【夜会話】ミルリーフ(フェアVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

ミルリーフ
「おかえりっ、ママ♪」
フェア
「ミルリーフ・・・もしかして、わたし起こしちゃった?」
ミルリーフ
「そうじゃないよ たくさん寝たから目が覚めちゃった
退屈だったから窓の外を見てたの そしたら・・・」
フェア
「わたしが出かけるのを見つけたってワケね」
ミルリーフ
「えへへっ♪
ねえねえ、ママ ミルリーフとお話しようよ?
・・・ダメ?」
フェア
「いいよ、つきあったげる
無理にベッドに入って眠れずにいるよりも気がまぎれるしね」
ミルリーフ
「やったぁ♪」
フェア
「はい、どうぞ」
ミルリーフ
「いいにおい・・・これ、チョコだよね?」
フェア
「うん、特製のホットチョコ
なんだかんだいってまだ、あなた疲れてるんじゃないの?
甘いもので栄養補給しておかなきゃね」
ミルリーフ
「とってもおいしいよ♪ あ、でも・・・」
フェア
「ん?」
ミルリーフ
「うう、太っちゃったらどうしよう・・・」
フェア
「ぷ・・・っ、くくっ ぷくくく・・・っ!」
ミルリーフ
「あーっ、ひどいよぉ! 笑うなんて!?」
フェア
「え~、だって甘いものが大好きだったあなたが
いきなりそんなこと言い出したから」
ミルリーフ
「ミルリーフはもう、立派な大人になったんだもん!
自己管理しなくちゃ後で困るのは自分なんですからね
ママだって他人ごとじゃないんだよ?」
フェア
「うぐ・・・っ わ、笑えないかも
まあ、せっかく作ったんだからさ飲みなさい」
ミルリーフ
「ママがそう言うなら飲むけど・・・
・・・おいしーっ♪」
フェア
「まったく・・・
でも・・・思えば、いろいろとあったよね
流れ星になって落ちてきたあなたを拾った時から、まだ
ふた月くらいしか経っていないのに」
ミルリーフ
「そっか・・・まだ、それだけしか経ってないんだね
もう何年も、ママと暮らしているような気がしてるのにね」
フェア
「密度の濃い毎日だったから・・・」
ミルリーフ
「ねえ、おぼえてる? みんなで、湖までお出かけしたこと」
フェア
「うん、おぼえてる
アルバのための魚をとりに、ルトマ湖に行ったのよね」
ミルリーフ
「戦ってる時以外でみんなで出かけたの初めてだったから
うれしかったなあ」
フェア
「まあ、結局のところ戦っちゃったんだけど」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択した場合?
    ミルリーフ
    「うん・・・
    だけど、あの時約束したよね?
    戦いが終わったらもう一度、みんなでお出かけしようって」
    フェア
    「うん、そういえば約束してたよね」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択していない場合?
    ミルリーフ
    「戦いが終わったら また、みんなでお出かけしたいなって」
ミルリーフ
「ミルリーフ ずっと、楽しみにしてたけど・・・
守護竜になるんだもの 多分、もうお出かけはできないね・・・」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択した場合?
    フェア
    「あ・・・」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択していない場合?
    フェア
    「・・・・・・」
ミルリーフ
「いいの、それでも
代わりに、楽しい思い出をたくさんもらったもの」
フェア
「ミルリーフ・・・」
ミルリーフ
「ありがとう・・・フェア
ママたちと一緒に暮らしたこと、絶対忘れないからね
甘えんぼだったミルリーフが至竜になれたのも
ママたちが、いつも優しく見守っていてくれたからだよ
ママのおかげでミルリーフは大人になれたの」
フェア
「違うよ・・・それはお互いさま」
ミルリーフ
「え?」
フェア
「あなたと出会えたからわたしも強くなれた
気づかなかったことに気づいたり、知らないことを知ったりして
昔のわたしよりは少しはマシなわたしになれたって思ってる
ありがとう・・・」
ミルリーフ
「フェア・・・」
フェア
「困って泣きそうになったら、いつでもわたしを呼びなさい
どこにいようと必ずすっ飛んでいって駆けつけるんだから」
ミルリーフ
「でも・・・っ」
フェア
「遠慮しちゃダメよ? あなたは、わたしの娘なんだから
いつだって、ママはミルリーフの味方なんだから」
ミルリーフ
「うん・・・っ」
(ミルリーフ)
ありがとう・・・フェア
世界中で一番・・・大好きだよ・・・

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
フェア
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込みあがったよ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ミルリーフ
「果物畑のパンケーキ 盛り付けできたよ」
フェア
「上出来、上出来 仕上げもできる?」
ミルリーフ
「クリームとチョコを半分ずつに、ナッツを散らすんだったよね
まかせてっ♪」
フェア&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
フェア
「うん、ルシアンもおつかれさま
ミルリーフもね?」
ミルリーフ
「えへへっ♪」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「それはそうだよ! なんたって、今のフェアさんは
「ミュランスの星」が認めた、帝国最年少の有名料理人だもの
噂を聞いて、遠くから食べに来る人たちもいるくらいなんだよ」
リシェル
「有名料理人ねぇ・・・」
フェア
「そんなのは、他人が勝手に騒いでるだけよ
わたしはただ、ずっとこの町でおいしい料理を作り続けて
もっと、みんなに喜んでもらいたいだけ それだけでいいの」
ミルリーフ
「それじゃ、ぐるめのオジサンとの約束はどうするの?
本格的に料理の修行にきなさいって、手紙で誘われてるでしょ?」
フェア
「うん、悪いけどもうしばらく、待ってもらうつもり
あの騒ぎで壊れた町を元どおりにするために働いてる人たちに
おいしいゴハン食べてもっと、がんばってもらいたいからね」
ミルリーフ
「そっか・・・」
フェア
「まあ、とにかく今はひと休みにしましょ
夜になったら、また大忙しなんだから」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
ミルリーフ
「風が気持ちいいね、ママ」
フェア
「ええ、こうやって草のニオイのする風に吹かれてるだけで
たまっていた疲れも吹っ飛ぶ気がするよ
ホントなら、日がな一日こうしていたいくらいだけどね」
ミルリーフ
「だったら、お店をお休みにすればいいのに
ママ、ちょっとがんばりすぎだよ?」
フェア
「まあ、たしかにそうなんだけどね
わたしの料理のために遠くからやって来るお客さんたちを
がっかりさせたくないじゃない
だから、当分の間はなるだけ休みなしでがんばりたいの」
ミルリーフ
「つまんない・・・お仕事ばっかり・・・」
フェア
「そう言わないで ちゃんと、わたしも考えてるんだから」
ミルリーフ
「え?」
フェア
「お客さんの入りがもう少し落ち着いてきたらね
がんばったぶん長めに休みをとるつもりでいるの」
ミルリーフ
「ホントに!?」
フェア
「たまには、こっちから「隠れ里」をたずねていってもみたいし
帝都にも足を伸ばして料理の本とか道具とか見て回りたいの
ミュランスさんにも新作料理、食べてもらわないとね?」
ミルリーフ
「つれてって・・・くれるんだよね?」
フェア
「もちろんよ!」
ミルリーフ
「やったぁーっ♪」
フェア
「そのためにもしっかり稼いでおかなくちゃね
お手伝いのほう よろしく頼むわよ?」
ミルリーフ
「うんっ♪」
テイラー
「おい、本当に最後まで顔も見せずに行くつもりなのか?」
ケンタロウ
「ああ、親がなくとも子は育つ、ってな
アイツも、想像以上にいっちょまえに育ってやがったからなあ
オレ様がいなくたってなにも問題はねーさ」
テイラー
「だが、いくらなんでも薄情すぎやしないか?
次はいつ、戻ってこられるかも知れんというのに・・・」
ケンタロウ
「約束がよ、いまだに守れてねーんだよなあ
エリカの病気を治して 家族みんな、揃って一緒に暮らしていく
その方法を見つけるまでは、オレ様は帰れねえんだわ」
テイラー
「だが・・・」
ケンタロウ
「バカとかクソとかロクデナシってのは慣れちまったけどよ
ウソつき、って呼ばれるのだけはカンベンだからな」
テイラー
「そうか・・・」
ケンタロウ
「つーわけだからよ 悪いが、もうすこし世話を頼むわな」
テイラー
「ふん、言われずともわかっておるわ
あの人の居場所は二度と、誰にも荒らさせはせんよ
だから、とっとと約束を果たして戻ってこい!!」
ケンタロウ
「おうよッ!」
フェア
「ふわあぁぁ・・・っ
あんまり気持ちいいから、眠くなってきちゃった・・・」
ミルリーフ
「お昼寝したら? ちゃんと、起こしてあげるから」
フェア
「じゃ、悪いけどお願いね・・・」
ミルリーフ
「・・・・・・」
でもね・・・時々、考えるの・・・
あの時、この場所でママと出会わなかったら
わたしは、いったいどうなってたのかな、って
なにもできずに、捕まって泣いていたのかな?
それとも、涼しげな顔して守護竜になってたのかな?
でも、どっちになってもきっと、今みたいに
毎日、楽しい笑顔じゃいられなかったと思う
それだけは、わかるの
ただの偶然だってママは、言うけどね
わたしは、そのおかげで笑っていられるんだよ?
すごく、幸せなんだよ?
ありがとう・・・わたしを、育ててくれて
ありがとう・・・わたしに、生命をくれて
大事に、大事に・・・生きていくからね・・・
-鐘の音-
フェア&ミルリーフ
「・・・っ!?」
フェア
「もしかして・・・寝過ごし、た???」
ミルリーフ
「う、うん・・・」
フェア
「あわわわわわわっ!? ま、マズいかも・・・
全速力で戻るわよ! ミルリーフっ!!」
ミルリーフ
「うん!」
世界で1番、ママが好きっ♪
だからお願い、もうしばらくだけ、甘えんぼのわたしでいさせてね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました