【夜会話】リューム(フェアVer.)

スポンサーリンク
みずき様

第4話 素敵な若さま、大暴走!

フェア
「昼間の話だけどね わたし、あなたがしたこと・・・
召喚獣を助けたいと思ったこと
その優しい気持ちを否定するつもりはないよ」
リューム
「え・・・」
フェア
「困ってる相手を助けてあげたいと思ったのは悪いことじゃないの
でも、世の中ってのは 正しいことだけじゃ動いてないから
よかれと思ってやったことでも、それが周りに不都合なことなら
悪いことにされちゃう 世の中って、そういう仕組みなのよ」
リューム
「なんか、ずいぶんとくわしいな・・・」
フェア
「それはそうよ わたしも、どっちかといえば・・・
理不尽なことにはガマンできない性格だったりするからね
アタマにきちゃうと ついつい、手が出たりしてたし・・・」
リューム
「今は、そうじゃないのかよ?」
フェア
「うーん、どうかな? 正直、わかんないよ
店を任されてからは イヤでも、世間と向かい合ってきたし
自然に、気持ちをおさえこむクセはついてきたかもね
大人になった・・・っていえば、聞こえはいいんだろうけど」
リューム
「めんどくさそうだな なんか・・・」
フェア
「まあね
でも、そうしないと世の中から弾かれることになっちゃうし」
そう・・・ 父さんみたいにね

第5話 今はもう、戻れない場所

フェア
「でも、あなたが獣皇をぶっとばしたのには驚いちゃったなあ
ちっちゃくても やっぱり、竜の子ってことなんだね」
リューム
「おいコラ、なんだよその言いぐさは
そんじゃ今まではオレのことなんだと思ってたんだよ」
フェア
「生意気なお子ちゃまってところかな?」
リューム
「な、なんだと~っ!?」
フェア
「ホントのことでしょ?」
リューム
「むぐぐぐ・・・っ」
フェア
「けどまあ、これからは口ばっかりって言えなくなるね」
リューム
「え?」
フェア
「背中に隠れて鳴いてた頃からは考えられないくらい
あなたは強くなってる そして、儀式のたびにもっと強くなってく
じきにわたしが守ってあげる必要もなくなるんだろうなぁ・・・」
リューム
「・・・・・・
けっ! バカなこと言ってんじゃねえよ!」
フェア
「え?」
リューム
「力の継承が終わればめでたしめでたしって思ってるだろうけど
やられた連中が、はいそうですか、って納得すると思うのか?」
フェア
「!?」
リューム
「オレのことに関係なく アンタはもう、恨みを買いまくってんだよ」
フェア
「(うぐ・・・っ)」
リューム
「ま、心配すんなよ いざって時には
オレが、まとめて守ってやるからよ」
フェア
「リューム・・・」
リューム
「原因を作ったのはオレなんだからな
ちゃんと責任もって 最後まで、面倒みてやるよ♪」
フェア
「まったく・・・ ちょっとほめるとすぐこれなんだから」
でも、ありがとね リューム・・・

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

リューム
「・・・・・・」
フェア
「どうしたの? 機嫌悪そうな顔して」
リューム
「別に・・・
ただ黒騎士たちがオレのこと、キレイに無視しやがったから
それがちょっと 面白くねーだけだよ」
フェア
「ああ、そういえばそうだよね・・・
(竜の子供なんて見たら、普通だったら驚くはずなのに
平然としてたっけ)」
リューム
「そもそも、オレだけに限った話じゃねえぞ
亜人に龍人、おまけに天使まで揃ってたのに無反応だなんてよ
あの鉄面騎士、感覚がひねくれちまってるんじゃねえのか?」
フェア
「こらこら
きっと、あの人たちはああいう戦いの旅を続けてるせいで
不思議なことには 結構、慣れっこだったのかもね」
リューム
「なるほど・・・
あれくらいの図太さがないと、生き残れないってことか!」
フェア
「いや、それはどうかと思うけど・・・」
きっと、わたしたちには想像もつかない経験をしているんだろうな

第7話 お魚たずねて、秘密基地

フェア
「どうしたの リューム?
なんか、すっごく顔色が悪いけど?」
リューム
「ううっ・・・っ ぎぼちわる・・・っ」
フェア
「なにか、変なもの拾い食いしたんじゃないでしょうね?」
リューム
「拾い食いなんかしてねえよ!
ただ・・・」
フェア
「ただ?」
リューム
「台所にあった料理をつまみ食いしたら・・・」
フェア
「えーっ、あれってあなたの仕業だったの!?
(味があんまりすぎて作り直すことにしたものなのに・・・)」
リューム
「なあ、ケガ人にあんなもの食わせていいのかよぉ???
オレなら、絶対に苦い薬を飲む方を選ぶぞぉ・・・
げふうぅ・・・っ」
フェア
「あ、はははは・・・」
まあ、元が薬なんだし害にはならないよね、たぶん・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

リューム
「・・・・・・」
フェア
「リュームったらまだ寝てなかったの?」
リューム
「あ、うん・・・ あのな・・・」
フェア
「?」
リューム
「今日だけ、一緒に寝てもいいか?」
フェア
「ど、どうしたの? いったい、どういう風の吹き回し?」
リューム
「う、うるせえっ! たまには、そういう気分になるんだよ!」
フェア
「はいはい・・・ わかったから、早くベッドに入りなさい」
フェア
「きゃっ、ちょっと? しがみついたりしたら苦し・・・

(この子・・・ おびえてる・・・)」
リューム
「・・・っ」
フェア
「そっか・・・ 今日の敵は、いつもと違ってたもんね
こわくなっちゃうのも仕方が・・・」
リューム
「そうじゃねぇよッ!」
フェア
「え?」
リューム
「こわかったのは アイツらじゃねえ
本当にこわかったのは こわかったのは・・・」
フェア
「こわいことを無理に思い出したりしちゃダメだよ!」
リューム
「けど・・・っ」
フェア
「だいじょうぶ わたしが、こうして側についてるんだから
だから、目を閉じてゆっくりと身体を休めなさい・・・」
リューム
「う、うん・・・」
守ってあげなくちゃ こんなに不安がってる このコのことを・・・

第10話 想い、途切れることはなく

リューム
「前に、ポムねーちゃんが人質にとられた時
オレ、ホントは気づいていたんだ」
フェア
「・・・え?」
リューム
「リシェルねーちゃんが襲われた瞬間、悪魔の気配を感じて・・・
たどったら、そこにこわい顔をしたポムねーちゃんがいて
おっかなかった・・・」
フェア
「(あの時にも、そんなことが・・・)」
リューム
「け、けどなっ! 今はもう、コワイって思ってないんだぞ!
そりゃ、驚いたけど でもポムねーちゃんはポムねーちゃんだ
いっぱい世話をやいてもらったし、優しくしてくれたし・・・」
フェア
「リューム・・・」
リューム
「だから・・・ だから、なッ!?」
フェア
「心配はいらないよ
ポムニットさんを仲間はずれになんかにはしないから」
リューム
「よかった・・・」
でも、ポムニットさん本人がどう思ってるか それが問題だよね・・・

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

リューム
「ギアン・クラストフ
あいつが、敵の親玉なんだよな・・・」
フェア
「そうみたいだね
想像してたのとはだいぶ違ってたけど」
リューム
「おお、オレもそう思ってたんだ
召喚師で、親玉で ひでえヤツだって聞かされてたから
見るからに陰険そうな顔のヤツだと思ってたんだけどなあ」
フェア
「あははっ、どういう想像してたのよ?」
リューム
「だってよォ・・・」
フェア
「ま、わたしの想像も似たり寄ったりだったんだけどね
まさか、あんなにも落ち着いた人だなんて思ってもなかったよ」
リューム
「おいおい、見た目がイケてるからってほれんじゃねーぞ?
世の中には、外面と中身が一致しねえヤツのほうが多いかんな」
フェア
「ば、バカっ! 惚れるわけないでしょ
だいたい、あなた そんなこと、誰から教わったのよ?」
リューム
「リシェルねーちゃん♪」
フェア
「はあ・・・っ だと思った・・・
別に言われなくたってちゃんとわかってるよ それに・・・
あの人と話していて すぐ、気がついたの
丁寧な言葉や笑顔でうわべはつくろってみせてはいたけど、
ギアンの目はずっと冷たい光を放っていた
まるでわたしのことをじっくりと値踏みするみたいにね・・・」
リューム
「なるほどな
けど、オレが言いたかったのは違う意味のことだぜ」
フェア
「え?」
リューム
「いくら見た目がそう見えたって
アイツが、テメエと同じ、ニンゲンだとは限らねえってことさ」
フェア
「あの人が、人間じゃないっていうの!?」
リューム
「断言はできねーよ けどな、普通じゃないことだけは確かだぜ
とんでもない魔力が全身からにじみ出ていたしな・・・」
フェア
「・・・・・・」
リューム
「それに、あの光 召喚術を消し去った得体の知れない力
あんなこと、普通のニンゲンにゃできるもんじゃねえだろ?」
フェア
「たしかに・・・」
リューム
「先代の知識ってのが封印されてなけりゃ
なにかしら手がかりを見つけられてたのかもしれねえけどな・・」
フェア
「リューム・・・」
リューム
「わりぃな・・・ ミョーな不安ばっかあおっちまってさ」
フェア
「いいよ、いいよ そんなこと、別に気にしなくても」
心配してくれるからだってこと、ちゃんとわかってるもの・・・

第14話 来訪者たち、彼方より

フェア
「金縛りにされた時はもうダメかもって思ったけど・・・
なんとか、あなたとの約束を守れて、ホントよかったよ」
リューム
「ああ・・・ だけど、アイツはあきらめねえぜ」
フェア
「え?」
リューム
「間近でギアンの目を見て、オレ、はっきりわかっちまったんだ
なにがどうなろうと絶対、自分の目的をとげようとする
アイツは、そういうギラギラとした目をしていたんだよ
のみこまれそうなほど、とてつもなくヤバイ目つきだった・・・」
フェア
「リューム・・・」
リューム
「利口ぶった物言いもオトナぶった態度も、きっと全部、擬態だ
アイツの本性は獣だ オレのこと、獲物だとしか思っちゃいねえ
腹をすかせたずる賢い獣なんだよ アイツは・・・っ」
フェア
「・・・だいじょうぶよ
もし、そうだとしても あなたは、わたしが絶対に守ってあげる」
リューム
「フェア・・・」
フェア
「だから、おびえないで わたしたちを信じて一緒に頑張るの
最後の最後まであきらめちゃダメ! ・・・いいわね?」
リューム
「うん・・・」
震えてる・・・ そうか、オマエも必死なんだな・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

リューム
「よう、散歩はもう終わったのかよ?」
フェア
「リューム・・・もしかして、わたし起こしちゃった?」
リューム
「うんにゃ、違うぜ 早寝したせいで、目が覚めちまっただけさ
で、ぼけーっと外を眺めてたら・・・」
フェア
「わたしが出かけるのを見つけたってワケね」
リューム
「そーゆーこった
じっとしてるのも退屈だったしな
よけりゃ、話し相手になってもらおうかって思ってたけど・・・」
フェア
「いいよ、つきあったげる
無理にベッドに入って眠れずにいるよりも気がまぎれるしね」
リューム
「へへっ そうこなくちゃな」
フェア
「はい、どうぞ」
リューム
「おう!
・・・って、なんだ 温めたミルクかよ
大人になったんだし大人の飲み物を期待してたのになあ」
フェア
「生意気いわないの あなたには、まだ早すぎるんだから
そのそも、ウチにあるお酒は、みんな料理に使うものばっかりよ」
リューム
「ちぇ・・・
親子でくみ交わすの いっぺん、やってみたかったのになあ」
フェア
「別にミルクでだって乾杯はできるでしょ」
リューム
「そーだけどさあ やっぱ、カッコよくはないよなあ・・・」
フェア
「いいのよ、別に今さら気どったってカッコつかないわよ
あなたとわたしはそういうつき合い方をしてきたんだから」
リューム
「まあ、そりゃそーか」
フェア
「でも・・・思えば、いろいろとあったよね
流れ星になって落ちてきたあなたを拾った時から、まだ
ふた月くらいしか経ってないのに」
リューム
「そっか・・・それっぽっちしか経ってないのか
もう何年も、ここで暮らしていたような気がしてるのになあ」
フェア
「密度の濃い毎日だったから・・・」
リューム
「なあ、おぼえてるか? はじめて一緒に町まで出かけた時のこと」
フェア
「忘れるわけないでしょ
なんせ、あの時のあなたは大暴れの連続だったんだから
店先の品を盗み食いするわ、野良ネコととっ組みあうわ
挙げ句に、つながれた召喚獣たちを逃がそうとして・・・」
リューム
「大喧嘩したんだよな アンタ、完全にキレて飛び出しちまったし
すげえ迷惑かけたって今は、ちゃんとわかる 悪かったよな・・・」
フェア
「いいよ、別に わたしだって、今ならわかる気がするの
あの時のあなたの怒りは、当然のことだったんだってね」
リューム
「フェア・・・」
フェア
「次から次へと厄介事ばかり続いて大忙しだったけど
思い返すとさ 不思議と笑えてきちゃうのよね」
リューム
「ああ、オレもだ つらいことだってあったのによ
楽しいことしか出てこないんだよな ホントにさ・・・
いつまでも、ずっとこうしていたいぜ」
フェア
「リューム・・・」
リューム
「ありがとな・・・フェア
アンタのおかげで オレ、ちゃんと大人になれる気がするんだ
遺産を継承するだけじゃ、きっとオレは強くはなれなかった
アンタのすぐ近くでいろんなことを見て教わってきたから
オレ、胸を張って守護竜としての務めを果たそうって思える
逃げずに、ちゃんと受け入れる勇気をもつことができたんだよ」
フェア
「違うよ・・・それはお互いさま」
リューム
「え?」
フェア
「あなたと出会えたからわたしも強くなれた
気づかなかったことに気づいたり、知らないことを知ったりして
昔のわたしよりは少しはマシなわたしになれたって思ってる
ありがとう・・・」
リューム
「フェア・・・」
フェア
「ははっ、なんかガラにもないこと言っちゃったね?」
リューム
「ああ、お互いにな」
フェア
「守護竜になってもたまには、顔くらい見せにきなさいよ」
リューム
「・・・いいのかよ?」
フェア
「あなたはわたしの子供 ここは、あなたの家!
だから、遠慮することなんかひとつもないでしょ?」
リューム
「あははは・・・っ うん、そうだよなっ♪」
(リューム)
オレ、やっぱアンタの子供で幸せだ・・・
大好きだよ・・・母さん・・・

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます。また、お越しください」
フェア
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込み あがったよ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
リューム
「おい、イモの皮むき終わらせたぜ?」
フェア
「うん、ご苦労さま それじゃ、次は皿洗いよろしくね♪」
リューム
「うへぇ、ホント竜使いの荒い親だな」
フェア
「立ってるものなら竜でも使うのよ 文句ある?」
リューム
「・・・やるケドよ」
フェア&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
フェア
「うん、ルシアンもおつかれさま」
リューム
「・・・コホンッ!」
フェア
「リュームもね?」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「それはそうだよ! なんたって、今のフェアさんは
「ミュランスの星」が認めた、帝国最年少の有名料理人だもの
噂を聞いて、遠くから食べに来る人たちもいるくらいなんだよ」
リシェル
「有名料理人ねぇ・・・」
フェア
「そんなのは、他人が勝手に騒いでるだけよ
わたしはただ、ずっとこの町でおいしい料理を作り続けて
もっと、みんなに喜んでもらいたいだけ それだけでいいの」
リューム
「だからって、儲け話を片っ端から断るかよ?
帝都に店を構えるとか、宮廷のお抱えになる話だってあったのによ」
フェア
「絶対、ムリ無理! ガラじゃないもん
それに・・・お母さんをひとりにさせたくないしね」
リューム
「あ・・・」
フェア
「みんなと別れるのもつまんないし、だからこれでいいの!
まあ、とにかく今はひと休みしましょ
夜になったら、また大忙しなんだから」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
リューム
「おーっ、風が気持ちいいぜ」
フェア
「ええ、こうやって草のニオイのする風に吹かれてるだけで
たまっていた疲れも吹っ飛ぶ気がするよ
ホントなら、日がな一日こうしていたいくらいだけどね」
リューム
「だったら、店を休めばいいじゃんか
一日ぐらいだったら別にかまわねーだろ?」
フェア
「まあ、たしかにそうなんだけどね
わたしの料理のために遠くからやって来るお客さんたちを
がっかりさせたくないじゃない
だから、当分の間はなるだけ休みなしでがんばりたいの」
リューム
「ったく、とことん料理バカだよなあ」
フェア
「そう言わないで ちゃんと、わたしも考えてるんだから」
リューム
「え?」
フェア
「お客さんの入りがもう少し落ち着いてきたらね
がんばったぶん長めに休みをとるつもりでいるの」
リューム
「ホントか!?」
フェア
「たまには、こっちから「隠れ里」をたずねていってもみたいし
帝都にも足を伸ばして料理の本とか道具とか見て回りたいの
ミュランスさんにも新作料理、食べてもらわないとね?」
リューム
「あのさ・・・そん時は、もちろんオレも・・・」
フェア
「もちろんよ!」
リューム
「やりぃーっ♪」
フェア
「そのためにしっかり稼いでおかなくちゃね
お手伝いのほう よろしく頼むわよ?」
リューム
「おうっ♪」
テイラー
「おい、本当に最後まで顔も見せずに行くつもりなのか?」
ケンタロウ
「ああ、親がなくとも子は育つ、ってな
アイツも、想像以上にいっちょまえに育ってやがったからなあ
オレ様がいなくたってなにも問題はねーさ」
テイラー
「だが、いくらなんでも薄情すぎやしないか?
次はいつ、戻ってこられるかも知れんというのに・・・」
ケンタロウ
「約束がよ、いまだに守れてねーんだよなあ
エリカの病気を治して 家族みんな、揃って一緒に暮らしていく
その方法を見つけるまでは、オレ様は帰れねえんだわ」
テイラー
「だが・・・」
ケンタロウ
「バカとかクソとかロクデナシってのは慣れちまったけどよ
ウソつき、って呼ばれるのだけはカンベンだからな」
テイラー
「そうか・・・」
ケンタロウ
「つーわけだからよ 悪いが、もうすこし世話を頼むわな」
テイラー
「ふん、言われずともわかっておるわ
あの人の居場所は二度と、誰にも荒らさせはせんよ
だから、とっとと約束を果たして戻ってこい!!」
ケンタロウ
「おうよッ!」
フェア
「ふわあぁぁ・・・っ
あんまり気持ちいいから、眠くなってきちゃった・・・」
リューム
「なら、寝とけって 休憩時間なんだしよ
時間がきたら オレが起こしてやるからさ」
フェア
「じゃ、悪いけどお願いね・・・」
リューム
「・・・・・・」
でもな・・・今になって、ホント思うんだよ・・・
あの時、この場所でアンタと出会わなかったら
オレは、いったいどうなってたんだろうな
なにもできずに、捕まって泣いていたのかな?
それとも、涼しげな顔して守護竜になってたのかな?
きっぱりと言いきれるのは
どっちに転んだとしても きっと、こんなふうに
毎日、楽しい笑顔じゃいられなかったろうな
たまたまの偶然だって アンタは、笑うけどさ
その偶然が、オレにはきっと、奇跡だったんだよ
感謝してるぜ?
こうして、オレのこと今も見守ってくれてるアンタにも・・・
そんなアンタと出会うきっかけを与えてくれた先代にも・・・
だから、胸を張ってオレは言い切れるんだ
二人の親から愛されてる今のオレは、きっと一番幸せなんだって!
(ゴーンゴーン)
フェア&リューム
「・・・っ!?」
フェア
「もしかして・・・寝過ごし、た???」
リューム
「う、うん・・・」
フェア
「あわわわわわわっ!? ま、マズいかも・・・
全速力で戻るわよ! リュームっ!!」
リューム
「おうっ!」
もう少しだけ、そばにいさせてくれよ?
アンタからもらったもの 少しずつでもちゃんと返していきたいからさ な、母さん・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました