メルギトス戦後

スポンサーリンク
砕華友輝様

ハサハ編

メルギトス
「馬鹿な・・・?私ノ言葉デ意ノままニ操られていた、愚かなにんげんガ・・・
感情ニよってたやすく翻弄される、弱い心ノにんげんガ・・・ッ
この私ヲ・・・倒すトいうノか・・・
機械魔めるぎとすヲ倒しテノケルトいウノカアァァァァァッ!
ナゼダアァァァッ!」
マグナ
「だから、言っただろ レイムさん・・・
貴方は人間のことを なにも、わかっちゃいないんだって」
ネスティ
「人間の心は、けして言葉や数式で表せるものじゃない
誰にも、理解することなんてできないものなんだ・・・」
アメル
「だからこそ、予想もできない奇跡を起こす力さえ秘めてる
レイムさん・・・奇跡はね、運命さえも変えてしまうんですよ」
メルギトス
「にんげんノ・・・ッ ココロ・・・ッ
ふふ、フハハハッ ひャーっはッハッハ!
たしかに・・・私は、解ってなかったようですねえ・・・
ですが・・・そんな私にも、意地というものがあります
ウオオオオオォォォォォォォォォッ!!!!」
マグナ
「!?」
ハサハ
「おにいちゃんっ、その風にさわったらダメえっ!」
メルギトス
「くくくく・・・っ その昔、楽園だったリィンバウムが・・・
争いの絶えない世界に変わったのは、こいつのせいですよ・・・
さあ、広がるがいい!私の身体に蓄積された黒き源罪よッ!
我が命と引き替えにこの世界に、さらなる争いの種をまき散らすのだアァァァッ!!」
ミモザ
「なんなの・・・この黒い風は!?」
ギブソン
「気をつけろ、ミモザ! 化け物たちの勢いがさっきよりも激しくなってきている!」
ケルマ
「どういうことっ!? どうして味方の兵士がお互いに殺しあっているんですのっ!?」
ファミィ
「この風だわ・・・すさまじい悪意が黒い風になって吹きつけてくる!」
エクス
「間違いない・・・源罪だ!」
グラムス
「悪魔がもたらす 人間を堕落させる黒い力・・・」
エクス
「まずいぞ! このままでは、世界中の生き物が欲望のままに狂ってしまう!!」
メルギトス
「いひっ、ふひひっ! ひゃはははっ!? ひゃーっはっはっはっはっはっは!!!!」
マグナ
「(このままじゃ、また同じことの繰り返しになっちまう・・・)
止めないと・・・っ!」
アメル
「マグナ 無茶はやめて!」
ネスティ
「メルギトスの身体から放たれているのは強力な邪念の塊だぞ
戦いで消耗しきった今の君の状態では近づく前に命を落とすことになる!!」
マグナ
「だからって、このまま指をくわえて見ているなんて・・・
俺はイヤだよ! ちくしょう・・・っ ちくしょおォォッ!!」
ハサハ
「だいじょうぶだよ おにいちゃん・・・」
マグナ
「え?」
ハサハ
「ハサハがとめるから・・・
あの、くろいかぜ とめてみせるからっ!」
ネスティ
「く・・・っ!?」
ハサハ
「ハサハの宝珠の力を使えば きっと、できるから
おにいちゃんを助けた時みたいに 悪い心、みんな消せるはずだから・・・!」
アメル
「待って!ハサハちゃん
そんなことしたら貴女、二度と人間にはなれなくなっちゃうんでしょう!
ただの狐さんに・・・なっちゃうのよっ!」
ハサハ
「いいの・・・
おにいちゃんの笑顔が見られるんだったら ハサハはそれで、充分・・・
・・・だからっ!!」
マグナ
「よすんだ!ハサハっ! 無茶な真似をするのはよせえぇぇっ!」
ハサハ
「宝珠さん・・・っ! ハサハにありったけの魔力をかして・・・っ!!
おにいちゃん・・・
おにいちゃん・・・っ
ハサハ 本当は、こわいよ
泣いて、逃げ出して おにいちゃんのとこへ帰りたいよ・・・っ
どうしたの、って頭、撫でてほしいよ ずっと、腕の中で甘えていたいよ・・・っ
おにいちゃんの・・・お嫁さんに・・・なりたかった・・・
でもね・・・っ
おにいちゃんがいなくなっちゃうのはもっとイヤなのっ!」
メルギトス
「バカめがァァッ! ありったけの魔力をこめたところで・・・
そんな小さな「宝珠」では、私の源罪は浄化しきれまいに・・・
身の程を知れェッ!ケダモノ風情がァァァァァァッ!!!!」
(ドーーーン)
ハサハ
「ううぅぅ・・・っ あ、あぁぁぁ・・・っ」
マグナ
「ハサハっ!?」
ハサハ
「負けない・・・っ!
貴方なんかに・・・絶対、負けたり・・・っ しない・・・っ!!」
メルギトス
「ぬウッ!?」
ハサハ
「おにいちゃんはね ハサハにいっぱい、いっぱいね 優しくしてくれたよ
ずっと一緒にいてもいいんだって・・・結婚して、指切りして約束してくれたの
だから・・・っ ハサハも約束を守るのっ!!」
メルギトス
「バカ、な・・・ッ カ、源罪が・・・消えていくだとッ!?」
ハサハ
「ハサハは・・・おにいちゃんの護衛獣・・・
貴方なんかに・・・っ おにいちゃんの笑顔を きれいな心を、汚させはしない・・・!!」
(ピコーン)
メルギトス
「な・・・ッ なんたることだ!?
このメルギトスが!?押されるだと・・・ッ この、メルギトスがッ たかが・・・
ケダモノ風情の力で!動きを・・・動きをッ 封じ、られ・・・られ ラレェェェ・・・ッ
図に乗るなァァッ!」
(ドーーーーン)
ハサハ
「きゃあぁぁっ!」
メルギトス
「ハア、はあ、はアッ もはや・・・ッ 世界など、どうでも 構わ、構わ、ぬっ
だがッ、貴様だけは 殺してくれるぞッ!
メルギトスに恐怖を与えた者など・・・・
絶対にッッッ! 存在しては・・・ッ ならんのだアアアァァァァァァッ!!!!」
ハサハ
「・・・っ!」
アメル
「させませんっ!!」
メルギトス
「な・・・ア、アルミネェッ!?」
アメル
「心配させないでよっ!ハサハちゃん もぉ・・・っ」
ハサハ
「ごめんなさい・・・アメル・・・おねえちゃん・・・っ」
ネスティ
「無茶なところだけは主人に似てしまったな まったく・・・
だが、君のおかげで邪念の嵐は消え去った ご苦労だったな・・・」
ハサハ
「ネスティ・・・おにいちゃん・・・」
マグナ
「ここから先は、もう俺たちに任せるんだ ハサハ・・・」
ハサハ
「おにいちゃん・・・っ」
マグナ
「ただの狐に戻ったらさ 俺、泣いちゃうぞ」
ハサハ
「・・・(こくん)」
メルギトス
「ば・・・バカなッ!? こ・・・この・・・メルギトスが・・・ッ
最強の機械魔となったメルギトスがああアアぁぁァァ~っ!?!?」
アメル
「おしまいにしましょう レイムさん」
マグナ
「貴方は負けるんだ!
ただのゴミとしか見てなかった、ちっぽけな存在たちに・・・
ハサハが見せてくれた・・・信じることで生まれる奇跡の力の前に!!」
メルギトス
「ぎ・・・ッ!
ギィヤあああぁぁぁァァァァ~ッ!!!!!」

バルレル編

メルギトス
「馬鹿な・・・?私ノ言葉デ意ノままニ操られていた、愚かなにんげんガ・・・
感情ニよってたやすく翻弄される、弱い心ノにんげんガ・・・ッ
この私ヲ・・・倒すトいうノか・・・
機械魔めるぎとすヲ倒しテノケルトいウノカアァァァァァッ!
ナゼダアァァァッ!」
トリス
「言ったでしょう レイムさん・・・
貴方は人間のことをなにも、わかってないんだって・・・」
ネスティ
「人間の心は、けして言葉や数式で表せるものじゃない
誰にも、理解することなんてできないものなんだ・・・」
アメル
「だからこそ、予想もできない奇跡を起こす力さえ秘めてる
レイムさん・・・奇跡はね、運命さえも変えてしまうんですよ」
メルギトス
「にんげんノ・・・ッ ココロ・・・ッ
ふふ、フハハハッ ひャーっはッハッハ!
たしかに・・・私は、解ってなかったようですねえ・・・
ですが・・・そんな私にも、意地というものがあります
ウオオオオオォォォォォォォォォッ!!!!」
トリス
「!?」
バルレル
「こいつは・・・っ!源罪じゃねェかッ!!」
メルギトス
「くくくく・・・っ その昔、楽園だったリィンバウムが・・・
争いの絶えない世界に変わったのは、こいつのせいですよ・・・
さあ、広がるがいい!私の身体に蓄積された黒き源罪よッ!
我が命と引き替えにこの世界に、さらなる争いの種をまき散らすのだアァァァッ!!」
ミモザ
「なんなの・・・この黒い風は!?」
ギブソン
「気をつけろ、ミモザ! 化け物たちの勢いがさっきよりも激しくなってきている!」
ケルマ
「どういうことっ!? どうして味方の兵士がお互いに殺しあっているんですのっ!?」
ファミィ
「この風だわ・・・すさまじい悪意が黒い風になって吹きつけてくる!」
エクス
「間違いない・・・源罪だ!」
グラムス
「悪魔がもたらす 人間を堕落させる黒い力・・・」
エクス
「まずいぞ! このままでは、世界中の生き物が欲望のままに狂ってしまう!!」
メルギトス
「いひっ、ふひひっ! ひゃはははっ!? ひゃーっはっはっはっはっはっは!!!!」
トリス
「(このままじゃ、また同じことの繰り返しになっちゃう・・・)
止めないと・・・っ!」
アメル
「トリス 無茶はやめて!」
ネスティ
「メルギトスの身体から放たれているのは強力な邪念の塊だぞ
戦いで消耗しきった今の君の状態では近づく前に命を落とすことになる!!」
トリス
「だからって、このまま指をくわえて見ているなんて・・・
あたしはイヤよ! そんなの・・・っ そんなのイヤよっ!!」
バルレル
「ったく・・・ ニンゲンにゃ、やっぱここらが限界ってか?」
トリス
「え?」
バルレル
「つきあって・・・
られねェぜッ!!」
ネスティ
「く・・・っ!?」
バルレル
「ひゃはははっ! あーっはっはっは!!」
アメル
「これが・・・バルレルくんの本当の姿・・・!」
バルレル
「トリスよォ テメエ、あれっきり誓約をし直すこと忘れてたろォ・・・」
トリス
「!!」
バルレル
「ヒヒヒヒヒッ おかげで、好き放題にできるってもんだぜェ」
ネスティ
「バルレル まさか、貴様っ!?」
バルレル
「ああ、メガネ・・・そのとおりだよ
ブッちめてやるぜ クックック・・・ッ 今までの借り、万倍で返してやるッ!!」
トリス
「・・・やめてっ!バルレル!」
バルレル
「・・・聞けねェなァ?」
トリス
「よしなさい!バルレルっ! 無茶な真似をするのはよしてえぇぇっ!」
バルレル
「覚悟しやがれッ!! メルギトスゥゥッ!!
・・・・・・
ヘンな気分だぜ・・・
このオレが、ニンゲンごときの呼び声に こうまで、後ろ髪を引かれるとはよォ
あばよ・・・トリス・・・
テメエほど、スゲエ召喚師と出会ったのは初めてだったぜ
帝国とかいうところの奴らとは大違いだな
なんせ、テメエはこの「狂乱の魔公子」であるオレを・・・
子供の姿に変えちまうくらい、強烈な誓約をかけてたんだぜ
ケッ!才能だけはな 認めてやらァァッ!」
メルギトス
「バカなァァァッ!? どうして、ニンゲンに肩入れするゥッ!?
お前を縛りつけていた「誓約」は、消えているのにぃぃ・・・ッ
この・・・ッ!裏切り者めガァァァァァァァッ!!!!」
(ドーーーン)
バルレル
「チィ・・・っ!」
トリス
「バルレルっ!?」
バルレル
「情けねェ声、出したりすんじゃねェッ!
こんな野郎に・・・!このオレが・・・っ 負けるワケねェだろうがよッ!!」
メルギトス
「ぬウッ!?」
バルレル
「なァ、メルギトスよ オレは別に・・・ニンゲンに寝返ったワケじゃねェぞ
ただな・・・
テメエのコトが気にくわねェからブチ殺してやろうっていうんだよッ!!!」
メルギトス
「バカ、な・・・ッ そ、そんな・・・そんな理由でェッ!?」
バルレル
「それにな・・・オレは、アイツが気に入ってんのさ
テメエの下につくよりずっと楽しめそうだしなァァァァァッ!!」
(ザシュッ)
メルギトス
「な・・・ッ なんたることだ!
このメルギトスが!?押されるだと・・・ッ この、メルギトスがッ まさか・・・
同じ、悪魔の王である貴様に・・・貴様にッ 劣っているなどとッ! そんな・・・ッ
認めんぞォォォッ!」
(ドーーーーン)
バルレル
「うがぁぁっ!!」
メルギトス
「ハア、はあ、はアッ もはや・・・ッ 世界など、どうでも 構わ、構わ、ぬっ
だがッ、貴様だけは 殺してくれるぞッ!
悪魔として、貴様の存在は許せぬ・・・
絶対にッッッ! 存在しては・・・ッ ならんのだアアアァァァァァァッ!!!!」
バルレル
「・・・っ!」
アメル
「させませんっ!!」
メルギトス
「な・・・ア、アルミネェッ!?」
アメル
「無茶しないでよっ!バルレルくん もぉ・・・っ」
バルレル
「オンナ・・・テメエ、天使のくせにオレのために・・・?泣いて・・・っ」
ネスティ
「無茶なところだけは主人に似てしまったな まったく・・・
だが、君のおかげで邪念の嵐は消え去った ご苦労だったな・・・」
バルレル
「メガネ・・・?テメエ、誰に向かってそんな偉そうに!」
トリス
「これだけ暴れたんならもう、充分でしょ バルレル・・・」
バルレル
「トリス・・・」
トリス
「すこしは、あたしたちにも手伝わせて、ね」
バルレル
「・・・ケッ!しゃあねェなァ!」
メルギトス
「ば・・・バカなッ!? こ・・・この・・・メルギトスが・・・ッ
最強の機械魔となったメルギトスがああアアぁぁァァ~っ!?!?」
ネスティ
「往生際が悪すぎるのも興ざめというものだぞ メルギトスよ・・・」
トリス
「貴方は負けるのよ!
ただのゴミとしか見てなかった、ちっぽけな存在たちに・・・
バルレルが見せてくれた・・・信じることで生まれる奇跡の力の前に!!」
メルギトス
「ぎ・・・ッ!
ギィヤあああぁぁぁァァァァ~ッ!!!!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました