番外編・忘れられた島

スポンサーリンク
藍空れぃん。様
ミニス
「じゃーん、一番乗り♪」
ロッカ
「ダメだよ、ミニス
もっと慎重にしないと」
ミニス
「もぉ…それぐらい、ちゃんとわかってます!」
ケイナ
「でも、見たところ危なそうな感じの場所ではないみたいね」
モーリン
「ああ、浜辺も綺麗だし
なんか、昔のファナンを思い出しちまうよ」
トリス
「こういうところでのんびりお昼寝したら最高に…」
ネスティ
「……」
トリス
「まあ、それは後のお楽しみってことにしておこうかしら?
あははは…」
リューグ
「それで、調査をする遺跡ってのは、どこにあるんだ?」
フォルテ
「メイメイのねーちゃんの話だと、島の中央にあるんだそうな
もっとも、なんとなくそんな気がするって言ってるだけだがよ」
バルレル
「ケッ、酔っぱらいはこれだから困るぜ
ったくよぉ…」
トリス
「(あなたが言いますか
バルレル…)」
ネスティ
「正確な位置は、自力で見つけ出したほうがよさそうだな…
君の能力で探せるか
アメル?」
アメル
「わかりました
ちょっと、待っててくださいね」
-アメルの身体が光る-
アメル
「……」
トリス
「でも、どうしてメイメイさんたちは別行動をとるなんて言いだしたのかな?」
リューグ
「別に、あいつらがこそこそしてるのは今に始まったことじゃねえだろうが」
ロッカ
「色々と事情があるのはわかりますけど、正直あまり、いい気分ではありませんね」
モーリン
「なんていうかさ…みずくさいんだよね」
トリス
「うん…」
-アメルの身体の光が消える-
アメル
「ふぅ…っ
お待たせしました
たしかに、島の中央に強い力を感じます
ただ…」
ケイナ
「ただ?」
アメル
「その周りにも…それから、少し離れた所にも、力が集まっているみたいなんです」
フォルテ
「おいおい、ひとつじゃねえのかよ!?」
アメル
「ええ、そうです
いくつもの力の源が感じられるんです
ひとつは、間違いなくサプレスに由来する力だと思うんですけど」
バルレル
「サプレスだけじゃねえ
機界に鬼妖界、幻獣界
力の源のうちの4つは異世界の属性ごとにきっちり区別されていやがるぜ」
トリス
「へえ、わかるんだ?」
バルレル
「ケッ、これくらいわかって当然だぜ
そこのオンナが鈍いだけじゃねえのかァ?」
アメル
「あう…」
ケルマ
「無色の派閥が関係してるってことから考えますと…
召喚術の属性ごとに魔力を区分けしているのかもしれませんわね」
ミニス
「なるほど…」
ロッカ
「手分けして、調査しましょうか?」
ネスティ
「いや、手間はかかるがひとつずつ当たっていくのが利口というものだろう」
≪森≫
トリス
「にしても…まさか、森の中にきちんとした道があるなんて思わなかったな」
ミニス
「無色の派閥が作ったのかしら?」
ネスティ
「おそらくな…
だが、どうもそれだけではないらしい」
ミニス
「え?」
リューグ
「長いこと、ほっぽってあった割には、さほど道が荒れてねえだろ?」
トリス
「あ!?」
ロッカ
「誰かが、今もこの道を使っているのは、まず間違いなさそうですね
あるいは…それはもしかして…」
モーリン
「無色の…」
???
「そこまでですよっ!!」
トリス
「…!?」
-マルルゥが飛ぶ音-
マルルゥ
「いつも、いつもこりもしないで島のみんなをさらいにくるなんて…
密猟者さんたちにはマルルゥが、おしおきしちゃうのです!!」
ケイナ
「は、はあ…」
フォルテ
「なんだぁ?
このちみっちゃいのは」
マルルゥ
「ちみっちゃくなんかありませんのです!?
マルルゥなのです!!」
ケルマ
「メイトルパの妖精ね
この子…」
ミニス
「妖精ってことは…つまり、はぐれ???」
マルルゥ
「マルルゥ、はぐれじゃないですよ~っ!
島の見回り当番の名にかけて…」
リューグ
「なんだかしらねえが無害なら、ほっといて構わねえだろうが
とっとと、先へ…」
マルルゥ
「ダメだったら、ダメなのです~っ!!!」
バルレル
「だァーっ!?
クソやかましいぞッ!
この妖精がッ!?」
-召喚術を使おうとする-
マルルゥ
「マルルゥは…マルルゥは…怒ったですよぉっ!!」
アメル
「!?」
召喚獣
「グルルルル…ッ」
マルルゥ
「話を聞いてくれない困ったさんたちにはおしおきです…」
トリス
「ちょ、ちょっと!?
落ち着いてさ、あたしたちの話を…」
マルルゥ
「やっちゃうです!!」
召喚獣
「ガアアァァァッ!!」
<バトル VSマルルゥ&島の住人>
≪森≫
マルルゥ
「ふ、ふええ…っ
みんなぁ、しっかりしてくださいぃ!?」
召喚獣
「クウゥゥ……ン」
モーリン
「手間どっちまったけど悪魔の連中に比べたらなんてことないね」
リューグ
「ったく…肩慣らしにもなりゃあしねえぜ…」
ケイナ
「そんなこと言わないの
おかげで、手加減してあげられたんだからね」
ミニス
「それでも、ちょっとかわいそうかも…」
トリス
「マルルゥ、だっけ?
あたしたち、あなたの仲間を捕まえにきたわけじゃないのよ」
マルルゥ
「むむ…」
ネスティ
「そのとおりだ
僕たちは、この島にあるという遺跡を調査しに…」
マルルゥ
「遺跡って、まさかアレをどうにかしちゃうですか!?」
ネスティ
「知っているのか?」
マルルゥ
「し、知らないっ!?
マルルゥ、遺跡の場所なんて、ち~っとも知らないですう!?」
ケルマ
「知っているようですわね、この様子だと…」
ロッカ
「案内してくれないか?
僕たちは、君たちと争うつもりはないんだ」
マルルゥ
「ダメなのですう!
あの場所には、絶対に近づいちゃったらダメ…ひゃわっ!?」
フォルテ
「あんまし、言うことを聞かねえと…食っちまうぞぉ?」
マルルゥ
「うわあぁぁぁぁん!
食べられちゃうのはイヤですよおぉっ!」
アメル
「フォルテさんっ!?
その子を、これ以上おどかしたりしないでください!!」
フォルテ
「いや、冗談だって
ちょっとした、お茶目ってヤツでな…」
バルレル
「なんでェ、せっかく久しぶりに妖精の魂が食えるって思ったのに」
トリス
「バルレルっ!?」
バルレル
「へいへい…」
???
「冗談ですめば…」
クノン
「護人はいりません!!」
ヴァルゼルド
「弾幕展開!」
-弾を撃つ音-
トリス
「わわ…っ!?」
ネスティ
「機械兵士だと!?」
ミスミ
「召鬼・巻嵐!!」
-召鬼・巻嵐-
フォルテ
「のわあぁぁぁっ!?」
ケイナ
「フォルテっ!?」
ミスミ
「今じゃ、フレイズ!」
フレイズ
「心得ていますとも!」
-フレイズが飛ぶ音-
マルルゥ
「きゃん!?」
フレイズ
「確かに、人質は返していただきましたよ」
マルルゥ
「パタパタさぁん…みんなぁ…」
クノン
「ケガはありませんか
マルルゥ?」
ミスミ
「わらわたちが来たからには、もう心配ないぞ」
ミニス
「看護師さんに、天使
鬼の…お姫さま?」
ケルマ
「いったい、どうなっているんですの???」
ミスミ
「どこから遺跡のことをかぎつけてきたのかは知らぬが…
あれに触れることはまかりならん!!」
ネスティ
「ほう…ならば、力ずくで追い出すとでも?」
アメル
「ネスティ!?」
リューグ
「先に仕掛けてきたのは向こうだぜ、アメル?」
モーリン
「そうとも!
不意うちかますような相手にゃ遠慮はいらないよ!」
クノン
「人質をとるなどという卑劣な貴方たちから悪く言われる筋合いはないかと…」
ケルマ
「まっ!?」
ミニス
「だからぁ!?
誤解なんだってば!?」
ケイナ
「あんたのせいよ」
フォルテ
「い、いやあ…っ
わっ、ははは…っ」
トリス
「とにかく、私たちはあなたたちと争うつもりなんてないのよ!
戦っちゃったのは成り行きというか身を守るためというか
ええと…」
フレイズ
「信じられませんね
いくら素性を隠そうとしても、貴方たちがただの来訪者ではないことは明白です
そこの召喚師…貴方が放つその魔力は人間とは呼べないほど強大な代物です」
ネスティ
「…っ!?」
フレイズ
「そんな危険な存在を野放しにしておくわけには、いきません!」
-剣を抜く音-
ロッカ
「何も知らないくせに…」
-槍を構える音-
トリス
「やめてよ、みんな!
いがみあいに任せて争うなんて、そんなの絶対にダメだよ!!
そんなことしたらもう、勘違いじゃあすませられなくなってしまうじゃない!」
???
「そのとおりだ…
僕も、貴方の意見に賛成するよ」
???
「ミャア、ミャア!」
トリス
「あなたは…」
マルルゥ
「小先生さん…」
メイメイ
「そうそう、みんな仲良くしなくちゃあダメじゃないのよぉ」
アメル
「メイメイさん…」
メイメイ
「店の様子を見に行って偶然、この子と出会わなかったら、いったいどうなっていたやら」
フォルテ
「おいおい、まさか顔見知りなのかよ!?」
リューグ
「ハッ!
だったら最初っから、てめえらだけで、別行動なんてするんじゃねえよ」
ロッカ
「そうですよ…まったく…」
メイメイ
「にゃはははははっ♪」
ウィル
「驚かせてすまなかった
このところ、僕たちは神経質になりすぎていたから…」
トリス
「えっと、その…こっちこそ、騒がせてごめんなさい」
ウィル
「ウィル・マルティーニ
一応、この島で暮らすみんなの、まとめ役をさせてもらってる
この子はテコだよ
僕の大切な友達なんだ」
テコ
「ミャーミャミャー♪」
トリス
「あの、あたしは…」
ウィル
「トリスさん、だよね?
メイメイさんから教えてもらったよ
詳しい事情は、場所を変えて、話をしよう
みんなが集まるための泉があるから…
さあ、行こう」
トリス
「…というわけで私たちは、この島の遺跡を調査するためにやってきたのよ」
ウィル
「事情はわかりました」
ネスティ
「奸計と虚言の悪魔王メルギトス…
奴は、禁忌の森に封印されていた機械遺跡と召喚兵器の技術を利用することによって
再び、リィンバウムを我がものにしようと企んだんだ」
アメル
「ぎりぎりのところでその恐ろしい企みは阻止されましたけど
この事件がきっかけで召喚師のみなさんは遺跡の危険性を再認識したんです」
ミスミ
「それで、改めて調査をして回ることにしたというわけか…」
クノン
「理屈は通っています」
フレイズ
「それにしても、よく人間たちだけの力で撃退できたものですね
メルギトスと言えば悪魔たちの王の中でももっとも、ずる賢いといわれる相手ですよ」
フォルテ
「まあな…
けどよ、こっちだって頼もしい味方がついていてくれたからな」
ウィル
「味方?」
フォルテ
「かつて、メルギトスを打ち破った召喚師に豊穣の天使アルミネ
最後の融機人
その末えいが、ここに揃ってる三人組ってわけなんだな、これが」
クノン&フレイズ
「!?」
ケイナ
「ちょっと、あんた!?」
フォルテ
「下手に隠しておくよりはっきり言っておいたほうが、いいだろうが
痛い腹を探りあってぎくしゃくするよりはよっぽど建設的だぜ」
アメル
「いいんですよ
ケイナさん」
ケイナ
「でも…」
ネスティ
「僕たちは、あの時三人で決めたんです
過去の因果に囚われるのではなく、この先の未来に希望をつないでがんばっていこうと」
トリス
「先祖がなんであろうと私は私に変わりないわ
ネスも、アメルもみんな同じ…それでいいじゃない?」
ミスミ
「詳しい事情は、どうもわからぬが…そういう前向きな考え方は、立派だとわらわは思うぞ」
マルルゥ
「そうです、そうです
にこにこ笑顔が一番ですよう♪」
ミニス
「うん、そうだよね!」
モーリン
「でもさ、あんたたち
あの傀儡戦争のこと
本当に、ちっとも知らないのかい?
あれだけ、大騒ぎになったってのにさ」
ウィル
「僕たちは、ほとんどこの島の外に出たりしないんだよ
それに、僕は帝国出身だから、聖王国の話自体、耳にする機会も少ないから」
テコ
「ミャーミャ」
ロッカ
「なるほど…」
ウィル
「先生たちがいればなにか、知ってたかもしれないんだけどね」
トリス
「先生って?」
クノン
「この島の子供たちにいろいろなことを教えてくださっている方ですよ」
ウィル
「本当のところを言えばこの島をまとめているのは、先生なんだよ
僕は、留守中の代理を任されただけなんだ」
ケルマ
「それで、必要以上に緊張していたってわけですのね…」
リューグ
「はッ!
とばっちりだったってワケかよ」
マルルゥ
「ごめんなさいなのです」
メイメイ
「まあ、ここはひとつ
メイメイさんの顔に免じて、協力したげてちょうだいな?
この子たちが悪人じゃないってことは、お酒に誓って、本当だから
にゃははははっ♪」
ウィル
「やれやれ…
いいですよ
僕たちにできる限りのことなら、貴方たちに協力しましょう」
トリス
「ありがとう
ウィルさん」
ウィル
「呼び捨てでいいよ
そのほうが僕たちも気が楽だし
ただし、調査には僕も立ち会わせてもらいたいんだ
あの場所には、色々といわくがあるし留守を守る者としての責任もあるから」
ネスティ
「構わないさ
むしろ、助かるよ」
アメル
「どうか、よろしくお願いしますね」
ウィル
「いや、こちらこそよろしく…」
テコ
「ミャーミャミャ♪」
ミスミ
「さて、話もまとまったところで、仲直りの意味もかねて、ここはひとつ…」
クノン
「宴会ですね」
リューグ&ロッカ
「は???」
マルルゥ
「仲直りの後は、お鍋を囲むのが、この島のしきたりなのですよ♪」
バルレル
「ヒヒヒヒ…そいつは、ご機嫌なしきたりじゃねえか♪」
ミニス
「そ、そうなの?」
フレイズ
「まあ、旅の疲れもあるでしょうし、今日のところは、ゆっくりと休んでください」
ネスティ
「いや、しかし…」
クノン
「実は、こんなこともあろうかと、無線でオウキーニ師匠に連絡しておきました」
ウィル
「まったく…こういう仕切りはクノンの独断場だな」
フォルテ
「だとさ、ネスティ?」
ネスティ
「やれやれ…」
トリス
「それじゃ、ありがたくご馳走になりましょ♪」
ケルマ
「ところで…こういう時に不可欠なパッフェルは、どこへ行ったんですの?」
メイメイ
「さあ?
ほっとけば、そのうち帰ってくるでしょ?
にゃははははっ♪」
ケルマ
「ふーん…
ま、いいですけどね
別に…」
メイメイ
「(にゃはは…
ごめんね、こそこそしてばっかで…)」
≪鬼の御殿≫
-鳥の囀り-
トリス
「うーん、やっぱり船よりも陸のほうがぐっすり眠ったって気がするわね
(まあ、夕べの宴会でさんざん騒いだせいもあるだろうけど…
さて、他のみんなはどうしてるのかな?)」
自由行動

コメント

タイトルとURLをコピーしました