イベントバトル会話(~第8話)

第1話 始まりは突然に

VS海賊たち

[開始直後]
ソノラ/カイル
「まいったって言うまで 痛めつけちゃえ!」/「野郎どもッ!敬意をはらってお相手してやんな!」
(海賊)
「オォーッ!!」
レックス
「まずい、囲まれた・・・!
「戦闘教訓」・・・ 敵に背後を取られるべからず 油断こそが最大の敗因なり
戦闘には万全の体力で挑むべし 体力回復が勝利への道なり あと他は・・・よし!
(生徒)を守るんだ!」
ソノラ/カイル
「まいったって言うまで 痛めつけちゃえ!」/「野郎どもッ!敬意をはらってお相手してやんな!」
(海賊)
「オォーッ!!」
アティ
「いけない、囲まれた・・・!
「戦闘教訓」・・・ 敵に背後を取られるべからず 油断こそが最大の敗因なり
戦闘には万全の体力で挑むべし 体力回復が勝利への道なり あとそれから・・・うん!
あの子は私が守ります!」
[自2ターン目]
レックス
「こうなったら、召喚術を使うしかないな・・・
強い術ではないけど 海賊相手なら 充分効き目はあるはずだ!」
アティ
「こうなったら、もう召喚術を使うしか・・・
強い術じゃないけど 海賊相手なら 充分効き目はあるはずです!」

VSはぐれ召喚獣

[開始直後]
レックス
「わかる、わかるぞ! この剣なら・・・
こいつらに勝てる!」
アティ
「力が・・・ 伝わってくる・・・
この剣なら・・・ 勝てます!」
[1体目撃破後]
レックス
「凄い・・・! これは、剣の魔力なのか?
いくらでも 力が湧いてくる・・・!
うおおおおーっ!」
生徒
「先生・・・?」
アティ
「凄い・・・! これは、剣の魔力・・・!?
いくらでも 力が湧いてくる・・・!
う・・・ あああぁぁーっ!」
生徒
「先生・・・?」

第2話 陽気な漂流者

VSカイル&ヤード

[開始直後]
レックス
「え? もしかして君も 一緒に戦ってくれるのか?」
アール/オニビ/キユピー/テコ
「ピピッ」/「ビー!」/「キュピー!」/「ミャー!」
レックス
「ありがとう 心強いよ」
カイル
「いくぜえぇぇーッ!!」
ヤード
「ええ!」
アティ
「え? もしかして、あなたも 一緒に戦ってくれるの?」
アール/オニビ/キユピー/テコ
「ピピッ」/「ビー!」/「キュピー!」/「ミャー!」
アティ
「ありがとう 心強いよ!」
カイル
「いくぜえぇぇーッ!!」
ヤード
「ええ!」
[カイルへの攻撃直前]
カイル
「さぁて、お待ちかねのタイマンだ!」
レックス
「できれば遠慮したいんだけど…」
カイル
「さぁて、お待ちかねのタイマンだ!」
アティ
「け、結構ですぅ~っ!?」

VSソノラ&スカーレル

[開始直後]
レックス
「え? もしかして君も 一緒に戦ってくれるのか?」
アール/オニビ/キユピー/テコ
「ピピッ」/「ビー!」/「キュピー!」/「ミャー!」
レックス
「ありがとう 心強いよ」
ソノラ
「ぜぇーったい 泣かしてやるんだから!」
スカーレル
「逆に泣かされないようにね?」
ソノラ
「ぶーぶー!」
アティ
「え? もしかして、あなたも 一緒に戦ってくれるの?」
アール/オニビ/キユピー/テコ
「ピピッ」/「ビー!」/「キュピー!」/「ミャー!」
アティ
「ありがとう 心強いよ!」
ソノラ
「ぜぇーったい 泣かしてやるんだから!」
スカーレル
「逆に泣かされないようにね?」
ソノラ
「ぶーぶー!」

VSはぐれ召喚獣(カイル&ヤード版)

[開始直後]
カイル
「待たせたな、ソノラ!」
ソノラ
「アニキぃ…もぉ、遅いよぉっ!」
カイル
「よおし、助けに行くまでくたばるんじゃねえぞ!」
[自2ターン目]
レックス
「召喚術で道を切り開きます! 力を貸して!」
ヤード
「わかりました! 私の魔力を使って下さい
さあ、カイルさんもこちらへ!」
カイル
「おお、なんだかよくわからんがまかせろ!」
アティ
「召喚術で道を切り開きます! 力を貸してください!」
ヤード
「わかりました! 私の魔力を使って下さい
さあ、カイルさんも こちらへ!」
カイル
「おお、なんだかよくわからんがまかせろ!」

VSはぐれ召喚獣(ソノラ&スカーレル版)

[開始直後]
スカーレル
「はぁーい♪ お待ちどうさま、ヤード」
ヤード
「ふざけてないで 助っ人、お願いします!」
スカーレル
「はいはい、じゃあ、助けに行くまで なんとか耐えてちょうだい!」
[自2ターン目]
レックス
「召喚術で道を切り開きます! 力を貸して!」
ソノラ
「ええっ、なになに? とにかくそばにくっつけばいいの?」
スカーレル
「あらっ、そういうのだったら大得意よん まかせてちょうだい♪」
アティ
「召喚術で道を切り開きます! 力を貸してください!」
ソノラ
「ええっ、なになに? とにかくそばにくっつけばいいの?」
スカーレル
「あらっ、そういうのだったら大得意よん まかせてちょうだい♪」

第3話 はぐれ者たちの島

VSロレイラルの防衛機械

[開始直後]
ボクスGD
「#DE! DE!! DEEEEE!!!」
カイル
「くるぞっ!!」
[自2ターン目]
ヤード
「こんなことになるとは・・・ 私を支持してくださったばかりに・・・」
カイル
「おいおい、責任感じてんのか? よーし、だったら得意の召喚術で活躍してもらうぜ!」
ヤード
「え、ええ! 勿論です!」
[自3ターン目]
レックス
「・・・!
よく聞いて! あの赤い鉄の箱に衝撃を与えて壊すんだ!
爆発に敵を巻き込めばかなりのダメージを与えられるはずだ!」
ソノラ
「なるほど・・・ アタシにまっかせて!」
アティ
「・・・!
よく聞いてください! あの赤い鉄の箱に衝撃を与えて壊すんです!
爆発に敵を巻き込めばかなりのダメージを与えられるはずです!」
ソノラ
「なるほど・・・アタシにまっかせて!」
[爆破コンテナで倒した後]
ソノラ
「やったぁ!」
[ヤード3体撃破後]
ヤード
「ふぅ・・・これで少しは挽回できましたか」

VSシルターンの鬼・妖怪

[開始直後]
鬼忍衆
「うおおオオおおぉおォぉおおオォぉォっ!!!」
レックス
「シルターンの妖怪!!」
ソノラ
「ひゃあああっ!? あ、兄貴のバカ~っ!」
鬼忍衆
「うおおオオおおぉおォぉおおオォぉォっ!!!」
アティ
「シルターンの妖怪!!」
ソノラ
「ひゃあああっ!? あ、兄貴のバカ~っ!」
[自2ターン目]
カイル
「あっはっは 俺の勘どおり 大本命だったな!」
ソノラ
「笑い事じゃないでしょ 兄貴のバカっ!」
カイル
「ははっ、そう言うなよ ま、俺に任せときゃ安心だってとこ、見せてやるぜ!」
[自3ターン目]
レックス
「・・・ヤードさん あの、1つだけ不思議な色の石・・・」
ヤード
「ええ、感じます 何か呪術や妖術のような力が込められているようですね
解放されれば 周囲の者はただではすまないでしょう」
カイル
「ははっ、面白そうじゃねえか! よしソノラ、やっちまえ!」
ソノラ
「まっかせて!」
アティ
「・・・ヤードさん あの、1つだけ不思議な色の石・・・」
ヤード
「ええ、感じます 何か呪術や妖術のような力が込められているようですね
解放されれば 周囲の者はただではすまないでしょう」
カイル
「ははっ、面白そうじゃねえか! よしソノラ、やっちまえ!」
ソノラ
「まっかせて!」
[神四手石で毒化後]
ソノラ
「やったぁ!」
[カイル3体撃破後]
カイル
「おいおい! もっと骨のあるヤツはいねえのか!?」
アティ
「さすが船長・・・ すごい・・・!」

VSサプレスの幽霊たち

[開始直後]
イタズラ幽霊
「オォォォ・・・ッ!!」
スカーレル
「来るわよッ!?」
[自2ターン目]
ソノラ
「みんなゴメーン! なんでアタシって こんなに運が悪いかな・・・」
スカーレル
「うふふっ じゃ、その分大活躍してもらっちゃおうかしら?」
ソノラ
「うう・・・ よぉーっし、見てろーっ! やってやるんだから!」
[自3ターン目]
レックス
「・・・あの違う色の石から、何か呪いのような力を感じる・・・」
スカーレル
「あら、気になるんだったら 手、出しちゃえばイイんじゃない?」
ソノラ
「じゃ、アタシがついでにやったげる!」
アティ
「・・・あの違う色の石から、何か呪いのような力を感じます・・・」
スカーレル
「あら、気になるんだったら 手、出しちゃえばイイんじゃない?」
ソノラ
「じゃ、アタシがついでにやったげる!」
[石化水晶で石化させた後]
ソノラ
「やったぁ!」
[ソノラ3体撃破後]
ソノラ
「これでどうよ!」
スカーレル
「キャー やるじゃない♪」

VSメイトルパの獣人たち

[開始直後]
アンガボア
「ギャオォォォォッ!!」
スカーレル
「と、ともかくっ やるっきゃないわ!!」
[自2ターン目]
スカーレル
「ゴメンね、みんな ハズレだったみたい」
カイル
「気にしなくていいぜ! でも、その分の活躍は期待してるぜ」
スカーレル
「そうね 本気出しちゃおうかしら?」
[自3ターン目]
ソノラ
「・・・むむっ! これは火薬のにおい!」
スカーレル
「っていうか、それって あのいかにもな感じのタルじゃない?」
レックス
「気を付けて! 近くで爆発したらただじゃすまない!」
カイル
「ははっ、面白いもん 見付けたじゃねえか よしソノラ、やっちまえ!」
ソノラ
「まかせて! ドカンといくよっ!」
ソノラ
「・・・むむっ! これは火薬のにおい!」
スカーレル
「っていうか、それって あのいかにもな感じのタルじゃない?」
アティ
「気をつけてください! 近くで爆発したらただじゃすみませんよ」
カイル
「ははっ、面白いもん 見付けたじゃねえか よしソノラ、やっちまえ!」
ソノラ
「まかせて! ドカンといくよっ!」
[爆破タルで倒した後]
ソノラ
「やったぁ!」
[スカーレル3体撃破後]
スカーレル
「これでどう?」
レックス
「すごい・・・ 改めて見ると、あの動き ただ者じゃない・・・!」
スカーレル
「これでどう?」
アティ
「すごい・・・ 改めて見ると、あの動き ただ者じゃない・・・!」

VSビジュ率いる帝国軍部隊

[開始直後]
アルディラ
「ニンゲンの中でも・・・貴方はとびっきりのゲスのようね」
ビジュ
「キレイな顔してキツイねぇ? バケモノねーちゃんよォ!?」
アルディラ
「・・・許さないわ」
キュウマ
「見苦しい戦法だ 戦士としても貴様は下の下らしい」
ビジュ
「やかましいッ! 勝ちゃいいんだよォ 勝ちゃあなアぁーッ!?」
キュウマ
「・・・成敗してくれる!」
ファルゼン
「・・・・・・」
ビジュ
「なんだァ、てめぇは? 人間のふりしたってバケモノはバケモノだろォが」
ファルゼン
「・・・ユルサヌ!」
ヤッファ
「ゲスな手使って よくもやってくれたじゃねえか」
ビジュ
「やかましいッ! 勝ちゃいいんだよォ 勝ちゃあなアぁーッ!?」
ヤッファ
「・・・アティ この獲物は譲ってもらうぜ」
[自2ターン目]
レックス
「あれは毒キノコだ! みんな近付かないように気を付けて!」
ソノラ
「じゃ、アイツらになすりつけちゃおう!」
アティ
「あれは毒キノコです! 近付かないように気を付けてください!」
ソノラ
「じゃ、アイツらになすりつけちゃおう!」
[毒キノコで毒にした後]
ソノラ
「よっし、大成功!」
[護人がビジュを撃破]
アルディラ
「後悔なさい・・・」
キュウマ
「次は、命を貰う!」
ファルゼン
「ニドト カオヲミセルナ・・・!」
ヤッファ
「命があるだけマシと思いな」

第4話 海から来た暴れん坊

VS海賊ジャキーニ一味

[開始直後]
ジャキーニ
「うおお、戦争じゃあぁっ!!
野郎どもッ! やっちまえいッ!!」
(海賊)
「へい、船長!!」
レックス
「話を聞いてくれって言ってるのにーっ!?」
ジャキーニ
「うおお、戦争じゃあぁっ!!
野郎どもッ! やっちまえいッ!!」
(海賊)
「へい、船長!!」
アティ
「あーっ、もぉ! 話を聞いてって言ってるのにーっ!?」
[敵1ターン目]
ジャキーニ
「むむむ・・・! アイツらまた一段と強くなっとるようだわい・・・!
ええいッ! こうなったら お前が行ってワシらの強さを見せつけてやるんじゃあ!!」
オウキーニ
「えええぇ~! わてがでっか!? あんさん、キツイわ~」
[スカーレル VS オウキーニ攻撃直前]
スカーレル
「あんたも大変ね 色々と・・・」
オウキーニ
「へえ、まあ・・・おおきに」
[オウキーニ撃破後]
ジャキーニ
「おおお、兄弟ェ~っ!!? 貴様ら、よくも兄弟ェを!
おおおぉい、ワシがあんな事を言ったばっかりに、こんなヒデェことに・・・ひっく」
オウキーニ
「・・・いや 生きてますよって・・・」
[カイル VS ジャキーニ攻撃直前]
ジャキーニ
「ここで会ったが百年目! 今日こそ泣かしちゃるーッ!!」
カイル
「へいへい・・・ 百一年目にまたこいや」

第5話 自分の居場所

VS悪行召喚獣

[開始直後]
プチトードス
「ギシャアアアアッ!!」
レックス
「いくぞ、みんな!」
プチトードス
「ギシャアアアアッ!!」
アティ
「いくよ、みんな!」

VSアズリア率いる帝国軍

[開始直後]
アズリア
「海賊どもを蹴散らし あの愚か者めを私の前に連れてこい!」
ギャレオ
「任務、了解!!」
[自2ターン目]
ナップ
「ううっ・・・俺のせいで みんなが・・・
・・・っ!」
ベルフラウ
「っ・・・私のせいでみんなが・・・
・・・っ!」
アリーゼ
「ううっ・・・私のせいでみんなが・・・
・・・っ!」
ウィル
「僕のせいで・・・みんなが・・・
・・・っ!」
[生徒がビジュかギャレオを撃破]
ナップ
「はあ、はあっ できた・・・」
レックス
「ナップ・・・なんて無茶なことを・・・」
ベルフラウ
「はあ、はあっ できた・・・」
レックス
「ベルフラウ・・・なんて無茶なことを・・・」
アリーゼ
「はあ、はあっ できました・・・」
レックス
「アリーゼ・・・ なんて無茶なことを・・・」
ウィル
「はあ、はあっ できた・・・」
レックス
「ウィル・・・なんて無茶なことを・・・」
ナップ
「はあ、はあっ できた・・・」
アティ
「ナップくん・・・なんて無茶なことを・・・」
ベルフラウ
「はあ、はあっ できた・・・」
アティ
「ベルフラウちゃん・・・なんて無茶なことを・・・」
アリーゼ
「はあ、はあっ できました・・・」
アティ
「アリーゼちゃん・・・なんて無茶なことを・・・」
ウィル
「はあ、はあっ できた・・・」
アティ
「ウィルくん・・・なんて無茶なことを・・・」

第6話 招かざる来訪者

VS召喚蟲ジルコーダ

[開始直後]
アルディラ
「一時休戦よ・・・いいわね?」
ファルゼン
「・・・・・・」
ジルコーダ
「#Gyshaaaaッ!!」
ヤッファ
「じゃれるのは また今度ってか?」
キュウマ
「・・・・・・」
ジルコーダ
「#Gyshaaaッ!!」
[自2ターン目]
アルディラ
「群れで活動する虫型の魔獣・・・そんなところね
弱者からやられるわ 負傷して動きが鈍くなるのは避けた方が良さそうよ」
ファルゼン
「リョウカイシタ!」
レックス
「ああ、わかった!」
アルディラ
「群れで活動する虫型の魔獣・・・そんなところね
弱者からやられるわ 負傷して動きが鈍くなるのは避けた方が良さそうよ」
ファルゼン
「リョウカイシタ!」
アティ
「わかりました!」
ヤッファ
「ヤツらは群れで戦う魔獣だ
弱って動きの鈍くなったヤツから食われるぞ! 気をつけな!」
キュウマ
「承知!」
レックス
「ああ、わかった!」
ヤッファ
「ヤツらは群れで戦う魔獣だ
弱って動きの鈍くなったヤツから食われるぞ! 気をつけな!」
キュウマ
「承知!」
アティ
「わかりました!」

VSジルコーダ&女王蟲

[開始直後]
レックス
「よし・・・ みんな、行くぞっ!!」
キュウマ
「斬り込み役は自分が引き受けます!」
ヤッファ
「んじゃ、オレは気楽に援護させてもらいますかね」
アティ
「それじゃ・・・みなさん、行きましょう!!」
キュウマ
「斬り込み役は自分が引き受けます!」
ヤッファ
「んじゃ、オレは気楽に援護させてもらいますかね」
レックス
「よし・・・ みんな、行くぞっ!!」
アルディラ
「機界の同胞たちの力 今こそ見せてあげるわ!」
ファルゼン
「ワレハ、ミナノ・・・ 「盾」トナル!!」
アティ
「それじゃ・・・ みなさん、行きましょう!!」
アルディラ
「機界の同胞たちの力 今こそ見せてあげるわ!」
ファルゼン
「ワレハ、ミナノ・・・ 「盾」トナル!!」
[自2ターン目]
ヤッファ
「女王の攻撃は半端じゃねえぞ! 何べんもくらってたら命がいくつあっても足りねえ」
レックス
「だったらそれよりも先に倒すしかない!」
ヤッファ
「ああ、そういうこった!」
ヤッファ
「女王の攻撃は半端じゃねえぞ! 何べんもくらってたら命がいくつあっても足りねえ」
アティ
「だったらそれよりも先に倒すしかありません・・・」
ヤッファ
「ああ、そういうこった!」
アルディラ
「女王の攻撃は危険よ! 離れていても油断しないで」
レックス
「だったら一気に間を詰めて倒すしかない!」
ファルゼン
「ソノトオリダ・・・!」
アルディラ
「女王の攻撃は危険よ! 離れていても油断しないで」
アティ
「だったら一気に間を詰めて倒すしかありません」
ファルゼン
「ソノトオリダ・・・!」

第7話 すれ違う想い

VS召喚蟲ジルコーダ

[開始直後]
レックス
「さあ、俺たちも反撃だ!」
クノン
「・・・はい!」
アティ
「さあ、みんなの所へ合流です!」
クノン
「・・・はい!」

VSアズリア率いる帝国軍

[開始直後]
アズリア
「総員、攻撃開始だ! 今より、この者たちを帝国の敵とみなす!!」
レックス
「アズリア・・・」
アズリア
「総員、攻撃開始だ! 今より、この者たちを帝国の敵とみなす!!」
アティ
「アズリア・・・」
[自2ターン目]
アズリア
「どうしたッ!? 早く貴様の魔剣を見せてみろ!!」
レックス
「ダメだ・・・ あの剣を使うと、時々 意識が薄らぐ・・・
あの剣は・・・」
アズリア
「どうしたッ!? 早く貴様の魔剣を見せてみろ!!」
アティ
「いけない・・・あの剣を使うと、時々 意識が薄らいで・・・
あの剣は・・・」
[主人公 VS アズリア攻撃直前]
レックス
「わかってくれ・・・ 君とは戦いたくない!」
アズリア
「できぬ相談だと・・・ 言っているッ!!」
アズリア
「剣を渡せ! これ以上、私に面倒をかけさせるな!」
アティ
「・・・アズリアのバカっ! わからず屋っ!!」

第8話 卑怯者

VSアズリア率いる帝国軍

[開始直後]
アズリア
「どかないというのなら力ずくでどかす・・・ それだけだ!!」
レックス
「アズリア・・・!」
アズリア
「どかないというのなら 力ずくでどかす・・・ それだけだ!!」
アティ
「アズリア・・・!」
[自2ターン目]
アルディラ
「やはり、これが貴方たちのやり方なのね・・・!」
アズリア
「・・・」
ギャレオ
「黙れッ! 貴様らに何がわかる!」
キュウマ
「帝国の武人とやらは、もう少し誇り高き者と思っていたが・・・」
アズリア
「・・・」
ギャレオ
「黙れッ! 貴様らに何がわかる!」
[レックス VS アズリア攻撃直前]
レックス
「教えてくれ、アズリア!」
アズリア
「気安く呼ぶなっ! さあ、そこをどけ!」
アティ
「お願い、アズリア!」
アズリア
「気安く呼ぶな! さぁ、そこをどけ!」

VSビジュ率いる帝国軍部隊 / VS帝国軍

[開始直後]
イスラ
「人質がいなくたってなにも問題はないさ?
あいつらは、もう剣の力を頼ることはできないんだからね
さあ、返り討ちにしてやるんだ!!」
[自2ターン目]
ヤッファ
「・・・! 臭うぜ、こいつは・・・」
スカーレル
「密林でとれる天然の猛毒、でしょ?
あのビジュって男、暗器と毒の使い手よ みんな気を付けて!」
[生徒 VS イスラ攻撃直前]
ベルフラウ
「この卑怯者・・・ 恥を知りなさい!!」
イスラ
「だったらキミが思い知らせてよ・・・お嬢サマ?」
アリーゼ
「・・・・・・!」
イスラ
「なんだいその目は? 言いたいことがあるなら言ったらどうだい?」
ウィル
「よくも平然と・・・今まで・・・」
イスラ
「利口だったってことさ・・・君なら、わかるだろ?」
[生徒 VS ビジュ攻撃直前]
ナップ
「よくもオレの弟分を泣かせてくれたな! 許さねえ!!」
ビジュ
「ガキがうるせぇんだよ・・・後悔しなあッ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました