【夜会話】アズリア(アティVer.)

スポンサーリンク
ぶどう様/スターライト様

第12話 黄昏、来たりて(???)

アズリア
「助けられたな・・・ 敵だった、貴様らに」
アティ
「傷の具合はいいの?」
アズリア
「手当てが良かったからな おかげで、ギャレオも命を拾うことができた
本当に感謝している」
アティ
「お互い様ですよ アズリアのおかげで、私も助かったようなものだし・・・」
アズリア
「・・・・・・
不思議なものだな」
アティ
「え?」
アズリア
「こうして、部下たちの弔いを見届ければ、怒りのひとつもわいてくるかと思ったのだが
なにも浮かばないんだ・・・ 怒りも、悲しみも・・・ なにひとつ・・・」
アティ
「アズリア・・・」
アズリア
「ははは・・・ どうやら、私は芯から軍人になってしまったらしい」
アティ
「それは、違います!
だって・・・ だって、アズリア
気づいてないだけで 貴方は、今・・・」
アズリア
「あ・・・
あ、ああ・・・っ?
うああぁぁぁぁっ!!」

第13話 断罪の剣

アズリア
「全ての発端は、イスラによって引き起こされたことだったとはな・・・
それも知らず お前につっかかっていた自分が情けない」
アティ
「それじゃ、イスラはやっぱり剣のことを隠していたんですね」
アズリア
「ああ、知っていたのなら 今までの戦いの中で迷わず使わせていたさ
ならば、勝てたとも思えないがな・・・」
アティ
「アズリア・・・」
アズリア
「しかし、イスラはなぜ今になって剣を抜いたのだろう」
アティ
「オルドレイクたちと合流するまで用心していた、とか?」
アズリア
「それぐらいはわかる
だが、それだけなら 私を始末しにきたあの夜に使わない手はないだろう?」
アティ
「それは・・・」
アズリア
「使いたくとも使えぬ理由がある? だとすれば・・・」
アティ
「そういう理由じゃないって、私は思います」
アズリア
「え?」
アティ
「イスラはきっと、貴方にはあの剣を向けたくなかったんじゃないのかな?」
アズリア
「バカな・・・ 根拠はあるのか!?」
アティ
「それは、ないけど・・・」
アズリア
「なら、慰めでもそんな馬鹿げたことを口にするな
あの子の願いは私を殺すことなんだ そんなこと、絶対にありえん!」
アティ
「でも・・・」
私には、イスラが本気で貴方を殺すつもりには、どうしても思えないんです・・・

第15話 ひとつの答え

アズリア
「やれやれ・・・ これで、どうにかひと区切りついたようだな」
アティ
「それはいいんですけど アズリア・・・」
アズリア
「な、なんだ? その不満そうな目は・・・」
アティ
「どうして あんな無茶したんですか?」
アズリア
「う・・・ それは、そのだな・・・ なんというか・・・」
アティ
「ごまかそうなんて思ってたら、本気で怒りますよ?」
アズリア
「う・・・っ」
アティ
「私のために戦おうとしてくれたことは、うれしかったけどさ
あんなふうに、お互いに心配をかけるようなことは、もうやめにしましょうね?
守るのも、守られるのもすぐ側にいなくちゃ、満足にできなくなるから・・・」
アズリア
「そうだな・・・ 私が、軽率だった すまん・・・
しかし・・・ たかが、一度の無茶ぐらいで
無茶の常習犯のお前が、よくそこまで言うものだな・・・」
アティ
「こんな時でもなかったら アズリアを叱るなんてことできないですもんね」
アズリア
「な、なんだと~っ!?」
アティ
「うわわっ!?
都合が悪くなると、すぐ腕力に訴えるのはよくありませんってば!?」
アズリア
「まったく・・・
そんな調子では、またあいつに、足元すくわれかねないぞ・・・」
アティ
「・・・イスラのことね」
アズリア
「正直、今の私にはあいつの考えが、まるでわからなくなっている
どうやれば、救えるのか どんな言葉なら、あの子の心に届くことができるのか
見当もつかない・・・ 私は、あの子の姉なのにな」
アティ
「アズリア・・・
悩む必要なんてないよ」
アズリア
「え?」
アティ
「どんな言葉でも、アズリアの真剣な思いがこもっているならきっと、イスラには届くよ」
アズリア
「そう、かな・・・」
アティ
「ええ、そうですとも だから、最後まであきらめちゃ、ダメです!
弟さんを、助けましょう? ひとりぼっちのままじゃ可哀想だもの・・・
一人でダメなら、私も一緒に手伝いますから・・・」
アズリア
「アティ・・・
すまん・・・」
アティ
「ねえ、アズリア この戦いが終わった後はどうするつもりなの?」
アズリア
「あまり、考えていなかったな そういうことは・・・
ただ、間違いなく言えるのは
このまま帝国に戻れば、まず軍法会議は逃れられないということだろうな」
アティ
「あ・・・」
アズリア
「なにせ、任務に失敗した上に 部隊を全滅させてるんだ それなりの覚悟はしないとな」
アティ
「あのね・・・
もし、アズリアがその気になってくれるのなら
このまま、私たちと一緒にこの島で暮らす、ってのはどうなのかな?」
アズリア
「そうもいくまいさ それでも私は、帝国の軍人なのだからな」
アティ
「アズリア・・・」
アズリア
「お前の気持ちはうれしい だが、それに甘えてしまえば私は逃げたことになる」
アティ
「・・・!」
アズリア
「お前がお前の道を選んだように、私にも私の道がある かなえたい夢があるんだ
どれだけ困難だあっても あきらめなければ、いつかその思いは必ず届く・・・
そう教えてくれたのは アティ お前じゃないか?」
アティ
「うん・・・」
アズリア
「すまないな・・・」
アティ
「いいのよ その気持ち、私にだってよくわかるし・・・
それでこそ、アズリアだよ 私、応援するから・・・」
アズリア
「ああ、そうしてくれ」

エンディング

そして・・・
私は、帰ってきた・・・
夢の続きを・・・
かなえるために・・・
ギャレオ
「隊長、そろそろ船が出る時間です」
アズリア
「わかった・・・」
ギャレオ
「海を、見ていたのですか?」
アズリア
「ああ、しばらくはこの景色を見ることもできなくなるからな」
ギャレオ
「自分は、今でも軍法会議の決定に納得できません・・・
末端とはいえ 海戦隊では正規の部隊を率いておられたはずの隊長が
陸戦隊の・・・ しかも、聖王国国境の警備部隊に転属さるだなんて・・・
あそこは、退役間近の兵のための、閑職じゃありませんか!?」
アズリア
「そう言うな、ギャレオ
護送していた魔剣を2本とも失ったうえに部隊を全滅させたんだ
軍籍を抹消それずにすんだだけ、マシだと私は思っているんだぞ」
ギャレオ
「隊長・・・」
アズリア
「数々の軍功を重ねたレヴィノス家の名前があればこそ、この程度ですんだのだろうな
父上や縁者たちには いずれ、正式に謝罪をしなくてはなるまい」
ギャレオ
「く・・・っ
せめて、証人としてあの者を呼ぶことができたら・・・」
アズリア
「そんなことをすれば あいつは、間違いなく島に帰れなくなる
そっとしておいてやりたかったんだよ あいつも・・・ あの島も・・・
お前も、それを承知で 事情聴取の時、口裏を合わせてくれたんじゃなかったのか?」
ギャレオ
「それは、そうですが しかし・・・」
アズリア
「どんな閑職であろうと 国を、民を守るための任務に、違いはない
恥じることなく、務めを果たしていけばいい
それが、軍人としての私の誇りなのだから
間違っていると思うか?」
ギャレオ
「いえ・・・」
アズリア
「なら、いいじゃないか
それより、お前こそ本当によかったのか?
私に義理立てをしてついてくる必要などなかったんだぞ?」
ギャレオ
「自分が軍人として心から尊敬できるのは隊長お一人だけです!
ですから・・・」
アズリア
「本当に、それだけが理由なのか?」
ギャレオ
「は?」
アズリア
「学生の頃から あいつは、うっかり口を滑らせる悪い癖があるんだぞ?」
ギャレオ
「な・・・ッ!?!?」
アズリア
「ははははっ、まあお前の口から、じかに聞かされたわけじゃあないからな・・・
悪い気はしていない それだけは、言っておくことにしよう
さあ、行くとしよう もう一度、初めからやり直すために」
ギャレオ
「はッ!」
お互いにがんばろう! それぞれが望んだ夢を叶えるために・・・
「想い出を力に変えて」

コメント

タイトルとURLをコピーしました