ケルマの恋

スポンサーリンク
~中央大通り~
トリス
「あっ!?」
レシィ
「ケルマさん・・・!」
ケルマ
「貴女は、チビジャリと一緒にいた、蒼の派閥の召喚師っ!?
さてはあの小娘もこの街にいるんですわねっ!?」
(選択)どうしよう? 素直に認める
トリス
「ええ、そうよ」
ケルマ
「今すぐここへ連れておいでなさいっ!」
トリス
「ダメダメ、どうせまたペンダントがらみのことなんでしょう?」
ケルマ
「私は正統な権利を主張しているだけですっ!」
トリス
「(あっちゃー・・・っ 完全に頭に血が昇っちゃってるわねえ)
あのね、ケルマ そのペンダントだけど
何度も言うように今はミニスのところにもないんだってば」
ケルマ
「白々しい嘘を・・・」
トリス
「本当だってば!疑うのなら、金の派閥の本部に行きなさいよ
ファミィさんに聞けば本当だってわかるわ」
ケルマ
「むぎぎぎ・・・いいでしょうっ!
その代わりっ、嘘だとわかった時には貴女もまとめてぶちのめしてさしあげますから!
覚悟なさいっ!!」
トリス
「やれやれ・・・」
~自室~

(コンコン)

トリス
「・・・はーい?」
(ガチャ)
アメル
「トリスさんっ た、大変ですっ!?」
トリス
「どうしたのよアメル?そんなにあわてたりして」
アメル
「き、き、き・・・っ」
トリス
「ああ、ほら?落ち着いて・・・」
レシィ
「そうですよ、はい大きく深呼吸・・・」
アメル
「すー・・・はー・・・ 来ちゃったんです」
トリス
「来たって、誰がよ?」
アメル
「金の派閥のケルマさんが、ミニスちゃんに決闘を申し込みに来ちゃったんです!」
トリス
「ケルマがっ!?」
~道場~
ミニス
「だからっ!?いい加減、私を逆恨みするのはよしてよっ!」
ケルマ
「逆恨みではなくってよ
愚弟だったとはいえどギブンは、紛れもなくウォーデン家の末子
姉として、長女として そして、ウォーデンの当主として・・・
弟を負かした貴女に報復を挑むのは、至極当然のことですわ!」
フォルテ
「へー?よお、ミニス お前、そんなナリしてやるもんだなあ・・・」
ケイナ
「感心すんなっ!」
(バシッ)
フォルテ
「あだ・・・っ!?」
ロッカ
「そうですよ?ケンカなんかするからこういうことになってしまうんです
ちゃんと謝ったのかい ミニス?」
ミニス
「そ、そーいう問題じゃないんだってばぁ!?もぉ・・・!!
だいたい、アレは貴女の弟が悪いんじゃないのっ!?」
ケルマ
「それはそれ これはこれですわ!
とにかく、マーン家の小娘に負かされた愚弟の恥は、当主として見過ごせませんの!」
アメル
「こっちです トリスさん!」
トリス
「あらま・・・なんか、すごいことになってるわねぇ・・・」
ミニス
「トリス!ねえ、貴女からもあの年増女になんとか言ってやってよ?」
ケルマ
「年増って言うな~っ!」
モーリン
「どうでもいいけどさ 近所迷惑だからあんま、騒がないでやっとくれ・・・」
ネスティ
「そうだぞ?トリス」
トリス
「そんなことあたしにいわれてもねぇ・・・
だいたい、ケルマ。ちゃんとあたしが言うように、ファミィさんとは話したの?」
ケルマ
「無論ですわ・・・ここに貴女がたがいることは、あの女から聞いたんですから」
トリス
「へっ!?」
ミニス
「お母さまったら・・・なんてことを・・・」
ケルマ
「ですから、今回の件は保護者公認ですわよ
一対一で、私と勝負をなさいっ!ミニス・マーン!?」
ミニス
「うううう・・・っ」
~クローネ洞窟~
トリス
「しかし、みんな薄情よねぇ・・・
一対一だからって応援ぐらいしたげてもいいじゃない」
カザミネ
「仕方あるまい アメル殿は病み上がり 他の者も、多忙だということだからな
だから、立会人としてトリス殿と拙者が来たのではないか?」
トリス
「それはそうだけどもし、ケルマが手下を呼んだりしたら・・・」
カザミネ
「心配いたすな
その時は、拙者が一命に換えてもミニス殿を守るでござるよ」
ミニス
「ちょっと、なんでわざわざ、こんなに狭っ苦しい場所を選んだのよ・・・?」
ケルマ
「ほーっほっほっほ!ミニス・マーン敗れたり、ですわ!!」
ミニス
「!?」
ケルマ
「この狭い洞窟の中ではご自慢のワイバーンも呼べないでしょう?
そのうえ、ここの岩はとても衝撃にもろいというオマケつき・・・
うかつに召喚術を使えば、落盤が起きてぺちゃんこですわ!」
トリス
「(なんですって!?)」
ケルマ
「ほーっほっほっほ!まんまと、私の策にハマリましたわねぇ?」
ミニス
「・・・あのねぇ?
だから、シルヴァーナのペンダントは、今私のところにないっていってるでしょ!?」
ケルマ
「・・・・・・ よ、用心に用心を重ねただけですわっ!」
ミニス
「それと、もうひとつ
召喚術が使えないのは貴女も同じじゃない どうやって、決闘するつもりなの?」
ケルマ
「あ・・・」
ミニス
「・・・・・・ バっカじゃないの?」
ケルマ
「なんですってえぇ!?」
カザミネ
「どうやら、復讐に燃えるあまり、周りが見えていなかったようでござるな」
トリス
「あ、ははは・・・」
ミニス
「バカ!おおバカっ!頭にいく栄養、みんなその胸にいっちゃってんじゃないのっ!?」
ケルマ
「洗濯板にも満たない小娘が、ひがみ根性で言わないでほしいですわねっ!?」
ミニス
「こ、これからっいくらでも大きくなるもんっ!!」
ケルマ
「ほーっほっほっほ!親の姿から察するに虚しい夢ですわねぇ?」
ミニス
「う~っ!!」
トリス
「わ・・・悪口合戦になってる・・・」
カザミネ
「このぶんでは、拙者たちの出番はなさそうでござるな」
ミニス
「なによっ!?いくら大きくたってお嫁の貰い手がなきゃ意味ないわよっ!!」
ケルマ
「!!」
ミニス
「私、知ってるんだから アナタが、今までいくつ縁談を断られたかってね?」
ケルマ
「な・・・」
ミニス
「やーい、年増っ!悔しかったら、結婚してみなさいよ!?」
トリス
「ちょっと、ミニス!それはいくらなんでもシャレになってないってば!?」
ケルマ
「ふふ・・・うふふふふ・・・
私だって・・・私だって、できるならそうしたいですわよ?
弟たちさえ、しっかりしていれば・・・私なしでも、やっていけるなら・・・
婚期を逃すなんてこと絶対なかったんですのにぃぃぃ~っ!!」
(コオォォォ)
ミニス
「ちょ、ちょっと・・・こんな場所で・・・本気なのっ!?」
トリス
「落ちついて!ケルマ!?」
ケルマ
「うわあぁぁぁぁん!!くたばりなさいっですわぁぁ~っ!!」
(ドーーンッ)
トリス
「危ない!ミニスっ!!」
ミニス
「きゃん!?」
トリス
「大丈夫、ミニス?」
ミニス
「平気っ!それよりもケルマが!?」
ケルマ
「・・・!!」
トリス
「(落石が・・・!間に合わないっ!?)」
カザミネ
「キエェェェェッ!!」
(キンッ)
ケルマ
「・・・!!」
トリス
「(カザミネさん!)」
ケルマ
「あ・・・?」
カザミネ
「早く、拙者の背中におぶさるでござる
この洞窟、長くはもたぬぞ!?」
ケルマ
「は・・・はいっ!」
~銀沙の浜~
カザミネ
「この決闘は、勝負なしとするでござる
トリス殿もそれでよろしいな?」
トリス
「え、ええ・・・」
カザミネ
「私怨に目がくもれば勝負に勝つことなどできぬでござるぞ?ケルマ殿・・・」
ケルマ
「・・・・・・」
カザミネ
「そして、ミニス殿 言葉は時として、真剣以上の切れ味をもつものでござる
くれぐれも、忘れることのないようにな」
ミニス
「うん・・・
ごめんなさい・・・ケルマ・・・」
ケルマ
「・・・・・・」
カザミネ
「では、道場に戻るとするでござるか」
ケルマ
「あ・・・あのっ!?」
カザミネ
「ん?」
ケルマ
「助けてくださってありがとうございます その・・・」
カザミネ
「カザミネと申す 流れの剣客でござるよ」
ケルマ
「カザミネ様・・・」
カザミネ
「それから、ケルマ殿 言い忘れておったがな
おぬしは、まだまだ女盛りでござるよ」
ケルマ
「!」
カザミネ
「ゆえに、きっと良縁が見つかるであろうてあまり、自分を卑下してはいかぬぞ?
では、御免・・・」
トリス
「(これが、サムライってものなのね・・・)」
ケルマ
「すてき・・・」
ミニス
「え?」
ケルマ
「あの強さ!優しさ!私は、きっとあの方と出会う運命だったんですわ!?」
トリス
「ええ~っ!?」
ケルマ
「カザミネさまぁ~っ!
どうぞ、この私めと結婚を前提に交際してくださいまぇ~っ!
カザミネさまぁ~っ!」
トリス
「な・・・なんていうか・・・」
ミニス
「はあ・・・もぉ、好きにすれば?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました