【夜会話】ルシアン(ライVer.)

スポンサーリンク
みずき様

第3話 ドキドキ、はじめての御使い

ルシアン
「ありがとう ライさん
リビエルちゃんのこと 連れ戻してくれて」
ライ
「別に、お前が礼を言うことじゃねえだろ
あのままじゃ、オレが気分悪かったからそうしたんだし」
ルシアン
「それでも、お礼が言いたかったんだよ」
ライ
「・・・ま、いいけどよ」
ルシアン
「ライさんはお父さんが関わってるからって言ったけど
僕は知ってるよ そうじゃなくたってライさんは
リビエルちゃんのこと きっと助けてくれたって」
ライ
「・・・・・」
ルシアン
「だって、優しいもん」
(ポカッ)
ルシアン
「・・・あうっ!」
ライ
「勝手に決めつけんな! ったく・・・」
面と向かって恥ずかしいことを言うなよな・・・

第4話 素敵な若さま、大暴走!

ルシアン
「そっか・・・ セクター先生に叱られちゃったんだ
それじゃ、さすがのライさんも折れるよねえ・・・」
ライ
「あの先生にだけはどうしても頭があがらねーんだよなあ
ガキの頃からさんざん怒られてる相手だしな
ま、お前だけはほめられてばかりいた気がするけどな」
ルシアン
「そんなことないよ!
今だから・・・ バラすけどさ・・・
あの時、僕 影でいじめられていたんだよ
金持ちの子供がこんな貧乏塾に来るな、って」
ライ
「な!?」
ルシアン
「二人に話したらそのことで余計にいじめられるって
ひとりでガマンしていたんだよね
先生はそのことをちゃんとわかってて
こっそり、僕のこと勇気づけてくれてた
だから、負けずに最後まで通うことができたんだよ」
ライ
「そうだったのか・・・」
ルシアン
「でも、先生もこれで事情を知っちゃったんだよね・・・
巻きこまれたりしないよね?」
ライ
「だ、だいじょうぶだって!」
ルシアン
「でも、先生は昔のケガのせいで、歩くのもつらそうだし・・・」
ライ
「その時は、オレとお前が、先生を守ればそれでいいさ!
だろ?」
ルシアン
「うん・・・ そうだよね
僕たちが気をつけてあげないとね」
ライ
「ああ!」
ルシアンの心配ももっともだからな 気をつけないと

第5話 今はもう、戻れない場所

ルシアン
「戻ってきてくれてよかったねアロエリさん」
ライ
「わびのひとつもなしだけどね」
ルシアン
「でも、そんなの別に気にならないやって思ってるでしょ?」
ライ
「まあ、な」
ルシアン
「きっと、あの人はものすごく真面目なんだろうね
だから、守護竜さんや隠れ里を守れなかったことに責任を感じて
そのぶん、必死にあの子を守ろうとしてるんだって思うよ」
ライ
「けど、いくら必死になったって、空回りじゃ意味がねえ
周りとの摩擦で火をふいて、燃えつきて消し炭になっちまう」
ルシアン
「心配だよね・・・」
ライ
「だいじょうぶさ 多分、な?
それがわかったからあいつは、ここに戻ってきたんだ
そうそう何度も同じバカをやらかしはしないだろうしな」
ルシアン
「うん、そうだね それに・・・
そうなりかけたら今度は、僕たちが止めてあげればいい
だよね?」
ライ
「ま、そーいうこった」
そうならないのが一番なんだけどな

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

ルシアン
「ルヴァイドさんたちの剣さばき、やっぱりすごかったよね」
ライ
「ああ、とんでもない強さだったよな
型にとらわれないのも いかにも実践的だし」
ルシアン
「やっぱり、僕もそういうのを意識したほうがいいのかな
いつだって必死だから稽古してる型を出せた試しもないし・・・」
ライ
「まあ、たしかに 実践じゃ型どおりにはいかねーけどさ
でも、結果的に型と同じになるってことは結構あるもんだぜ?」
ルシアン
「それは、そうだけど」
ライ
「変にあせらなくたって基礎の稽古は、ちゃんとお前を強くしてるさ
無駄じゃねーよ」
ルシアン
「うん・・・」
ライ
「納得がいかないんならアルバに色々と聞いてみたらどうだ?」
ルシアン
「え?」
ライ
「見習いでも、あいつは「自由騎士団」の候補生なんだしな
クソ親父の理不尽指導を受けてるオレよりも
理にかなった技術を身につけてるはずさ」
ルシアン
「そうだね・・・ うん、わかったよ!」
年も近いし、ついでにうち解けてくれりゃあいいんだけどな

第7話 お魚たずねて、秘密基地

ライ
「ルシアンとこの親父さんも、たしか機界の召喚師だったよな?」
ルシアン
「うん、そうだよ だから、ねえさんも機界の召喚師なんだ
僕だけが、機界の術と相性が悪かったみたい」
ライ
「それなら、同じ属性の召喚師に教わればよかったのに」
ルシアン
「そういうわけにはいかないんだよ 「金の派閥」では
家ごとに、利権をめぐって対立しているような状況だからね
その家ごとの召喚術の秘伝を、他人に教えることはないんだ」
ライ
「料理人が味の秘密を隠しているのと同じようなもんか?」
ルシアン
「そういうこと
どうしても習いたいのなら、その家の養子になればいいんだけど
そこまでして 僕は召喚師になりたいワケじゃなかったし」
ライ
「なるほどな・・・」
ルシアン
「ねえさんは、きっとあんまり話してないと思うけどね
召喚師たちの世界って形式や、駆け引きとか色々大変なんだよ
もし、素質があっても 僕の性格じゃ、うまく立ち回れないと思う
そこで勝ち残ってきた父さんは、ある意味すごいって思うし
父さんを毛嫌いしてても、責任は果たしてるねえさんも
どっちも本当に強いんだって、僕は思っているんだ」
ライ
「ルシアン・・・」
召喚師は召喚師でそれなりの苦労があるんだな・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

ルシアン
「アルバが来てくれて本当によかったよね
ポムニットさんがつかまっちゃった時 僕は取り乱すだけで
なにもできずにオロオロしていただけだったもん」
ライ
「オレだって同じさ 頭の中ぐちゃぐちゃで真っ白になってた
はは、情けねーよな」
ルシアン
「ライさん・・・」
ライ
「けど、次からはもうあんな失敗は絶対にしねえからな?」
ルシアン
「うん、そうだね あんな思いはもう絶対したくないもん
そのためにも、もっと強くならなくちゃ!
ポムニットさんもミントさんも、それにねえさんだって
どんなに勇ましくても女の人なんだもんね
男の僕が、しっかり守ってあげなくちゃ!」
ライ
「おう、その意気だ!」
頼りにしてるぜ ルシアン?

第10話 想い、途切れることはなく

ライ
「(昼間、あんなことがあったばかりだしな
今はまだ、そっとしておいてやろう・・・)」

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

ルシアン
「僕はね、先生のことすごい人だなあってずっと思ってたんだ
色んなこと知ってていつも落ち着いていて思いやりがあってさ
ライさんと同じくらいに、ずっとあこがれていたんだ
でも、それは僕が勝手に思いこんでた幻想だったんだね」
ライ
「ルシアン・・・」
ルシアン
「先生は完璧なんだから、間違ったりしないし取り乱したりしない
バカだよね・・・ そんなこと、絶対ありっこないのに
一人で決めつけて勝手にそう思って落ちこんで・・・」
ライ
「なら、オレだってお前と同罪だよ」
ルシアン
「え?」
ライ
「先生だったら どんな時にだって味方になってくれる
そう思いこんで ずっと甘えてばかりいたんだからな」
ルシアン
「ライさん・・・」
ライ
「なあ、ルシアン 先生のあの姿を見てどう思った?」
ルシアン
「こわかったよ・・・ 機械まみれの身体は不気味だと思ったし
何よりも、闘ってる先生の顔が恐ろしくてたまらなかったんだ
復讐することだけに必死な姿は、まるで鬼みたいだったし」
ライ
「そうだな・・・ でも、それも先生の顔の一つなんだ
だから、こわくても目を背けちゃダメなんだとオレは思うんだよ」
ルシアン
「!」
ライ
「オレたちは、今まで自分に都合のいい先生の姿だけ見てたんだ
でも、これからはそれだけじゃダメだ! 先生のことを・・・
あの人を助けるにはあるがままの全てを認めなきゃダメだ!」
ルシアン
「あるがまま・・・ 全てを・・・」
ライ
「約束しようぜ ルシアン?
これから先、先生がどれだけ迷い続けて間違ったとしても
オレたちは、絶対に目をそらしたりしない
まっすぐに向き合って 最後には必ず、先生の目を覚まさせる!」
ルシアン
「うん、約束するよ! ライさん
先生が僕たちに教えてくれた事を、今度は僕たちが伝えようよ
僕たちが過ごしてきた時間は、うつろなものじゃないって!」
ライ
「ああ、そうとも!」
それがオレたちなりの先生への恩返しになるはずなんだから!

第13話 思い願うこと、貫くこと

ライ
「なあ、ルシアン ひとつ気になってたんだけどよ
お前、あの橋を壊されそうになったことに、なんで
あんなにもムキになって、怒ったりしたんだ?」
ルシアン
「あ、うん・・・ だって、町のみんなが困るじゃない?」
ライ
「そりゃまあ、そうだけどな」
ルシアン
「それに、僕 父さんから聞いたことがあるんだよ
あの橋をかけるのには大勢の人が、たくさん苦労したんだって
そして、橋が造られたおかげで、小さな村しかなかった土地に
このトレイユの町が誕生したんだって」
ライ
「へえ・・・」
ルシアン
「父さんは言ってたよ 当たり前のようにそこにあるものは全部
必要とされたからこそずっとそこに在り続けられたんだって
それが人の手によって作り出されたものならなおさらだ、ってね」
ライ
「あの橋も、そういうもののひとつだっていうことになるな」
ルシアン
「うん、だからこそ だからこそそれを身勝手な都合で
壊そうとしてるのがどうしても、僕には許せなかったんだ」
ライ
「なるほどな・・・」
ルシアン
「・・・なんてね すごく偉そうなこと言っちゃったけど
本当は、もっと別の理由でイヤだったのかもしれないね」
ライ
「え?」
ルシアン
「この橋は、帝都へと続く、大切な道だから・・・
離れて暮らしてる母さんのいる帝都に続く道だから」
ライ
「(そういや、こいつら 家の事情で・・・
母さんと離れ離れに、暮らしていたんだっけか・・・)」
ルシアン
「滅多に会うことができなくても、この橋のずっと先には
母さんがいる そう思って、ずっと過ごしてきたから
そのつながりを壊されるみたいで我慢できなかった
ははっ、それだけのことかもしれないね」
ライ
「ルシアン・・・」
ルシアン
「情けないかな?」
ライ
「いや、そんなこと全然ねえよ
絶対に、な・・・」
母さん、か・・・

第14話 来訪者たち、彼方より

ライ
「結局、ギアンは エニシアをだまして利用していたんだな」
ルシアン
「そう、なのかな?」
ライ
「なんだよ、ルシアン 納得いかない顔して
どう見ても、悪いのはギアンのヤツだろうが」
ルシアン
「それはわかってるよ ウソをついていたのは本当のことだし
でも僕は、彼女がだまされていたことに気づいていたような
そんな気がするんだ」
ライ
「おいおい、おかしなことを言うなって
だまされてるって気づけば、誰だって怒るに・・・」
ルシアン
「わかってても、それができずにいる人だっているんだよ?
ライさんや ねえさんみたいに、思っていることを
はっきりと言う勇気が出せずにいる人だっているんだよ?」
ライ
「エニシアも そうだっていうのか?」
ルシアン
「彼女は、疑うことがこわかったんだと思う
その相手が、自分にとって大事な人ならなおさらだよ
疑うことで、その人が自分から離れていってしまったら・・・
そんなのって つらすぎるもの」
ライ
「かもな・・・
けど、エニシアは 自分から、それを確かめにやって来た
オマエの言ったことが 当っているとしたら
ものすごく、勇気がいることだったのかもしれないな」
ルシアン
「うん、すごいって思う 本当に・・・」
なんとかして 報いてあげたいよな 彼女の勇気に・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

ルシアン
「でも、びっくりしたよ 小石が当たる音がして窓の外をのぞいたら
ライさんが 手をふってるんだもん」
ライ
「悪いな・・・ 無理につきあわせてよ」
ルシアン
「ううん・・・ 僕も眠れずにいたから気にしなくていいよ
ライさん みたいに、平然としてられたらいいのにね」
ライ
「そうでもねーよ・・・」
ルシアン
「え?」
ライ
「オレだって、やっぱ びびってるって
なんせ、竜になろうとしてるような相手と戦うんだからな」
ルシアン
「そうなんだ・・・」
ライ
「オマエは、やたらオレのことすごいってほめてくれるけどさ
結構、はったりだけで乗り切ってるんだぜ? これでもさ・・・」
ルシアン
「だとしても、やっぱりライさんは すごいって思うよ
本当に弱い人は 自分からそういうこと言ったりしないもの」
ライ
「たははは・・・」
ルシアン
「僕はね・・・ 弱い自分が、イヤでたまらなかったんだ
ううん、弱いって認めてしまうことができなかったんだよ」
ライ
「・・・・・・」
ルシアン
「強い人は、そんなこと思いもしないんだってずっと思ってた
自分の弱さを認めずにいるから、強いんだと思っていたんだよ」
ライ
「ルシアン・・・」
ルシアン
「でも、違っていたんだね
弱さと向きあわなきゃ 強くなんかなれない
だって、弱い部分もおぎなっていく気持ちが強さなんだから
武術や召喚術や 生まれもった能力は強さではあるけど
強いってことは また違うものなんだと僕は思ってるんだ
うまく言えないけど 僕がほしかった強さはそういうもので
それを、きっと ライさんは もってるんだと思う
僕がライさんに憧れていた理由は、きっとそこにあったんだよ」
ライ
「そっか・・・」
ルシアン
「ライさんは 強いよ
当たり前のように自分では思ってるかもしれないけど
いつも強く生きてる 他人に曲げられずに自分を貫いてる
僕も、そんなふうに生きてみたいんだ」
ライ
「わりと、しんどいぜ?」
ルシアン
「覚悟はしてるよ それに・・・
かなえたい夢だってできたから、きっとがんばれると思う」
ライ
「夢?」
ルシアン
「うん、僕は将来 自由騎士になりたい」
ライ
「そいつはまた・・・ 思いきった夢だよな
親父さんが聞いたら血相変えちまうぞ?」
ルシアン
「ちゃんと話しあって許してもらうよ
どうしてもダメなら 家を飛び出しちゃうかもしれないけどね」
ライ
「そういうトコまで 真似すんなって」
ルシアン
「うん、だけど そのくらい本気で考えてるんだよ
この戦いの中で見てきたことを、無駄にしたくないんだ
この世界の法律では守ってはもらえないはぐれ召喚獣たちや
本当に助けを必要としてる人たちの力になってあげたい
強く生きられるよう 一緒に、がんばっていきたいんだ」
ライ
「いいんじゃないか? オレは応援するぜ」
ルシアン
「ライさん・・・」
ライ
「よっしゃ、オマエの夢のためにも、明日は絶対に勝とうぜ!」
ルシアン
「うん、みんなが笑顔で暮らせるようにね!」

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
ライ
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込みあがったぜ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ミルリーフ
「果物畑のパンケーキ 盛り付けできたよ」
ライ
「上出来、上出来 仕上げもできるか?」
ミルリーフ
「クリームとチョコを半分ずつに、ナッツを散らすんだったよね
まかせてっ♪」
ライ&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
ライ
「おう、ルシアンもおつかれさん
ミルリーフもな?」
ミルリーフ
「えへへっ♪」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「それはそうだよ! なんたって、今のライさんは
「ミュランスの星」が認めた、帝国最年少の有名料理人だもの
噂を聞いて、遠くから食べに来る人たちもいるくらいなんだよ」
リシェル
「有名料理人ねぇ・・・」
ライ
「そんなのは、他人が勝手に騒いでるだけさ
オレはただ、ずっとこの町でうまいメシを作り続けながら
もっと、みんなに喜んでもらいたいだけ それだけでいいんだ」
ミルリーフ
「それじゃ、ぐるめのオジサンとの約束はどうするの?
本格的に料理の修行にきなさいって、手紙で誘われてるでしょ?」
ライ
「ジイさんには悪いけど もうしばらく、待ってもらうつもりさ
あの騒ぎで壊れた町を元どおりにするために働いてる人たちに
うまいメシを食べて もっと、がんばってもらいたいからな」
ミルリーフ
「そっか・・・」
ライ
「まあ、とにかく今はひと休みにしようぜ
夜になったら、また大忙しなんだからな」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
ルシアン
「せりゃあぁぁっ!!」
ライ
「よし、ここまでだ!」
ルシアン
「手合わせ、ありがとうございました!
ごめんね、せっかくの休憩時間だったのに」
ライ
「誘ったのはオレだぜ 気にすんなって
それに、最近は 剣より包丁ばっかり振るってるし
たまには、こうしてカンを取り戻しておかなきゃな」
ルシアン
「だけど、やっぱりライさんにはかなわないなあ
久しぶりだってのに 結局、また一本もとれなかったし」
ライ
「そうでもないぜ? 充分、ひやひやさせられたしな」
ルシアン
「ホントに?」
ライ
「ああ、この調子で修行を積まれたら 次あたりには
マジで、一本とられちまうかもな?」
ルシアン
「よーし・・・」
ライ
「ま、そうならないためにも、オレも稽古を再開するさ
簡単にやられたら シャクだしな?」
ルシアン
「だったら、僕はそれよりもっと練習をして
強くなるだけさ」
ライ
「お、言いやがったな コイツめ!」
ルシアン
「あはははははっ!」
ライ
「さて、汗を流したら 飲み物でひと息いれようぜ
リシェルたちが買い物から戻ったら すぐ仕込みだしな」
ルシアン
「うん!」
テイラー
「おい、本当に最後まで顔も見せずに行くつもりなのか?」
ケンタロウ
「ああ、親がなくとも子は育つ、ってな
アイツも、想像以上にいっちょまえに育ってやがったからなあ
オレ様がいなくたってなにも問題はねーさ」
テイラー
「だが、いくらなんでも薄情すぎやしないか?
次はいつ、戻ってこられるかも知れんというのに・・・」
ケンタロウ
「約束がよ、いまだに守れてねーんだよなあ
エリカの病気を治して 家族みんな、揃って一緒に暮らしていく
その方法を見つけるまでは、オレ様は帰れねえんだわ」
テイラー
「だが・・・」
ケンタロウ
「バカとかクソとかロクデナシってのは慣れちまったけどよ
ウソつき、って呼ばれるのだけはカンベンだからな」
テイラー
「そうか・・・」
ケンタロウ
「つーわけだからよ 悪いが、もうすこし世話を頼むわな」
テイラー
「ふん、言われずともわかっておるわ
あの人の居場所は二度と、誰にも荒らさせはせんよ
だから、とっとと約束を果たして戻ってこい!!」
ケンタロウ
「おうよッ!」
ライ
「けど、ちょっと前じゃ想像もできなかったぜ
ミルリーフとリシェルだけで散歩しがてら
買い物にいかせても 安心して、待っていられるなんてな」
ルシアン
「それだけ、平和になったってことだね
亜人たちが、無事にメイトルパへと帰ることができて
役目を終えた「船」が また「隠れ里」として活動をはじめて
あれから、もう半月も経ったんだね」
ライ
「ああ、早いもんだな
まあ、ミルリーフは 結局、こちらに入りびたりだから
リビエルあたりは しょっちゅう文句言ってくるけどな」
ルシアン
「あはは、大変だ」
ライ
「でも、当分はまあ 好きにさせてやるつもりだよ
あいつは、駆け足で子供から大人になっちまったんだ
本人も納得してるし 仕方のないことなんだろうけどな
もっといろいろ 子供らしい遊びをさせてやったり
楽しい思い出とか作ってやりたいんだ」
ルシアン
「そうだね・・・
ラウスブルグでは あの子は、守護竜でいなくちゃならない
でも、ここでなら そんな肩書きなんて考えなくてもいい
ライさんや僕たちが、甘えさせてあげられるもんね」
ライ
「いつかは、アイツも守護竜として独り立ちしていくことになる
別れの時、お互いが笑顔でいられるように
めいっぱい、今を楽しまなくちゃな」
ルシアン
「うん・・・ 似たようなこと 僕も最近、考えてる
いずれは、この町とお別れしなくちゃならないからね」
ライ
「てことは・・・ 親父さんと、話がついたのか?
自由騎士団に参加するってこと」
ルシアン
「ううん、まだ許してはもらっていないんだ
でも、僕も絶対譲るつもりはないからね
アルバとの約束も守りたいし・・・」
ライ
「もしかして、オマエ ホントに家出とか考えてたり・・・」
ルシアン
「しないよ、そんなの だって、それって逃げるみたいだし
結論からいうとね お互いに妥協することになったんだ
とりあえず、僕は軍学校に進学するよ ちゃんと卒業して
それから、改めてその先のことは決める、ってね」
ライ
「そっか・・・」
ルシアン
「父さんは言うんだ 夢や理想を追うのは素晴らしいけど
現実と戦いながら それを勝ちとるのは難しいんだって
自分も、そうした苦い思いを味わってきたって・・・」
ライ
「・・・・・・」
ルシアン
「軍学校で学びながら もう一度、確かめてみようと思うんだ
この気持ちが、現実に負けないくらい、強いものなのかどうか」
ライ
「やっぱさ・・・ オマエ、ものすごく強くなったよ」
ルシアン
「そうかな???」
ライ
「ああ、このオレが保証してやるよ
がんばれよ、ルシアン 応援してるからな?」
ルシアン
「・・・うんっ」
ミルリーフ
「たっだいまーっ♪」
ライ
「お!ご苦労さん! 運ぶの手伝うから ちょっと待ってろよ
さて、と・・・ 行くか、ルシアン?」
ルシアン
「うん、はりきってがんばろう!」
僕が強くなれたのはね きっと、すぐ近くで貴方を見てきたからだと思うんだ
ありがとう、ライさん そして、これからもよろしくね

コメント

タイトルとURLをコピーしました