ぐるぐる回って、めぐりあい?(フェア&コーラルVer.)

スポンサーリンク
不断様
フェア&ユエル
「あ!?」
フェア
「どうしたの、ユエル また、こんなところをうろうろして
ははぁ、さてはまた おつかいの内容 忘れたとか?」
ユエル
「えーっと、その あははは・・・
また、じゃなくて まだ、だったりして」
フェア
「・・・はぁ!?」
ユエル
「だって、だって 内容聞くために戻るんだったら
来た時と同じくらい また、旅をしなきゃいけないんだもん!」
フェア
「旅って・・・ いったい、ユエルはどこから来たの?」
ユエル
「聖王国・・・」
フェア
「そんな遠くから一人で!?」
ユエル
「へっちゃらだよ ユエル、外で寝るの イヤじゃないし」
フェア
「てことは、今までずっと野宿・・・」
ユエル
「あ、食べ物はちゃんとお金で買ってるよ!
ただ、召喚獣をお店に入れるわけにはいかないって
あはははは・・・」
フェア
「あーっ、もぉ・・・
そうと知ってたらあの時、ほっといたりしなかったのに!」
ユエル
「え???」
フェア
「ついて来て わたし、こう見えて宿屋やってるの
泊まるとこがないんだったら、ウチに泊めてあげるわ!」
ユエル
「い、いいよ・・・ 迷惑かけちゃったらイヤだし・・・」
フェア
「だぁーめっ! ほっとけるワケないでしょ!?
ユエルが平気でもわたしの気がすまない そーゆーこと!!」
ユエル
「えへへ・・・ 優しいんだね
なんだか、ユエルの大好きな人たちとおんなじだ・・・」
ぐるぐる回って、めぐりあい? ~Wicked Bros Returns!?~
ユエル
「あーっ!? セルファンだ!」
アロエリ
「きゃ・・・っ!?」
ユエル
「メイトルパの仲間にまた会えて、ユエル うれしいよっ♪」
アロエリ
「オルフル族・・・? なんで、こんな所にオルフルが・・・
・・・っていうか ひっつくなっ!? 暑苦しいっ!!」
ユエル
「ゴメン、ゴメン つい、うれしくて えへへへ・・・」
リシェル
「・・・で、なに? 今度はまた、どこで拾ってきたワケ?」
フェア
「えへへ、じつは・・・」
ルシアン
「じゃあ、ユエルさんは聖王国にあるレルム村から来たんだね」
ユエル
「うん、そうだよ」
グラッド
「召喚獣だけで よく国境を越えてこられたもんだな」
ユエル
「途中まではね 冒険者してる仲間に送ってもらったの
ただ、急な用事ができちゃったから
この町に入ったところで、お別れしちゃったの」
リビエル
「無責任ですわねえ ほったらかしにするなんて」
ユエル
「ううん、違うよ 悪いのはユエルなんだもん
おつかいに必要な紙きれ、落としちゃったんだし」
フェア
「その紙きれっていったい、どういうものなの?」
ユエル
「この町でユエルと会う約束をしてる人がいてね
その人のことが書いてあるの」
フェア
「おつかいって人と会うことだったのね」
アロエリ
「別にそんなもの オルフルのお前には必要ないだろう?
ニオイをたどれば見つけ出せるのではないのか?」
ユエル
「うん・・・ でも、その人にはニオイないから」
セイロン
「ニオイがない??? それは面妖な・・・」
ユエル
「だから、ちゃんとわかるように紙に書いてもらったの」
セイロン
「だが、似顔絵だけでそう簡単にわかるものなのか?」
ユエル
「しゃしん、だから すぐわかる、って」
リビエル
「しゃしん・・・ もしかして「写真」のこと!?」
リシェル
「見たままの画像を機械で紙に焼いたものだけど・・・」
ユエル
「うん、それそれ! ネスティもたしかそう言ってた!」
アルバ
「とすると、やっぱりその写真ってのを探すしかないかな」
フェア
「うん、悪いけど 手分けして探してくれないかな?」
シンゲン
「お安い御用ですよ」
グラッド
「じゃあ、オレは駐在所に張り紙を出してやるよ
相手が先に気づいてくれるかもしれないからな」
フェア
「ありがと、お兄ちゃん」
ユエル
「ユエルもいくよっ! だって、ユエルの失敗だし・・・」
フェア
「いいから、ユエルはここでおとなしく休んでなさい」
ユエル
「でも・・・」
コーラル
「心配いらない だいじょうぶ」
ユエル
「う、うん・・・」
リビエル
「それに、ちょっと言いづらいんだけど 貴女・・・
お風呂入ってないでしょ?」
ユエル
「う・・・っ」
セイロン
「さっぱり汗を流しておくのが、人と会う前の礼儀であろう
まして、そなたは女なのだからな もったいないぞ?」
フェア
「そうそう、女の子はいつだってキレイにしとかなくちゃね」
ユエル
「うううう・・・っ」
ルシアン
「じゃあ、僕たち 町を探してくるよ」
フェア
「うん、わたしもユエルになにか食べさせてから
すぐ追っかけるよ!」
─宿屋の近くor宿場町トレイユ─
フェア
「町の外って可能性もあるけど・・・
とりあえず、先に町を調べつくしてからじゃないとね」
─ミントの家or中央通りorため池orブロンクス邸or水道橋公園or駐在所─
フェア
「ここじゃない、か・・
よし、他の場所を急いで捜そう!」
─私塾─
フェア
「なにやってんのよ リシェル 考えこんだりして」
リシェル
「ねえ、あんた さっきの話を聞いてひっかからない?」
フェア
「なにが?」
リシェル
「だーかーらーっ!
ユエル以外にも人を待ってるって話 前に聞いたでしょ?」
フェア
「・・・あーっ!?
クノンのこと!?」
リシェル
「そうよ、関連づけて考えてみたほうがよさげでしょ?
どこに落としたのかわかんない写真を探すよりも・・・」
フェア
「クノンを探して確認したほうが早いってことね」
リシェル
「そーゆーこと ほら、行くわよ!」
─門前の広場─
クノン
「・・・・・・」
フェア
「クノンっ!」
クノン
「どうも・・・ お久しぶりです」
フェア
「もしかしたらとは思って来てみたけど
あれからずっとここにいたの?」
クノン
「いえ、わりとあちこち、ぶらぶら回っていましたが
これを読んでいたので さほど、退屈はせずにすみました」
フェア
「「恋する乙女の瞳は月を射抜く」・・・」
リシェル
「あーっ、これって「恋する乙女」の最新刊じゃん!」
フェア
「なにそれ???」
リシェル
「帝都の少女たちに大人気の超大河恋愛小説のことよ
もう十年以上もずっと続いてる、息の長い作品なんだから」
クノン
「はい、外伝もふくめて全て読破しております」
リシェル
「へえ、ホントにあんた 人間と同じだよねえ
誰かさんより よっぽど、女の子らしいかも?」
フェア
「むむむ、それって誰のことよぉ!?」
リシェル
「ねえねえ、あんたはどの話が一番好き?」
クノン
「甲乙つけがたいですが やはり、私的には
「恋する乙女の涙は氷河も溶かす」でしょうか?
「恋する乙女の叫びは大海原を割る」も捨てがたいですが」
リシェル
「えーっ、あたしは断然「恋する乙女の左は世界を制す」だけど」
フェア
「どういう話か、見当もつかない・・・」
リシェル
「興味あるんだったら 今度、貸してあげてもいいわよ?」
フェア
「遠慮しとく・・・ 料理の本以外、まず読みきれないから」
リシェル
「100数える前に爆睡だもんねー♪」
フェア
「もーっ、そんなことより、クノンに聞きたいことがあるの!」
クノン
「なんでしょう?」
フェア
「じつはね・・・」
クノン
「なるほど・・・ 写真をなくしたのが原因でしたか
それでは責めるわけにもいきませんね」
フェア
「それじゃあ やっぱり・・・」
クノン
「ええ、そのユエルさんが私の待ち人です」
リシェル
「でもさ、面識なしで写真だけを頼りに待ち合わせなんて
ちょっと無謀すぎじゃない?」
クノン
「仕方がないのです 私の暮らす場所とレルムの村とは
距離が遠すぎて簡単に行き来ができませんから」
フェア
「だけど、そんな遠く同士だっていうのに よくもまあ
互いに交流なんてできたもんだよね
何か、特別なきっかけとかでもあったとか?」
クノン
「それについては また、機会があれば
それより急ぎましょう ユエルさんを安心させてあげないと」
フェア
「うん、そうだよね 急ごう!」
─店の出入り口─
リビエル
「どうしよう・・・ ああっ、いったいどうしたら・・・」
フェア
「どうしたの リビエル?」
リビエル
「あのっ、そのっ!? じ、じつは・・・っ」
フェア
「ユエルが逃げたぁっ!?」
リビエル
「お風呂をわかして着替えを用意しているうちに
いつのまにやら・・・」
リシェル
「お風呂がイヤで逃げだしたっていうワケ!?」
アロエリ
「オルフル族は水に濡れることを嫌う習性があるからな
うかつだった・・・」
フェア
「どうしよう? せっかく、捜してた相手を見つけたのに」
リビエル
「相手って・・・クノンだったの?」
クノン
「はい、そのようです
迎えにはオルフル族が来ると聞いていましたので」
アロエリ
「なんてことだ・・・」
リシェル
「ねえ、アロエリ 貴方も亜人なんだからなんとか捜せない?
ニオイかぐとかさ」
アロエリ
「セ、セルファンにはそういう特技はない!
飛んで、目で捜すというのならともかく ニオイなんて・・・」
ミント
「ニオイがどうかしたの?」
フェア
「ミントお姉ちゃん」
ミント
「グラッドさんから探し物をしてるって聞いたから
とりあえず、オヤカタ連れてきたんだけど」
オヤカタ
「ムイムイッ?」
フェア&リシェル
「その手があったーっ!」
─シトリス高原─
ユエル
「うーっ、おフロがイヤで、つい逃げてきちゃったけど
どうしよう・・・
やっぱり、心配かけちゃってるよね ううう・・・っ
戻らなきゃ・・・
!?」
ギムレ
「おいおい、まいったぜ 出直しを決めこんだほんの矢先に
いきなり、獲物と出くわすなんてな」
ユエル
「お前たち、誰だ!?」
バレン
「こわがらなくていいよ 亜人のおじょうちゃん 僕たちはね・・・
かわいそうなはぐれ召喚獣を助けて回ってる
とっても親切なお兄さんたちなのさ」
ユエル
「ウソつきっ!!
ユエルにはわかるぞ! お前たちの目、平気でウソつく目だ!!
ユエルのことだまして利用するつもりだろ!」
バレン
「あ、あんちゃん・・・」
ギムレ
「ちっ、下手にはぐれになったせいで、余計な智恵をつけてやがる」
ユエル
「ユエルは、はぐれなんかじゃない!」
ギムレ
「ウソつくんじゃねえよ ちゃんとした主人のいる召喚獣だったら
そんな薄汚れた格好してるワケがねえ」
ユエル
「ウゥ・・・ッ」
ギムレ
「それに、その首輪 そいつは反抗的な召喚獣につけて
服従させる道具だ おおかた、主人のスキをついて
逃げだしてきたってとこだろうさ」
バレン
「さすが、あんちゃん さえてるなあ・・・」
ユエル
「それ以上、悪口をいったら、ユエル 本気で怒るよ?」
ギムレ
「へへっ、そうかい? やってみろよ・・・ 薄汚いはぐれが!」
ユエル
「ウウウゥゥ・・・ッ! ガアアアアァァッ!!」
ギムレ
「やれっ、バレン!!」
バレン
「おまかせっ!!」
ユエル
「うグ・・・ッ!? が、アアァ・・ッ!?
ぐ、ぐるじ・・・っ うがあああぁ・・・っ」
ギムレ
「ほーれ見ろ 思ったとおり、まだ首輪は有効だぜ」
バレン
「前の召喚主よりも僕の魔力のほうが強いってことだね」
ギムレ
「時間が経ってるからだよ、ボケが・・・」
バレン
「なんか言った?」
ギムレ
「いやいや、おまえはたいしたヤツだってことだよ、バレン」
バレン
「へへ、あんちゃんにほめられちゃったぜ」
ギムレ
「さーて、それじゃあ とっととこいつを売っぱらって・・・」
クノン
「誠に恐縮ですが そういうわけにはまいりません」
ギムレ
「・・・誰だっ!?」
クノン
「その人をずっと待っていた者です」
ユエル
「あ、あぁ・・・っ」
クノン
「我々の島とレルムの村は、友好的な交流をおこなう間柄です
もし、その人にこれ以上、危害を加えるというのなら
武力行使による報復も辞しません!」
バレン
「あ、あんちゃん!? こいつ、機械人形だ! 人間じゃないよ!?」
ギムレ
「へっ、上等だよ 獲物が増えたってことじゃねえか
出てこい、野郎ども!」
無法者
「おいーっす!!」
ギムレ
「多勢に無勢だ・・・ どうするね、機械のおじょうちゃん?」
クノン
「ならば、不本意ではありますが・・・
援軍を要請します!」
ギムレ
「なぁ・・・っ!?」
フェア
「というわけで・・・ おひさしぶりかしら お二人さん♪」
バレン
「なななっ、なんでっ また、お前たち!?」
リシェル
「それはこっちのセリフよ
こりもせずにまあ 同じ悪さをしようだなんて・・・
どうやら、おしおきが足りなかったみたいね」
コーラル
「要反省、かと・・・」
グラッド
「心配するな 今度こそ、がつんと思い知らせてやる
真聖皇帝の名の下に罪を悔いるがいい!!」
ギムレ
「だから、皇帝にびびって、悪党ができるかっ!!
まとめて、前の恨みも晴らしてやるッ!!」
無法者
「おいーっす!!」
ポムニット
「は、反省のカケラもありませんね・・・」
セイロン
「強気は買ってやるが 本当によいのかな?
明らかに、手下の数が減っておるように見えるのだがなあ」
ギムレ
「う、うるせえっ!! 少数精鋭なんだよッ!」
シンゲン
「なら、こっちも遠慮はいらないですかね」
フェア
「いくわよ、みんな! 二度と悪さなんかできないように
こてんぱんにやっつけちゃえっ!!」
―バトル―
ギムレ
「み、未来に向かって退却だあぁーっ!!」
バレン
「あんちゃん、待ってえええぇぇーっ!?」
グラッド
「あいつら、またしても逃げやがった・・・」
シンゲン
「まあまあ、あんな小物 放っておきましょうよ
実害もなかったことですし、ね?」
グラッド
「まあ、たしかにそうだけどな」
セイロン
「あの程度の器では もはや、再起などできはしまい
いずれ、馬脚を現し 自滅することだろう あっはっはっは!」
ルシアン
「でも、二度あることは三度あるって言うし 心配だなあ・・・」
フェア
「その時は、三度目の正直で、きっちり捕まえてあげるわよ」
ユエル
「みんな、ほんとにありがとねっ♪」
クノン
「これで、ようやく目的を果たすことができます」
ミント
「ユエルちゃんもクノンちゃんも気をつけてね」
アルバ
「なんなら、おいら 護衛についてってやろうか?」
ユエル
「ありがと、アルバ! でも、心配しないで」
クノン
「じつは、ユエルさんを捜す間に、無線で仲間に連絡をとりまして
隣の大道都市で合流することになってるんです」
アルバ
「そっか・・・」
ユエル
「あ、でも みんなが遊びにくるんだったら
大歓迎しちゃうよ?」
フェア
「気持ちはうれしけど、そうもいってられないのよねえ
こっちはこっちで色々とありまして たははは・・・」
ユエル
「そっか、残念・・・」
クノン
「私は、往診の帰りにこの町に立ち寄ると思いますので
その時には、改めて 仲間たちと一緒にお礼にうかがいます」
ルシアン
「うん、その時にはゆっくりしてってね」
リシェル
「ロレイラルの話とか聞かせてよね?」
クノン
「ええ、喜んで では・・・」
ユエル
「ばいばーいっ! まったねぇーっ♪」

コメント

タイトルとURLをコピーしました