【夜会話】ミルリーフ(ライVer.)

スポンサーリンク
ファイポー様

第4話 素敵な若さま、大暴走!

ライ
「昼間の話だけどな・・・
オレ、お前が召喚獣を助けたいと思ったこと
その気持ちを否定するつもりはないぜ」
ミルリーフ
「え・・・」
ライ
「困ってる相手を助けてやりたいと思ったのは悪いことじゃない
ただ、世の中ってのは正しいことだけじゃ動いてねえ
よかれと思ってやったことでも、それが周りに不都合なことなら
容赦なく叩かれる 世の中って、そういう仕組みなのさ」
ミルリーフ
「そうなの???」
ライ
「ああ、なにしろ・・・
オレも、お前みたいに理不尽なことがガマンできなかったからな
納得できないことには徹底的に逆らって暴れたりしてたんだ」
ミルリーフ
「パパも、やんちゃだったんだ?」
ライ
「ああ・・・でも、今はさすがに落ちついてきたよ
店を任されてからは イヤでも、世間と向かい合ってきたし
自然に、気持ちをおさえこむクセがついてきたかもな
大人になった・・・っていえば、聞こえはいいんだけどな」
ミルリーフ
「うーん・・・ よく、わかんないよ」
ライ
「そのうち、イヤでもわかるようになるさ
じゃなきゃ・・・世の中から弾かれることになるからな」
そう・・・クソ親父みたいに、な

第5話 今はもう、戻れない場所

ライ
「しかし、お前が獣皇にぶちかました攻撃にはちょっと驚いたぜ
なりはちっこくても やっぱ、お前は竜ってことなんだな」
ミルリーフ
「えへへへ・・・」
ライ
「これからは泣き虫だって笑えなくなりそうだな」
ミルリーフ
「え?」
ライ
「背中に隠れてピイピイ鳴いていた頃からは考えられないくらい
お前は強くなってる そして、儀式のたびにもっと強くなってく
じきに、オレが守ってやる必要もなくなるんだろうな・・・」
ミルリーフ
「そ、そんなことないもんっ!!
ミルリーフはちっとも強くなってなんかないよっ!?
パパと一緒じゃなきゃダメなんだもんっ!!」
ライ
「ミルリーフ・・・」
ミルリーフ
「さっきだって・・・ パパが、がんばれって言ってくれたから
すごくこわかったけどがんばれたんだもんっ
うう・・・っ」
ライ
「わ、わかったよミルリーフ だから、泣くなって」
ミルリーフ
「ミルリーフはね・・・ パパと、ずっと一緒がいいの・・・っ
泣き虫って言われてもパパがいてくれれば それで・・・」
ライ
「・・・・・・」
ミルリーフ
「ずっと、側にいてね? パパ・・・」
甘えんぼなところは やっぱ、変わっちゃいないんだな・・・

第6話 疑惑と不審の、黒いヤツ

ミルリーフ
「えへへっ♪」
ライ
「どうしたんだよ? ご機嫌じゃないか」
ミルリーフ
「だって、だって うれしいんだもん
自由騎士の人たち ミルリーフを見てもおどろかなかった
ニンゲンの子供と同じように、普通に相手してくれたもん」
ライ
「ああ、言われてみればそうだよな・・・
(竜の子供なんてものを見たら、普通だったら驚くはずなのに
平然としてたもんな)」
ミルリーフ
「ニンゲンは、ニンゲン以外とは、お友達になってくれない
アロエリやリビエルはそう言ってたけど違ってたんだね
パパや、リシェルやルシアンたちの他にも
優しい人たちは いっぱいいるんだよね」
ライ
「ああ、人間だっていろいろってことだな」
ミルリーフ
「よーし、がんばってニンゲンのお友達をつくるよ!
まずは、ケガをしたあの人のお見舞いにいってみようかな
喜んでくれるかな?」
ライ
「きっと、喜ぶはずさ 友達になってくれるかもしれないぜ?」
ミルリーフ
「うんっ♪」
こいつにとってはあの二人との出会いは大きかったのかもな

第7話 お魚たずねて、秘密基地

ライ
「やれやれ、今回はいつも以上に疲れたぜ」
ミルリーフ
「そうかな?
ミルリーフはとっても楽しかったよ
みんなそろってお外にお出かけできたし」
ライ
「気楽でいいよなあ お前は・・・」
ミルリーフ
「パパは、お出かけ楽しくなかった?」
ライ
「そうは言ってねえよ
ただ、途中からグダグダになったのがちょっとな・・・」
ミルリーフ
「じゃあ、また今度お出かけしようよっ♪
悪いヤツらをやっつけてからならジャマもされないし
ねっ、そうしよ?」
ライ
「そうだな・・・そうできたらいいよな」
ミルリーフ
「うんっ♪」
できたら、いいよな 本当に・・・

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

ミルリーフ
「・・・・・・」
ライ
「なんだ、ミルリーフ? まだ寝てなかったのか」
ミルリーフ
「あのね・・・」
ライ
「?」
ミルリーフ
「今日だけ、パパと一緒に寝てもいい?」
ライ
「なんだよ、せっかく一人で寝られるようになったってのに?」
ミルリーフ
「・・・・・・」
ライ
「しょうがねえなあ ほれ、今日だけだぞ?」
ライ
「おい、コラっ? そんなにしがみつくなって・・・

(コイツ・・・おびえてるのか?)」
ミルリーフ
「・・・っ」
ライ
「まあ、今日の敵は今までの相手とは違ってたからな
オマエがおびえるのも仕方が・・・」
ミルリーフ
「違うもんっ!」
ライ
「え?」
ミルリーフ
「こわかったのはアイツらじゃないよ
本当にこわかったのは こわかったのは・・・」
ライ
「な、泣くなってば!? ほれ、ちゃんとオレはここにいるだろう?」
ミルリーフ
「ぐす・・・っ」
ライ
「心配すんじゃねえよ どんなにこわいヤツがやってきたってな
絶対にだいじょうぶだ オレが・・・
パパが、お前にはついてるんだからな?」
ミルリーフ
「う、うん・・・」
守ってやらなくちゃな こんなにこわがってるコイツのことを・・・

第10話 想い、途切れることはなく

ミルリーフ
「ポムおねえちゃんが前に、人質にとられちゃった時にね
ミルリーフ・・・ホントは、気づいていたの・・・」
ライ
「・・・え?」
ミルリーフ
「リシェルおねえちゃんが襲われた時、悪魔の気配がいきなりして
たどったら、そこにすごくこわい顔のポムおねえちゃんがいて
ホントに・・・こわかったの・・・」
ライ
「(あの時にも、そんなことが・・・)」
ミルリーフ
「でも、ミルリーフっ 今はもうこわくないよ ホントだよっ!?
びっくりしたけど ポムおねえちゃんに変わりはないもんっ
優しくしてくれたポムおねえちゃんっ なんだもん・・・っ」
ライ
「ミルリーフ・・・
わかってるさ
ポムニットさんを仲間はずれにするつもりなんてねえよ」
ミルリーフ
「ホント?」
ライ
「ああ、ホントだ だから心配するな」
ミルリーフ
「・・・うんっ!」
でも、ポムニットさん本人がどう思ってるか それが問題だよな

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

ミルリーフ
「いっちゃったね センセイ・・・」
ライ
「ああ、そうだな
結局、オレには止められなかった
チビたちとの約束も破っちまったしな ははは・・・っ」
ミルリーフ
「パパ・・・」
ライ
「止められるワケがなかったんだよな 最初っから・・・
あんなにも重たい理由を見せられたら
復讐をやめろなんて言えねえよ・・・
恨みを忘れろだなんて無責任なこと、簡単に言えねえよ・・・」
ミルリーフ
「・・・でも、でもね
パパはまだ、これでおしまいって、思っていないんでしょ?」
ライ
「!」
ミルリーフ
「だったら、パパはまだ約束を破ったりなんかしてないよっ!!
どれだけかかってもあきらめたりせずにがんばるんだったら
それはまだ約束の途中なだけで、破ったことにはならないもん!」
ライ
「ミルリーフ・・・」
ミルリーフ
「負けないで、パパ! あきらめたりしたら絶対にダメだよ!?
ミルリーフもお手伝いするから! だから・・・っ」
ライ
「・・・ったく
わかったよ だから、もう泣くなミルリーフ?」
ミルリーフ
「う、うん・・・っ」
ライ
「落ちこむ前に、まだやれることは残ってるはずだしな・・・
あきらめちまうのは それを全部、試してみてからだっ!!」
ミルリーフ
「うんっ♪」
必死になって、元気づけてくれようとしたお前のためにも、な?

第14話 来訪者たち、彼方より

ライ
「金縛りにされた時はマジでもうダメかと思ったけどさ
なんとかオマエとの約束を守れて、ホントよかったぜ」
ミルリーフ
「だけど・・・あいつは言ってたよ
決着はもう、ついてしまっているって」
ライ
「ミルリーフ・・・」
ミルリーフ
「ギアンの目はパパとは、まるで正反対だったよ
底なしの穴みたいに真っ暗で、なんにも気持ちが見えないの
見ていて、そのまま吸いこまれそうでこわかった・・・」
ライ
「・・・だいじょうぶだ
ヤツがなんであろうとオレは、約束を守る オマエを守ってやる」
ミルリーフ
「パパ・・・っ
連れていかせないでね ミルリーフのこと絶対に離さないでね
約束、だよ・・・っ」
ライ
「わかってるさ 絶対、どこにも連れて行かせない
オマエはオレが・・・パパが、絶対に守ってやるからな・・・」
ミルリーフ
「うん・・・っ」
信じてるからね・・・パパ・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

ミルリーフ
「おかえりっ、パパ♪」
ライ
「ミルリーフ・・・もしかして、オレが起こしちまったか?」
ミルリーフ
「そうじゃないよ たくさん寝たから目が覚めちゃった
退屈だったから窓の外を見てたの そしたら・・・」
ライ
「オレが出かけるのを見つけたってワケか」
ミルリーフ
「えへへっ♪
ねえねえ、パパ ミルリーフとお話しようよ?
・・・ダメ?」
ライ
「いいぜ、つきあうさ
無理にベッドに入って眠れずにいるよりも気がまぎれるしな」
ミルリーフ
「やったぁ♪」
ライ
「ほれ、飲めよ」
ミルリーフ
「いいにおい・・・ これ、チョコだよね?」
ライ
「ああ、オレ特製のホットチョコだぜ
なんだかんだいって まだ、オマエは疲れているはずだからな
甘いもので栄養補給しておかなきゃな」
ミルリーフ
「とってもおいしいよ♪ あ、でも・・・」
ライ
「ん?」
ミルリーフ
「うう、太っちゃったらどうしよう・・・」
ライ
「ぷ・・・っ、くくっ ぷくくく・・・っ!」
ミルリーフ
「あーっ、ひどいよぉ! 笑うなんて!?」
ライ
「いや、だってさ 甘いものが大好きだったオマエが
いきなりそういうこと言い出したからさ」
ミルリーフ
「ミルリーフはもう、立派な大人になったんだもん!
お嫁にだって いつでも、いけるんですからね?」
ライ
「わかった、わかった 悪かったって・・・」
ミルリーフ
「ぷぅーっ!」
ライ
「まあ、せっかく作ったんだからさ 飲んでくれって」
ミルリーフ
「パパがそう言うなら飲むけど・・・
・・・おいしーっ♪」
ライ
「ったく・・・
しかし・・・思えば、いろいろとあったもんだよな
流れ星になって落ちてきたオマエを拾った時から、まだ
ふた月くらいしか経っていないのにな」
ミルリーフ
「そっか・・・まだ、それだけしか経ってないんだね
もう何年も、パパと暮らしているような気がしてるのにね」
ライ
「密度の濃い毎日だったからな」
ミルリーフ
「ねえ、おぼえてる? みんなで、湖までお出かけしたこと」
ライ
「ああ、おぼえてるぜ
アルバのための魚をとりに、ルトマ湖に行ったんだよなあ」
ミルリーフ
「戦ってる時以外でみんなで出かけたの 初めてだったから
うれしかったなあ」
ライ
「まあ、結局のところ戦っちまったけどな」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択した場合?
    ミルリーフ
    「うん・・・
    だけど、あの時約束したよね?
    戦いが終わったらもう一度、みんなでお出かけしようって」
    ライ
    「ああ、そういえば約束してたっけな」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択していない場合?
    ミルリーフ
    「戦いが終わったら また、みんなでお出かけしたいなって」
ミルリーフ
「ミルリーフ ずっと、楽しみにしてたけど・・・
守護竜になるんだもの 多分、もうお出かけはできないね・・・」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択した場合?
    ライ
    「あ・・・」
  • 第7話の夜会話でミルリーフを選択していない場合?
    ライ
    「・・・・・・」
ミルリーフ
「いいの、それでも
代わりに、楽しい思い出をたくさんもらったもの」
ライ
「ミルリーフ・・・」
ミルリーフ
「ありがとう・・・ライ
パパたちと一緒に暮らしたこと、絶対忘れないからね
甘えんぼだったミルリーフが至竜になれたのも
パパたちが、いつも優しく見守っていてくれたからだよ
パパのおかげでミルリーフは大人になれたの」
ライ
「いいや・・・それはお互いさまだ」
ミルリーフ
「え?」
ライ
「オマエと出会えたからオレも強くなれたのさ
気づかなかったことに気づいたり、知らないことを知ったりして
昔のオレよりは すこしはマシなオレになれたって思ってる
ありがとな・・・」
ミルリーフ
「ライ・・・」
ライ
「困って泣きそうになったら、いつでもオレを呼べばいい
どこにいようと必ずすっ飛んでいって駆けつけてやるぜ」
ミルリーフ
「でも・・・っ」
ライ
「エンリョはいらねーよ オマエは、オレの娘なんだからな
いつだって、パパはミルリーフの味方をしてやるさ」
ミルリーフ
「うん・・・っ」
(ミルリーフ)
ありがとう・・・パパ
世界中で一番・・・大好きだよ・・・

