【夜会話】イグゼルド(エッジVer.)

スポンサーリンク
不断様

第0話

  • じゃあ、一緒に散歩に行こうか
    エッジ
    「じゃあ、一緒に散歩に行こうか」
    イグゼルド
    「了解ダ
    移動先ハドコニ…」
    エッジ
    「あ…
    思い出の場所… なんてどう?」
    イグゼルド
    「思イ出ノ場所…?」
  • メンドウだし、もう寝るよ
    エッジ
    「メンドウだし、もう寝るよ」
    イグゼルド
    「私ノ提案ガ受ケ入レナイト言ウワケカ…」
    エッジ
    「そ…そういうわけじゃ…」
    イグゼルド
    「デハ他ニドンナ理由ガアルノダ… 理解不能…理解不能…」
    エッジ
    「うわっ、ヤバい… わかったわかった 散歩行こう!」
    イグゼルド
    「…
    了解ダ」
    エッジ
    「よかった…」
    イグゼルド
    「移動先ハドコニ…?」
    エッジ
    「そうだな…
    思い出の場所… なんてどう?」
    イグゼルド
    「思イ出ノ場所…?」
エッジ
「とうちゃ~く
うん・・ 確かに夜風に当たってたらつかれがとれた気がするよ
ありがとう イグゼルド」
イグゼルド
「アア…
ココハ…私ガあるじト出会ッタ場所・・? ココガ、思イ出ノ場所ナノカ…?」
エッジ
「うん… それに、ここは昔 僕の家のあった場所なんだ」
イグゼルド
「ソウナノカ…」
エッジ
「この家がなくなったとき僕はまだ小さかったんでここでのことは、ほとんど覚えていない
でも… ここに来るとなんか落ち着くんだ
そういえばリョウガとはじめて会ったのもこの場所だったよ」
イグゼルド
「あるじノ家ハナゼ、ナクナッタノダ?」
エッジ
「この村にはゴウラって召喚獣が封印されている遺跡があるって村長が言ってただろ?」
イグゼルド
「凶悪ナ召喚獣ダソウダナ」
エッジ
「すっごいむかしに召喚したはいいけど力が強すぎて制御できなかった召喚獣なんだって…
送還することもできなかったからやっとのことで封印したらしいんだけど
それを解放しようとしたグレンって悪い召喚師がいたんだ」
イグゼルド
「ナゼダ?」
エッジ
「自分の力に自信を持っててゴウラの力を手に入れられるって思ってたらしいよ
で、封印を解こうとして村で大暴れしたんだって」
イグゼルド
「ソノ時ニ…」
エッジ
「うん…
父さんや親方… みんなでグレンと戦ってやっつけることはできたんだけど
僕の家はこわされちゃって 僕も大ケガしちゃったんだ…
その時、僕を助けるために魔刃使いの力を使っちゃたから父さんは死んだんだって…」
イグゼルド
「…」
エッジ
「母さんは僕が生まれてすぐ死んじゃったらしくて
それで…僕はひとりになったんだ」
イグゼルド
「あるじヨ…」
エッジ
「でも親方が僕を家族として迎えてくれたんだ…
親方の奥さんもその時になくなってて大変だったはずなのに…」
イグゼルド
「…」
エッジ
「最初はいろいろあったけどオルカやタタンとも仲良くなった だから…
僕はもう… ひとりじゃない
それに今日からイグゼルドっていうパートナーができたしね」
イグゼルド
「ソノトオリダ 私ガ護衛獣トナッタカラニハモウ心配スルコトハナイ」
エッジ
「ありがと、イグゼルド よろしくたのむよ」
イグゼルド
「了解ダ
…シカシ私ハ支援攻撃用ニ設計サレテイル ソノタメ…
接近戦ハ不得意デアルコトヲ覚エテイテモライタイ」
エッジ
「うん、わかった」
イグゼルド
「イヤ、ワカッテイナイ!
あるじハ遠方ノ目標ヲスバヤク発見シテ私ニ的確ニ攻撃ノ指示ヲ出ス必要ガアルトイウコトナノダゾ」
エッジ
「ちょっと! それって…?(つまり… あまり当てにはならないってこと?)」
イグゼルド
「何カ問題デモ?」
エッジ
「いやなんと言うか 僕らは鍛冶師なわけであんまり戦いは関係ないよ」
イグゼルド
「了解ダ シカシ私ニハ鍛冶ニ関スルでーたガ入力サレテイナイ
私ノ能力ヲ活用スルタメニハあるじガ的確ニ指示ヲ出ス必要ガアルトイウコトナノダ」
エッジ
「(やっぱり… あまり当てにはならないってこと?)
あははは…
了解です」
イグゼルド
「あるじノ活躍ニ期待シテイルゾ」
エッジ
「ははは…」

第1話

エッジ
「あれ、イグゼルド… なにやってんの? こんなとこで…」
イグゼルド
「言ッタダロウ しすてむノ調整ダ
私ノ能力ヲ最大限ニ発揮デキルヨウ常ニ万全ノ状態ニ調整シテオカナケレバナ」
エッジ
「なにか手伝えることある?」
イグゼルド
ナイ!
エッジ
「即答ですか」
イグゼルド
「アナタコソ何ヲヤッテイルノダ 休メルトキニ休ムノモ兵士ノ仕事ノウチダゾ」
エッジ
「兵士じゃないって 鍛冶師だよ
いや… イグゼルドが出かけたからさ… 僕も散歩しようと思って…」
イグゼルド
「”サビシイ”トイウ感情カ?」
エッジ
「さびしい? 僕が!? イグゼルドがいなくて…?」
イグゼルド
「アア」
エッジ
「そんな… いや…そうかも… ずっといっしょだったもんな…
ひとりになるとちょっとさびしかったのかも…
そういえば今日はありがとう」
イグゼルド
「ナニガダ? アナタノカンシャニ該当スル項目ガ多スギルノデ、モウ少シ詳シクタノム」
エッジ
「そ…そうなの…?
ほら、集会でさ みんなに信じてもらえなかったときイグゼルドが僕のことを信じるって…
本当にうれしかったんだ だから、ありがと」
イグゼルド
「ナルホド…シカシ 私ハ正シイト判断シタコトヲ言ッタマデダ
我々ノ目的ガゴウラ封印デアル限リイツりょうが殿ノ妨害ニアウカワカラナイガ
アナタガ私ノ能力ヲ最大限に引キ出スコトガデキレバ勝利ハ間違イナイ」
エッジ
「たのもしいね、イグゼルド… けど、さっきも言ったろう 僕らは鍛冶師なんだ…
戦わなくてもいい方法があれば僕はそれを選びたいな…」
イグゼルド
「ナルホド あるじガソレヲ望ムノデアレバ努力シヨウ
アナタノヨウナ人間ヲ”ヤサシイ”ト言ウノカ?」
エッジ
「どうかな? 自分ではわからないよ…」

第2話

イグゼルド
「あるじデハナイカ… ドウシタノダ? 何カ用デモアルノカ?」
エッジ
「別に… なんか、ちょっと、ね… また気分転換だよ」
イグゼルド
「ソウカ… ヤハリ正確ニハ理解デキナイナ人間ノ感情トイウモノハ…
おるか殿モケガヲ負ッテイルノニたたん殿ノ前デ無理ヲシテミセタガナゼソンナコトヲスルノダ?」
エッジ
「アレはタタンに心配をかけないようにってオルカのやさしさだよ」
イグゼルド
「アレガ、ヤサシサ… シカシおるか殿ハヨクたたん殿トケンカシテイルゾ」
エッジ
「仲がいいからケンカもするんだよ」
イグゼルド
「仲ガイイノニ、ケンカ…? ナゼダ…仲ガイイナラケンカヲスル理由ナド…
アリエナイ!
エッジ
「落ち着いて落ち着いて! そういうもんなんだから割り切っていこう!」
イグゼルド
「ナニデ割リ切ルノダ?」
エッジ
「フンイキで」
イグゼルド
「… 理解不能」

第3話

イグゼルド
「あるじカ… マタ気分転換ダナ?」
エッジ
「そんなとこ」
イグゼルド
「タシカニ…イロイロアッタ ぱすぅト名乗ル新タナ敵ガ現レ親方殿ガ呪ワレテイルコトモワカッタ
シカシ、ぶるにーどトイウ魔刃ヘノ手ガカリモ手ニ入レタデハナイカ」
エッジ
「そうだね 悪いことばかりじゃない…」
イグゼルド
「安心スルガイイ 少シズツデハアルガアナタハ確実ニ前進シテイル!」
エッジ
「イグゼルド… ありがと!
なんか…はじめてイグゼルドにほめられた気がする… ちょっとうれしいな…」
イグゼルド
「何ヲ言ッテイル? 私ハ、ホメタツモリナド、ナイ 早トチリヲスルンジャナイ
ソウイッタ、思イツキノ判断デ行動スルノハヤメテ、冷静ナ判断力ヲ身ニツケ、私ノ能力ヲ最大限ニ…」
エッジ
「わかったわかった… そこらへんでカンベンしてよ…」
イグゼルド
カンベンデキン!
エッジ
「ひえ~…」

第4話

エッジ
「イグゼルド… 調子はどう?」
イグゼルド
「問題ナイ…ガ アナタハ少シオカシイナ」
エッジ
「え…? どうして?」
イグゼルド
「ヤット魔刃ガ見ツカッタトイウノニウレシソウデハナイナ…? ドウシタノダ?」
エッジ
「そうだね… 魔刃が見つかったのはうれしいけど…」
イグゼルド
「りょうが殿ノコトダナ」
エッジ
「え?」
イグゼルド
「あるじノ反応ヲ見レバ推測スルノハ簡単ダ」
エッジ
「まいったな… お見通しってことか…?」
イグゼルド
「彼ハアクマデモ我々ニ敵対スルモノト思ワレル… モウ友人トハイエナイノデハ…」
エッジ
そんなことはない!
リョウガには何か事情があって話し合えば元に戻れる… そう思ってたんだ…
いや… 思おうとしてたんだ…
だけど… なにも聞けなかった… もしちがってたらって思うと怖くて聞けなかったんだ!
本当はイヤなんだ… リョウガと戦うなんて…」
イグゼルド
「デハ、魔刃集メヲヤメルノカ? ごうらヲ復活ツサセルノカ?」
エッジ
「それは… そんなこと… できない…!」
イグゼルド
「デハ、戦ウシカナイ 彼ヲ止メラレルノハあるじシカイナイノダ」
エッジ
「リョウガを止める… そっか… そうだね
わかったよ、イグゼルド ありがと!」
イグゼルド
「戻ッタヨウダナ あるじヨ」
エッジ
「イグゼルドも僕に手を貸してくれるよね」
イグゼルド
「当然ダ 護衛獣ダカラナ」
エッジ
「ありがと! たよりにしてるよ!」
イグゼルド
「問題ナイ シカシ、私ノ能力ヲ発揮スルニハアナタノ指示ガ的確デアル必要ガ…」
エッジ
「あ…うん… わかったわかった」
イグゼルド
ワカッテナイ!
エッジ
「たすけて…」

第5話

エッジ
「イグゼルド… ほんとうに大丈夫なの?潮風とか…」
イグゼルド
「問題ナイ…ガ念ノタメちぇっくハ念入リニ行ッテイル
シカシ…今回ノ相手ハ本当ニ手強カッタ… 今後ハ装備ノ追加ヲ検討セネバ…」
エッジ
「たしかに巨大ハサミは強かったからね…
でも、どんな装備を追加するつもり? 手に入るものならいいんだけど…」
イグゼルド
「色気ダ」
エッジ
そっちか!?
イグゼルド
「私ニ色気サエ装備サレテイレバ今回ノ相手ナド訳モナカッタロウ」
エッジ
「…って言うか 色気ってどうやって装備するの?」
イグゼルド
「相手ノ精神ヲ支配スルぱるすヤ相手ノ思考ヲまひサセルがすヲ発射スルゆにっとヲ追加スレバイイ」
エッジ
「なんだかわからないけど危ないことだけはわかるよ あと、多分売ってないし…」
イグゼルド
「デハ仕方ナイ腰ノらいんヲシボッテミルカ?」
エッジ
「多分、イミないよ…」
イグゼルド
「デハ、ドウスレバ!?」
エッジ
「思い出してよ! イグゼルドは機械兵士なんだよ! 色気なんて必要ないって!」
イグゼルド
「シカシ再ビアノヨウナ相手ニ会ッタ場合ドウスルノダ!?」
エッジ
「そのときは…
今度こそ僕がガンバル!」
イグゼルド
「…
ヤハリ私ガナントカシナクテハ…」
エッジ
なんだって!?

第6話

エッジ
「イグゼルド… 調子はどう?」
イグゼルド
「問題ナイ 調整ハ万全ダ
問題ガアルトスレバ、あるじノ方ダ 本当ニりょうが殿ヲ止メラレルノカ?」
エッジ
「わからない… でもやらなきゃ… だって…
あのときリョウガはとても悲しそうだったから…」
イグゼルド
「彼ガ、悲シイ…?」
エッジ
「今、あいつのやっていることはあいつの気持ちとは関係なくやらなきゃいけないことなんだよ…
だから、あいつは全力でくる」
イグゼルド
「全力…」
エッジ
「正直、あいつに勝てる自信はないけどやるしかないんだ…
だって、リョウガを止められるのは僕だけなんだから…」
イグゼルド
「迷イハナイノダナ」
エッジ
「…うん!」
イグゼルド
「ナラバ問題ナイ我ガ能力ヲ引キ出セレバ勝テナイ相手デハナイハズダ!」
エッジ
「…
うん!」
イグゼルド
「今ノ間ハナンダ!?」
エッジ
「ああ… なんでもないなんでもない!
力を合わせてリョウガを止めよう!」
イグゼルド
「…
了解ダ」
エッジ
「今の間はなに?」

第7話

エッジ
「イグゼルド 今日もご苦労さまでした」
イグゼルド
「ウム…ちぇっくハ万全ダ コレデ今回ノヨウナ強力ナ召喚師ト戦ウコトニナッテモ問題ナイ」
エッジ
「できれば、あんな強い人達と戦うのはもうカンベンして欲しいけどね…」
イグゼルド
「何ヲ弱気ナコトヲ…」
エッジ
「本当だよ 多分僕らとはレベルがちがう
あのときマグナ/トリスさんたちが本当の力を出していたら絶対に勝てなかったと思う」
イグゼルド
「手加減サレテイタ…ト言ウノカ?」
エッジ
「それもあるけど、ほら護衛獣のレシィくんがいなかったのもあると思うよ」
イグゼルド
「確カニアレ以上戦力ガフエテイタラキビシイ戦イニナッテイタナ」
エッジ
「それだけじゃなくていつもいるパートナーがいなくて調子が出せなかったと思うんだ
僕だってイグゼルドがいないと調子出せないと思うから…」
イグゼルド
「ナルホド… ツマリ、あるじガ勝テタノハ私ノオカゲト言ッテイルノダナ」
エッジ
「まあ・・ そういうことだね」
イグゼルド
「あるじモヨウヤク理解デキタカ ココマデ長カッタガ成長シタトイウコトダナ」
エッジ
「もしかして、それ ほめてるつもり…?」

第8話

エッジ
「いや~… 今回は精神的につかれた…って感じだね イグゼルド」
イグゼルド
「ソウカ? 私ハイツモト変ワラナイゾ」
エッジ
「さすが機械兵士 でも僕はみんなに信用されなくて正直こたえたよ…
あのときイグゼルドも操られて僕ひとりになっていたらどうなっていたことか…
本当に助かったよ ありがと、イグゼルド」
イグゼルド
「問題ナイ、護衛獣ダカラナ シカシ、モシ術ヲカケラレタトシテモ私ニハ効果ハナカッタ」
エッジ
「そうだね 僕らふたりの絆にはあんな術なんか効果ないね!」
イグゼルド
「ソウイウ問題デハナク!
私ノこあゆにっとニハ外部カラノ干渉ヲ防グしーるどシテアルカラナ」
エッジ
「へぇ さすがだね イグゼルド」
イグゼルド
「… あるじヨ… ワカッテナイダロ?」
エッジ
「うん」
イグゼルド
「…
ワカッテナイナラ適当ナ返事ヲスルナ!」
エッジ
「ごめんなさい…」

第9話

イグゼルド
「ドウダ、あるじヨ… 落チ着イタカ?」
エッジ
「ごめん、イグゼルド… 心配かけるね…」
イグゼルド
「問題ナイ 私ハアナタノ護衛獣ナノダカラナ…
ダガ、あるじヨ… マダ迷ッテイルヨウダナ…」
エッジ
「迷ってなんかいないよ…! 僕がやらなきゃいけないのはゴウラを封印することなんだろ?
リョウガのことで悩んだってあいつがかえってくるワケじゃないもんな…!」
イグゼルド
「あるじヨ…」
エッジ
「あ… ごめん… イグゼルド…
僕にだってわかってるよ… こんな気持ちじゃゴウラ封印なんてできないことぐらい…
でも…どうしようもないんだ… また魔刃使いの力が暴走して誰かをきずつけてしまったらって…」
イグゼルド
「ソウカ… トニカク今日ハモウ休ンダラドウダ?」
エッジ
「そうだね…」

デートイベント

エッジ
「ん…ふわぁ…
あれ…? イグゼルド…? おーい!?
いない… どこへ行ったのかな?」
エッジ
「イグゼルド…? ここにいたのか…」
イグゼルド
「…ガ今後暴走スルコトノナイヨウドウカ…」
エッジ
「ん…?」
イグゼルド
「しすてむ変更! 通常警戒もーどニ移行!」
エッジ
「どうしたのさ? そんなにあわてて ここでなにやってたんだい?」
イグゼルド
「ソレハダナ…」
エッジ
「なに?」
イグゼルド
「現実的ニ効果的ナ方法カドウカ結果ガ出ルマデ証明デキナイタメアマリ言イタクナイノダガ…?」
エッジ
「へぇ、そうなんだ?
で、なにやってたの?」
イグゼルド
「聞イテナカッタノカ!」
エッジ
「僕に言えないようなことしてたってこと?」
イグゼルド
「ソ…ソンナコトハ…」
エッジ
「じゃ、なに?」
イグゼルド
「オ…オ祈リヲ…」
エッジ
「はぁ!? お祈りぃ!? イグゼルドがぁ!?」
イグゼルド
「私ニダッテ、コンナコトデあるじノものしふとノ暴走ガ防グコトガデキル確証ハナイガ…」
エッジ
「え…? じゃ、僕のために…?」
イグゼルド
「ソレダケデハナイ 私モごうらヲ封印シタイ… コノ村ヲ、守リタイノダ…」
エッジ
「イグゼルド…」
イグゼルド
「形ノ上トハ言エ、私ハアナタノ護衛獣ダ アナタノ守リタイモノハ私ニトッテモ守ルベキモノダ
ダカラ私ハコノ村ヲ… あるじノ大切ナ人々ヲ守リタイノダ…」
エッジ
「…」
イグゼルド
「ソレニ、今ノ私ニハコノ村ガ唯一ノ帰ル場所ナノダ ナクナッテシマッテハ問題ガアル
めんてなんすニ最適ナ場所モアルトイウノニ…」
エッジ
「僕だって… この村を… みんなを守りたい…
でも僕はまた… 魔刃使いの力を暴走させてしまうかもしれない…
もしかして… そのとき…僕は… イグゼルドまで…!」
イグゼルド
「私ハあるじニ破壊サレルトイウノカ… ソレハ…
アリエナイ!」
エッジ
「ありえないだなんて… どうしてそんなことが言えるんだ? 気休めなら、よしてよ…!」
イグゼルド
「気休メナドデハナイ! ものしふとノ暴走ヲ防グコトガあるじヲ守ルコトダト理解シタ…
ダカラ、オ祈リマデ行ッタノダ 不確定ナ要素ダト理解シタ上デ…
ソレデモ再ビ、ものしふとノ暴走ガ起コッタ場合、私ハ護衛獣トシテあるじノ暴走ヲ止メル…
必ズ止メテミセル!」
エッジ
「イグゼルドが… 止めてくれる…?」
イグゼルド
「ソウダ… ソレガ、アナタノぱーとなーデアル私ノ役目ダ…」
エッジ
「イグゼルドは… パートナー…」
イグゼルド
「ダカラ、あるじハ安心シテ ごうら封印ニ向カウガイイ」
エッジ
「… イグゼルド… ごめん…」
イグゼルド
「ナゼ、アヤマルノダ!? コノ私ヲ信用デキナイ… ソウ言ウノカ…!?」
エッジ
「ちがうちがう! 僕は知らないあいだに大切なことを忘れてたみたいだ…
僕がここまで来れたのは 僕ひとりの力じゃない…
僕のとなりにはいつだってイグゼルドがいてくれたんだ!」
イグゼルド
「ソウダ…私はいつもあるじノ側ニイルノダ… 安心シロ…!」
エッジ
「イグゼルド…」
イグゼルド
「あるじノものしふとガ刃ナラ私ハ鞘ニナロウ!」
エッジ
「あ… イグゼルド… ありがとう…! 本当にありがとう!」
イグゼルド
「問題ナイ 護衛獣トシテ当然ノコトダ」
エッジ
「あはは… イグゼルドはやさしいね…」
イグゼルド
「ヤサシイ…? 私ガ…?」
エッジ
「うん… すっごくやさしいよ…」
イグゼルド
「ヤサシイ… 機械兵士ノ私ガ… 戦闘兵器ノ私ガ、ヤサシイ…
ソンナコトハ… アリエナイ…
アリエナイ!」(熱暴走)
エッジ
「あらら…」

エンディング

エッジ
「やっと一段落ついたね ご苦労さまでした イグゼルド…」
イグゼルド
「問題ナイ 護衛獣トシテ当然ナコトヲシタマデダ」
エッジ
「でも、こうしてるとこのあいだまでのことがウソみたいだね」
イグゼルド
「ウソデハナイゾ 私ノめもりニ確カニ記録ガ残ッテイル」
エッジ
「へぇ そうなんだ すごいね」
イグゼルド
「ダカラ… ワカッテイナイノニ適当ナ返事ヲスルナ…!」
エッジ
「あはは… ごめんごめん」
イグゼルド
「コンナ適当ナあるじナノニ結果的ニ上手クイッテシマウナンテアリエナイコトナノダガ…」
エッジ
「きっと、イグゼルドのお願いがきいたんだよ」
イグゼルド
「確カニ、ものしふとノ暴走ハ発生シナカッタガ…」
エッジ
「あのお願いですごく勇気をもらったからね」
イグゼルド
「勇気…? あるじノ反応ハ、私ノ計算外ダ シカシ、計算以上ノ結果デモアル
コレガ魔刃使イトイウモノナノカ?」
エッジ
「そんなの関係ないよ イグゼルドがそばにいてくれるからさ
僕の力が何倍にもなるんだ!」
イグゼルド
「あるじニトッテ私ノ協力ハ足シ算デハナク、カケ算トシテハタラク、トイウコトカ」
エッジ
「そうだよ! だから、これからもよろしくね イグゼルド」
イグゼルド
「了解ダ」
コレカラモアリエナイ結果ヲ出シテイコウ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました