置き手紙イベント

スポンサーリンク
凪愛クロウ様
リシェル
「ねえ、ポムニットはどこにいるのよ!?」
フェア
「リシェル!?あなた、どうしてこんな時間に?」
ルシアン
「心配でたまらなくなって、お屋敷を抜け出してきたんだ」
フェア
「ルシアンまで・・・」
リシェル
「いいから、早くポムニットに会わせてよ!
今になって、あたしようやくわかったの
自分の言ったことがどれだけひどいものだったのかを・・・
あの子は、あたしを助けようと、あんな姿になったのに
なのに、あたしはそれ見て、バケモノだなんて・・・っ」
ルシアン
「ねえさん・・・」
フェア
「仕方ないよあの時は、わたしもびびってたし
あなたが取り乱したのだって、無理も・・・」
リシェル
「でも、でも・・・っあたしは、あの子を絶対に傷つけた!!
いいわけを並べてもそれは、消えない!」
フェア
「・・・っ」
ルシアン
「だから、今すぐにポムニットさんと話がしたいんだよ
ちゃんと話をして謝らなくちゃ、先に進めなくなるから」
フェア
「うん、わかった今呼んでくるよ」
アルバ
「ダメだ・・・店の中には、どこにも見あたらない・・・」
リビエル
「中庭にもいませんわ!」
リシェル
「そんな・・・」
セイロン
「あの姿のままで外に出て行ったというのか・・・」
シンゲン
「町の人々に知れたらそれこそ、大騒ぎになりかねませんよ」
ルシアン
「とにかく、急いで見つけなくちゃ!
アルバ、悪いけどグラッドさんの所に知らせにいって」
アルバ
「わかった!」
リビエル
「じゃあ、私はミントのところへ
知らせ終わったらアロエリにも頼んで空から探してみます」
ルシアン
「うん、お願い
僕はいったん帰って
戻っているかどうか確かめてくるから」
セイロン
「では、我は町の周囲を」
シンゲン
「つきあいましょう いくら貴方でも一人歩きは危険だ
夜ははぐれたちの時間ですしね」
セイロン
「心づかい、感謝する
御子殿も、ご同行いただけますか?
彼女の魔力を探してほしいのです」
ミルリーフ
「ピギッ!」
フェア
「じゃあ、わたしも一緒に・・・」
シンゲン
「御主人はここに残ってください」
フェア
「でも・・・」
シンゲン
「全員が留守にするわけにも、いかんでしょう
それに、今の彼女を一人にしておくのはかわいそうですよ」
リシェル
「・・・・・・」
フェア
「うん・・・みんな、お願いね」
セイロン
「心得た!!」
フェア
「ほら、リシェル家の中に入ろ?」
リシェル
「うん・・・」
フェア
「そっちに座ってちょっと待ってて
なにか、あったかい飲み物でも作って・・・
!?」
リシェル
「・・・どうしたの?」
フェア
「ポムニットさんの置き手紙だ・・・」
リシェル
「え!?」
置き場所に迷って、結局、こんな場所に置いちゃいました
働き者の貴方ならきっと、朝になれば見つけてくれるはず
その時には、もうわたくしはここにはいませんけど・・・
遠くに行こうって思っています
わたくしはもうみなさんと一緒にはいられませんから
約束を破って、封印をといてしまった以上は
多分、わたくしは人間の姿に戻れはしないでしょう
優しいみなさんはきっと気にするなって、言ってくださるのでしょうね
でも、ダメです だって・・・
わたくしの能力は他人の命を、無差別に奪いとってしまうから
そのせいで、お母さんは死んじゃったから・・・
あんなにも悲しい思いはもう、二度としたくない・・・
だから、黙ってさよならします
ごめんなさい
それから、ありがとう
みなさんと過ごした思い出は、わたくしの大切な宝物です・・・
おぼっちゃま・・・どうか、自信をもって胸をはってくださいまし
貴方なら、きっとご自分の力で、夢をかなえられますから
おじょうさま・・・
ごめんなさい・・・ずっと、だますような真似をしてしまって
こわらがせてしまって
どうか、お幸せに
わたくしはそれだけを心から願っております
ずっと、ずっと・・・
リシェル
「やだぁ・・・っやだよぉ、こんなっこんなの・・・っ
うわああああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」
フェア
「リシェル・・・」
リシェル
「あたしが悪いのよっ!あやまら、なくっちゃいけないのは・・・
あたしのほうなのに!なのに、なんで・・・う、うああ・・・っ」
フェア
「・・・・・・」
リシェル
「ポムニット・・・っポムニット・・・っ
ポムニットぉーっ!!」
(ルシアン)
それっきり・・・ポムニットさんは僕たちの前から
姿を消して・・・しまったんだ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました