【夜会話】ベルフラウ(アティVer.)

スポンサーリンク
ふぇんりる様

第2話 陽気な漂流者

ベルフラウ
「はぁ・・・」
アティ
「どうかしたの?気分が悪いとか?」
ベルフラウ
「貴方の図太さに呆れてるんですの!
まったく、自分からすすんで海賊の仲間になるだなんて非常識すぎますわ!」
アティ
「やっぱり納得できない?ベルフラウちゃん」
ベルフラウ
「当たり前でしょう!?だって、もともと連中が船を襲ってこなければ・・・
私が、こんな不自由をするなんてことなかったんですもの!」
アティ
「うん・・・」
ベルフラウ
「でも、まあ・・・非常事態のことですし
判断を責めるつもりはありませんわ
スカ-レルでしたっけ 彼の話は、そこそこ楽しめましたし」
アティ
「そっか・・・」
ベルフラウ
「ふあぁ・・・っ」
アティ
「ほら そろそろ眠ったら?久しぶりのベットなんだから」
ベルフラウ
「でも・・・」
アティ
「心配しないで いざとなったら先生がついてるから」
ベルフラウ
「そ、そうね・・・貴方には使用人として その義務があるものね
信用してあげるからせいぜい尽くしなさい・・・いいわね?」
アティ
「うん、そうしてくれるとうれしいな」
安心して・・・なにかあっても、私は約束を守るからね・・・

第3話 はぐれ者たちの島

ベルフラウ
「まったく 貴方という人は・・・」
アティ
「あの・・・まだ、怒ってます?」
ベルフラウ
「当たり前でしょ!
余計なことに、首をつっこんで、その上 周りにまで迷惑かけて
使用人としての自覚が足りない証拠です!」
アティ
「はい・・・ごめんなさい・・・」
ベルフラウ
「まったく・・・生徒に注意される先生なんて、前代未聞だわ」
叱られちゃいました うう・・・

第4話 海から来た暴れん坊

アティ
「話したいことってなにかな?」
ベルフラウ
「誤解されたくないので明言しておきますわ
私の態度が悪かった理由は、ただ気分が優れなかっただけです」
アティ
「気にしてないよそんなこと
うん、誰だって機嫌が悪いときはあるもの」
ベルフラウ
「・・・っ
どうして・・・そう簡単にすまいしてしまうんですの・・・」
アティ
「ベルフラウちゃん?」
ベルフラウ
「いえ、別に・・・それでは、失礼させていただきます!」
アティ
「あ・・・」
ベルフラウちゃん・・・やっぱり、様子がおかしいです

第5話 自分の居場所

アティ
「先生って呼んでくれたの初めてだよね?
ありがとう うれしかったです」
ベルフラウ
「べ、別に・・・貴方を喜ばせるために言ったわけじゃ・・・」
アティ
「それでね、学校のことなんですけど・・・」
ベルフラウ
「始めたからには ちゃんと最後までやりなさいな?
ただし、私の授業は別にやってもらうこと それが条件ですわ
貴方は、私の先生なんですからね?」
アティ
「わかりました なんとか、がんばってそうしてみますね」
ベルフラウ
「うん、よろしい」
忙しくなりそうだけど でも、この子のためにがんばらなくちゃ!

第6話 招かざる来訪者

ベルフラウ
「お姉さまって 本当に素敵ですわねぇ」
アティ
「はい?」
ベルフラウ
「お姉さまって言ったら アルディラお姉さまのことに決まっているじゃないの」
アティ
「・・・・・・」
ベルフラウ
「あの凛々しさと強さ!知的で冷静な判断力!そのうえ、美人だし・・・
ああ、私もあんな大人になりたい」
アティ
「(そういうことね・・・)
ベルフラウにとって アルディラさんは、理想の女性ってことですか?」
ベルフラウ
「理想ではなくて目標ですわ!
そのためには、もっと勉強しないと・・・
そういうわけですから 今後とも、しっかりとご指導頼みますわよ?」
アティ
「あらあら・・・」
なんにせよ、やる気を出してくれたのはうれいいかも?

第7話 すれ違う想い

ベルフラウ
「任務や立場ってこともあったのかもしれないけど・・・
あの人が、貴方の話を素直に聞こうとしないのには、感情的な理由もあるんでしょうね」
アティ
「え?」
ベルフラウ
「もしかして、先生 わかってないの!?」
アティ
「え、えーっと・・・」
ベルフラウ
「呆れた・・・
彼女は、貴方を競争相手として、ずっと見てきたんでしょ?
しかも、最後の最後に主席の座を、貴方にとられてしまった
普通なら、根にもって当たり前ですわよ」
アティ
「あ・・・」
ベルフラウ
「まあ、仮にそうしたわだかまりがなくても
貴方みたい雰囲気の人間が近くにいたら、誰だって気にかかるでしょうけどね」
アティ
「そう言われても 困っちゃうんですけど・・・」
でも、本当に ベルフラウの言うとおりかもしれない

第8話 卑怯者

ベルフラウ
「あら、ようやくお目覚めみたいね」
アティ
「ベルフラウ・・・」
ベルフラウ
「ああ、もう!起き上がったりしちゃダメじゃないの!?
しばらく安静だって、お姉さまから、きつく言いつけられているんですから・・・」
アティ
「そ、そんなに具合が悪いの???」
ベルフラウ
「外的要因の蓄積による身体機能各部の低下と、それにともなう昏倒、つまり・・・
頑張りすきたってことですわ」
アティ
「もう・・・脅かさないでよ」
ベルフラウ
「だからって、安静が必要なことには変わりありませんわよ!
過労が原因となって他の病気になる可能性だってあるんですから
しばらく、おとなしくしててもらわないと」
アティ
「そんな、病気の子供じゃないんですから」
ベルフラウ
「子供のほうが、まだ扱いやすいですわよ」
アティ
「う・・・っ」
ベルフラウ
「ご不満でしたら 今から、ラトリクスに入院なさいます?
貴方が退屈をしないよう わざわざ運んでさしあげたんですけどねえ・・・」
アティ
「い、いいです!?ちゃんと、ここでおとなしくしてます」
ベルフラウ
「うん、わかればよろしい」
とほほ・・・ すっかり、お見通しにされちゃってます・・・

第9話 先生の休日

ベルフラウ
「最後の最後に どっと疲れちゃった気分だわ・・・」
アティ
「それでも、私には充分に楽しい一日でしたけど
帝都で過ごした休日よりも、ずっと充実してた気がします」
ベルフラウ
「だけど・・・休暇には、いつか終わりが来るのよね」
アティ
「・・・」
ベルフラウ
「楽しいからって、いつまでもここにいるわけにはいかない そうでしょう?」
アティ
「そうですね・・・」
ベルフラウ
「船が直れば お姉さまやパナシェたちとはお別れだし
海賊さんたちは海に帰っていくわ 貴方にしたって
私が軍学校に入ってしまえば、家庭教師じゃなくなってしまう」
アティ
「ベルフラウはきちんと、先のことまで考えてるのね・・・」
ベルフラウ
「そう見える?
本当に・・・そう、見えるの?貴方は・・・っ」
アティ
「・・・!」
ベルフラウ
「だったら、貴方の目はふし穴ですわよッ!
わりきらなきゃ・・・本当に、帰ることができなくなってしまうじゃないっ!
う、うう・・・っ」
アティ
「ごめんなさい・・・」
ベルフラウ
「気になさらないで 泣いて、やつあたりだなんて私こそみっともないですわ
こんなんじゃ、いざその時になったら 大泣きしちゃうわね
もっと、強い気持ちにならないと・・・」
アティ
「強いよね、貴方は・・・」
ベルフラウ
「強がりだって 続けていれば、地になるものですわ」
アティ
「無理してません?」
ベルフラウ
「貴方に比べたらかわいいものです」
アティ
「そっか・・・
でも、本当につらいと思ったら 我慢しなくたっていいと私は思いますよ
涙が出るのは 心が、それを望んでいるからなんだから
つらい時は泣いて うれしい時は笑えばいいって思う」
ベルフラウ
「貴方みたいに、そう簡単にできれば苦労はしませんわよ まったく・・・
でも、今の言葉 おぼえてはおくから」
アティ
「うん、そうしてくれると うれしいです・・・」
でも、彼女の言ったとおり、いつかは別れの時は来るんだよね 絶対に・・・

第10話 もつれあう真実

ベルフラウ
「命を奪いあいうことも 捨てることも認めない、か・・・
ちょっと、カッコ良かったですわよ」
アティ
「そんなにからかわないでください、もう・・・」
ベルフラウ
「あら、せっかくほめてあげたのに」
アティ
「私はただ、周りの誰かが傷ついたり、悲しんだりするのが見たくないだけ
自分の身勝手をとおしてるだけだよ」
ベルフラウ
「そうかしら?」
アティ
「え?」
ベルフラウ
「身勝手ってものは、まず自分のことを優先に考えることでしょう?
貴方の場合、そこが完璧に抜けてるもの
身勝手っていうのとは ちょっと違うと思うけど」
アティ
「じゃあ、どう言えばいいのかな?」
ベルフラウ
「そうね・・・
貴方らしい、としか言いようがないかもね」
アティ
「私らしい・・・ですか?」
ベルフラウ
「お人好しとか、偽善者だとか悪く言うことだったら簡単だけど
貴方のそういうトコロなんだかんだいって、私 結構、気に入ってるし
端から見ているぶんにはね」
アティ
「あ、あははは・・・」
認めてもらったのはうれしいけど・・・なんだかなあ???

第11話 昔日の残照

ベルフラウ
「貴方たちだけで封印に行くって言い出した時は 正気を疑ったわよ」
アティ
「どうして?」
ベルフラウ
「それは、だってあんなことがあった後だったもの・・・
もめたりしないか心配するのは当たり前ってものじゃない?」
アティ
「それでも、待っててくれたんだ・・・」
ベルフラウ
「まあね・・・なにかあっても、先生ならなんとかすると思ったし
実際、なんとかしちゃってるし」
アティ
「封印が成功したかどうかは ちょっと微妙みたいですけどね」
ベルフラウ
「護人たちの関係が修復しただけでも成果じゃない?
あんな空気が続くの耐え難かったもの それだけでも充分よ」
そうだよね・・・ベルフラウのいうとおりですよね・・・

第12話 黄昏、来たりて

ベルフラウ
「起きてて平気なの?」
アティ
「だいじょうぶですよ 前と同じで、ちょっと疲れただけ
それに、ちょっと今は 眠れそうにないもの」
ベルフラウ
「気持ち、わかるわ
あんな光景を見せられちゃったら、さすがに平静じゃいられないわよ・・・」
アティ
「あれは・・・ひどすぎました・・・」
ベルフラウ
「でも、泣こうが、わめこうが 連中はああいうことを続けていくのよね・・・
だったら、黙ってやられてなんかやるもんですか!」
アティ
「貴方らしいね・・・」
ベルフラウ
「なに言ってるのよ?他人事じゃなくって貴方も、そうするの!」
アティ
「あ、はい・・・」
ベルフラウ
「いきなりだったから、今日の失敗は大目に見てあげるけど 次はしゃんとしてよね?
不本意ではあるけど 今は、貴方と剣だけが頼みなんだから」
アティ
「・・・・そうだよね」
そう、あれるようにしなくちゃ・・・

第13話 断罪の剣

ベルフラウ
「それにしてもアイツ、ほんっとうにアタマにきたわ!?
もったいつけて カッコつけて、得意げにあんな剣持ち出すなんて」
アティ
「切り札のつもりなんだろうね
それを出してきたってことは 向こうも本気で勝負をかけてくるってことだから」
ベルフラウ
「勝てる、わよね?先生なら・・・」
アティ
「どうでしょうか
条件は五分と五分 それが、正直なところなのかも知れません」
ベルフラウ
「そんな・・・」
アティ
「あ、だからって負けるつもりはないですよ
約束ですしね?」
ベルフラウ
「そ、そうよっ!
貴方には、私を守る義務があるんだから、負けたりしたら承知しないから!」
アティ
「ええ、わかってますよ」
約束だけは・・・絶対にね・・・

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

ベルフラウ
「やったじゃない これで少しは無色の奴らもこりたでしょうね」
アティ
「ええ、みんなが私に力を貸してくれたおかげです」
ベルフラウ
「あとは、生意気なイスラをやっつけて、紅の暴君を封印すれば、全部おしまいね?」
アティ
「ええ、だけど間違いなく今までで 一番きつい戦いになるでしょうね・・・
心も身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ、きっと、彼には勝てない」
ベルフラウ
「でも、負けるつもりはないんでしょ?」
アティ
「ベルフラウ・・・」
ベルフラウ
「負けっこないわよ! だって、私がそう決めたもの
今の貴方は一人じゃないわ みんなに支えられて、前よりもずっと強くなったんだもの
でしょ?」
アティ
「ええ、そうよね!」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

ベルフラウ
「やったじゃない これで少しは、無色の奴らもこりたでしょうね」
アティ
「ええ、みんなが私に力を貸してくれたおかげです
とくに、ベルフラウ 貴方がいなかったら、きっと私は立ち上がれなかった
貴方の言葉が勇気づけてくれたから・・・
私は、本当に自分が守りたかったものを、見つけることができたんだと思うの
ありがとう・・・本当に、感謝してるよ」
ベルフラウ
「べ、別にいいわよ・・・こんなことぐらいで、いちいちお礼を言わなくたって
だって、貴方はこんなでも 一応、私の先生だし・・・
す、すこしは教師の威厳ってものをもちなさいよねっ!?まったく・・・」
アティ
「あははは・・・」
ベルフラウ
「あとは、生意気なイスラをやっつけて、紅の暴君を封印すれば、全部おしまいね?」
アティ
「ええ、だけど間違いなく 今までで、一番きつい戦いになるでしょうね・・・
心も、身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ きっと、彼には勝てない」
ベルフラウ
「でも、負けるつもりはないんでしょ?」
アティ
「ベルフラウ・・・」
ベルフラウ
「負けっこないわよ!だって、私がそう決めたもの
今の貴方は一人じゃないわ みんなに支えられて、前よりもずっと強くなったんだもの
でしょ?」
アティ
「ええ、そうよね!
それが終わったら いよいよ、この島ともお別れだね・・・」
ベルフラウ
「そのことだけど・・・
もし、貴方が私のために無理して、帰ろうって思っているんだったら・・・
残ったっていいのよ?」
アティ
「え・・・」
ベルフラウ
「今の貴方は、もう私だけの先生じゃない 他のみんなにとっても、大切な存在だし
お給金だってあげてないもの お父様の約束に気がねして我慢する必要なんてないわ
だいじょうぶ・・・私は、一人でも、ちゃんとやっていけますから・・・」
アティ
「ベルフラウ・・・
ありがとう・・・私のこと。思ってくれて・・・
だけど、そんな心配なんかしなくたっていいんだよ」
ベルフラウ
「え・・・」
アティ
「貴方が初めて、私を先生って呼んでくれた時、約束したよね?
なにがあっても、私はずっと貴方の先生だよ、って・・・」
ベルフラウ
「!」
アティ
「お金のことなんか関係ないよ なりたかったから、私は貴方の先生になったんだもの
だから、ちゃんと最後までおつきあいさせてね?
貴方は私にとって初めての生徒なんですから」
ベルフラウ
「先生・・・
そ、そうよね・・・ここまで教えてもらったなら最後まで、やりとげないと
貴方も、私も・・・なんだか、すっきりしなくなっちゃうもんね!?」
アティ
「ええ、そうですとも!」
ベルフラウ
「それじゃあ、先生・・・最後まで、おつきあいよろしく頼みますわよ?」
アティ
「どーん、と任せてください!」

エンディング(好感度・通常)

そして・・・私たちは帰ってきた・・・
ベルフラウ
「ちょっと! ねぇってば!」
アティ
「あ・・・」
ベルフラウ
「道のど真ん中で、ぼんやりしてたら通行の邪魔よ?」
アティ
「ああっ、ごめんなさい」
ベルフラウ
「で・・・ぼんやりしてた原因はいつもと同じよね
島のみんなのこと 考えてたんでしょ?」
アティ
「うん・・・」
ベルフラウ
「無理もないわね・・・
あの島で過ごした日々に比べたら 帝都の暮らしは、やっぱり味気ないもの
やるべきがなかったら ずっと、いたかったなって、正直、私も思うもの」
アティ
「みんな、元気でやってるといいんですけど・・・」
ベルフラウ
「そうね・・・
だけど、貴方はもうすぐ、みんなに会いに行けるじゃない?
学科試験も、実戦実技も、納得できる成果を出すことができましたし・・・
あとは、明日の面接だけ そしたら、家庭教師の仕事はおしまいなんですからね」
アティ
「うん・・・最後まで、気を抜かずにしっかりね」
ベルフラウ
「さっきまで、ぼんやりしてた貴方がそう言っても 全然説得力ありませんわよ」
アティ
「う・・・っ」
ベルフラウ
「ぷっ、あはははは・・・っ」
試験が終わったら、2人でお祝いをしましょうね 頑張った私と、貴方へのご褒美に・・・ね?

エンディング(好感度・大)

そして・・・私たちは帰ってきた・・・
ベルフラウ
「ちょっと!ねぇってば!」
アティ
「あ・・・」
ベルフラウ
「道のど真ん中で、ぼんやりしてたら、通行の邪魔よ?」
アティ
「ああっ、ごめんなさい」
ベルフラウ
「で・・・ぼんやりしてた原因はいつもと同じようね
島のみんなのこと考えてたんでしょ?」
アティ
「うん・・・」
ベルフラウ
「無理もないわね・・・
あの島で過ごした日々に比べたら、帝都の暮らしはやっぱり、味気ないもの
やるべきがなかったら ずっと、いたかったなって正直、私も思うもの」
アティ
「みんな、元気でやってるといいんですけど・・・」
ベルフラウ
「そうね・・・
だけど、貴方はもうすぐ、みんなに会いに行けるじゃない?
学科試験も、実戦実技も納得できる成果を出すことができましたし・・・
あとは、明日の面接だけそしたら、家庭教師の仕事はおしまいなんですからね」
アティ
「うん・・・最後まで、気を抜かずにしっかりね」
ベルフラウ
「さっきまで、ぼんやりしてた貴方がそう言っても、全然説得力ありませんわよ」
アティ
「う・・・っ」
ベルフラウ
「ぷっ、あはははは・・・っ
でも、こんな気持ちで試験を受けることになるなんて、思わなかったわ」
アティ
「え?」
ベルフラウ
「正直に言うとね 試験そのものには受かる自信があったの
先生に教わらなくても 多分、なんとかなっていた気がしてるの・・・」
アティ
「だよね・・・
実際、貴方はものすごくがんばり屋さんだったし
うれしい反面、思ってたのどうして、家庭教師が必要なのかな・・・って」
ベルフラウ
「私も、そう思ってた
何度も、お父さまに言ったわ 女だからって、そんなに心配しないでほしい、って・・・」
アティ
「それじゃ、もしかして 最初、貴方が反抗的な態度をとっていたのは・・・」
ベルフラウ
「ごめんなさい・・・やつあたりだったの・・・
あんまり悔しかったから、つい貴方のこと、使用人呼ばわりしちゃって・・・」
アティ
「そっか・・・」
ベルフラウ
「でも、今になって ようやく、わかったわ
お父さまが、貴方を家庭教師に選んだのは間違ってなかったって」
アティ
「どうして?」
ベルフラウ
「こうやって今、貴方と外で歩いていられることがその答えよ
一人で試験に取り組んでたら きっと、もっと切羽つまっていたんだろうなって思う」
アティ
「あ・・・」
ベルフラウ
「貴方と出会う前の私は 強い自分になりたいってそればかり、考えてた
恵まれた家の娘だから きっと、一人ではなにもできっこない・・・
そういう目で見られるのがイヤで、だから、なんでもできる自分になりたかった」
アティ
「ベルフラウ・・・」
ベルフラウ
「でもね、気づいたの
同じようにがんばるのなら 一人より、大勢のほうがずっとすごいことができるって
お父さまはきっと、私にそのことを教えたかった だから、貴方を呼んだのよ
自分を大きく見せることだけが、強さじゃないって」
アティ
「ご当主の買いかぶりのような気もするけど・・・」
ベルフラウ
「つきっきりで、家庭教師を頼んだ相手は、先生が初めてだった、って言っても?」
アティ
「え!?」
ベルフラウ
「それに、事実として 貴方のおかげで、私は変われたんだもの
だから、いいじゃない?」
アティ
「そっか・・・」
ベルフラウ
「だから・・・先生・・・
これからも、よろしくお願いしますわよ」
アティ
「ええ・・・こちらこそ、よろしく!ベルフラウ・・・」
貴方に出会えたから、私はありのままの自分を認めることができたのよ、ありがとう先生
「無敵の笑顔」

コメント

タイトルとURLをコピーしました