【夜会話】カザミネ(マグナVer.)

スポンサーリンク

第7話 波乱の港

カザミネ
「なるほど・・・あの娘御を祖母の村に無事に送り届ける、か
お主たちが旅を続けておるのはそういった事情でござったか」
マグナ
「無茶をしてるって承知の上なんだけどね」
カザミネ
「よし・・・拙者は決めたぞ!
お主たちの旅に同行させてもらおう」
マグナ
「え?でも・・・」
カザミネ
「「でぐれあ」とやらの振るまい、拙者には見過ごせぬ
それに、その黒騎士の技量にも、剣士として興味がわいたのでな
気遣いは無用 勝手について行かせてもらうでござるぞ」
マグナ
「って、言われてもなあ・・・」
カザミネさんが来てくれるのはうれしいけど、ネスにまた文句を言われそうだなあ

第8話 屍人の砦

カザミネ
「死体に魔物をつかせて操るとは、なんという外道な・・・」
マグナ
「うん、ネスも同じこと言っていたよ あれは外道の術だって」
カザミネ
「犠牲になった砦の者たちは、さぞかし無念だったでござろうな」
マグナ
「うん・・・」
カザミネ
「召喚術はこの世界を滅ぼす力であうと共に幸せをもたらす力でもある・・・
拙者が世話になった人物が、口にした言葉でござるよ
おぬしにこのような心配は無用とは思うが
この言葉を胸にとどめて、よき召喚師になってくだされ」
よき召喚師、か・・・ なにを基準にしたらそうなれるんだろう?

第9話 まだ見ぬ故郷

マグナ
「カザミネさんはルウのことどう思う?」
カザミネ
「ど、どうとはっ?」
マグナ
「こんな危険な場所に一人で暮らしてるってことだよ」
カザミネ
「あ、ああ・・・そういうことでござるか」
マグナ
「そういうって・・・どういうことだと思ったの?」
カザミネ
「いや、そのっ! なんというか・・・
婦女子があのようなっ は、肌もあらわな格好でおら、おり、おる、おるというのはっ!
めめ目のやり場に困りつつもありっ、それはそれでっ、うれしくもあるというか・・・」
マグナ
「どっちなの?」
カザミネ
「そ、そのようなこと! 拙者の口からは、とっとても・・・
拙者っ、頭を冷やしてくるでござるっ!!」
マグナ
「行っちゃった・・・
(別にそこまで意識することかなあ?)」
そりゃ、俺も最初はドキドキしたけどね

第10話 封印の森にて

マグナ
「カザミネさんは悪魔と戦ってる時もいつもと変わらずに戦ってたけど・・・
やっぱり、サムライの精神修行のおかげで落ちつけたの?」
カザミネ
「無論、それもあるが
以前にも、拙者はあの手の連中と戦った経験があるのでござる」
マグナ
「悪魔と!?」
カザミネ
「左様・・だから、さほど恐れずに戦うことができた
けして、楽だったというわけではござらぬがな・・・」
さすがは修行の旅をしてるだけあるなぁ そんな経験があったなんて・・・

第11話 処刑台の騎士

カザミネ
「黒騎士とやらの剣術 このたび、初めて目にしたのだが・・・
伝え聞いたとおり相当のものでござったな」
マグナ
「カザミネさんから見ても、やっぱりそうなんだ・・・」
カザミネ
「拙者の知っておる騎士たちも、かなりの腕をもつ者たちだったが
それらとはまた異質な剣でござった あえて名づけるならば
捨て身の剣・・・」
マグナ
「捨て身の剣?」
カザミネ
「敵の剣が届くより先に必殺の一撃を叩き込む前提で、初めて成立する剣理でござる」
マグナ
「それって、つまり一撃で必ず相手を倒すってことだろう!?
そんなの、絶対に無理だよ・・・」
カザミネ
「そのとおりでござる だが、常にその気概で振るわれ続ける剣は
どとうのごとく相手を襲い続けるであろうな」
マグナ
「・・・!!」
カザミネ
「恐ろしいのは、それを実行しうる、あの男の精神力でござる
なにが、あの男をそこまでの境地へと昇らせたのやら・・・」
黒騎士をそこまで駆り立てるものってなんなんだろう?

第12話 絶望の先へと

マグナ
「鬼ってのは、たしかシルターンの住人なんですよね?」
カザミネ
「住人と呼ぶには少々、抵抗を感じるでござるなあ
同じシルターンのものではあれど、きゃつらのような妖怪たちと人間とは・・・
互いに干渉しないことによって共存しているようなものなのだ」
マグナ
「そういう取り決めがあるんですか?」
カザミネ
「いや、別に・・・ごく自然にそうなっているのでござる
おそらくは、長い年月をかけて、お互いが相容れぬものと知った双方が・・・
暗黙の了解としてこのような関係を作ってきたのだろうな」
マグナ
「へえ・・・」
カザミネ
「無論、常にその関係が守られ続けているわけではござらぬ
妖怪が人を害し、また人が妖怪を害すことで互いの和が乱された時
その仲立ちとなって災いを鎮める存在が
龍神や鬼神に仕える カイナ殿のようなミコなのでござるよ」
ミコって、そういう役目の人たちの呼び名だったんだ・・・

第13話 祭りの夜

マグナ
「カザミネさ・・・!?」
ケルマ
「ねえ、いいでしょう?カザミネさまぁ・・・」
カザミネ
「いや、し、しかしっ 拙者はこれから日課の訓練が・・・」
ケルマ
「そんなもの、お休みしたってよろしいじゃないですか・・・
せっかくのお祭り 二人で、楽しい夜を過ごしましょう?ねぇ・・・ん」
カザミネ
「わわわわっ!そ、それ以上くっつくのはしゃれにならんでござるううっ!?」
マグナ
「(こりゃ、とんでもない場面に出くわしちまったぞ・・・
ここは、さりげなく気づかれないようにして・・・)」
カザミネ
「おおっ!?マグナ殿っ 待っておったぞ!」
マグナ
「え゛っ!?」
(ケルマ)
「きゃんっ!?」
カザミネ
「さあ、日課どおり まずは足腰を鍛える走り込みでござるぞ
さあ、全力で走るでござるぞっ!?」
マグナ
「ちょ、ちょっと!?うわあああっ!!」
ケルマ
「あぁん、カザミネさま お待ちになってぇ~!」
マグナ
「・・・で、つまり 俺を逃げるためのダシにしたってこと?」
カザミネ
「すまんでござる しかし、あの状況では他に活路が見い出せなかったのだ・・・」
マグナ
「でも、カザミネさんはああいう豊満な女性が好みなんじゃなかったんだっけ?」
カザミネ
「いや、それは・・・たしかにそうだが しかし・・・
拙者は、ああいう積極的な女性は、その 苦手なのだ・・・
もっとこう、清楚で恥じらいがあって そのうえで・・・」
マグナ
「豊満な女性がいい、と」
カザミネ
「そ、そうっ そのとおりでござる!」
マグナ
「でも、それってさ すごくぜいたくな好みだと思うけどなあ」
カザミネ
「う・・・っ」
カザミネ
「しかし、すっかり迷惑をかけてしまったでござるな・・・」
マグナ
「まあ、もともと俺はカザミネさんを祭りに誘おうと思ってたからいいけどね・・・
お礼に、たくさん屋台おごってもらっちゃったし」
カザミネ
「おお・・・花火でござるな」
マグナ
「祭りもそろそろ終わりみたいだな」
カザミネ
「さっきの話の続きでござるが・・・
女性の好みを語る資格など、拙者にはないのでござるよ
未だ、剣のなんたるかすらわかっていないこの身ではな」
マグナ
「カザミネさん・・・」
カザミネ
「ケルマ殿が、拙者を憎からず思うてくれること、ありがたいとは思うでござる
だが、拙者はまだ未熟 剣の奥義をこの手にしかと掴むまでは
精進こそが必要なのだ」
マグナ
「そっか・・・」
ケルマ
「見つけましたわよっ カザミネさまぁ~っ!」
カザミネ
「いいっ!?」
マグナ
「す、すごい執念・・・」
カザミネ
「マグナ殿っ!あとは、任せたでござるぞっ!?」
マグナ
「あ、ちょっと!?」
ケルマ
「あぁ、つれない御方 だけど、そこがまた素敵ですわぁ・・・
お待ちになってぇ カザミネさまぁ~っ!」
マグナ
「あーあ・・・」

第14話 確かな想い

カザミネ
「あのご老人、やはりただ者ではござらぬな
あれだけの歳を重ねてなお、壮健な肉体でおられるとは」
マグナ
「でもそれは、爺さんの仕事が、木こりだからじゃ・・・」
カザミネ
「筋肉のつき方が違うのでござるよ
斧を振るうのに必要な部位だけでなく、人体の急所にあたる部分も鍛えあげられていた
あれは、戦士としての肉体でござるよ それも並みのものではござらぬ
相当の修練と実践が年輪のように刻まれて形づくられたもの
だからこそ、黒騎士を相手に生き残ることが可能だったのではござらぬかな?」
マグナ
「なるほど・・・」
でも、じいさんはどこでそんな訓練を積んだっていうんだ?

第16話 縛鎖を断つもの

カザミネ
「ようやく、鬼相がとれたでござるな」
マグナ
「鬼相・・・?」
カザミネ
「鬼と見えるほど思いつめた顔をしておったということでござるよ」
マグナ
「俺、そんな顔してたんだ・・・」
カザミネ
「心配いたすな 今のお主の顔からはそういったものがきれいに落ちておる
迷いは、晴れたのでござろう?」
マグナ
「うん・・・まだ、すこしだけ不安はあるけどね」
カザミネ
「もしまた、迷いに囚われそうになったならば、鏡で己の顔を見つめることだ
鬼相は、鬼を招く ゆめゆめ、忘れぬようにな・・・」
マグナ
「・・・はい」
今の言葉、忘れないようにしないとな

第17話 影は歌う

カザミネ
「いくら武勇に優れた者であろうと、なかなか心までは鍛えられぬ
そこをついてきたあの男の策、敵ながらさすがといえよう」
マグナ
「カザミネさんはあんな卑怯なやり方を認めるんですか!?」
カザミネ
「卑怯も兵法のうち それすら、克服できてこその武人でござる
それに、これは戦争でござるからな・・・」
マグナ
「・・・・・・」
カザミネ
「とはいえ、拙者もまだまだ修業が足りん
人間は業の深きもの なかなかどうして無我の境地には至れぬ」
マグナ
「俺から見れば、全然、落ち着いて見えるけど」
カザミネ
「怒りや憎しみを殺すことは、慣れればたやすいからな しかし・・・
本能による衝動まではそう簡単にはいかぬ
食への欲求、眠りへの欲求、それに・・・」
マグナ
「女の人への欲求?」
カザミネ
「露骨に言うものではござらぬぞ?
否定はせぬが・・・」
どうやらそれが、カザミネさんが一番克服したいものみたいだな

第18話 誰がための剣

カザミネ
「今回の戦いで、改めて黒騎士の剣を見たが
以前にも増してその技は、研ぎ澄まされておった
だが・・・」
マグナ
「だが?」
カザミネ
「あの者の剣理は捨て身となることで力を増すものだ
それを考えたならばあの男は今、自分の身を案じていないということにはならぬか?」
マグナ
「あ!?」
カザミネ
「修行によって、その境地に達したのならば問題はない
だが、そうでなければあれは、死人の剣に他ならぬ」
マグナ
「死人の、剣・・・」
カザミネ
「振るう先に死人を作り また、使い手さえも死に導く、破滅の剣理でござるよ
今のままでは遠からず、あの者は死ぬことになろうな」
マグナ
「そんな・・・」
カザミネ
「惜しいことでござるよ なまじ、あれだけの才能がありながら」
ルヴァイドは・・・そのことに、気づいているんだろうか・・・

第19話 デグレアの闇

カザミネ
「考えられる限り 最悪の展開になってしまったでござるな」
マグナ
「黒の旅団は完全にガレアノたちに利用されていたってことになるもんな・・・」
カザミネ
「このこと、黒騎士に告げるおつもりか マグナ殿?」
マグナ
「カザミネさんは反対なの?」
カザミネ
「反対ではござらぬ だが、拙者が心配しているのは・・・
事実を知ったあの者が完全な捨て身になってしまわぬかということでござる」
マグナ
「あ・・・!」
カザミネ
「黒騎士は今、死人の剣 破滅へと続く剣理へと道を誤りかけておる
このたびのこと あの者をそこから救う鍵やもしれぬが・・・
場合によっては、逆にその運命を決定づけてしまうやもしれぬ」
マグナ
「そんな・・・」
カザミネ
「すべては、それを受けとめるだけの器量が、今の黒騎士にあるかどうかということ
結局の所、拙者らにはどうすることもできぬのでござるな・・・」
真実を知ったその時 ルヴァイドはいったいどうなってしまうんだろう・・・?

第20話 知の略奪者

カザミネ
「事の次第はエスガルド殿たちから聞かせてもらったでござるよ
あの三人の凶賊が悪魔の変じたものであったとはな・・・」
マグナ
「カザミネさんは、昔先輩たちと一緒に悪魔と戦ったことがあるんだよね?」
カザミネ
「いかにも・・・
思い出すのも苦い 嫌な戦いでござった」
マグナ
「それって、やっぱり悪魔の力がそれだけ強いってこと?」
カザミネ
「刃を交える戦いならば それを通じて、互いに得るところもあろう
しかし、あ奴らとの戦いには、そういったものがないのでござる
殺すか、殺されるか それだけしかない
これほど虚しい戦いはないでござるよ」
剣を極めようとしてるカザミネさんだから余計に思うところもあるんだろうな

第21話 メルギトスの嘲笑

カザミネ
「ゼルフィルドはあれで、本望だったであろうな」
マグナ
「!?」
カザミネ
「己の身を惜しまず 最後まで忠義を尽くし散っていった
からくりの身ながらサムライの心をもっておったと思う・・・」
マグナ
「そんなの、変だよ!おかしいよ!?
死んじゃったらそれで終わりなんだよ なにもないんだよ!?」
カザミネ
「マグナ殿・・・」
マグナ
「俺は、生きていてほしかったよ
どんなにみっともなくても、つらくても 生きていてほしかった
ルヴァイドだってきっと、同じだよ 絶対に!!」
俺にはわからない! わからないし・・・イヤだよ・・・っ

第22話 真なる罪人

カザミネ
「いよいよ、決着をつける時が来たのでござるな?」
マグナ
「うん・・・」
カザミネ
「これほど大きな戦に参るのは、こちらでは三度目でござる
一度目は、呼ばれて最初の戦い
二度目は、お主の先輩たちと共にした魔王との決戦でござる
今度の戦は、おそらくそれらを凌駕するほど厳しいものとなろう」
マグナ
「カザミネさんはこわくはないの?」
カザミネ
「サムライというものは朝に死し、夕べに死ぬ そうした覚悟を要する生き方でござる
未練はない」
マグナ
「そうなんだ・・・
俺には、ちょっと真似できそうにないよ
まだまだ、生きてやりたいと思うこと たくさんあるから」
カザミネ
「それでいいのでござるよ」
マグナ
「え?」
カザミネ
「死を恐れない覚悟も 生きようとする思いも それが真剣であれば
必ず、お主の力になるならば、いい・・・」
マグナ
「カザミネさん・・・」
カザミネ
「未練はない、と拙者は言い切ったが・・・
それは拙者個人の話 後に残された者たちを省みない、得手勝手な考えかもしれぬ
そう思いたったのはマグナ殿 お主たちとの旅で学んだことでござる
死ぬ覚悟をもつことと命を粗末にすることは違う・・・
そうでござろう?」
マグナ
「うん、そうだよ!」
カザミネ
「拙者ごときの死でも そのために、泣いてくれるという人がおる
ならば、拙者は生きて帰ろう・・・! マグナよ、お主たちと共にな!」
マグナ
「うん、カザミネさん 生きるために、絶対に勝って帰ろう!」

エンディング

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によってリィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・
~聖地の森~
カザミネ
「・・・マグナ?
レオルド殿に聞いたでござるよ
まだ、あの時のことを気にしているらしいでござるな」
マグナ
「うん・・・
引きずったって意味がないことなのかもしれないけど
どうしても、ね」
カザミネ
「さもあらん
拙者とて、未だにあれが悪い夢だったのではないかと
そう願ってしまう時があるのだからな」
マグナ
「・・・・・・」
カザミネ
「すこし、外の空気を吸いにいかぬか?
よどんだものを吐き出さねば、人は生きてなどいけないでござるぞ」
マグナ
「うん、そうだな・・・」
カザミネ
「早いものでござるよ
あれから、もう 季節がふたつも巡ってしまったでござる」
マグナ
「もう、そんなに経っちゃったんだな」
カザミネ
「時の流れは早い されど、人がそれと等しく成長するのは困難というものだ
未だ、剣の道は見えず いやはや、拙者も未熟でござるよ」
マグナ
「でも、あきらめる気はないんでしょう?」
カザミネ
「うむ
たとえ、至らずとも拙者は最後までこの道をゆくでござる
マグナ殿 お主が、最後に聞いたという・・・
ネスティ殿の言葉を信じ、こうして大樹の護人となったようにな」
マグナ
「錯覚だったかもしれないけど、でも
俺はあの時、たしかに聞いた気がするんだ
ネスは生きている この木の中で眠っているだけだって・・・」
カザミネ
「錯覚ではないと 拙者は思っておるよ
だからこそアメル殿もレオルド殿も
こうして、お主と共に彼女が帰ってくる日を待ち続けられるのでござろうからな」
マグナ
「うん・・・」
聞こえるかい、ネス
君のおかげで、俺たちはこうして生きているよ・・・
ネスが言っていたとおり 人間は、やっぱり嘘つきで自分勝手だけど・・・
でも、昨日とは違うよりよい明日をめざして生きてるんだ
だから、俺は信じるよ
いつかきっと・・・誰も悲しまずにすむ未来がこの世界におとずれるって
だから・・・ずっと、ずっと この場所から、俺たちを見守っていてくれるかい?
なあ ネス・・・
カザミネ
「かなうと・・・よいでござるな
お主の信じておるものが・・・」
マグナ
「うん・・・カザミネさんの信じてるものもね」
カザミネ
「まったくでござるよ 待たせ続けるのも彼女に申しわけが立たぬし・・・」
マグナ
「そうよ いい加減に覚悟してなるようになっちゃえばいいのにさ」
カザミネ
「勘弁してくだされ!?それでなくてもミニス殿たちから会うたびに・・・
先越しちゃうわよ?などと、せっつかれておるのでござるから」
マグナ
「あはははははっ ミニスなら、本当にやりかねないよなあ」
カザミネ
「さて・・・そろそろ、戻るといたそうか
アメル殿も、食事の仕度をしていたようでござるし」
マグナ
「ねえ、カザミネさん」
カザミネ
「なんでござるか?」
マグナ
「俺、信じ続けたっていいんだよね?
自分の決めたこと この願いを、最後まで信じていいんだよね?」
カザミネ
「マグナ殿よ それで、お主が後悔しないのならば
それに・・・信じ続けて、お主は今 ここに立っておるのだ」
そんなお主だからこそ 拙者は、共に戦えたことを誇りに思ってるのでござるよ
カザミネ “欲断ち難し”

コメント

タイトルとURLをコピーしました