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
ライ
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込みあがったぜ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ミルリーフ
「果物畑のパンケーキ 盛りつけできたよ」
ライ
「上出来、上出来 仕上げもできるか?」
ミルリーフ
「クリームとチョコを半分ずつに、ナッツを散らすんだったよね
まかせてっ♪」
ライ&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
ライ
「おう、ルシアンもおつかれさん
ミルリーフもな?」
ミルリーフ
「えへへっ♪」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「それはそうだよ! なんたって、今のライさんは
「ミュランスの星」が認めた、帝国最年少の有名料理人だもの
噂を聞いて、遠くから食べに来る人たちもいるくらいなんだよ」
リシェル
「有名料理人ねぇ・・・」
ライ
「そんなのは、他人が勝手に騒いでるだけさ
オレはただ、ずっとこの町でうまいメシを作り続けながら
もっと、みんなに喜んでもらいたいだけ それだけでいいんだ」
ミルリーフ
「それじゃ、ぐるめのオジサンとの約束はどうするの?
本格的に料理の修行にきなさいって、手紙で誘われてるでしょ?」
ライ
「ジイさんには悪いけど もうしばらく、待ってもらうつもりさ
あの騒ぎで壊れた町を元どおりにするために働いてる人たちに
うまいメシを食べて もっと、がんばってもらいたいからな」
ミルリーフ
「そっか・・・」
ライ
「まあ、とにかく今はひと休みにしようぜ
夜になったら、また大忙しなんだからな」
リシェル&ルシアン
「はーい・・・」
ミルリーフ
「風が気持ちいいね、パパ」
ライ
「ああ、こうやって草のニオイのする風に吹かれてるだけで
たまっていた疲れも吹っ飛ぶ気がするぜ
ホントなら、日がな一日こうしていたいくらいだけどな」
ミルリーフ
「だったら、お店をお休みにすればいいのに
パパ、ちょっとがんばりすぎだよ?」
ライ
「まあ、たしかにそうなんだけどな
オレの料理を楽しみに遠くからやって来るお客さんたちをさ
がっかりさせたくねーからな
だから、当分の間はなるだけ休みなしでがんばりたいんだよ」
ミルリーフ
「つまんない・・・お仕事ばっかり・・・」
ライ
「そう言うなって ちゃんとオレなりに考えちゃいるんだぜ」
ミルリーフ
「え?」
ライ
「客の入りがもう少し落ち着いてきたらさ
がんばったぶん 長めに休みをとるつもりなんだ」
ミルリーフ
「ホントに!?」
ライ
「たまには、こっちから「隠れ里」をたずねていってもみたいし
帝都にも足を伸ばして料理の本とか道具とか見て回りたいんだ
グルメじーさんにも新作料理、食わせてやらなくちゃな?」
ミルリーフ
「つれてって・・・くれるんだよね?」
ライ
「おう、当然さ!」
ミルリーフ
「やったぁーっ♪」
ライ
「そのためにもしっかり稼いでおかなくちゃな
手伝いのほう よろしく頼むぜ?」
ミルリーフ
「うんっ♪」
テイラー
「おい、本当に最後まで顔も見せずに行くつもりなのか?」
ケンタロウ
「ああ、親がなくとも子は育つ、ってな
アイツも、想像以上にいっちょまえに育ってやがったからなあ
オレ様がいなくたってなにも問題はねーさ」
テイラー
「だが、いくらなんでも薄情すぎやしないか?
次はいつ、戻ってこられるかも知れんというのに・・・」
ケンタロウ
「約束がよ、いまだに守れてねーんだよなあ
エリカの病気を治して 家族みんな、揃って一緒に暮らしていく
その方法を見つけるまでは、オレ様は帰れねえんだわ」
テイラー
「だが・・・」
ケンタロウ
「バカとかクソとかロクデナシってのは慣れちまったけどよ
ウソつき、って呼ばれるのだけはカンベンだからな」
テイラー
「そうか・・・」
ケンタロウ
「つーわけだからよ 悪いが、もうすこし世話を頼むわな」
テイラー
「ふん、言われずともわかっておるわ
あの人の居場所は二度と、誰にも荒らさせはせんよ
だから、とっとと約束を果たして戻ってこい!!」
ケンタロウ
「おうよッ!」
ライ
「ふわあぁぁ・・・っ
あんまり気持ちいいから、眠くなってきちまった・・・」
ミルリーフ
「お昼寝したら? ちゃんと、起こしてあげるから」
ライ
「ああ、悪いけど頼むわ・・・」
ミルリーフ
「・・・・・・」
でもね・・・時々、考えるの・・・
あの時、この場所でパパと出会わなかったら
わたしは、いったいどうなってたのかな、って
なにもできずに、捕まって泣いていたのかな?
それとも、涼しげな顔して守護竜になってたのかな?
でも、どっちになっても きっと、今みたいに
毎日、楽しい笑顔じゃいられなかったと思う
それだけは、わかるの
ただの偶然だって パパは、言うけどね
わたしは、そのおかげで笑っていられるんだよ?
すごく、幸せなんだよ?
ありがとう・・・わたしを、育ててくれて
ありがとう・・・わたしに、生命をくれて
大事に、大事に・・・生きていくからね・・・
(鐘の音)
ライ&ミルリーフ
「・・・っ!?」
ライ
「もしかして・・・寝過ごし、た???」
ミルリーフ
「う、うん・・・」
ライ
「のわわわわわわっ!?や、ヤバイ・・・っ!
全速力で戻るぞっ! ミルリーフっ!!」
ミルリーフ
「うん!」
世界で一番、パパが好き
だからお願い もうしばらくだけ、甘えんぼのわたしでいさせてね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました