【夜会話】アメル(マグナVer.)

スポンサーリンク
紫蘭様/氷結火獣様

第2話 聖女の横顔

アメル
「どうして・・・こんなことに・・・」
マグナ
「今はなにも考えちゃいけないよ、アメル
疲れた身体で考えても、よくないことしか浮かばないから」
アメル
「でも・・・っ」
マグナ
「不安なのはわかる でも俺たちはロッカたちと約束したんだ
君を守るって・・・
リューグやじいさんはそのためにあの場に残ってくれた
・・・信じよう? 「迎えに行く」って言葉を
そして、信じてくれ 俺たちが味方だってことを・・・」
アメル
「・・・うん」
守らなくちゃこの子を・・・ じいさんたちとの約束を

第3話 再会と別れ

アメル
「・・・・・・」
マグナ
「元気を出せよ、アメル
こうなったのは君のせいじゃない
二人には、二人なりの考えがあって、それで別行動をとっただけさ」
アメル
「それでも、やっぱりさみしいですよ・・・」
マグナ
「・・・・・・」
アメル
「ロッカもリューグも昔からよく言い争っていたけれど
こんなことがなければ別々に行動したりはしなかったと思います
私のせいだ、って思うのが間違いなのはわかっています でも・・・」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「帰ってきてほしい
それが無理ならせめて無事でいてほしいです
無事で・・・」
アメルの心配 ちゃんと伝わっているはずだよな・・・リューグ?

第4話 小さな召喚師

マグナ
「今日のアメル見てて なんか、俺びっくりしちゃったよ」
アメル
「びっくりですか?」
マグナ
「うん、驚いた
おとなしそうに見えて意外と行動力あるし
言いたいことがあればちゃんと口に出して言っちゃうしさ」
アメル
「ふふふっ、でもマグナさんは知らなかっただけで
あたしの性格ってもともと、あんな感じなんですよ?」
マグナ
「えっ!?」
アメル
「聖女さまって呼ばれるようになってからは
それらしくしようって ちょっとだけ・・・ネコかぶってたの
幻滅しちゃいました?」
マグナ
「そ、そんなことないよ あはは・・・っ」
アメル
「村が襲われてからずっと、あたし暗い顔ばかりしていて
マグナさんたちに心配かけっ放しでしたよね?
でも、いつまでも落ちこんでたらダメだって思ったんです
だから・・・」
マグナ
「いいんじゃないかな 前向きでさ
少なくとも、俺は今日一日でアメルの色んな一面が見られて楽しかったよ」
アメル
「あ・・・・・・」
びっくりしたのだってうれしい驚きって感じだったもんな・・・

第5話 はかなき平穏

アメル
「どうしてあの時、彼はそのままあたしたちを攻撃してこなかったんでしょうか?」
マグナ
「ミモザ先輩が言ってたよね?
もし、あの場で戦いを仕掛けたら蒼の派閥への敵対行為とみなされてしまう
だから、手を出せなかったんだよ」
アメル
「でも、おかしいですよ
あの人たちは平気で村ひとつを焼き払える力があるんですよ?
あの場であたしたち全員を殺すことぐらいできたはずです!
そうすれば・・・派閥に見つかる前に目的を果たすことができたはず・・・」
マグナ
「・・・・・・」
アメル
「あたし、なんだかわからなくなっています
厳しい言い方でしたがあの人は、部下たちの身を案じていました
そんな優しさを持っている人が、レルムの村を平然と焼き払ったなんて・・・
どうして、そんなことができてしまうんでしょうか!?
あたしには・・・ わかりません・・・」
マグナ
「アメル・・・」
黒騎士を動かしてるものって、いったいどんな感情なんだろう?

第6話 彼女の決意

アメル
「踏み出したんですよねあたしたち・・・
周りに流されないよう 今いる場所を守ることだけの毎日から
自分たちの意志で初めて一歩、前に進み出したんですよね?」
マグナ
「ああ、そうだよ
そしてきっかけを作ったのは、君さ」
アメル
「正直、まだこわいです あたし・・・
自分の判断が本当に正しかったのかどうか不安になります」
マグナ
「誰だって、それは同じだよ
未来を見ることなんて誰にもできないんだ だから、人は悩んだり失敗もする
けどさ・・・
それを恐れていたらいつまでたっても人は同じ場所にしかいられなくなっちまう
ギブソン先輩が言っていたよ
自分の気持ちに正直になって決めたことがその人にとっての真実になるんだって」
アメル
「自分の、気持ち・・・」
マグナ
「こわいかもしれない 不安かもしれない
だけどアメルは後悔はしていないんだろう?」
アメル
「してません!」
マグナ
「うん、俺も同じだ 後悔はしちゃいない
どれだけ失敗しても、その気持ちを忘れさえしなければ
きっと、乗り越えていけるって俺は思うよ」
誰だって、きっとそうやって生きていくものなんだから・・・

第7話 波乱の港

アメル
「下町の人たちがみんな無事で、本当によかったですね?」
マグナ
「うん、壊れた家もすぐに元に修理されるみたいだし」
アメル
「砲撃が始まった時 あたし、すごく不安になったんです
レルムの村みたいなことになっていたらどうしようって」
マグナ
「けど、戻ってきたらみんな拍手で迎えてくれるんだもんな」
アメル
「ええ、たくさんの人が「よくやった」ってほめてくれて
本当にあったかい人ばかりで・・・」
マグナ
「なにもかも、きちんと片付いたさ また、みんなでここに来ような?」
アメル
「ええ、絶対に・・・約束ですからね?」
ささやかだけど 親切にしてもらったみんなへの恩返しにはなったかな・・・?

第8話 屍人の砦

マグナ
「こんなところにいたのか アメル・・・」
アメル
「マグナさん」
マグナ
「熱があるのにこんな場所で夜風にあたったらダメだよ」
アメル
「・・・・・・ あたし、どうしてあんなことができてしまったんでしょう?」
マグナ
「え・・・?」
アメル
「操られている人たちの心が、触れてもいないのに流れ込んできて
それがかわいそうで
頭の中が真っ白になったと思ったらあんなことに・・・」
マグナ
「・・・・・・」
アメル
「なんだか不安なんです あたし・・・
自分がどんどん、違う存在に変わっていってしまうみたいで
すごく、こわい・・・」
マグナ
「気にしないほうがいい
今日のことは、状況が普通じゃなかったんだ
だから、あんなことが起こっただけだよ
俺から見て、アメルはアメルのままよ
なにも変わってなんかいないって」
アメル
「・・・・・・」
マグナ
「身体が弱ってるから気持ちも弱くなってるだけさ さあ、戻ろう?」
なにも変わっちゃいないよ 変わるはずないじゃないか・・・

第9話 まだ見ぬ故郷

マグナ
「ケイナのおかげでなんとか、その場はおさまったけど
(結局、アメルとはあれっきり話せずじまいか・・・)
今は一人にしてほしいって言ってたもんな
・・・・・・ だいじょうぶだよな?
明日になったらきっとまた、いつもの笑顔でおはよう、っていってくれるよな?
きっと・・・」
そうだよな・・・ アメル・・・

第10話 封印の森にて

アメル
「結界があたしの力で壊れてしまう瞬間
あの時、あたしは感じたんです
マグナさんと出会った時に感じたのと同じ、懐かしいなにかを・・・」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「あたしは、あの場所を知っていたんです!?
そんなはずないのに知ってたんですっ!
これってどういうことなんでしょうか?
あたし・・・おかしくなってしまいそう・・・」
マグナ
「俺にもわからないよ けどね、アメル
俺もあの森に入った時、心の中がざわめく感じがしたんだ」
アメル
「えっ?」
マグナ
「ああ、嘘じゃない
聞きおぼえのない言葉が頭の中で渦をまいて
自分が自分でなくなるみたいで、とても不安だった・・・」
アメル
「あなたもそんな風に・・・」
マグナ
「こんなこと言っても慰めにもならないかもしれないけど
君が体験したそれは個人の異変によるものなんかじゃないんだ
その証拠として俺がいるんだから・・・」
アメル
「・・・はい」
あの森には何かがあるんだ・・・ アメルや俺に関係する何かが!

第11話 処刑台の騎士

アメル
「ここまで、あたしの噂が広がっているなんて思いもしませんでした」
マグナ
「俺はフォルテから聞くまで、全然知らなかったけどさ
それは聖王都がやたら広い街だったせいなのかもしれないな」
アメル
「噂が広まった原因には心当たりがあるんです
村の人たちは、みんな聖女の癒しを求めてやってくる旅人からの収入で
貧しい村の生活が変わるのではないかと信じてましたから」
マグナ
「村人たちが、宣伝していたってことか・・・」
アメル
「今にして思えば おじいさんが心配したのは、このことだったのかもしれません
噂を聞きつけてやってくる人たちが、必ずしも村に幸福をもたらすとは限らないって・・・
今になってからわかっても、しかたのないことですけど
ちょっと、くやしいですよね・・・」
マグナ
「・・・・・・」
高い代償だったよな たしかに・・・

第12話 絶望の先へと

アメル
「マグナさん あたし決めました
もうこれからは 自分のもってる力をこわがらないって」
マグナ
「えっ?」
アメル
「あたし、何度もこの力のことをうとましく思いました
黒の旅団に村が襲われた原因も みなさんが危ない目にあってきたのも
自分がこんな力をもってるせいだって 思い続けてました
だけど・・・ 鬼にされた人たちを見た時・・・ 思ったんです
鬼が、人の心を食い荒らしてしまう病気だとしたら
あたしがもっと強い力を使えていたら助けられたんじゃないのかって・・・」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「ただの思いこみなのかもしれません
でも、どうあってもこの力を手放すことができないのなら
もっと、もっと役に立つようにしたい
この力があたしにとって不幸をもたらすものだったとしても
周りの人たちに幸せを与えることはできると思うんです」
マグナ
「思いこみなんかじゃないと思うぜ
だってアメルはその力で、俺たちを何度も助けてくれてるんだからさ!
きっと、できるよ?」
アメル
「マグナさん・・・」
力が不幸を呼ぶなら そのぶん、俺たちで幸せにしてやればいい そうだろ・・・?

