【夜会話】アルバ(ライVer.)

スポンサーリンク

第7話 お魚たずねて、秘密基地

ライ
「アルバって騎士団に入る前はさ
どういう暮らしをしてたんだ?」
アルバ
「うーん・・・どう話せばいいのかな
おいら、孤児でさ 物心がついた時には孤児院にいたんだよ
けど、色々あって院長先生がいなくなっちゃった時
一番年上だった二人が がんばってくれてさ
親代わりになって おいらたちのことを育ててくれたんだ」
ライ
「そっか・・・大変だったんだな」
アルバ
「うん、だけどつらくはなかったよ
色んな人たちが色んな形で助けてくれていたからね」
ライ
「人間以外に慣れてるのも、その時の経験が元になってるのか?」
アルバ
「そういうこと
ホント、あの頃はものすごくにぎやかで楽しかったなあ
ちょっと、この宿の雰囲気に似てるよ」
ライ
「へえ・・・」
アルバ
「そこにいたレイドって騎士が、自由騎士団に招かれてさ
おいらも見習いとしてついていくことに決めたんだよ」
ライ
「なんで、騎士になることに決めたんだ?」
アルバ
「夢だったからかな
おいらたちを育ててくれた、母さんたちにラクさせたかったし
なにより、おいらは強くなりたかったんだ
大切な人たちを守ってやれるように、自分の意志を貫けるように
その思いを支えにして最後まであきらめずに戦い抜いた・・・
あの人みたいにね・・・」
きっと、その人がアルバにとっての目標なんだろうな・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

アルバ
「ゴメンな・・・せっかくの気遣いをムダにしちゃってさ
おいらのことを考えて巻きこまないようにしてくれてたのに」
ライ
「いや、アルバが来てくれたから、リシェルは無事だったんだし
感謝こそすれ謝ってもらう必要なんて、全然ねーよ」
アルバ
「そっか・・・ちょっと安心したよ」
ライ
「けど、さっきの口上はすごかったよな
見習いとは思えないくらい、ばっちり決まってたぜ」
アルバ
「か、からかうなよ!? あれは、つい勢いで言っちゃって・・・」
ライ
「でも、あれがアルバの心がけていることに違いはないんだろ?」
アルバ
「まあ、そうなのかな
一緒に暮らしてた人たちの受け売りだから 自慢できないけどさ
でも、そう心がけることで、すこしでも近づけたらな、って
そう思ってるんだ」
ライ
「なるほど・・・」
見習うべきかもな そういう考え方って

第10話 想い、途切れることはなく

アルバ
「ポムニットさん まだ、元に戻ってないのかい?」
ライ
「ああ、無我夢中で変わっちまったから
どうやれば元の姿に戻れるのか、自分でもわかんないらしい」
アルバ
「そうなんだ・・・」
ライ
「あの姿になったのも この町に来て初めてだって言ってたよ」
アルバ
「それだけ、なんとかリシェルを助けたいと思ったんだろうね」
ライ
「なんでだよ・・・ポムニットさんは必死だっただけなのに
なんで、こんなことになっちまうんだよ!?」
アルバ
「ライ・・・」
ライ
「ちくしょおっ!!」
アルバ
「だいじょうぶさ! きっと、彼女は元の姿に戻れるから」
ライ
「・・・え?」
アルバ
「おいらには無理だけど でも、できそうな人に心当たりがあるんだ
いざとなったら おいらが、その人を連れてくるからさ!」
ライ
「アルバ・・・」
アルバ
「だから、気をしっかりもつんだ
君がしょげてたらリシェルやルシアンがよけい不安がるぜ?」
ライ
「・・・そうだな
オレなんかよりあいつらのほうが不安のはずだもんな
しっかりしないとな!」
アルバ
「ああ、そうだよ」
ありがとな、アルバ はげましてくれて

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

アルバ
「セクターさんが「教授」を襲った時
あの機械人形たち 身体を張ってかばおうとしてたよな・・・」
ライ
「人間だったら、反応できなかったろうな
でも、あいつらは機械なんだから不思議じゃないだろ?」
アルバ
「それはそうだけど でも、それだけじゃない気がしたんだよ」
ライ
「?」
アルバ
「「教授」の身を真剣に案じていたからこそだったと思うんだ」
ライ
「ははっ、まさか・・・」
アルバ
「笑うなってば! 真剣に言ってるんだ
おいらの知り合いに機械兵士と暮らしてる召喚師がいるんだ
その人は、小さい時に機械兵士に救われて
彼を父親代わりにして育ったって言ってた」
ライ
「まあ・・・たしかに、ゲックのジイさんを見てると
根っからの悪人とは思えないんだけどな」
アルバ
「完全無欠の悪人なんて お話の中だけにしかいないもんさ
騎士団の任務の中で おいら、いくつもそれを見てきたし」
ライ
「・・・・・・」
アルバ
「機械人形にとって「教授」は大切な存在なのかもしれない
身を投げ出して守れるくらい大切な、本当の親子のような・・・」
ライ
「だからって、いったいどうすりゃいいって言うんだよ!?」
アルバ
「ライ・・・」
ライ
「オレだって、とっくに気づいちゃいたさ!?
オレたちの敵が完全無欠の悪人じゃないって・・・
オレたちと同じように仲間をいたわる心をもってるって・・・」
アルバ
「ごめん・・・」
ライ
「いや・・・オレのほうこそ当たっちまったな
でも、だからって戦わないわけにはいかねえんだ」
アルバ
「ああ、わかってるさ
戦いには、そういうものが、必ずついて回るんだから・・・」
だとしたら・・・やりきれねえよな ホントにさ・・・

第13話 思い願うこと、貫くこと

アルバ
「レンドラーが叫んだ言葉、聞いたか?」
ライ
「ああ、たしかに聞いたよ
部下共々、吹雪の中に見捨てられた、ってな」
アルバ
「ルヴァイド隊長たちも以前は、デグレアの騎士だったからさ
旧王国の元老院ってところのやり方がどれだけ高圧的か
おいらも、いくらかは耳にしたことがあるよ
だけど、上官が部下を見捨てるなんて・・・」
ライ
「ひどいとは思うけど でも、ありそうな話ではあるよな
表向きは清廉潔白に見えた帝国軍だって
先生にしたようなことを、陰ではやってたんだし」
アルバ
「・・・・・・」
ライ
「おっさんに、悪人らしからぬ言動が目立ったのも
あの話を聞いてなんか納得したよ」
アルバ
「ああ、あの人の「姫」への忠誠心は本物だって思うよ
信じていたものに裏切られて、死を覚悟した自分を
救ってくれた相手に音を返そうとして戦っているんだ」
ライ
「たまんねーな 正直・・・
おっさんもオレたちと同じで、大切なもののために戦ってる
命を投げ出すこともいとわない覚悟で」
アルバ
「ゲックも、カサスもグランバルドでさえもそうだった・・・
みんな、大切なもののために戦ってる
だからこそ、絶対に譲れないんだ・・・」
ライ
「ああ・・・」
たまらねーよな 本当に・・・

第14話 来訪者たち、彼方より

選択不可

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

(ブンッ フンッ)
アルバ
「せいッ、は・・・ッ!」
(パチパチパチ)
アルバ
「あ・・・」
ライ
「部屋にいないと思ったら、やっぱ稽古してたのか」
アルバ
「どうにも眠れなくてさ
なら、じっとしてるよりは、このほうが落ち着くかなあって」
ライ
「気持ちはわかるけど とばしすぎると本番でバテちまうぞ?
ほれ、タオル」
アルバ
「うん、ありがとう わかってはいるつもりなんだけどさ
やっぱ、隊長のようにいつでも冷静沈着ってワケにはいかないや」
ライ
「まあ、オレも人のこと言えた義理じゃねーか
こんな時間にうろうろしてるんだからな?」
アルバ
「ははは・・・」
ライ
「中、入ろうぜ? 特製のドリンク作ってやるからさ」
アルバ
「じゃあ、ごちそうになろうかな」
ライ
「しかし、アルバには遠回りさせることになっちまったなあ
なりゆきとはいえ大騒動にまきこんじまったもんな」
アルバ
「首をつっこんだのはおいらなんだからさ 気にしないでくれよ
どんな場所でなにをしていても、自分にその気があればさ
夢には近づけるし 経験したことは絶対無駄にならないから」
ライ
「うん、そういう考え方 オレも好きだぜ」
アルバ
「はははっ、おいらのは受け売りなんだけどね」
ライ
「サイジェントにいるあの人のことか?」
アルバ
「うん」
ライ
「うらやましいなあ なんか、そういう人が身近にいるのって」
アルバ
「君にだって、たくさんそういう人たちがいるじゃないか?」
ライ
「まあな・・・けどさ、なんつーかうまくいえないけど
アルバの話してくれるその人って、普通とは違う気がするんだよ」
アルバ
「!」
ライ
「芯が一本とおってるというか、うわべの言葉だけじゃなくてさ
とにかく心に響くんだ」
アルバ
「それはきっと、君がどこかあの人に似てるからかもしれないな」
ライ
「オレが???」
アルバ
「見た目とか性格とか そういうのは、全然違うんだけど・・・
強く生きようとしてる そんな部分が、似てる気がするんだよ」
ライ
「強く・・・生きてる・・・」
アルバ
「会わせてみたいな きっと、すぐに仲良くなれると思うから」
ライ
「ああ、オレもなんだか会ってみたい気がする
もしよかったらさ 戦いが終わったら紹介してくれよ?」
アルバ
「それは構わないけど でも、おいらは多分一緒にはいけないな」
ライ
「なんでだよ?」
アルバ
「騎士団に入る時に約束しちゃったんだ
一人前になるまでは絶対、戻らないって」
ライ
「でも、別にちゃんと理由があるんだしさ」
アルバ
「決意がゆるみそうでこわいんだよ
おいら、まだまだ甘ったれてる部分がたくさんあるし
あの場所は、すごく居心地がいいからさ」
ライ
「そっか・・・
それじゃ、アルバはすぐに騎士団に戻るつもりなんだな」
アルバ
「さすがに今からじゃ隊長たちに追いつくのは無理だからね
聖王都の本部まで戻って、きちんと報告するもりさ」
ライ
「そっか・・・
じゃあ、そのためにも急いで、この戦いを終わらせないとな?」
アルバ
「ああ、がんばろう!」

エンディング

アルバ
「わざわざ、見送りありがとう、みんな」
ルシアン
「そんな水くさいこと言わないでってば
僕たちは、ずっと一緒に戦ってきた仲間じゃない」
ライ
「ああ、そうだな しかも、後始末まで手伝わせちまってさ
ホントなら、黒騎士たちと一緒に帰ってたはずなんだもんな」
アルバ
「それこそ、水くさいよ
この一件は、初めておいら自身の意志で関わったものだし
最後まできちんと手助けをして、結末を見届けたかったんだ
隊長たちが単独行動を黙認してくれたのも
きっと、そうしろってことだったと思うんだ」
ライ
「そっか・・・」
アカネ
「あのさ・・・さっきからキレイに忘れられてますけど
あたしも、一応アルバと一緒に帰るんですけど?」
リシェル
「ああ、そうだっけ? それじゃ、またね」
アカネ
「うわっ、なにソレ!? とってつけたような投げやりな挨拶!?
あたしだって、結構お役に立ったじゃん!」
ライ
「でもなあ・・・オマエの場合、発端が自業自得だしなあ」
リシェル
「アルバとは違って報酬だって払ってるわけだし・・・」
アカネ
「ううう・・・っ ひどいよ、ひどいよ よよよよ・・・っ」
ルシアン
「もぉーっ、二人とも冗談がきついよ!?」
ライ
「あっはははは! いや、わりぃわりぃ ゴメンな、アカネ」
アカネ
「うううぅぅ・・・っ」
リシェル
「でも、マジメな話さ あんたとは、別れる実感ないのよねえ
ふとしたきっかけでまた、ひょっこりと顔を出しそうでさ」
ミント
「ああ、それは私も同感かも
お師匠さまに、また叱られて、薬売りに戻るとか・・・」
アカネ
「いい年齢して、そう何度も怒られたりはしないってば!?」
リシェル
「でも、現にこうしてお仕置きで、ここにいるじゃん?」
アカネ
「うぐ・・・っ」
ライ
「まあ、なんにしろ 近くに来たら、絶対顔を見せにこいよな
店の手伝いとかでまた、こきつかってやるからさ?」
アカネ
「ちゃんと時給あげてくれるんなら、ね♪」
アグラッド
「おい、お前ら 名残惜しいのはわかるけどな
そろそろ出発させてやらなきゃ、山越えできなくなるぞ?」
ライ
「わかってるって!」
リシェル
「またケガとかしないように、気をつけて帰りなさいよね?」
ルシアン
「父さんを説得して僕も必ず、後から追いかけるから!」
アルバ
「ああ、待ってるぜ!」
ミント
「ミモザ先輩たちに婚約おめでとうって伝えておいてね?」
アルバ
「うん、わかってる だけど、あの人の性格を考えると
きっと、知り合いまとめて、結婚式に呼びそうだよなあ」
リシェル
「じゃあ、またすぐに会えるってことね」
ライ
「おいおい、リシェル 勝手に参加する気になっても・・・」
ミント
「あら、いいじゃない きっと先輩たちなら喜んでくれるわ
だから、その時はみんなでお祝いをしにいきましょ?」
リシェル
「やったぁーっ♪」
アカネ
「あ、店長はもちろん 厨房担当でよろしく♪」
ライ
「やれやれ・・・」
アルバ
「その時には、また改めて、みんなを紹介するよ
おいらの仲間たち ううん、大切な家族のみんなをね」
ライ
「ああ、楽しみにしておくぜ?」
アルバ
「それじゃ、みんな 本当にありがとう!」
アカネ
「まったねぇー♪」
何度でもきっと、出会うことが出来るよ
お互いに願う夢を追いかけてさえいれば、きっと・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました