【エンディング】結婚ED(エイナVer.)

スポンサーリンク

エンディング

エイナ
「・・・・・・」
エイナの母
「ほら、エイナ? 起きなさい、エイナ!?」
エイナ
「ん、あ・・・
あれ?」
エイナの母
「あれ、じゃないわよ まったく・・・
いくら、お化粧に時間がかかったからって
式の前に、居眠りする花嫁さんがありますか?」
エイナ
「あ、あはは・・・ゴメンね、お母さん」
エイナの母
「年頃になれば、もう少し落ち着きがでてくるかと思っていたのに・・・
これじゃ、お嫁に行っても本当にだいじょうぶなのか不安になってしまうわ」
エイナ
「・・・むむむっ」
エイナの母
「ま、それも承知のうえであの子はあんたを選んでくれたんでしょうけどね
なにしろ、赤ん坊の頃からのおつきあいなんだから」
エイナ
「うん・・・」
そうだったね・・・
キミと私は、いつだって側にいるのが当たり前だった
生まれた時から今日まで 一緒に泣いたり、笑ったり ケンカして、仲直りしたり
本当にたくさんの時間を一緒に過ごしてきた
そして、これからも・・・
でも、不思議だよね?
家がすぐ近くだったから 親同士が、たままた仲が良かったから
そういう、あとづけの理由なんかじゃ説明がつかないくらい、当たり前のように
私たちは、お互いのことを自然に受け入れてた
まるで・・・最初から、こうなることが決まってたみたいに・・・
すごく、心地よくて・・・
エイナの母
「エ・イ・ナ!」
エイナ
「・・・っ!?」
エイナの母
「ほら、ぼけっとしないの! 花婿さんが、貴方を迎えにみえたわよ」
エイナ
「う、うん・・・」
礼服を着たあいつは いつもより、ちょっとだけカッコよく見えて・・・
そのくせ、いつもみたいに真っ赤な顔をしたまま 私に、その手を差し伸べた
私は私で、らしくもなく気恥ずかしくなっちゃって
うつむいたまま白い手袋に包まれた手をそっと重ねて・・・
長い廊下を、ゆっくりと踏みしめるようにして歩く
近づいてくるざわめきはこの日を来るのを待っていた村のみんなの祝福の声
ありがとう・・・
私、とっても、幸せだよ・・・
わきあがる拍手の音に重なって 旅立ちを告げる、鐘の音が響く
涙をこぼさないように顔をあげたその先には 青い空と、まぶしい日射し
隣には、大切な貴方・・・
ずっと、ずっと、いつまでも キミのすぐ側で笑っていられますように

コメント

タイトルとURLをコピーしました