第13話 祭りの夜

アメル
「お祭りに、あたしを?」
マグナ
「うん、もし良かったら一緒に見物しないか?」
アメル
「はいっ、いきますっ! 連れてってください」
マグナ
「(へえ、すっごい喜びようだなあ)」
アメル
「えへへ・・・ あたし、村のお祭りしか知らないからすごく楽しみです♪
あ、でも・・・ 洗い物をすませないと」
マグナ
「だったら、手伝うよ 二人でやったほうが早いだろ?」
アメル
「・・・すみません それじゃ、洗ったお皿拭いてくれますか?」
マグナ
「うん、了解」
アメル
「うわあ! ほらほらマグナさん あれ、見てください!」
マグナ
「ははは、アメルったらまるで子供みたいにはしゃいじゃってさ」
アメル
「もぉ、だって・・・ 本当にすごく楽しいんですもの!
パレードは見ていてあきないし、さっき買った焼きイモさんだって、ほら?
こんなにほくほくでバターもたくさんしみてて・・・
んーっ、とってもおいしくて幸せですっ」
マグナ
「お祭りで食べる物っていつもより、ずっとおいしいからね
他にも、いろいろ試してみるといいよ」
アメル
「あ・・・! マグナさん あれやってみません?」
マグナ
「へえ、くじ引き ハズレなし、か・・・」
  • よし、やってみるか
    マグナ
    「このヒモを一本引けばいいんだな? よーし・・・」
    アメル
    「がんばってください!」
    マグナ
    「よっ・・・ありゃ?」
    おっちゃん
    「はいよ、にいちゃん! 24等賞はファナン名所、時計塔の置き物だよっ!」
    (時計塔の置物を手に入れた!)
    マグナ
    「・・・・・・」
    アメル
    「・・・・・・」
    マグナ
    「・・・いる?」
    アメル
    「あ、ははは・・・あたしは、遠慮しときます、はい・・・」
  • アメルもやろうよ
    マグナ
    「このヒモを一本引けばいいんだな? よーし・・・」
    アメル
    「どれにしようかなあ?」
    マグナ
    「よっ・・・おっ?」
    おっちゃん
    「はいよ、にいちゃん! 15等賞は、かわいい召喚獣のぬいぐるみだよっ!」
    アメル
    「あたしは、これ・・・ えいっ!」
    おっちゃん
    「大当たりぃ~っ!」
    アメル
    「えっ、えっ?」
    おっちゃん
    「6等賞は珍しい異世界の懐中時計だ! おねえちゃん、これは価値もんだよぉ?」
    アメル
    「は、はぁ・・・」
    マグナ
    「よかったじゃないか、アメル」
    アメル
    「でも、あたしあんまり時間を気にしないですし・・・
    そうだ・・・! マグナさんにさしあげますよ?」
    マグナ
    「えっ、でもそれ すごく高い物だよ?」
    アメル
    「いいんですよ、使わないあたしが持っていても、しかたないですもの」
    マグナ
    「んー・・・ それじゃこいつと交換ってことにしよう」
    アメル
    「いいんですか?」
    マグナ
    「ああ、ぬいぐるみなんて、それこそ俺が持ってたって意味がないしね」
    (異世界の懐中時計を手に入れた!)
    アメル
    「くすっ、なんだかプレゼント交換してるみたいですね?」
    マグナ
    「うん、そうかも」
アメル
「うわあ・・・」
マグナ
「アメルは花火を見るのは初めてか?」
アメル
「ええ・・・ こんなに、キレイなものだったんですね
すごいなあ・・・」
マグナ
「うーん、たしかにここまで盛大なのは俺も初めてだよなあ」
アメル
「マグナさん」
マグナ
「ん・・・?」
アメル
「あたし、こうして生きてこられて すごく幸せだって思います・・・
何度も落ちこんで弱音をはいて いろんな人たちに迷惑をかけて
本当になにもかもイヤになったりもしたけれど、でも・・・
つらいことだけじゃなかったから」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「今日みたいな楽しい思い出を、あたしもっともっと作りたい
だから、負けません 負けないようにがんばりますから だから・・・
最後まで、見ていてくれますか?」
マグナ
「うん・・・ 楽しい思い出、一緒に作っていこうな
つらいことを思い出す暇なんかないくらい めいっぱいにさ?」
アメル
「・・・うんっ」

第14話 確かな想い

マグナ
「じいさんの傷の具合はどうだった?」
アメル
「初めに負った傷が無理をしたせいでひどくなってました
よほど、無理をしていたんでしょうね」
マグナ
「いたたまれなかったんだろうな・・・ 村が、こんな目にされたから」
アメル
「そうですね・・・ 傷を治すためにおじいさんの心に触れた時に、あたし感じたんです
おじいさんがこの村のことをどれだけ大切に思っていたのか
ロッカや、リューグ それに、あたしをどれだけ心配していてくれたのかを・・・」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「やっぱり あたしはおじいさんの孫娘です
血がつながってなくたって、そんなこと関係ありません
だって・・・ ちゃんと心がつながっているんですから・・・
それだけで、あたしは充分に幸せです」
マグナ
「うん、そうだよな」
つちかってきたキズナの強さはそう簡単にほころびるものじゃないもんな・・・

第16話 縛鎖を断つもの

アメル
「アルミネが、どんな天使だったかですか?」
マグナ
「うん、ちょっと知りたくなってね」
アメル
「そうですね・・・
豊穣の天使と呼ばれていただけあって、大地に草木を芽吹かせたり
弱っている生き物に活力を与えることができたみたいです」
マグナ
「それじゃ、アメルの聖女の奇跡も?」
アメル
「きっと、その力の名残でしょうね
もっと早くこのことに気づいてたらよかったのに・・・」
マグナ
「なんで?」
アメル
「だって、そうすれば村の畑を、もっと豊かにしてあげられたじゃないですか?
きっと、おイモさんだって、たくさんとれたはずですよ!」
マグナ
「は、はあ・・・」
天使の力って・・・ そういう使い方していいのかなあ?

第17話 影は歌う

アメル
「私のしたことが また、みなさんに迷惑かけちゃいましたね」
マグナ
「気持ちはわかるよ 俺だって、まだ信じられずにいるんだ」
アメル
「レイムさんが・・・ 黒の旅団の一員だったなんて・・・」
マグナ
「でも、ひとつだけわかったことがあるよ
かばおうとした君を狙って、召喚術を使った時 あの人・・・ 本気だった・・・」
アメル
「・・・・・・」
マグナ
「もしも、またあの人が同じことをするのなら・・・
その時は、俺 あの人を憎んでしまうかもしれないな」
アメル
「でも・・・ それでも・・・ あたし・・・」
信じたい、か・・・

第18話 誰がための剣

マグナ
「ルヴァイドのこと アメルは、どう思う?」
アメル
「あたしには、騎士の在り方なんてものはわからないです
でも・・・ あの人が、どこか無理をしてるということは感じとれました」
マグナ
「うん、俺もそう感じた
黒騎士は、自分の心を無理に殺そうとしてたような気がする・・・
(反逆者の汚名って いったい、なんのことなんだろう?)」
アメル
「でも、思うんです あの人は、ちゃんとあたしたちの言葉を受けとめてくれた
だから、きっと戦う以外の方法でわかりあえるはずです
あの人の心を縛りつけているものさえ、断ちきることができれば きっと・・・」
そうだな・・・ それさえわかれば きっと・・・!

第19話 デグレアの闇

アメル
「それじゃあ、あの方が言ってた反逆者の汚名っていうのは・・・?」
マグナ
「キュラーたちがでっちあげた、濡れ衣だったってことだよ
鷹翼将軍レディウスはたった一人で、祖国を覆い尽くそうとする闇と戦っていたんだ
普通の人にはできることじゃないと思うよ」
アメル
「ルヴァイドさんは そんなお父さんの本当の姿を、知らされずにいたんですね
かわいそうです・・・ お二人とも・・・
お二人だけじゃない 他のデグレアの兵士のみなさんだって
様々な思いと共にこの戦いに参加してるはずなのに
それを自分たちのいいように利用しようだなんて・・・」
マグナ
「だから、俺 ルヴァイドたちに全部話そうと思ってる」
アメル
「マグナ それじゃ・・・?」
マグナ
「ああ、こんな戦いに意味なんてないからね やめるように、説得をしたいと思ってる
黒騎士たちが、俺の言葉を信じてくれるかどうかはわからないけれど・・・」
アメル
「だいじょうぶですよ!
貴方の言葉ならきっとあの人たちにも届いてくれるはずです
だって、貴方の優しいその言葉は、今までにたくさんの人たちを救ってるんですもの」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「あたしが保証しますよ だって、あたしは他の誰よりも・・・
マグナ 貴方のその優しさに救われてるんですもの」
マグナ
「ありがとう、アメル」
君にそう言われると なんだか、自信がわいてくるよ・・・

第20話 知の略奪者

アメル
「ガレアノたちは やっぱり、レイムさんの命令で動いていたんですね・・・
しかも、その正体が悪魔だったなんて」
マグナ
「ギブソン先輩の話だと 人間にとりついた悪魔っていうのは
そう簡単に見わけることができないらしい 気づかなかったのも無理はないよ」
アメル
「ええ・・・」
マグナ
「だけど、これでもうはっきりとわかってしまったよな
デグレアに関する一連の事件は、あの人の手で引き起こされたんだ」
アメル
「あたし・・・ 信じられません・・・
信じなくちゃいけない そうわかってるのに信じたくない・・・っ」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「こわいんです! あの人のことが・・・ わからなくて・・・
どうして、どうしてあんなひどいことして笑っていられるの!?
マグナ あたし、わからない? わからないよぉ・・・」
マグナ
「泣かないで、アメル 俺だってわからないよ
どうして、あの人がこんなおそろしいことをしているかなんて
わからないし・・・ こわいよ・・・」
アメル
「マグナ・・・」
マグナ
「でもね、アメル 俺たちは知ってるんだ
あの人のしたことが どれだけの人たちを傷つけたかってことを」
アメル
「・・・!」
マグナ
「だから、俺・・・ あの人を止めてみせる
どんな結果になるかはわからないけど、でもほっとくわけにはいかないから!」
アメル
「そう、ですよね・・・ あたしたちが止めてあげなくちゃいけないんですよね」
マグナ
「うん・・・」
アメル
「ごめんなさい・・・ 泣いたりして
だけど、これでもう最後にしますから 約束しますから だから・・・」
マグナ
「アメル・・・!?」
アメル
「今だけ、こうさせてください・・・
マグナ 弱虫のあたしに貴方の勇気をわけてください・・・」
マグナ
「・・・・・・ うん・・・」
終わらせてみせるよ 君がもう、泣かなくてすむように・・・

第21話 メルギトスの嘲笑

アメル
「ねえ、マグナ あたしってバカな女の子ですか?」
マグナ
「え!?」
アメル
「だって、ほら・・・ 天使だったくせにレイムさんの正体に気づかなかったし
ロッカたちにもよく言われてたんです アメルは、人のこと信じすぎるって」
マグナ
「(それは、バカはバカでも、バカ正直っていうんじゃ・・・)」
アメル
「困りますよね これじゃ
これから戦う相手は人をだますのが得意な悪魔なのに・・・
治さなくちゃいけないですよね!?」
マグナ
「(アメル・・・) そのままでいいよ アメル?」
アメル
「でも・・・」
マグナ
「人を疑うことなんて 無理におぼえるようなことじゃないんだ
たしかに、それで傷つくこともあるかもしれないけど
できるなら、俺はアメルには今のままでいてほしいんだ」
アメル
「マグナ・・・」
マグナ
「それにほら よく言うだろう?
バカな子ほどかわいい・・・ってさ?」
アメル
「む・・・ それって、なんだかあんまりほめてない気がするんですけど?」
マグナ
「・・・バレた?」
アメル
「もぉーっ! マグナっ!?」
マグナ
「わ、わっ!? ちょっと、なにもそんなにポカポカ殴らなくたって・・・」
アメル
「バカ、バカ、バカっ! あはっ、あはははっ♪」
ま、これで笑ってくれるんならいいよな・・・?

第22話 真なる罪人(好感度・通常)

マグナ
「フリップ様 意識を取り戻したみたいだよ」
アメル
「よかった・・・」
マグナ
「でも、どうしてアメルが助けたこと隠しちゃうんだよ?
ふらふらになるまで癒しの力を使ったのにどうして・・・」
アメル
「あの人のためにはそれが一番だからです
それに、あたしが好きでやったことだし」
マグナ
「なあ、アメル・・・君はどうしてそんなに優しいんだ?
聖女だから?それとも、天使の生まれ変わりだから?」
アメル
「ううん・・・マグナ
あたしはただ自分のもらったものをわけているだけです
周りの人たちがあたしにくれる優しさ それがあったかくてとてもうれしいから
みんなに同じ気持ちを感じてほしいんです
独り占めにしちゃうよりも、そのほうがずっと素敵だもの」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「あたし、やっぱり人間が大好きです
奪ってばかりだってレイムさんは言っていたけれど
与えることだってちゃんと知っています だって・・・
マグナ 貴方が、たくさんのあったかい気持ちを与えてくれたから
あたしは今、こうしてここにいることができるんですもの
ありがとうございます」
マグナ
「そ、そんな・・・っ お礼だなんて、なんか照れくさいってば!?」
アメル
「・・・・・・」

第22話 真なる罪人(好感度・大)

マグナ
「フリップ様 意識を取り戻したみたいだよ」
アメル
「よかった・・・」
マグナ
「でも、どうしてアメルが助けたこと隠しちゃうんだよ?
ふらふらになるまで癒しの力を使ったのにどうして・・・」
アメル
「あの人のためにはそれが一番だからです
それに、あたしが好きでやったことだし」
マグナ
「なあ、アメル・・・ 君はどうしてそんなに優しいんだ?
聖女だから? それとも、天使の生まれ変わりだから?」
アメル
「ううん・・・ マグナ
あたしはただ 自分のもらったものをわけているだけです
周りの人たちがあたしにくれる優しさ それがあったかくてとてもうれしいから
みんなに同じ気持ちを感じてほしいんです
独り占めにしちゃうよりも、そのほうがずっと素敵だもの」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「あたし、やっぱり人間が大好きです
奪ってばかりだってレイムさんは言っていたけれど
与えることだって ちゃんと知っています
だって・・・ マグナ 貴方が、たくさんのあったかい気持ちを与えてくれたから
あたしは今、こうしてここにいることができるんですもの
ありがとうございます」
マグナ
「そ、そんな・・・っ お礼だなんて、なんか照れくさいってば!?」
アメル
「・・・・・・」
マグナ
「それにさ・・・ 俺だって、アメルからたくさんのものをもらってるんだぜ?
今だってそうさ 本当は、すごく不安で逃げ出したいくらいなのに・・・
君がいてくれるからがんばらなくちゃって思うことができる
負けないって気持ちになれるんだ」
アメル
「うれしい・・・ あたしが、そうやって貴方の力になれるってことが・・・」
マグナ
「思うんだよ
きっと一人ぼっちのままだったら、俺たち運命に負けていたかもしれないなって
出会ったせいで悲しいこともたくさん経験したけど・・・
それでも、アメル 俺は、君に出会えてよかったって思ってる」
アメル
「あたしもそうです マグナ
貴方に出会えたことが本当に嬉しいの 貴方の側にいられて
好きになった人が貴方で・・・」
マグナ
「アメル・・・」
アメル
「捕まえていてください あたしのことを・・・
もう二度と・・・ 離ればなれになんかならないように・・・」
マグナ
「うん・・・」
アメル
「マグナ ひとつ、お願いを聞いてくれませんか?」
マグナ
「なんだい?」
アメル
「この戦いが終わったらあたしを、貴方の生まれた場所に連れていってください」
マグナ
「え・・・」
アメル
「見てみたいんです 貴方が暮らしていた本当の故郷を
貴方のこと、もっといっぱい知りたいから
ダメですか?」
マグナ
「ううん! そんなことないって
約束しよう、アメル そのためにも、絶対に勝ってみせるから!」
アメル
「ええ、約束ですよ?」

エンディング(好感度・通常)

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によってリィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼女の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・
~聖地の森~
ネスティ
「・・・マグナ?
まったく・・・!さっきから、何回呼んだと思ってるんだ」
マグナ
「ごめん、ごめん・・・」
ネスティ
「まあ、今日に限っては仕方がないがな
アメルのことを考えていたんだろう」
マグナ
「うん・・・」
ネスティ
「メルギトスは滅び去り 戦いの爪跡も、すでに消えつつある・・・
だが、僕たちの戦いはまだ終わってはいない あの日から、ずっと続いている・・・」
マグナ
「あの日の今日・・・アメルはいなくなってしまったんだよな
笑顔のまま・・・永遠に・・・」
ネスティ
「マグナ・・・
望みを捨てるな! そのために、僕たちはここにいるんだろ!
彼女を助ける方法は必ず、あるはずなんだ きっと・・・!
それに、今日はみんなが彼女に会いに来る日でもあるんだぞ
しっかりするんだ」
マグナ
「うん・・・わかってるよ わかってはいるんだけどさ・・・
だけど・・・っ」
ネスティ
「まだ、すこし時間があるな・・・
一足先に・・・彼女に挨拶をしに行くか?」
マグナ
「え、でも・・・」
ネスティ
「そんな、沈んだ顔のままでは、みんなに余計な心配をかけるだけだからな
アメルと会って・・・叱ってもらってこい」
マグナ
「うん・・・」
ネスティ
「早いものだな・・・
あれから、もう季節がふたつも巡っていったなんて・・・」
マグナ
「聖なる大樹・・・
この樹がアメルだって知っているのは、多分俺たちだけ・・・
あの時から、ずっと邪悪な魔力を吸収して浄化し続けているのも」
ネスティ
「だからこそ・・・
僕たちはこの樹の いや、彼女の護人になったんだ・・・
いつか、この樹の中で眠っている彼女が 目覚めるのを信じて」
マグナ
「はははは・・・っ 起きるかどうかさえもわかってないのにな」
ネスティ
「不甲斐ないな・・・
これだけの月日を使って、調べているというのに・・・
手がかりさえも・・・つかめずに・・・ッ」
マグナ
「ネス・・・?
ごめん、俺・・・自分一人だけ、勝手に悲しんでると思って
ネスの気持ち・・・考えてなかった・・・ひどいことしてた!?」
ネスティ
「いいんだ・・・それよりも・・・
笑ってあげなくちゃな 彼女のために・・・
僕たちは、笑っていなくちゃいけない 彼女の分まで、幸せにならなくちゃ・・・」
マグナ
「うん・・・」
聞こえるかい、アメル
君の愛したこの世界は今もこうして息づいてるよ
相変わらず、俺たちは不器用な生き方ばかりしかできてないけど・・・
でも、君は言ってたよね
人間は自分自身の力だけで変われるんだって・・・
そんな人間のことが愛しいって・・・
だから、俺も信じるよ
いつかきっと・・・誰も悲しまずにすむ未来がこの世界におとずれるって
だから・・・ずっと、ずっとこの場所から、俺たちを見守っていてくれるかい?
なあ? アメル・・・
ネスティ
「そろそろ戻ろう みんなも、じきに集まってくるだろうし
ハサハだけに応対させておいたら心配だからな」
マグナ
「うん、それじゃ・・・」
いるよ・・・
マグナ
「(えっ?)」
ここに・・・
ここに、いるよ
ネスティ
「どうしたんだ?」
マグナ
「この声は・・・まさか・・・っ?
アメルっ!」
ネスティ
「マグナっ!どこへ行くんだ!?」
マグナ
「アメル・・・っ!!」
ネスティ
「そんな・・・信じられない・・・
僕まで・・・幻を見ているとでもいうのか・・・!?」
マグナ
「幻なんかじゃない!!
アメルは・・・っ 帰ってきてくれたんだ
俺とした約束のために帰ってきたんだよ!」
アメル
「ん・・・っ ふぁ、あ・・・っ」
マグナ
「アメルっ」
アメル
「あ・・・っ マグナ・・・
おはようございます」
マグナ
「お、おはよう・・・っ」
アメル
「あたし、ちょっと寝坊しちゃったみたいですね・・・
お腹すいてるでしょ?ごめんね、すぐにご飯の用意しますから」
マグナ
「いいんだよ・・・っ 今、俺・・・っ 胸がいっぱいだからっ いいんだ・・・っ!」
アメル
「どうしたんですか?なにか、悲しいことがあったんですか?」
マグナ
「アメル・・・っ!!」
アメル
「あ・・・っ い、痛いですってば マグナ」
マグナ
「アメル・・・っ 本当に、ホントにっ アメルなんだよなっ」
アメル
「ええ、そうです・・・ あたし・・・アメルですよ・・・
だから・・・もう、泣かないで
あたしの大好きな貴方の笑顔を、見せてください・・・ね」
マグナ
「うん・・・っ」
アメル
「他のみなさんは?」
マグナ
「もうすぐ、会えるよ すぐに・・・
きっと、君のことを みんなも・・・待ってたから・・・」
アメル
「大変!それじゃあお出迎えの準備をしないと・・・
手伝ってくれますか?マグナ」
マグナ
「ああ、もちろんだよ!」
アメル
「それじゃあ、急いで戻りましょう」
マグナ
「あっ、アメル!」
アメル
「はい・・・」
マグナ
「ひとつだけ、まだ君に言いたいことがあったんだ・・・」
おかえり・・・
アメル“天使は舞い降りた”

エンディング(好感度・大)

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によってリィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼女の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・
~聖地の森~
ネスティ
「・・・マグナ?
まったく・・・! さっきから、何回呼んだと思ってるんだ」
マグナ
「ごめん、ごめん・・・」
ネスティ
「まあ、今日に限っては仕方がないがな
アメルのことを考えていたんだろう」
マグナ
「うん・・・」
ネスティ
「メルギトスは滅び去り 戦いの爪跡も、すでに消えつつある・・・
だが、僕たちの戦いはまだ終わってはいない あの日から、ずっと続いている・・・
まして・・・ マグナ
彼女のことを誰よりも好きだった、君にとってはな・・・」
マグナ
「あの日の今日・・・ アメルはいなくなってしまったんだよな
笑顔のまま・・・ 永遠に・・・」
ネスティ
「マグナ・・・
望みを捨てるな! そのために、僕たちはここにいるんだろ!
彼女を助ける方法は必ず、あるはずなんだ きっと・・・!
それに、今日はみんなが彼女に会いに来る日でもあるんだぞ
しっかりするんだ」
マグナ
「うん・・・ わかってるよ わかってはいるんだけどさ・・・
だけど・・・っ」
ネスティ
「まだ、すこし時間があるな・・・
一足先に・・・ 彼女に挨拶をしに行くか?」
マグナ
「え、でも・・・」
ネスティ
「そんな、沈んだ顔のままでは、みんなに余計な心配をかけるだけだからな
アメルと会って・・・ 叱ってもらってこい」
マグナ
「うん・・・」
ネスティ
「早いものだな・・・
あれから、もう季節がふたつも巡っていったなんて・・・」
マグナ
「聖なる大樹・・・
この樹がアメルだって知っているのは、多分俺たちだけ・・・
あの時から、ずっと邪悪な魔力を吸収して浄化し続けているのも」
ネスティ
「だからこそ・・・
僕たちはこの樹の いや、彼女の護人になったんだ・・・
いつか、この樹の中で眠っている彼女が目覚めるのを信じて」
マグナ
「はははは・・・っ 起きるかどうかさえもわかってないのにな」
ネスティ
「不甲斐ないな・・・
これだけの月日を使って、調べているというのに・・・
手がかりさえも・・・ つかめずに・・・ッ」
マグナ
「ネス・・・?
ごめん、俺・・・ 自分一人だけ、勝手に悲しんでると思って
ネスの気持ち・・・ 考えてなかった・・・ ひどいことしてた!?」
ネスティ
「いいんだ・・・ それよりも・・・
笑ってあげなくちゃな 彼女のために・・・
僕たちは、笑っていなくちゃいけない
彼女の分まで、幸せにならなくちゃ・・・」
マグナ
「うん・・・」
聞こえるかい、アメル
君の愛したこの世界は今もこうして息づいてるよ
相変わらず、俺たちは不器用な生き方ばかりしかできてないけど・・・
でも、君は言ってたよね
人間は自分自身の力だけで変われるんだって・・・
そんな人間のことが愛しいって・・・
だから、俺も信じるよ
いつかきっと・・・誰も悲しまずにすむ未来がこの世界におとずれるって
だから・・・ずっと、ずっとこの場所から、俺たちを見守っていてくれるかい?
なあ? アメル・・・
ネスティ
「そろそろ戻ろう みんなも、じきに集まってくるだろうし
レシィだけに応対させておいたら心配だからな」
マグナ
「うん、それじゃ・・・」
いるよ・・・
マグナ
「(えっ?)」
ここに・・・ ここに、いるよ
ネスティ
「どうしたんだ?」
マグナ
「この声は・・・ まさか・・・っ?」
やくそくを・・・ したから・・・

かえって・・・ きたんだよ・・・

マグナ
「アメルの声だ・・・っ 間違いないっ!」
ネスティ
「何を言ってるんだ! 僕には、なにも・・・」
ほら、ここ・・・ あなたの・・・ すぐ、そばに・・・
マグナ
「アメルっ!」
ネスティ
「マグナっ! どこへ行くんだ!?」
マグナ
「アメル・・・っ!!」
ネスティ
「そんな・・・ 信じられない・・・
僕まで・・・ 幻を見ているとでもいうのか・・・!?」
マグナ
「幻なんかじゃない!! アメルは・・・っ 帰ってきてくれたんだ
俺とした約束のために 帰ってきたんだよ!」
アメル
「ん・・・っ ふぁ、あ・・・っ」
マグナ
「アメルっ」
アメル
「あ・・・っ マグナ・・・ おはようございます」
マグナ
「お、おはよう・・・っ」
アメル
「あたし、ちょっと寝坊しちゃったみたいですね・・・
お腹すいてるでしょ? ごめんね、すぐにご飯の用意しますから」
マグナ
「いいんだよ・・・っ 今、俺・・・っ
胸がいっぱいだからっ いいんだ・・・っ!」
アメル
「どうしたんですか? なにか、悲しいことがあったんですか?」
マグナ
「アメル・・・っ!!」
アメル
「あ・・・っ は、恥ずかしいですよ マグナ
ネスティ、見てるよ それに、あたし服をどこかになくしたみたいで・・・っ
裸、だから・・・」
マグナ
「好きだよ・・・! アメル・・・っ
だから、もう絶対にどこへも行かせない!
ずっと、このまま俺の側にいてくれよ お願いだから・・・っ」
アメル
「うん・・・ あたしも、貴方のこと好きですよ・・・
だから・・・ もう、泣かないで
あたしの大好きな貴方の笑顔を、見せてください・・・ね」
マグナ
「うん・・・っ」
アメル
「他のみなさんは?」
マグナ
「もうすぐ、会えるよ すぐに・・・
きっと、君のこと みんなも待ってたから・・・」
アメル
「大変! それじゃあ お出迎えの準備をしないと・・・
手伝ってくれますか? マグナ」
マグナ
「ああ、もちろんだよ!」
アメル
「それじゃあ、急いで戻りましょう」
マグナ
「あっ、アメル!」
アメル
「はい・・・」
マグナ
「ひとつだけ、まだ君に言いたいことがあったんだ・・・」
おかえり…
アメル “天使は舞い降りた”

コメント

タイトルとURLをコピーしました