【夜会話】カブリオ(エアVer.)

スポンサーリンク
赤城隆之様/不断様

第2話

エア
「あ…ガブリオたちもいたんだ…」
ガブリオ
「うん…
夜になるといつもここに来るんだ…
たくさんの星と木のニオイ… メイトルパに還ったみたいな気持ちになるんだよ」
エア
「ゼライドもそうなの?」
ゼライド
「私ハがぶりおニツイテキテイルダケデス」
ガブリオ
「なんていうか… 群で行動していると安心してさ… 今はふたりだけど…」
ゼライド
「私ガ周囲ヲ見張ッテイルト安心デキルソウデスヨ」
エア
「そうなんだ… 風団にいるのもそのせいなの?」
ガブリオ
「いや…あれは… ラクルたちに仲間になるようにたのまれて…
最初は僕もラクルたちに世話されるはずのはぐれ召喚獣だったんだけど…
いつのまにか僕がみんなの世話をすることになっちゃて…」
エア
「ガブリオがやさしいからだよ みんなのことを考えてさ」
ガブリオ
「そんなことないよ…」
エア
「そういえばガブリオのさがしてたあやしい人はリョウガの仲間かもしれないよ…
オルカもあやしい人をさがしていておそわれちゃったんだ… ガブリオも気を付けてね」
ガブリオ
「エアは僕なんかよりずっとやさしいと思うよ」
エア
「な…なによ!? イキナリ…」
ガブリオ
「ははは…」

第3話

ガブリオ
「あ…エア!」
エア
「ガブリオ…ここにいたの…」
ガブリオ
「うん…いつもはゼライドと来るんだけど今はブルニードの調整で手がはなせないだろ…
だからひとりで来たんだけどちょっと落ち着かなくてさ…
よかったよ エアが来てくれて」
エア
「あはは… お役に立ててよかった
でも、そこまでして来なくても… また今度にすればよかったのに」
ガブリオ
「忘れちゃいそうなんだ…」
エア
「え?」
ガブリオ
「ここに来ないと忘れちゃいそうなんだ メイトルパのこと… 僕は忘れたくないんだ…
たとえ… 二度と還れないとしても…」
エア
「ガブリオ… ごめん…」
ガブリオ
「あ…いいんだ エアが悪いわけじゃないよ!」
エア
「でも… あきらめちゃだめだよ!」
ガブリオ
「え?」
エア
「わたしだってどうにか魔刃のところまでたどり着けそうなんだし…
だからガブリオも…!」
ガブリオ
「そうだね… エアの言うとおりだよ… ありがとう…」
エア
「ガブリオ…」

第3話(今回初めて選択した場合)

ガブリオ
「あ…エア!」
エア
「ガブリオ…ここにいたの…」
ガブリオ
「うん…
夜になるといつもここに来るんだ…
たくさんの星と木のニオイ… メイトルパに還ったみたいな気持ちになるんだよ」
エア
「へえ… そうなんだ…」
ガブリオ
「いつもはゼライドと来るんだけど今はブルニードの調整で手がはなせないだろ…
だからひとりで来たんだけどちょっと落ち着かなくてさ…
よかったよ エアが来てくれて」
エア
「あはは… お役に立ててよかった
でも、そこまでして来なくても… また今度にすればよかったのに」
ガブリオ
「忘れちゃいそうなんだ…」
エア
「え?」
ガブリオ
「ここに来ないと忘れちゃいそうなんだ メイトルパのこと… 僕は忘れたくないんだ…
たとえ… 二度と還れないとしても…」
エア
「ガブリオ… ごめん…」
ガブリオ
「あ…いいんだ エアが悪いわけじゃないよ!」
エア
「でも… あきらめちゃだめだよ!」
ガブリオ
「え?」
エア
「わたしだってどうにか魔刃のところまでたどり着けそうなんだし…
だからガブリオも…!」
ガブリオ
「そうだね… エアの言うとおりだよ… ありがとう…」
エア
「ガブリオ…」

第4話

エア
「あ…ガブリオたちもいたんだ…」
ガブリオ
「うん… さっきはごめん… 途中で帰っちゃって…」
ゼライド
「私ノ調子ガ悪クナッテシマッタノデス スミマンセン… モウ直リマシタノデ…」
エア
「あやまらなくてもいいよ ゼライドがムリしたのは私が気絶してたからだもん」
ガブリオ
「あんまりムチャしちゃダメだよ オルカたちが言ってたけどエアしかいないんだろ
魔刃を集められるのって」
エア
「え…? そっか… わたししかいないんだ…
(魔刃を使ってリョウガがゴウラを復活させるのを止めることができるのは…)
そうだね… がんばらなきゃ…!」
ガブリオ
「だから… 僕はムチャするなって… 魔刃はまだ3本残ってるんだろ?」
エア
「ああ…ごめんごめん…って、ガブリオ知ってたんだ 魔刃が4本なの」
ガブリオ
「え…!? それは…砦は4つあったじゃないか だから4本あると思ったんだけど…」
エア
「野生のカンだね! すごいわ」
ガブリオ
「いや…それほどでも…
…っ!」
(ガブリオうずくまる)
エア
「え…? どうしたの?」
ガブリオ
「ちょっとね…うっかりしててウデをぶつけちゃって…」
エア
「へぇ…ガブリオが… なんか意外… ヒドイの?」
(ガブリオ立ち上がる)
ガブリオ
「たいしたことないけど今日はもう帰っておとなしくしてようかな」
エア
「そうしたほうがいいよ 砦まで送ってくよ」
ガブリオ
「いいよ、そんな…」
エア
「エンリョはなし! ね!」

第5話

ガブリオ
「なんかエア つかれてない?」
エア
「今日もいろいろあったから…」
ガブリオ
「たしかに… 今日はすごく大変そうだったよ」
エア
「何だか結局、召喚獣と人間を恋人同士にするために走り回ってたみたいな気が…」
ガブリオ
「そうなの?」
エア
「もしかしたらあのふたり 結婚しちゃったりして…」
ゼライド
「界ヲ超エタ愛、デスカ…」
ガブリオ
「それってステキなことだよね 考えてみれば僕らも似たようなもんだね
エアだけじゃなくゼライドだって生まれた世界がちがうけど
大切な存在だって思ってるよ」
エア
「わたしだって…」
ガブリオ
「これからもずっと仲良くできるといいのに…」
エア
「なに言ってるの できるよ!」
ガブリオ
「そうだね…」

第5話(今回初めて選択した場合)

エア
「あ…ガブリオたちもいたんだ…」
ガブリオ
「うん…
夜になるといつもここに来るんだ…
たくさんの星と木のニオイ… メイトルパに還ったみたいな気持ちになるんだよ」
エア
「ゼライドもそうなの?」
ゼライド
「私ハがぶりおニツイテキテイルダケデス」
ガブリオ
「なんていうか… 群で行動していると安心してさ… 今はふたりだけど…」
ゼライド
「私ガ周囲ヲ見張ッテイルト安心デキルソウデスヨ」
エア
「そうなんだ… だからいつもいっしょなんだね」
ガブリオ
「なんかエア つかれてない?」
エア
「今日もいろいろあったから…」
ガブリオ
「たしかに… 今日はすごく大変そうだったよ」
エア
「何だか結局、召喚獣と人間を恋人同士にするために走り回ってたみたいな気が…」
ガブリオ
「そうなの?」
エア
「もしかしたらあのふたり 結婚しちゃったりして…」
ゼライド
「界ヲ超エタ愛、デスカ…」
ガブリオ
「それってステキなことだよね 考えてみれば僕らも似たようなもんだね
エアだけじゃなくゼライドだって生まれた世界がちがうけど
大切な存在だって思ってるよ」
エア
「わたしだって…」
ガブリオ
「これからもずっと仲良くできるといいのに…」
エア
「なに言ってるの できるよ!」
ガブリオ
「そうだね…」

第6話

エア
「あ…ガブリオたちもいたんだ…」
ガブリオ
「うん… この場所も無事でよかったよ」
エア
「そうだね…みんなががんばってくれたおかげだよ ありがと!」
ゼライド
「一番ガンバッタノハがんう゛ぁるどデスヨ」
エア
「そうなの?」
ゼライド
「がんう゛ぁるどハ限界ヲ超エテぼるがのヲ押サエ込ンデイマシタ
最後マデ耐エ抜イタノハ私タチノ操作デハナクがんう゛ぁるどノオカゲデス」
エア
「そうなんだ… じゃ、この場所や村が無事なのはガンヴァルドのおかげだね」
ガブリオ
「そうだね…
それなのに、僕は… ガンヴァルドを見捨ててしまった…」
ゼライド
「がぶりお…」
エア
「そんな… ガブリオが悪いわけじゃないよ… わたしだって何もできなかったし…」
ガブリオ
「そんなことないよ… エアは…みんなは しっかり戦ったよ…」
エア
「ガブリオ… そんなに自分を責めないで…」
ガブリオ
「ありがとう、エア…」

第7話(今回初めて選択した場合)

エア
「あ…ガブリオたちもいたんだ…」
ガブリオ
「エアこそどうしたの?」
エア
「ちょっと、散歩 ここがキレイだって聞いたからね」
ガブリオ
「うん… なんだかメイトルパに還った気持ちになるんだよ」
エア
「ゼライドは?」
ゼライド
「私ハがぶりおノ周囲ヲ見張ッテイルノデス」
エア
「見張り?」
ガブリオ
「なんていうか… 群で行動していると安心してさ… …って、ふたりだけど」
エア
「そうなんだ…
そういえば今日はパスゥさがし、ご苦労さま」
ガブリオ
「別にいいよ 結局見つからなかったし」
エア
「魔刃の方にいたからね 捕まえてこられなくてごめん…」
ガブリオ
「気にしないでよ どうせまたなにかあったんだろ?」
エア
「かなり大変な目に… でも、ものスゴイ召喚師の人たちにたすけてもらったんだよ」
ゼライド
「スゴイ召喚師?」
エア
「多分ニーニャのセンパイにあたる人だと思うんだけど なんか強さのレベルがちがう感じで…
本気を出されたらわたしなんか歯が立たないほど強いはずだよ」
ガブリオ
「そんなに強いのか… だったら僕らを元の世界に返す方法を知っていたかもしれないな…」
エア
「そっか…」
ガブリオ
「もう少し早く知っていたら僕もちがう道を…」
エア
「それって… どういうこと?」
ガブリオ
「え…? なんでもないよ
じゃあボクはそろそろ風団のアジトに戻ろうかな」
エア
「ガブリオ…」

第8話

エア
「あ… ガブリオ…」
ガブリオ
「来てくれたんだね…エア… 僕も今、会いに行こうと思ってたんだ」
エア
「わたしに…?」
ガブリオ
「うん… ここをはなれる前に、もう一度キミにあやまりたくて…」
エア
「はなれる? …って行っちゃうの? ガブリオ?」
ガブリオ
「僕はキミたちを裏切っていた上にリョウガも裏切ってしまったし ゼライドの力もねらわれている…
だから、ここにいるとみんなにメイワクをかけると思うんだ
ラクルやクーミンを危険にさらしたくはないんだ…」
エア
「でも… ガブリオ…!」
ガブリオ
「悪いけど、もう決めたんだ 僕たちは出ていくよ」
エア
「…」
ガブリオ
「最後までキミの力になれなくて本当にごめんね…」
ゼライド
「サヨウナラ」
(ガブリオ&ゼライド、去ろうとして)
エア
「わたしがゴウラを封印したら…!」
ガブリオ
「!」
ゼライド
「!」
エア
「ゴウラを封印したら また戻ってきてくれるよね…?」
ガブリオ
「エア…」
エア
「そのときはリョウガも元に戻ってるだろうし ラクルやクーミンも待ってるよ…!
だから…!」
ガブリオ
「エア… キミは、僕のことを許してくれるのかい…?」
エア
「許すもなにも… 友だちでしょ!」
ガブリオ
「エア…
ありがとう… 本当に、ありがとう…」

第9話

エア
「ガブリオ…」
ガブリオ
「ごめん、エア… 僕のせいでリョウガが…」
エア
「ううん… ガブリオが悪いわけじゃないよ… あれは、わたしが…」
ガブリオ
「ちがう…! エアは僕たちを助けようとしただけだ…!
エアはなにも悪くなんかないよ! 悪いのは僕だ!」
エア
「ガブリオ…」
ガブリオ
「ごめん、エア… 僕はもうキミに会わせる顔がないよ…
やっぱり、ここから…」
エア
「そんな…
ガブリオ… あなたたちも、わたしの前からいなくなっちゃうの…?」
ガブリオ
「え…!? エア…」
エア
「やっぱりダメだ… わたしの力は、みんなを… 不幸にしちゃうのかな…?」
ゼライド
「ソレハイガイマス 少ナクトモ、アナタノオカゲデ私トがぶりおハ救ワレテイマス」
エア
「じゃ、どうして…!?」
ガブリオ
「ごめん…エア… そうだね…僕、自分のことばかり考えていたのかもしれない…」
エア
「ガブリオ…?」
ガブリオ
「エア… 明日、風団のアジトで会おう」
エア
「え…?」
ガブリオ
「待ってるから 絶対来て…!」
(ガブリオ&ゼライド帰る)
エア
「ガブリオ…」

デートイベント

エア
「ガブリオも待ってるし 風の封刃砦に向かおう」
ガブリオ
「わざわざすまなかったね エア ちょっと報告したいことがあって…」
エア
「なに、あらたまって… もしかして、昨日の出ていくって話の続き…?」
ゼライド
「チガイマス ソノ逆デス」
ガブリオ
「いままで、いろいろあったけど やっぱり、僕たちは… ここに残ることに決めたんだ」
エア
「ガブリオ…!」
ガブリオ
「本当にキミには辛い思いばかりさせてしまったから会わせる顔がないんだけど…」
エア
「そんなことないよ… コレからも一緒にいられるんだもん うれしいよ…!」
ガブリオ
「エア… 本当にありがとう…
今まで僕たちはこうやってキミのやさしさに助けられてばかりだった…」
エア
「そんなこと…」
ガブリオ
「それなのに僕はキミを辛い目にあわせてばかりいる…
だから、僕はキミの前から姿を消そうと思った それがキミのためだと思って…
だけど、それは ただ逃げてるだけなんじゃないかって思ったんだ」
エア
「逃げてる…?」
ガブリオ
「本当にキミのことを想っているんならたとえきらわれたっていい… エアの近くにいて…
キミを守ろうって思ったんだ それが、エアのやさしさに応えることじゃないかって…」
エア
「ガブリオ…」
ガブリオ
「だから僕らはここに残ることに決めた これからは、なにがあってもエアの味方だよ!」
エア
「ありがとう…ガブリオ 本当にうれしいよ…」
ガブリオ
「だから、もう… あんまり自分を責めないで… 元気出してよ…」
エア
「ガブリオ…」
ゼライド
「ソウダ アナタタチハデキルコトヲ精一杯ヤッテイル
誰ニモ責メラレルコトハシテイマセンヨ…」
エア
「ゼライド…
ありがとう… ふたりの想いに応えるためにも止まってるわけにはいかないね…!」
ガブリオ
「エア…」
エア
「結局わたしも悩んでるふりをして逃げていただけかもしれない…
わたしがやらなきゃいけないのは魔刃使いの力から逃げることじゃない… 受け入れることだね…!
こわがったって 始まらないから!」
ガブリオ
「安心して、エア 僕たちがついているから」
エア
「うん! ありがとう、ガブリオ!」

エンディング

ガブリオ
「そろそろ来る頃だと思ってたよ、エア」
エア
「ニオイでわかったって言うんでしょ?」
ガブリオ
「そうだよ でも、最近はニオイよりも先になにかわかっちゃうんだよね」
エア
「野生のカン?」
ガブリオ
「そうかもね ここ最近あったことで僕の中の何かが目覚めてるのかも」
エア
「何かってなによ
で、ガブリオ? これからどうするの?」
ガブリオ
「どうって…?」
エア
「ほら、一段落ついたわけだし また旅に出るとか言うのかなって…」
ガブリオ
「う~ん… 旅に出るって言えば出るんだけど…
基本的にはここにいるっていうか…」
エア
「どういうこと?」
ガブリオ
「今は、自分で周りをかえてみようかなって思ってるんだ」
エア
「自分で周りを?」
ガブリオ
「ここに、仲間になってくれるはぐれ召喚獣を集めようかなって思ってるんだ
風団を大きくするってトコかな」
エア
「へぇ…」
ゼライド
「がぶりおノヨウニ 1人ガサビシイ、ハグレ召喚獣モ大勢イルデショウカラネ」
ガブリオ
「こら! ゼライド」
エア
「あはは… それで、旅に出るってこと?」
ガブリオ
「ブルニードの力を借りればいろんなところを旅してもすぐ帰ってこられるからね」
エア
「すごいよ! エライんだね!」
ガブリオ
「やめてよ…」
エア
「あはは まったくガブリオはほめられるのが苦手なんだから」
ガブリオ
「本当に、エラくなんてないよ 今、僕ががんばれるのはエアのおかげなんだから
エアの側にいたいから エアにふさわしい自分でいたいと思うんだ」
エア
「そんな…」
ガブリオ
「エアだって、ほめられると弱いじゃないか!」
エア
「えへへ…、じゃ、わたしもガブリオに負けないように立派な鍛冶師にならなきゃ」
ガブリオ
「エアならなれるさ!」
エア
「そっか…ガブリオのためには召喚師を目指した方がいいのかな?
一応わたしも召喚師の娘だったわけだし」
ガブリオ
「そんなことはいいよ、エア 実は僕、リィンバウムに呼ばれたことをカンシャしているんだ」
エア
「そうなの?」
ガブリオ
「だって…」
エアに会えたんだから

コメント

タイトルとURLをコピーしました