【エンディング】結婚ED(レオンVer.)

スポンサーリンク
不断様

エンディング

レオン
「・・・・・・」
レオンの友人
「おい、レオン? レオンってば!」
レオン
「あ、ああ・・・
・・・夢か?」
レオンの友人
「おいおい、頼むぜ
そりゃあ、式の前日にどんちゃん騒ぎに引っ張ったオレらも悪いけどよ
人生最大の見せ場に寝こけるなんてことはかんべんしてくれよ」
レオン
「むむ・・・」
レオンの友人
「しかし、予想どおりとはいえ お前があの子と一緒になることになっちまうとはなあ
密かに狙ってたヤツらとか かーなーり、おちこんでたみたいだぜ?」
レオン
「それで昨日はやたらとからまれたのか・・・」
レオンの友人
「そーゆーこった ま、村の評判娘をモノにした色男へのやっかみだな
でも、そんなアイツらだってお前たちが一緒になることを祝ってはくれてるんだぜ?」
レオン
「ああ、わかってる・・・」
そうさ・・・
俺たちは、いつだって側にいるのが当然だった
生まれた時から今日まで 一緒に泣いたり、笑ったり ケンカして、仲直りしたり
本当にたくさんの時間を一緒に過ごしてきた
多分、これからも・・・
でも、不思議だよな?
家がすぐ近くだったから 親同士が、たまたま仲が良かったから
そうした、あとづけの理由なんかじゃ説明がつかないくらい、当たり前のように
俺たちは、お互いのことを自然に受け入れてた
まるで・・・ 最初から、こうなることが決まっていたように・・・
当たり前に・・・
レオンの友人
「お? どうやら、花嫁の支度は終わったみたいだな」
レオン
「!」
レオンの友人
「ドジふむなよ? 外に出てきたら、せいぜい冷やかしてやるからな?」
レオン
「なっ・・・!?」
気負わなくてもいいんだと自分に言い聞かせながら部屋に入ったつもりだった
だけど、白いドレスをまとうあいつは、俺が知っていたどんな姿とも違って見えて
一瞬で、目を奪われてしまう 情けないくらいに、心臓がおどりはじめてしまう
ぎこちない動きと仏頂面で あいつの手をとることが精一杯なくらいに・・・
長い廊下を、ゆっくりと踏みしめるようにして歩く
近づいてくるざわめきはこの日を来るのを待っていた村のみんなの祝福の声
ありがとう・・・
なにがあろうと、俺たちは幸せになってみせるから
わきあがる拍手の音に重なって 旅立ちを告げる、鐘の音が響く
視線を感じて目をやれば うっすらと涙を浮かべ、けれど 幸せそうな、あいつの笑顔
うなずいて、俺は願う
ずっと、ずっと、いつまでも この笑顔を、俺が守ってやれますように・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました