戦闘会話

スポンサーリンク
紫様/柳羽様/不断様/犬猫猫犬様

第1話 VS謎の一団

戦闘開始時
謎の兵士
「始末しろっ!!」
フェア
「やれるもんならやってみなさい!!」
2ターン目
フェア
「いい、ルシアン 敵を攻撃するときは
真正面からじゃなく なるだけ、横や後ろを狙っていくのよ
うまくスキをつけば効果的に大ダメージを与えられるからね」
ルシアン
「う、うん わかったよ!」
フェア
「リシェルは、敵には近づかずに召喚術で援護してちょうだい」
リシェル
「まっかせなさい! こういうときのために・・・
家からこっそり持ち出してきた召喚石を使う時がきたわね!」
フェア
「二人とも 気をつけてね!」

第2話 VS黒鎧の兵団

戦闘開始時
フェア
「女の子だからってなめないでよね!」
???(レンドラー)
「面白い・・・
その生意気な鼻っ柱 叩きおってやれ!!」
黒鎧の兵士
「応っ!!」
2ターン目
フェア
「あいつら・・・ 高所の地の利を心得てるわね」
リシェル
「どういうことよ?」
フェア
「相手より高い位置をとったほうが、敵の動きがよく見えるし
攻撃にも威力をのせやすいから有利なのよ
高いところからは攻撃されないように気をつけてね!」
ルシアン
「うん!」
フェア
「あと、召喚術も高いとこには届かないんじゃなかった?」
リシェル
「あ、あたしの持ってるのは・・・ そうだったかも!」
4ターン目
グラッド
「お前らッ! 子供相手にいったい何のつもりだ!?」
ミント
「だいじょうぶ みんな!?」
フェア
「グラッド兄ちゃん! ミントお姉ちゃん!」
ミント
「騒ぎが聞こえたから駆けつけてきたの」
グラッド
「これ以上の乱暴は町の駐在兵士である自分がゆるさんぞ!」
敵ユニット5体撃破
???(レンドラー)
「ぐぬぬぬ・・・!!!
ええいっ!! 貴様ら、我が軍に恥をかかせる気か!
剣の軍団の恐ろしさをガキどもに、思う存分みせつけてやれ!!」
『怒号一喝』
黒鎧の兵士
「うおおぁーっ!!」

第3話 VS機械人形率いる機械兵団

戦闘開始時
フェア
「小さな子をよってたかっていたぶるなんて
断然、ゆるせない!
ぶっとばしたげるから覚悟しなさい!!」
2ターン目・リシェル&ルシアン参戦時
リシェル
「あちゃーっ!? しまった・・・」
ルシアン
「どうしたの ねえさん?」
リシェル
「機界の召喚獣には機界の召喚術は効きにくいのよ
同じ世界同士だと耐性があるから威力減少だって
あんたも習ったでしょ?」
ルシアン
「じゃあ、ねえさんの機界の召喚術じゃ不利だってこと?」
リシェル
「それでも・・・ やるっきゃないけどねっ!」

第3話 VS機械人形率いる鋼の軍団

戦闘開始時
ゲック
「ローレット! アプセット!
我が「鋼の軍団」を率いて、鎮圧せよ!」
ローレット
「かしこまりましたわ 教授の仰せのままに」
アプセット
「活動不能寸前マで痛メつケまス!!」
2ターン目
リビエル
「ケガをした時は私にまかせてちょうだい
治癒の奇跡でぱぱっと治してさしあげますわ!」
フェア
「うんっ、頼りにされてもろうよ!」
3ターン目丸太が流れた時
フェア
「!?
そこからも渡れそうね」
敵ユニット4体撃破
ゲック
「かーっ、情けない! 押されておるではないか!?
支援してやるからしっかりせんか!」
『サイバーサポート』
アプセット
「恐縮デス、教授・・・」
ローレット
「ここからは、本気でいきますわよーっ!」

第4話 VS謎の一団

戦闘開始時
ミント
「このまま乱闘が続けば町の人にも、被害が出るかもしれないよ」
フェア
「もぉ・・・ しょうがないなあ
助太刀して、さっさと終わらせるよっ!」
2ターン目
謎の召喚師
「・・・・・・」
フェア
「イヤな気配・・・もしかしたら・・・
召喚術を使ってくるかも知れない! みんな気を付けて!」
セイロン
「心得ておるとも! あっはっは!!」
フェア
「なんか、ホントに助太刀はしなくてもよかったかも・・・」

第5話 VS獣の軍団

戦闘開始時
グラッド
「獣の軍団ってのはこいつらみたいだな」
ミント
「気をつけて! 魔獣は亜人は人間よりうたれ強いから!」
フェア
「つまり、いつもよりボコボコにしちゃえば問題なしだね・・・
かかってきなさい!!」
2ターン目
アロエリ
「ニンゲンの力など借りる必要はないっ!
セルファン族の戦士の力、しかと目に焼き付けろッ!」

第5話 VS獣皇率いる獣の軍団

戦闘開始時
フェア
「コーラル!! 今のうちにこっちへ逃げておいで!!
あとはわたしたちがなんとかするから!」
コーラル
「・・・うん!」
2ターン目
アロエリ
「御子さま、獣皇相手に正面から戦いを挑むのは無謀すぎます!
早くあの者たちのところまで逃げてください!
クソっ、なんとかしてヤツを足止めすることができれば・・・ッ」

第6話 VS紅き手袋の暗殺者

戦闘開始時
???(アルバ)
「君は、いったい・・・」
フェア
「その足のケガじゃまともに戦うなんてできっこないわ
ここは私たちに任せて、あなたは後ろに下がってちょうだい
さあ、いくわよ!!」
赤き手袋の暗殺者
「シャアアアァァッ!!」
3ターン目
???(アルバ)
「気をつけて!「赤き手袋」の暗殺者たちは
素早い動きと連係攻撃が得意なんだ!」
フェア
「たしかに、ちょこまかうっとおしいかも
まともに斬り合うより召喚術で攻めた方がいいかしら」
敵ユニット7体撃破後MAP増加
フェア
「・・・!?
まだ仲間がいたなんて!」

第6話 VSレンドラー率いる剣の軍団

戦闘開始時
ルヴァイド
「ほう・・・ やはり、ただの無頼の輩ではないようだな
よく訓練された兵士が揃っている・・・
気を抜くなよ、イオス」
イオス
「はい、ルヴァイド様!
こちらの敵は任せろ フェア!」
フェア
「うん、それじゃあ「将軍」のお相手よろしくねっ!」
ルヴァイドとレンドラーの一騎打ち(ルヴァイドVer.)
ルヴァイド
「「将軍」レンドラーよ お手合わせ願おうか!」
レンドラー
「かかって来いッ! 「黒騎士」よ!!」
ルヴァイドとレンドラーの一騎打ち(レンドラーVer.)
レンドラー
「さあ、ゆくぞ「黒騎士」よ!!」
ルヴァイド
「「将軍」レンドラーよ 存分に手合わせ願おう!」

第7話 VS機械人形率いる鋼の軍団

戦闘開始時
フェア
「この湖の異変も当然、あなたたちの仕業ね!?
とっとと、元に戻しなさいっ!」
アプセット
「対象ノ逃亡ヲモッテ任務完了トシマス
みりねーじ、OK?」
ミリネージ
「きゃははははっ♪ みんな、まとめてぇやっつけまぁーす♪」
アプセット
「馬耳東風・・・」
敵の行動中、リビエルとミリネージが3マス以内に近づく
ミリネージ
「お、デコ天使発見♪ きゃははははっ♪ また泣いちゃっても知らないからねぇ」
リビエル
「むっきぃ~!! いい加減にしないとおしおきですわよ!」
ミリネージ
「べーっ、だ! やれるもんならやってみなーっ♪」

第7話 VSゲッグ率いる鋼の軍団

戦闘開始時
フェア
「・・・!?
あの炎の中を突っ切れっていうの・・・」
リシェル
「待って、あれが「教授」の仕掛けたトラップだったら
どこかにきっと制御装置があるはずよ!」
フェア
「そっか! じゃあ、その装置を壊しちゃえば・・・」

第8話 VSレンドラー率いる剣の軍団

戦闘開始時
フェア
「これ以上 あんたたちの好きにはさせないんだから!」
レンドラー
「その心意気 果たして、最後まで貫けるものか・・・
見せてもらおうか!」

第8話 VS仮面の暗殺者率いる無色の軍勢

戦闘開始時
仮面の暗殺者
「・・・かかれッ!!
まとめて、始末をしてしまええぇぇッ!!」
シンゲン
「さてさて、娘さん 貴女は舞台の後ろに下がっててください
つまらない芸ですが退屈しのぎに、見物してってくださいな」
ポムニット
「は、はあ・・・」
アルバ
「ははっ、頼もしいや
そういうことだから フェア!
こっちは任せて思いっきり、こいつらぶちのめしてやれ!」
フェア
「わかったわ、アルバ!」
シンゲンで敵ユニットを攻撃
アルバ
「さすがはサムライ いつ見てもすごいや」
シンゲン
「おやおや、まさかサムライをご存じだったとは・・・」
アルバ
「知り合いにいるのさ ちょっぴり稽古してもらったこともある」
シンゲン
「なるほど・・・ 頼りにさせてもらいますよ、少年?」
アルバ
「うん、任せてくれ!」

第9話 VSギムレ&バレン兄弟

戦闘開始時
ギムレ
「相手はシロウトと兵士一人だ! やっちまえ!!」
無法者
「おいーっす!!」
スバル
「弓の援護、よろしく頼むぜ、パナシェ」
パナシェ
「うん、だけど いつもみたいな猪突猛進はダメだよ
今日は、仲間と一緒に戦っているんだからね」
スバル
「おっと、そうだった! じゃ、雷撃うつ時は気をつけないとな」
フェア
「た、頼もしいんだか 不安なんだか・・・」

第9話 VS仮面の暗殺者率いる無色の軍勢

戦闘開始時
クラウレ
「行け!新たなる俺の手駒たちよッ!」
仮面の暗殺者
「シャアアアァァッ!!」
フェア
「あったまきた! あなたたちの性根 叩き直してあげる!」

第10話 VSクラウレ率いる獣の軍団

戦闘開始時
アロエリ
「兄者を止めるのはオレの役目だ・・・ 結果がどうなろうと
戦うことから逃げたらオレはそのことを一生悔いることになる
だから、決着は・・・ オレの手で・・・」
フェア
「わかったよ、アロエリ
でも、無茶だけは絶対にしないで
わたしたち、仲間で戦ってるんだからね」
アロエリ
「ああ・・・」
アロエリで敵にユニットに物理攻撃を仕掛けようとする
クラウレ
「全ては、同朋たちの悲願をかなえるため 邪魔するなら・・・
この翼にかけて容赦はせん!!」
フェア
「気にいらないわね どんな事情があるのかわかんないけど
妹を泣かせるなんてお兄ちゃんとして最低なんだから!!」
アロエリ
「フェア・・・」
フェア
「アロエリの代わりに私がひっぱたいてあげるから・・・
よーく反省なさいっ!」
クラウレ
「ほざいたな、ニンゲン かかってくるがいい!」
アロエリ
「やあーっ!!」

第11話 VSギムレ&バレン兄弟

戦闘開始時
ギムレ
「まとめて恨みをはらしてやるぞッ!!」
無法者
「おいーっす!!」
クノン
「バカにつける薬はないと申しますが
どうやら、荒療治をご希望のようですね」
ユエル
「召喚獣のみんなをいじめる悪いヤツめ
ユエル、本気で怒ったぞーっ!」

第11話 VSゲック率いる鋼の軍団

戦闘開始時
フェア
「もしも、あの人が本当に私たちの先生だっていうのなら
復讐なんて理由で人を殺させるわけにはいかないもの!!」
ミント
「そうだよね・・・
絶対にそんなことさせちゃ行けない!」
セクターとゲックが近づく
セクター
「この時をどれだけ待ち望んだことか・・・
ゲックよ!貴様の命、俺がもらいうけるっ!」
ゲック
「ぬううぅぅ・・・!」

第12話 VSアカネ忍団

戦闘開始時
アカネ
「ちょっと、ねえ? まさか本気で
この人数のあたしを相手に戦おうなんて思ってんの!?」
フェア
「そうね、一人一発はひっぱたいてあげないと気がすまないわ
覚悟しなさいッ!!」
アカネ
「ちょ・・・っ!? ちょっと待った!
そんなの想定外だってばーっ!?」
2ターン目
フェア
「本体をやっつけたら分身も消えるってセイロンは言ってた
問題は、どうやってそれを見分けるかだけど・・・
うーっ、とにかく 片っ端から、倒していくっきゃないの?」

第12話 VSクラウレ率いる獣の軍団

戦闘開始時
カサス
「ギャオオォォンッ!」
セイロン
「獣皇が呪いによって操られているのが真ならば
できれば、これ以上 あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
フェア
「わたしもそうだよ だから、みんな 倒すんじゃなくて
カサスさんを止めよう あの人の優しい笑顔をとり戻すために!!」
コーラル
「まかせて!」

第13話 VS剣の軍団 鋼の軍団

戦闘開始時
リシェル
「爆破されちゃう前に起爆装置を破壊して止めちゃうのよ!」
フェア
「起爆装置・・・ 「教授」の側にあるあの機械のことね?」
リシェル
「そうよ、あれさえなんとかしちゃえば橋は守れるわ!」
フェア
「よーし、そういうことなら・・・
一気に攻め込むわよ!」
MAP1で敵ユニット8体撃破後
剣の軍団兵士
「くそっ・・・! 総員、後退せよ!!」
MAP2で敵ユニット8体撃破後
機械兵士
「総員退却 傷ノ浅イ者ハ守備ヘト回レ」
or
剣の軍団兵士
「総員退却っ! 傷の浅い者は守備へと回れっ!!」
フェア
「よーし! このまま一気に攻め込むわよ!!」
MAP3開始時
フェア
「先生っ!!」
セクター
「お願いだ・・・ 邪魔しないでくれ
私は奴を倒す たとえ・・・差し違えてでも」
フェア
「イヤだよっ! わたし、そんなこと絶対にさせない!!」

第14話 VSギムレ&バレン兄弟

戦闘開始時
ギムレ
「こうなりゃ、ヤケだ テメエらをまとめてぶちのめして
あり金まきあげてからとんずらしてやる!!」
ガゼル
「ラミ、フィズ お前たちは後ろに下がってろ!」
フィズ
「バカ言わないでよ あたしたち、もう子供じゃないもん
戦い方だったらローカスやアカネに習ってるんだから!」
ラミ
「ガゼルパパ、ずっとラミたちのこと守ってくれてた・・・
今度は、大きくなったラミたちが守る番だよ だから・・・
召喚獣のみんな おねがい、ラミたちに力を貸して!」
ガゼル
「ケッ、いっちょ前に言いやがって・・・
無理だけはすんなよ リプレに説教くらうのは、ゴメンだからな」
フィズ
「うんっ!」

第14話 VSギアン率いる仮面の暗殺者

戦闘開始時
ギアン
「さあ、罰を受ける覚悟はできたかな?」
フェア
「うるさい、こっちが逆に、お仕置きしてやるんだから!!」
ギアンの周囲3マス以内でBランク以下の召喚術を使用時
ギアン
「無駄なことを・・・
さあ還るがいい! 在るべき場所へ!!」

第15話 VSギアン率いる仮面の暗殺者

「コーラルを渡す」を選択時の戦闘開始時
フェア
「コーラルは絶対に渡さない!!」
ギアン
「いいだろう・・・ ならば望みどおりに相手をしてやろう!」
「コーラルを渡さない」を選択時の戦闘開始時
ギアン
「名演説、ご苦労さま だがね・・・
そんな茶番で、現実はなにも変わらないッ!」
フェア
「変えてみせるよ・・・ あなたを倒してね!!」
アロエリ参戦時 3ターン後
クラウレ
「差し伸べられた救いの手を、自ら振り払うとは
ニンゲンとはつくづく愚かだな」
フェア
「そう思いたいなら思ってればいいよ でもね・・・
わたしは自分の手で望んだ答えをつかみとってみせるから」
クラウレ
「戯言を・・・」
アロエリ
「貴方に笑う資格はないぞ、兄者!」
クラウレ
「アロエリ・・・」
アロエリ
「仲間を思うからこそ、こいつはこの道を選んだ
貴方が同胞のために裏切り者になったのと同じようにな!」
クラウレ
「くぅ・・・っ 減らず口をッ!!」

第16話 VSギアン率いる無色の強化兵士

戦闘開始時
ギアン
「これが最後だぞ!! 私と共に来いッ!!」
フェア
「ダメだよ・・・ 頭ごなしに命令して言うことを聞かせても
いつまでたっても それじゃ、貴方はひとりぼっちだよ」
ギアン
「・・・っ
ならば、死ねいッ!! 裏切り者めがァッ!!」

第17話 VS姫君の忠臣

戦闘開始時
レンドラー
「我らは、みな あの方の優しさに救われた・・・
あの方の笑顔を守りたいと願って戦ってきた・・・」
カサス
「優しい、姫さマ でも、かわいそうナ姫さマ・・・
幸せになってほしイ だかラ・・・」
ゲック
「あえて、我らは最後まで道化を演じよう・・・
あの方の願いがそれで、かなうというのなら・・・」
レンドラー
「我らが命、すべて姫さまのために!!」

第17話 VSクラウレ率いる亜人の暴徒たち

戦闘開始時
ギアン
「そいつを殺せッ! カケラも残さずに消してしまえッ!!」
クラウレ
「御意のままに・・・」
フェア
「ギアン!! あなたの好きにはさせないっ!」
自軍が召喚術を使用時
ギアン
「言ったはずだよ・・・ 無駄だとね!!」
サポート『送還術』
フェアorアロエリでクラウレを物理攻撃でHPを半分にした時
クラウレ
「ああ、風が・・・ 激しく猛り狂って吠えている・・・
やがて、嵐が来る なにもかも全てを巻きこんで・・・
消し飛ばしてゆく激しい嵐が・・・」
アロエリ
「兄者・・・ まさか、貴方の翼が目指すのは・・・」
クラウレ
「我が妹よ、そしてフェアよ!
セルファンの戦士の散りざま、しかと目に焼きつけろ!!」

第19話 VSギアン

戦闘開始時
フェア
「・・・ギアンっ!?」
エニシア
「ダメだよ、ギアン そんなふうに、力で押しとおしたって
貴方の心に開いている風穴は埋まらないよ 空っぽのまま・・・
お願いだよ・・・っ 気づいて・・・っ」
ギアン
「邪魔はさせないとも 誰であろうと、絶対に そうさ、けして・・・
裏切り者は、許さない 許されはしないんだアあァぁァーッ!!!」

最終話 VS堕竜ギアン

戦闘開始時
フェア
「なんなのよ・・・ あの不気味に光ってるカタマリは・・・」
エニシア
「おぞましい魔力の高まりを感じます きっと、あれが
ギアンを堕竜に変えてしまった、その力の源かもしれない!」
フェア
「なるほどね なら・・・
みんな、アレを攻撃するわよ!」
2ターン目
フェア
「なんか、気になるな この不気味な触手
意味ありげなクセになにも仕掛けてくる様子もないし・・・
念には念を入れて攻撃しとこうかな?」
堕竜ギアン第1形態撃破後
フェア
「・・・やったの!?
よし、このまま 一気に・・・」
フェア
「な・・・っ!?」
フェア
「ウソでしょ・・・ ますます、荒れ狂い始めるなんて・・・
いったい、どうすればギアンを止めることができるのよ!?
どうすれば・・・っ」
堕竜ギアン第1形態撃破後、エニシアサポート参戦時 追加会話
エニシア
「あきらめないで・・・」
フェア
「この笛の音は・・・ エニシアの・・・」
エニシア
「私には、こんなことしかできないけれど でも・・・
みんなのこと 貴方のことを信じてるから
だから・・・ お願いだよ! フェア!!
最後まで負けないで! あきらめないで!!」
サポート『月光花の祈り』
フェア
「ありがとね・・・ エニシア・・・
貴方の想い、確かに受けとったから!!」
堕竜ギアンが『深怨の闇に続く扉』を使用前
フェア
「なにコレ・・・ ものすごくイヤな予感がする・・・
みんな、退がって!!」
堕竜ギアンが『喪失した真実の影』を使用時
フェア
「!!」
堕竜ギアンが『無限に歪む墓標』使用時
フェア
「仲間を食べて・・・ 回復するなんて・・・
なんてことを・・・」
触手を6本撃破or堕竜ギアンの残存HP1000以下時
フェア
「手がつけられなくなってきたわね
でも、それってさ
あなたがあせっている証拠なんでしょ!?」

無限界廊 VS白夜を継ぐ者

第1戦目戦闘開始時
ユヅキ
「覚悟するがいい!!」
フェア
「それは、こっちのセリフよ・・・
全員はり倒して ここから出てってやるんだから!!」
リゼルドが『リゼルドバスター』を使用時
リゼルド
「ダイレクトリンク! エネルギーチャージ マキシマム・・・
ファイア!!」
ユヅキが『抜刀術・紅桜花』を使用時
ユヅキ
「「白夜」四天王が一人、鬼妖界のユヅキの居合い
受けて、散れッ!!」
ピアが『聖ジャルヌアーク』を使用時
ピア
「ほんとは、こんなことしたくはないけど・・・
ごめんなさいっ!!」
オーレルが『双覇竜ブリスゴア』を使用時
オーレル
「我が友の助けによって完成した、最大最強のボクの切り札・・・
お見せしましょう!!」
第2戦時戦闘開始時
リゼルド
「武装解除シテ速ヤカニ降伏セヨ!」
オーレル
「また、貴方たちなのですか・・・」
ユヅキ
「本部へ連行して 貴様らの正体をつきとめてくれる!」
フェア
「やってやるわ!!」
3戦目以降戦闘開始時
ピア
「やっほーっ」
ユヅキ
「今度こそ、成敗してくれる!!」
フェア
「もう・・・ しょうがないなあ
手は抜かないわよ!」
ブレイブクリア時以降戦闘開始時
フェア
「よーし、それじゃあ お手合わせお願いします!」
ユヅキ
「ああ、望むところだ!」

コメント