【夜会話】シンゲン(ライVer.)

スポンサーリンク

第8話 流れ三味線、はぐれ弾き

ライ
「びっくりしたぜ、まさかあんたがあんなに強いなんて」
シンゲン
「いやはや、そんなに感心するようなことじゃございませんよ
隠し芸ともいえないくだらぬものでして」
ライ
「でも、そのおかげでポムニットさんは無事だったんだ
ありがとな、シンゲン」
シンゲン
「お役に立ったのならば 恐悦至極でございます」
ライ
「お礼をしたいんだけどやっぱ 路銀とかのほうがいいよな?
あんまり大きな額は渡せないけど・・・」
シンゲン
「結構でござんすよ」
ライ
「でも、そう言われてもオレの気持ちが・・・」
シンゲン
「ちゃんばらの芸で金を稼ぐことには、もうあきあきでしてね」
ライ
「それって、さっきの居合いとか、剣術のことだよな?」
シンゲン
「ええ、左様で
この世界に喚ばれた時から、ずっとそうしてきたもんですから」
ライ
「(ああ・・・ そうだった・・・
この人も、召喚獣として、喚ばれてきた存在なんだ・・・)」
シンゲン
「さっきのあれはおいしいゴハンへの心ばかりのお礼
そういうことにしておきましょう、ね?」
ライ
「うん・・・ そういうことなら
明日の朝メシはさらに腕によりをかけないとな!」
シンゲン
「え・・・ ということは、また白いゴハンを・・・」
ライ
「そりゃ、当然だろ?」
(ベベンッ!)
シンゲン
「ひゃっほーっ♪  ありがたいことこのうえなしです!」
なんつーか・・・ すごい人だよなあ いろいろと・・・

第10話 想い、途切れることはなく

シンゲン
「親の因果が子に報い・・・か
むごいことですね」
ライ
「・・・・・・」
シンゲン
「ですが、彼女のあの必死な姿に、自分は感服しましたよ
悪魔の力がすごいとか そういうことじゃあございません
あれだけの業を背負い それでもなお、明るさを忘れずにい続けた
彼女の心根の強さにですよ」
ライ
「!」
シンゲン
「人は、自身とは異なるものを、恐れから排斥したがるものです
異邦人である自分も大なり小なり、身につまされてますしね」
ライ
「あ・・・」
シンゲン
「半魔の血のせいでつらい目にあうこともあったでしょう
隠しとおせるのなら ずっと、隠したままでいたかったでしょう
それをあきらめてまで彼女は、大切な存在を守ろうとした
相当の覚悟がなければできやしませんよ」
ライ
「だよな・・・」
シンゲン
「そうまでして守ろうとしたものこそが・・・
彼女のあの明るさと強い心根を支えているものなんでしょうね
それをけっして忘れちゃいけませんよ でなければ・・・
彼女は支えを失って今のままではいられなくなってしまう」
ライ
「!?」
シンゲン
「支えておやりなさい
つきあいの長い貴方たちにしかそれはできぬこと
そうでござんしょ?」
ライ
「ああ、わかったぜ! 忠告ありがとうな、シンゲン・・・」
世話になってきたぶん 今こそ、力になってやらなくちゃな!!

第11話 うつろなるもの、来たりしもの

シンゲン
「どこの世界でもやっぱり、人間は同じなんですねえ
恨みや、しがらみをひきずってしまう」
ライ
「え?」
シンゲン
「自分はね・・・大きな剣術の流派の跡取りだったんですよ
幼い頃から仕込まれて それにふさわしい腕前になったんです」
ライ
「それって・・・オレと同じ?」
シンゲン
「いやいや、違いますよ
御主人はそれでも父上の教えをちゃんと血肉にしておられる
自分は・・・ははっ 恨むことしかできませんでしたから」
ライ
「・・・・・・」
(ベベンッ!)
シンゲン
「ちゃんばら芸よりもこっちのほうが好きでしたしね
稽古をさぼっては習いに通ってましたよ
じつに、青くさい反発だったと思いますよ 今となってはね」
ライ
「・・・・・・」
シンゲン
「姉が・・・おりましてね
この姉の想い人が道場の師範代でして 流派のことも
姉のことも、真剣に愛してくれている立派な御方でして
ただ、自分がいては道場を継ぐことだけは不可能だったわけで」
ライ
「じゃあ、シンゲンがこっちの世界に残った理由って!?」
シンゲン
「ま、そういうことです
召喚された偶然を利用させてもらったワケですな」
ライ
「だからって・・・」
シンゲン
「悔いちゃいませんよ
姉夫婦のためにも自分自身のためにもこれが一番でしたし
こうして、好きな芸で暮らしていられるわけでござんすから♪」
ライ
「そのわりに、戦わせてばっかりで悪いけどな?」
シンゲン
「ああ、イヤミのつもりじゃございませんよ?
御主人たちのために剣を振るうことは苦ではありません
争いが生む、恨みやしがらみの重さをご存じですからね
だから、安心してお役に立てるんです」
ライ
「シンゲン・・・」
シンゲン
「それを忘れた結果があの先生のような犠牲者を生むんです
力や勝利ばかりを求めて、人の道まで踏み外してしまう」
ライ
「イヤだよな・・・ そういうのは・・・」
シンゲン
「ですね・・・」
シンゲンも、やっぱり色んなものを背負っているんだな・・・

第13話 思い願うこと、貫くこと

シンゲン
「ねんねねんねと寝る子はかわいや
起きて泣く子はつら憎い・・・」
ライ
「なんなんだ その歌は?」
シンゲン
「子守歌ですよ 鬼妖界のね
どうにも寝つけないので、一曲ぶってみようかと」
ライ
「寝ようとしてる本人が歌っても意味ないだろ?」
シンゲン
「いやまあ、そうですがね」
ライ
「ったく・・・」
(三味線の音)
シンゲン
「死んで花実が咲くものか 花実が咲くというならば
あの子の笑顔はなぜ、咲かぬ」
ライ
「この歌って・・・」
シンゲン
「ええ、そうです 子守歌ということになっていますけど
本当のところは、憂き世の無常を唄ったものなんですよね
死に行く者への哀惜と残された物たちの嘆き
そして、死に急ぐ者をいましめるためのね」
ライ
「シンゲン・・・」
シンゲン
「眠れない理由はね 腹が立って、仕方がないからなんですよ
どいつも、こいつも 得手勝手な理由へと酔いしれた挙句
ほいほい、命を捨てるようなことばかりしてやがる
バカバカしいったらありゃしませんよ」
ライ
「だけど、鬼妖界のサムライってのは
たしか、そういう生き方をするものじゃないのか?」
シンゲン
「だから、自分はとんずらをきめてきたんですってば
自分の命は、自分のために使うもんです
見えないなにかに捧げるもんじゃありませんよ」
ライ
「なるほどな・・・」
シンゲン
「しかし、それが当人にとって満足だってことでしたら
出しゃばって止めるほど、野暮天じゃありませんがね」
ライ
「ははは・・・」
シンゲン
「ま、なんだかんだ言って、自分は身勝手なんですよ
好きなように生きて 好きなように死ぬ
これだけできれば万々歳って思っているんですから」
ライ
「でも、それって実際には難しいことなんだよな」
シンゲン
「ええ、それがまさに憂き世のつらさというヤツでして・・・」
(三味線の音)
死んで花実が咲くものか、か・・・

第14話 来訪者たち、彼方より

シンゲン
「おやおや、御主人 ずいぶんとご立腹のようですねえ」
ライ
「そりゃそーだよ
ギアンの野郎 味方をだましたりおどしたりして
あんな卑怯なことして恥ずかしくねーのかよ」
シンゲン
「いいんじゃないですか それが、本人にとって必要なことだったら」
ライ
「なんだよ、シンゲン! オマエ、ギアンの味方するつもりかよ!?」
シンゲン
「まあまあ、落ち着いて そんなつもりなんか全然ないですってば
ただ、彼が必要もなくああいった真似をするような愚か者だとは
自分には、どうしても思えないんですよねえ」
ライ
「まあ、たしかに・・・ そんな気はするけどさ」
シンゲン
「あるいは、彼は卑怯と呼ばれる覚悟をしてるのかもしれませんね」
ライ
「どういうことだよ?」
シンゲン
「さっきも言ったとおり 必要に迫られてるからじゃないですかね?
そうまでして、彼にはやりたいことがあるのかもしれません」
ライ
「・・・・・・」
シンゲン
「それにまあ、自分も似たようなことをしてきましたからねえ」
ライ
「似たようなこと???」
シンゲン
「自分を召喚した相手をおどしちゃったことがあるんですよねえ
そっちの呪文と、こちらの居合い
どちらが先に届くのか試しますか、ってね♪」
ライ
「な!?」
シンゲン
「その結果、平和的に自由の身になれたというわけでして」
ライ
「あ、あははは・・・」
シンゲン
「追いつめられたら 誰だって、必死になるもんですよ
見栄や体裁なんかクソの役にも立ちはしないですからね」
ライ
「シンゲン・・・」
シンゲン
「まあ、そうやって割り切ってしまうのも逃げでしょうしねえ」
(ベベンッ!)
シンゲン
「考え方は人それぞれ だからこそ、厄介で面白いんですよ」
そう言われたら、なんか怒ってたのが、バカバカしくなってきたよ・・・

第16話 相談イベント

第16話 相談イベントに掲載

第18話 はばたき、空へと突き抜けて

(ベベンッ)
シンゲン
「・・・・・・」
ライ
「・・・よっ、と!」
シンゲン
「おや、こんな夜中にこんな所まで、どうもご苦労さまですな」
ライ
「それは、こっちのセリフだって
眠らなくていいのかよ シンゲン?」
シンゲン
「わかっちゃいるけど眠れない・・・
だから、貴方もここにいるんでしょう?」
ライ
「まあ、な 三味線の音色も聞こえてきたし」
シンゲン
「やかましいですかね?」
ライ
「いや、なんつーか そういう弾き方ならいいんじゃないか?
月夜には、なんだか似合ってる気がするし」
シンゲン
「おお、うれしいこと言ってくれますねえ
では、もうしばらく弾かせてもらいますか」
ライ
「ああ、頼むよ」
-三味線の音-
ライ
「思えば、オレたちが知り合ったきっかけもこれだったんだよな
大通りで、アンタが三味線の弾き語りをしていてさ・・・」
シンゲン
「ええ、そうでした
路銀を稼ぐため、一曲ぶたせてもらってたんでしたねえ・・・」
ライ
「歌い出した途端、客が逃げたんだよなあ」
シンゲン
「イヤなこと、しっかりおぼえてますねえ」
ライ
「でも、演奏のほうはホントにすごかったぜ 聞き惚れちゃったし
リュームなんかえらく気に入ってたみたいだしな」
シンゲン
「ええ、おかげさまでひさびさの白いゴハンにありつけました」
ライ
「だけど、そのせいでオレたちの面倒にまきこんじまった」
シンゲン
「あれは、自分が勝手に首をつっこんだだけのことですって」
ライ
「でも、剣で戦うのはやっぱ、不本意ではあったんだろ?」
シンゲン
「それは・・・」
ライ
「ずっと近くで見てりゃ それぐらいのことはちゃんとわかるさ
アンタは、剣の腕を一度も自慢してない ううん、むしろ
くだらないものだってバカにしてるもんな」
シンゲン
「まあ、実際くだらないものですからねえ
流派だ、極意だ作法だとかいっても とどのつまりは
人を殺める方法でしかないわけですし」
(ベベンッ)
シンゲン
「人を楽しませる芸事のほうが、よほど役立つってもんですよ♪」
ライ
「・・・・・・」
シンゲン
「でもまあ、これもまた縁だったんですかねえ」
ライ
「えにし?」
シンゲン
「巡りあわせですよ 不思議な、ね
もしも、あの時 御主人たちと出会ってなかったとしたら
おそらく、自分はもっと不本意な形で
だいっきらいなちゃんばら芸の封印を解いていたはずです
生きる糧を得るために」
ライ
「!」
シンゲン
「ですが、御主人と出会えたおかげで 無意味な殺人芸も
ちっとはマシな形で役に立ちましたよ
気の合う仲間たちを守ってあげられるんですからね?」
ライ
「シンゲン・・・」
シンゲン
「それに、白いゴハンも食べ放題ですし♪」
ライ
「あ、あのなあ・・・っ」
シンゲン
「でも、居候な身分も明日になれば、もうおしまいです
争う理由が消えれば もう、用心棒も必要ないでしょう?」
ライ
「まあ、な・・・
そうすると、やっぱ最初の目的どおりに旅を続けるのか?」
シンゲン
「他にはあてもないですしねえ・・・
もっとも、路銀はすっからかんのままなもんですから
できれば、もうすこし置いてもらえると 感謝感激だったり・・・」
ライ
「ったく・・・しょーがねえなあ
いいぜ、特別にもうすこしだけ泊めてやるよ」
シンゲン
「おおっ、ありがたや♪」
ライ
「そのかわり、明日は徹底的にがんばってもらうぜ?」
シンゲン
「言われずとも、無論そのつもりですよ
一世一代の大舞台 ばっちり、キメて魅せましょう!」

エンディング

ルシアン
「ありがとうございます また、お越しください」
ライ
「ギネマ鳥のオムレツにソレルクの甘辛煮込みあがったぜ!」
リシェル
「はいはい、了解! お次は海賊風焼き飯ふたつ、よろしく!」
ライ&リシェル
「つ・・・っ つかれたあぁ・・・っ」
ルシアン
「二人とも、ほんとにおつかれさま」
ライ
「おう、ルシアンもおつかれさん」
リシェル
「にしても、最近のお昼時って、戦場そのものよねえ
ちょっと前まではお客が列を作るなんてありえなかったもん」
ルシアン
「それはそうだよ! なんたって、今のライさんは
「ミュランスの星」が認めた、帝国最年少の有名料理人だもの
噂を聞いて、遠くから食べに来る人たちもいるくらいなんだよ」
リシェル
「有名料理人ねぇ・・・」
ライ
「そんなのは、他人が勝手に騒いでるだけさ
オレしはただ、ずっとこの町でうまいメシを作り続けながら
もっと、みんなに喜んでもらいたいだけ それだけでいいんだ
まあ、とにかく今はひと休みにしようぜ
夜になったら、また大忙しなんだからな」
ルシアン&リシェル
「はーい・・・」
シンゲン
「いやはや、繁盛しているようでなによりですね」
ライ
「他人事だと思ってのんきだよなあ
つーあ、どうせなら忙しい時にやって来て手伝ってくれって」
シンゲン
「いやいや、これでも自分は吟遊詩人の端くれですから
身につけた芸のみで稼ぐのが、本道ってもんでしょう」
ライ
「ふーん・・・
そういうからにはばっちり、稼いできたんだろーな?
たまってるツケを払えるくらいにさ」
シンゲン
「いやー、それがなかなか世間の風は厳しくって・・・」
(ぐぅーっ)
シンゲン
「あ・・・」
ライ
「いいよ、いいよ 最初から過大な期待はしてねーよ」
シンゲン
「とほほほ・・・ひどい言われようだ」
ライ
「なあ、シンゲン 思うんだけどさ
歌で稼ぐんだったらこの町の盛り場よりも
タラントの劇場とかに出演したほうが早いんじゃねーのか?」
シンゲン
「うーん・・・そうしたいのは山々なんですけどねえ
ほら、自分は鬼妖界の人間なもんですからね
身元が確かじゃなきゃ信用してもらえないと思うんですよ」
ライ
「あ・・・」
シンゲン
「すくなくとも、聖王都では門前払いでしたし」
ライ
「なんか、腹たつよな そういうのって」
シンゲン
「仕方がありませんよ
雇う側からすれば得体の知れない相手は避けたいでしょうし」
ライ
「そうかもしれないけど でもなあ・・・」
シンゲン
「ま、それに自分の芸は大舞台向きのもんじゃございませんし
じっくりと聞かせて心にしみわたらせるのが、流儀ですから」
ライ
「うん、シンゲンのはそういう芸だもんな
歌わなかったらの話だけど・・・」
シンゲン
「ふはっ! こりゃまた、非常に手厳しいっ!!」
シンゲン
「ふうっ、ごちそうさまでした・・
やはり、御主人の作ってくださるご飯は最高ですな」
ライ
「よく言うぜ さんざん注文つけてくれたクセにさ
ミソを使ったスープやら、しょうゆ味の煮物や、和え物やら
おかげで鬼妖界の料理には、すっかり詳しくなっちまった」
シンゲン
「はははは・・・」
ライ
「まあ、苦労したぶん新しいレシピとかもできたんだけどな」
シンゲン
「ほう、たとえば?」
ライ
「潰したウメボシとチーズを巻いた魚の揚げ物は
リシェルとかミントねーちゃんに好評だったな」
シンゲン
「うまそうですな それは・・・」
ライ
「わかった、わかった 次に作った時には食わせてやるって」
シンゲン
「でもまあ、しかしなんですな・・・
いくら、おかずがうまかろうとも 自分としては
白いお米のゴハンがなにより肝心でして」
ライ
「こだわってるよなあ」
シンゲン
「その点、御主人の炊いてくださる白いゴハンは
初めて食べた時からじつにうまかった
簡単そうに見えて美味しく米を炊くのは難しいもんです
いったい、どこでコツを習ったんで?」
ライ
「うーん・・・オレは、なんとなくバカ親父のやり方を
覚えてる限りでマネしてるだけなんだけどなあ」
シンゲン
「ケンタロウ・・・たしか、そういうお名前でしたっけ?」
ライ
「ああ、名前からしてちょっと普通じゃないだろ」
シンゲン
「いや、鬼妖界ならそれほど奇妙でもありませんがね」
ライ
「そうなのか!?
てことは、まさか親父はシルターンの出身だとか・・・」
シンゲン
「にしては、いささか腑に落ちない点があるんですよねえ
鬼妖界じゃ存在しないおかしな言葉なども使われるようですし」
ライ
「ロレイラルの科学とかサプレスやメイトルパについての知識も
中途半端なクセしてそれなりにもってるみたいだからなあ」
シンゲン
「得体の知れない御仁ですなあ・・・」
メリアージュ
「一時は、どうなるかとハラハラしてたけれど
この様子だったら もう、心配しなくていいみたいね?」
ケンタロウ
「まあな・・・」
エリカ
「エリカも早く元気になって お兄ちゃんたちと暮らしたいな
すごく楽しそうだもん」
ケンタロウ
「ああ、そうだな そのためにも、もっとがんばらねーとな」
メリアージュ
「だからって、無茶はほどほどにしてね」
ケンタロウ
「心配すんなって! オレ様は、無敵のケンタロウ様だぜ?」
メリアージュ
「そういうことを言うから、かえって心配なんですっ!?」
エリカ
「だいじょうぶだよ だって、これから先 困っちゃった時は
夢で、お兄ちゃんに助けにきて、ってお願いできるもの」
ケンタロウ
「な・・・っ!?」
メリアージュ
「ああ、そうね それなら安心ね」
ケンタロウ
「ったく・・・ それじゃ、オレ様の立場がねーだろ!?」
メリアージュ
「うふふふふっ♪」
エリカ
「あははははっ♪」
ライ
「やめた・・・深く考えたってしょーもないし
そもそも、親父はずっと冒険者なんてやってんだから
旅先で、くだんないことばっか覚えたのかも知れねーしな」
シンゲン
「なるほど、たしかにそうかもしれませんな
いずれにせよ・・・
おかげで、こうして美味しいゴハンを食べられるのだから
感謝、感謝です♪」
ライ
「ったく・・・」
シンゲン
「さて、腹もふくれたことですし
もうひと稼ぎしてきましょうかね」
ライ
「ああ、そうだ 明日の予定は空けとけよ?」
シンゲン
「わかってますよ 久方ぶりにみんな揃って
「隠れ里」まで遊びにいく約束でしたものね」
ライ
「リュームのヤツ シンゲンの演奏が聞きたいって
えらく楽しみにしてるみたいだぜ」
シンゲン
「ありがたいことです
では、今日は早めに切りあげて明日に備えるとしますか
では、いってきます」
ライ
「おう、気をつけてな!」
ご主人のお陰で、ようやく自分はチャンバラ芸を捨てて生きていけそうです
居候は心苦しいですが、芸を磨いてきっとご恩は返します
ですから・・・もうしばらくの間だけ、白いゴハンをば・・・ひとつよろしくということで♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました