【夜会話】ルヴァイド&イオス(トリスVer.)

スポンサーリンク

第22話 真なる罪人(ルヴァイドVer.)

ルヴァイド
「よもや、お前とこうして語ることになろうとはな」
トリス
「ホントよね・・・」
ルヴァイド
「お前たちのおかげで俺は、二度も救われた
一度目は、命を そして、二度目は心を
返しようのないほどに大きな借りを、作ってしまったな・・・」
トリス
「借りだなんて!?そんなの、気にしたりしなっくていいのよ?
それにさ、ルヴァイド 貴方を救ったのはあたしたちだけじゃないもの
ゼルフィルドやイオス それに、なにより貴方自身が、絶望へと立ち向かったから
だから、貴方は救われることができた あたしはそう思うよ」
ルヴァイド
「・・・・・・ お前も、お前の周りの仲間たちも、みんな
そうして、心のままに自分の光で輝くことができるのだな
だからこそ、全てを黒く塗りつぶそうとした、我々は敗れたのかもしれん・・・」
トリス
「ルヴァイド・・・」
ルヴァイド
「俺は、お前たちのその力に賭けてみたくなった・・・
どれだけ傷つけられようとも、けして光を失わない、お前たちの強い心にな
信じてくれるか・・・トリスよ?」
トリス
「うん・・・信じるわ、ルヴァイド
一緒に戦いましょう メルギトスの野望を阻止するために!」
ルヴァイド
「ああ・・・」

第22話 真なる罪人(イオスVer.)

イオス
「ここに加わってから ルヴァイド様はずいぶんと変わられた
いい笑顔で笑ってくださるようになった
一度は、もう笑われることはないだろうと思っていたのにな
全部、お前たちのおかげだ・・・本当に、感謝している」
トリス
「感謝なんてする必要はないのよ、イオス
今のあたしたちは敵同士じゃないわ 共に戦う仲間でしょ? 仲間同士は、対等よ」
イオス
「仲間か・・・
不思議なものだな 同じ言葉でも、僕らの知るものよりずっと深いなにかを感じる
今なら、理解できる 我々が勝てなかった理由が、そこにあったということを・・・」
トリス
「イオス・・・」
イオス
「ルヴァイド様は君たちの、その力に賭けるとおっしゃった
僕もそれを信じよう いや、信じたい・・・ トリスよ 我々のことを最後まで信じてくれるか?」
トリス
「信じるわ、イオス 一緒に戦いましょう?メルギトスの野望を阻止するために!」
イオス
「ああ・・・」

エンディング(ルヴァイド・イオス 共通)

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によってリィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼女の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・
~聖地の森~
ルヴァイド
「・・・トリス?」
トリス
「ルヴァイド・・・それに、イオスも!」
ルヴァイド
「何度か戸を叩いたが返事がなかったのでな
無礼を承知であがらせてもらった」
イオス
「いくら森の中とはいえ不用心だぞ 戸も開けっ放しとは」
トリス
「うん・・・けど、閉めちゃったらかわいそうだよね
戻ってきた時に・・・かわいそう、だもの」
イオス
「お前・・・まだ・・・」
トリス
「うん・・・」
ルヴァイド
「そう思うのならそれもいいだろう
だが、今はすこし俺につきあえ 話しておきたいことがあるんだ」
イオス
「この樹が・・・僕たちのことを救ってくれたんだな
失われるはずだったものを、守ってくれたんだな・・・」
トリス
「アメルったらさ・・・最後まで、自分よりも他人のことばかり考えてさ
こんな姿になってまでみんなを守ろうとしてくれて・・・
強情なんだもん ホントに・・・」
ルヴァイド
「そうしてまで守りたいものがあったということだ
お前は、それがなにかわかっているはずだぞ トリス」
トリス
「ええ、わかってるわ 本当はこんなこといつまでもしてちゃいけないって・・・
だけど、ネスが言ってくれたのよ アメルは生きている
この木の中で眠っているだけだって・・・
いつか、目覚めたら帰ってくるかもしれないって・・・」
ルヴァイド
「だから、お前たちはここで大樹の護人として生きると決めた」
イオス
「でも、それは限りなく・・・」
ルヴァイド
「よせ、イオス」
イオス
「しかし・・・」
ルヴァイド
「お前の言うことは正しいのだろう
だが、俺もまた信じていたいのだ
運命を超える力を信じ続けることでこの世界を悪魔から救った・・・
トリスの力をな・・・」
イオス
「ルヴァイド様・・・」
アメル、聞こえる?
あなたの愛したこの世界は今もこうして息づいてる
相変わらず、あたしたちは不器用な生き方しかできないみたいだけど・・・
でも、あなたは言ったよね
人間は自分自身の力だけで変われるんだって・・・
そんな人間のことが愛しいって・・・
だから、あたしも信じるわ
いつかきっと・・・誰も悲しまずにすむ未来がこの世界におとずれるって
だから・・・ずっと、ずっと この場所から、あたしたちを見守っていてね
ねえ アメル・・・
ルヴァイド
「今日、俺が来たのはな トリス お前に別れを告げるためだ・・・」
トリス
「え?」
ルヴァイド
「シャムロックの夢に俺も、賭けてみることにしたのでな」
トリス
「それじゃあ・・・本当にあの計画を!?」
イオス
「ああ、幸いにも金の派閥からの援助を受けることができた
どこの権力にも属さぬ 民のためだけの騎士団 それが、いよいよ始動するのだ」
ルヴァイド
「前歴は不問だということだからな
我々のような者でも なにかの役には立ててもらえるだろう」
トリス
「でも、再興したばかりのデグレアはどうするのよ?
エクス総帥はルヴァイドを、新しい領主に推薦するって言ってたのに・・・」
ルヴァイド
「剣を振ることしか俺にはできんよ 辞退させてもらった」
トリス
「そんな・・・」
イオス
「これからのデグレアは新しい血によって生まれ変わる
その澄んだ血に濁りを加えたくない・・・ルヴァイド様は、そう決意されたんだ」
トリス
「そっか・・・」
ルヴァイド
「用事はそれだけだ 邪魔をしたな」
トリス
「もう行っちゃうの!?
ネスだって、すぐに買い出しから帰ってくるのに・・・」
イオス
「最初の任務は、もう始まっているんだ
すこしでも、早くそれを果たさないと」
ルヴァイド
「お前がお前らしく生き続けるのならば
いつかまた どこかで出会うこともあるだろう」
トリス
「ルヴァイドっ!イオスっ!」
ルヴァイド
「・・・・・・」
トリス
「ありがとう!あたしのこと、元気づけてくれて!!」
ルヴァイド
「ありがとう、か・・・」
イオス
「それ、僕たちが言うべき言葉なのかもしれませんね ルヴァイド様・・・」
ルヴァイド
「ああ・・・」
我が勇敵にして掛け替えなき友たち また、会おう
ルヴァイド・イオス “新しい血”

コメント

タイトルとURLをコピーしました