」
ファリエル
「ええ・・・きっと、そうやって防御結界を崩していかなければ傷1つ与えられません!」
アルディラ
「今の一撃で、魔力に対する結界が弱まったみたいね・・・さあ、やるなら今よ!」
[核識ノ痛ミと核識ノ嘆キを同時撃破 or 核識ノ怒リ撃破後]
レックス
「・・・!! アレを倒したら結界が弱まった!?」
ファリエル
「ええ・・・きっと、そうやって防御結界を崩していかなければ傷1つ与えられません!」
ヤッファ
「今の一撃で結界は弱まってる! だが・・・
こっちには武器や打撃、それから・・・
こっちには召喚術しか効きそうにねえ!」
アティ
「・・・!! アレを倒したら結界が弱まった!?」
ファリエル
「ええ・・・きっと、そうやって防御結界を崩していかなければ傷1つ与えられません!」
ヤッファ
「今の一撃で結界は弱まってる! だが・・・
こっちには武器や打撃、それから・・・
こっちには召喚術しか効きそうにねえ!」
[二本の防御結界を破壊後]
アルディラ
「みんな、よく聞いて 結界の崩し方についてわかったことを話すわ
朱の敵を倒せば朱の核の「打撃に対する結界」を弱らせ・・・
緑の敵を倒せば緑の核の「魔力に対する結界」を弱らせる
紫の敵ならば、おそらくどちらの結界も弱らせられるわ」
レックス
「そうか・・・! よしみんな、いくぞ!!」
アルディラ
「みんな、よく聞いて 結界の崩し方についてわかったことを話すわ
朱の敵を倒せば朱の核の「打撃に対する結界」を弱らせ・・・
緑の敵を倒せば緑の核の「魔力に対する結界」を弱らせる
紫の敵ならば、おそらくどちらの結界も弱らせられるわ」
アティ
「はいっ、わかりました!」
[制御装置を攻撃後]
アルディラ
「・・・!! どうやら片方だけを集中攻撃するのは危険なようね
下手に制御不能にすれば魔力の暴走で手がつけられなくなってしまう・・・!」
キュウマ
「二本の柱を均一にできるだけ同時に破壊する
難題ですが・・・やるしかないでしょう!!」
レックス
「ああ!!」
アルディラ
「・・・!! どうやら片方だけを集中攻撃するのは危険なようね
下手に制御不能にすれば魔力の暴走で手がつけられなくなってしまう・・・!」
キュウマ
「二本の柱を均一にできるだけ同時に破壊する
難題ですが・・・やるしかないでしょう!!」
アティ
「そうです! いきましょう、みんな!」
[上段全域の範囲攻撃の1ターン前]
レックス
「!? 何だ、この、いやな感じ・・・
まずい!! みんな、あいつから離れろ!!」
アティ
「!? 何、この、いやな感じ・・・
いけない!! みんな、逃げてっ!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました