【夜会話】スカーレル(アティVer.)

スポンサーリンク
奥坂行幸様

第2話 陽気な漂流者

スカーレル
「はぁーい、センセ?アタシからプレゼント」
アティ
「わあ、手鏡ですね?」
「かわいい手鏡」を手に入れた!
スカーレル
「せっかくの美人さんなんだから きちんと身だしなみをしないとダメよぉ」
アティ
「ありがとうございます」
スカーレル
「ふぅ・・・ しかし、アレよね 感謝してるわ
アタシたちのこと 信用してくれて」
アティ
「え?」
スカーレル
「アナタが本気になれば アタシたちを倒して、この船を
奪うこともできた・・・違う?」
アティ
「それは・・・」
スカーレル
「わかってるわよぉ アナタがそんなこと考えもしなかったのは
でもね・・・誰だって、誤解はする それだけは忘れないで
じゃあ、オヤスミ♪」
スカーレルさんって 本当はすごく、物事を広く見てる人なのかも知れないな・・・

第3話 はぐれ者たちの島

スカーレル
「しっかし、アナタには 驚かされるわねえ
あそこまで突っ走る性格だったなんて」
アティ
「すみません・・・」
スカーレル
「ああ、責めてるワケじゃないのよ
もともと、帝国軍とはやりあう気だったし 連中のやり口にはムカついたし
だから、アナタの暴れっぷりを見ててスーッとしちゃった♪」
アティ
「そ、そうなんですか?」
スカーレル
「うらやましいわ ホント、真っ直ぐで」
アティ
「え?」
スカーレル
「ううん、なんでもない ただの独り言よ」
スカーレルさん なにを、言おうとしたのかな?

第4話 海から来た暴れん坊

スカーレル
「うふふふ・・・♪」
アティ
「ご機嫌ですね?スカーレル」
スカーレル
「そりゃそうよぉ?だって・・・
ジャキーニの船からごっそり 戦利品を頂いちゃったんだもんねー」
アティ
「えーっ!?」
スカーレル
「といっても・・・予備の帆とか、船釘なんだけどね?」
アティ
「あ、そ、そう?そうですか・・・」
スカーレル
「あはははっ♪センセってホントに真面目ねえ」
アティ
「わかってるのなら からかわないでください」
スカーレル
「あら、わかってるから かわかうんじゃない?」
アティ
「うう・・・っ」
あの人絶対に私のこと、からかって楽しんでます・・・

第5話 自分の居場所

スカーレル
「しっかし、アナタたち ホントに騒ぎを起こすのが好きよねぇ?」
アティ
「面目ありません・・・」
スカーレル
「ま、しかし あの年頃ってのは、誰でも不安になるものよ・・・
まして、いきなりこんな場所で生活することになっちゃって
今までガマンしてただけでも、立派よ うんうん・・・」
アティ
「うん、でも もう大丈夫だと 思うんです」
スカーレル
「センセに叱られて ちょびっと、素直になったものね
でも、センセ 本気であのコを戦いに参加させるの?」
アティ
「ええ、あの子がそれを 望んだんだし、その気持ちは大切にしたいですから」
スカーレル
「そう・・・」
これからはあの子にも 仲間の一人としてがんばってもらおう

第6話 招かざる来訪者

アティ
「最初は思いっきり騒いでましたけど
スカーレル、途中から どうして静かになっちゃったんです?」
スカーレル
「座を盛り上げるのは アタシのクセみたいなものなんだけど
ホントは、アタシ お酒はしみじみと飲むほうが好きなのよね」
アティ
「へえ、なんだか意外です・・・」
スカーレル
「うん、よく言われる
けど、もともとアタシは 一人で飲むことのほうが多かったのよ
ああして、みんなで騒ぐお酒を覚えたのは オヤジさん・・・
つまり、先代の船長に客分として迎えてもらってからなの」
アティ
「そういえば スカーレルは、海賊になる前はなにをしていたんです?」
スカーレル
「・・・・・・・・・」
アティ
「スカーレル?」
スカーレル
「ヒミツってことにしといてほしいわね
あんま、さ 語るような思い出ってワケでもないし・・・」
アティ
「あ、はい・・・」
スカーレルがあんな寂しそうな顔したの、初めて見た気がします・・・

第7話 すれ違う想い

スカーレル
「立派だったわよ センセの覚悟
プッツンしたカイルを納得させちゃうなんて、アタシにもなかなか出来ないんだから」
アティ
「うん、だけど やっぱり戦うことにはなっちゃいました・・・」
スカーレル
「仕方ないわよ そればっかりはね
組織に属している人間は その仕組みに逆らうことなんてできない
気持ちがどうであれ 与えられた役目を放棄したら居場所がなくなっちゃうもの
あの女隊長さんも そこが、ツライとこね」
アティ
「そうですね・・・」
スカーレル
「よほどの覚悟がなかったら 枠組みをとびだして、自分を貫くなんて無理よ
本当に・・・」
スカーレルにも 似たような経験があるのかな・・・?

第8話 卑怯者

スカーレル
「身体の消耗よりも 心に受けた傷のほうが大きかったんじゃない?
センセみたいな人にとっては・・・」
アティ
「どうでしょう? 正直、まだ実感がわいてこないんです
イスラさんが、敵になったってことが・・・」
スカーレル
「アナタらしいわね でも、認めないと」
アティ
「うん・・・」
スカーレル
「裏切られることまで覚悟して それでも信じるって生き方は立派だけどね
実際に裏切られてみなければ それが本当の覚悟だったのかわからないわ
アナタにとって、今がその時なんだと思う」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「身体を休めながら ゆっくり、考えてみなさいな?
これから先、こうした苦しみと向かい合っていくことになっても
それでもなお、自分を貫いていけるのかその覚悟をね・・・」
覚悟、ですか・・・

第9話 先生の休日

スカーレル
「やだ、もしかして まだ昼間のことで怒ってたりするワケ?」
アティ
「冗談だって、あれはタチが悪いです!本気で心配したんですから!」
スカーレル
「うふふふ、それだけアタシの芸も磨きがかかってるってコトよねー♪」
アティ
「スカーレルっ!?」
スカーレル
「あ、あははは ちょっとばかし調子に乗りすぎ?」
アティ
「もう・・・」
スカーレル
「・・・でも、故郷に戻れないのは、本当なのよ」
アティ
「え?」
スカーレル
「今でこそ、海賊一家の 後見人なんて場所に落ち着いてるけどさ
アタシ、若い頃は ずいぶんと悪どいことをして生きてきたから
戻ったところで 誰にも顔向けなんてできないからね」
アティ
「そんな・・・」
スカーレル
「そもそも、今のアタシの姿を見たら、知り合いはみんな卒倒しちゃうわよ
ヤードにしたって、最初はびっくりして、目を回したくらいなんだもの」
アティ
「えーっ!?」
昔を知る人から 見たら、よっぽど 驚きなんでしょうね うーん・・・

第10話 もつれあう真実

スカーレル
「命を奪うのも 捨てるのも 絶対に認めない!
いやーっ、もぉセンセったらカッコいいやら恥ずかしいやら」
アティ
「茶化さないでください
カッコつけるために あんなこと言ったんじゃないんですから」
スカーレル
「そんなことぐらいわかってるわよぉ
けど、アナタはどうなのかしらね?」
アティ
「え?」
スカーレル
「生徒を守るため 村のみんなを守るため
そう言ってすぐ自分の身を差し出してしまうのはどなたでしたっけ?」
アティ
「!」
スカーレル
「他人の命の重みを アナタは知ってる だけど・・・
自分の命については軽く考え過ぎてない?」
アティ
「・・・」
スカーレル
「命の価値を説くのなら、まず誰よりも自分がその価値を知らなきゃいけないわ
まして、命なんて些細な悪意ひとつでどうにでも消し飛ぶものなのだから」
・・・・・・スカーレルって 思いっきり痛いとこついてきますよね・・・・・・

第11話 昔日の残照

アティ
「ああなることがわかっていたなら、どうして教えてくれなかったんですか」
スカーレル
「教えたところで どうしようもないとわかっていたからよ」
アティ
「だからって!?」
スカーレル
「それじゃ、聞くけど アタシが帝国軍のことを話していたら
センセは、いったい なにをどうするつもりだったワケ?」
アティ
「あ・・・」
スカーレル
「悪かったとは 思ってるわ
だけどね、センセ 剣を処分することは、アタシたちにとって最優先の目的なのよ
ううん、違う 剣だけじゃないわ
無色の派閥に関わりのあるもの全てが、アタシには許せないの」
アティ
「え・・・」
スカーレル
「結局、アタシも 護人のみんなと同じ
過去のしがらみにとらわれて反発して、貴方を都合よく利用しようとした・・・
それだけのことよ」
アティ
「スカーレル、どうしてそんなこと・・・
しがらみって・・・無色の派閥に関係のあることなの?」
スカーレル
「・・・」
アティ
「答えてください!? スカーレル!?」
話してくれなくちゃ わからないじゃないですか なにも・・・っ

第12話 黄昏、来たりて

スカーレル
「これが本物の戦場、か あのボウヤの言ってた言葉なかなか的を得ていたわね」
アティ
「だからって、あんなのひどすぎますっ!」
スカーレル
「あんなのって、ナニ? ボウヤの裏切り? それとも、徹底した派閥の包囲戦術?
笑わせるわね・・・どれも、戦場じゃ当たり前のことでしょ?
軍人だった貴方なら 心得ているはずよ」
アティ
「・・・」
スカーレル
「そうやって また目を背けるのね
現実から?それとも過去から?」
アティ
「っ!!」
(パチッ)
スカーレル
「ぐ・・・っ なるほど・・・ 図星ってワケね?」
アティ
「スカーレル・・・どうして・・・っ」
スカーレル
「アナタが拒んだ世界でずっと生きてきた から、かしらね」
アティ
「え・・・」
スカーレル
「貴方のこだわりに 口を挟むなんて野暮するつもりはないけど
目を背けていたら まっすぐに歩けるはずなんてないわ
戦いなさい そして、生き残るの
じゃなきゃ、夢は夢のままで終わるわよ?」
わかってるんです・・・ でも、それでも・・・っ

第13話 断罪の剣

スカーレル
「カイルにはさ 思いっきり、ゲンコツもらっちゃった
それで、チャラだって」
アティ
「カイルさんらしいです」
スカーレル
「そうね・・・ 悪いことをしたとは思ってる・・・」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「アタシ、組織では『珊瑚の毒蛇』って呼ばれてたわ
毒を使った殺しがね・・・得意だったから・・・」
アティ
「無色にいた女暗殺者も たしか『茨の君』とか呼ばれてたけど・・・」
スカーレル
「組織の暗殺者にとって そういう異名は、実力や階級を示すものなのよ
『竜の息吹』や『銀の光輪』 『ほら吹き』だなんて、ふざけたヤツもいたっけねぇ・・・」
アティ
「有名だったんだ」
スカーレル
「嬉しくもなんともなかったけどね
ま、生きるためには 殺さなくちゃならない世界だから・・・」
アティ
「・・・」
スカーレル
「嫌気とヤケで、組織を抜けたアタシを拾ってくれたのがここの先代だったわ
ほとぼりを冷ますだけのつもりが なんだか、情が移っちゃってね
気がつけば、あのコたちの後見人を引き受けることになっちゃってたってワケよ」
アティ
「そういう事情が・・・」
スカーレル
「アタシはまだ オルドレイクの抹殺をあきらめていない
それでも、アタシと一緒に戦うことができる?」
アティ
「戦えますよ」
スカーレル
「目をつぶるってこと?」
アティ
「いいえ、違います
その時が来たら、私は止めちゃうつもりだもの」
スカーレル
「!?」
アティ
「そんなことをしても 恨みなんて晴れないし 消えた命も帰りません
私は、知ってるんですよ そういうのって、すごく後味が悪いって・・・」
スカーレル
「・・・アティ・・・アナタ、まさか・・・」
アティ
「・・・」
スカーレル
「そう・・・だから、アナタは、そうやっていつも笑顔で・・・」
イヤだもの・・・スカーレルたちが あんな想いを味わうのは・・・

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

スカーレル
「まさか、折れた剣を復活させちゃうなんてね
センセの無茶苦茶ぶりには 慣れてたつもりだったけど
今度ばかりは、もう脱帽 まいった!ってカンジね」
アティ
「はははは・・・」
スカーレル
「でも、ウィゼルのこと よく信じられたものよね
アタシだったら、絶対信用なんかできないもん」
アティ
「根拠はなかったんだけどね
なんとなく、あの人は信じてもいいかなって思ったんです」
スカーレル
「次はいよいよ イスラとの再戦ね」
アティ
「ええ、今度は前みたいに みんなの気持ちを無視してぶつかったりはしない
自分にウソをつかずに 納得のできるやり方で決着をつけるつもりです」
スカーレル
「そうね・・・そうでなくちゃ、きっとあのボウヤには勝てないわ
あの子の強さは、貴方とは正反対の方法で作られているものだろうから・・・」
アティ
「正反対って?」
スカーレル
「切り捨てる強さ、よ」
アティ
「切り捨てる・・・」
スカーレル
「他人とのつながりは武器になるけど、同時に弱みになるとこだってある
イスラはそれを嫌って 孤独になることで、自分を守ろうとしている
アタシにはそう見えるのよ」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「裏切りを繰り返すのは きっと、そうした弱みを作らないためでしょうね
他人に頼らず、自分を追い込み 常に必死の力を発揮する
確かに、それは強い力だわ けど、今のボウヤにはもう捨てるものが残ってない
自分自身を削りとって力の変えていくしかないのよ」
アティ
「でも、だからこそ今ここで、とめなくちゃいけないと思うの!」
スカーレル
「アティ・・・」
アティ
「私は、イスラを正したい 間違ったまま、ひとりきりでいてほしくない
そのために、この剣の力を使いたいんです・・・」
スカーレル
「できるわよ 今の貴方なら、きっと・・・」
アティ
「ええ!」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

スカーレル
「まさか、折れた剣を復活させちゃうなんてね
センセの無茶苦茶ぶりには 慣れてたつもりだったけど
今度ばかりは、もう脱帽 まいった!ってカンジね」
アティ
「はははは・・・」
スカーレル
「でも、ウィゼルのこと よく信じられたものよね
アタシだったら、絶対信用なんかできないもん」
アティ
「根拠はなかったんだけどね
なんとなく、あの人は信じてもいいかなって思ったんです」
スカーレル
「変わってないわねえ そういうトコは・・・
アタシたちと最初に出会った時のままだもの」
アティ
「進歩してないかな?」
スカーレル
「ううん・・・ 変わらないけど、ちゃんと進歩してるって思うわ
だから、いいんじゃない?」
アティ
「そっか・・・」
スカーレル
「次はいよいよ イスラとの再戦ね」
アティ
「ええ、今度は前みたいに みんなの気持ちを無視してぶつかったりはしない
自分にウソをつかずに 納得のできるやり方で決着をつけるつもりです」
スカーレル
「そうね・・・そうでなくちゃ、きっとあのボウヤには勝てないわ
あの子の強さは、貴方とは正反対の方法で作られているものだろうから・・・」
アティ
「正反対って?」
スカーレル
「切り捨てる強さ、よ」
アティ
「切り捨てる・・・」
スカーレル
「他人とのつながりは武器になるけど、同時に弱みになるとこだってある
イスラはそれを嫌って 孤独になることで、自分を守ろうとしている
アタシにはそう見えるのよ」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「裏切りを繰り返すのは きっと、そうした弱みを作らないためでしょうね
他人に頼らず、自分を追い込み 常に必死の力を発揮する
確かに、それは強い力だわ けど、今のボウヤにはもう捨てるものが残ってない
自分自身を削りとって力の変えていくしかないのよ」
アティ
「でも、だからこそ今ここで、とめなくちゃいけないと思うの!」
スカーレル
「アティ・・・」
アティ
「私は、イスラを正したい 間違ったまま、ひとりきりでいてほしくない
そのために、この剣の力を使いたいんです・・・」
スカーレル
「できるわよ 今の貴方なら、きっと・・・」
アティ
「ええ!
ねえ、スカーレルは この戦いが終わった後はどうするつもりなの?」
スカーレル
「そうね・・・
とりあえず、しばらくはカイルのお世話になるわ」
アティ
「しばらく、って・・・」
スカーレル
「後見人としての役目は もう、充分に果たしたでしょ
そろそろ、別の場所へと流れていかなくちゃね」
アティ
「そんな!?」
スカーレル
「心配しないでよ 復讐するのは、もうやめにするから
誰かさんに叱られてやる気も失せちゃったし」
アティ
「あ・・・」
スカーレル
「ゆっくり、一人で考えてみたいのよ
それじゃ、次はなにをして生きていこうかしら・・・ってね」
アティ
「だったら・・・」
スカーレル
「ダメよ
その先は、言っちゃダメ」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「アタシは蛇よ おひさまの下じゃ、どうにもまっとうに生きられない
湿った暗い場所でなくちゃ落ち着くことができないの」
アティ
「でも・・・」
スカーレル
「ヤケで言ってるんじゃないの
紅い手袋を外しても アタシの手は、べっとり血で濡れているわ
忘れたふりをしてたけど いつか、どこかで洗わなくちゃいけないのよ」
アティ
「スカーレル・・・っ」
スカーレル
「貴方は、アタシにとって かけがえのない夢なの
真っ白で、キラキラした とても素敵な夢・・・
だから、血まみれのこの手で汚したくないの
わかってちょうだい」
アティ
「う、うん・・・っ」
スカーレル
「ありがとう・・・
大好きよ・・・アティ・・・」
アティ
「うん・・・っ」
スカーレル
「だまって、出てったりしない それだけは、約束するから
だから、それまではよろしく頼むわね アティ」
アティ
「ええ・・・」

エンディング(好感度・通常)

アティ
「・・・・・・」
スカーレル
「ちょっとお邪魔するわよ?」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「正直、驚いてるのよ
てっきり、アタシはアナタが先生を続けるものだと思ってたから」
アティ
「やめちゃったわけじゃないんですよ
ただ、先生って名乗るには まだまだ、私は世間知らずみたいだから・・・
だから、スカーレルたちと世界を旅して、色々なことを勉強したいって思ったの
島の中しか知らない子供たちに、外の世界のこと、伝えてあげたいから」
スカーレル
「なるほどね・・・」
アティ
「それに、決心がついたのはヤードさんのおかげなの」
スカーレル
「まさか、あのヤードが アナタと同じ、先生になるなんてねえ・・・」
アティ
「後のことは任せてほしい そう言って、送り出してくれた、彼のためにも
がんばらなくちゃね」
スカーレル
「ふふっ、そうよね」
それじゃそのためにも、思いっきり この旅を楽しんじゃいましょ

エンディング(好感度・大)

アティ
「・・・・・・」
スカーレル
「ちょっとお邪魔するわよ?」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「正直、驚いてるのよ
てっきり、アタシはアナタが先生を続けるものだと思ってたから」
アティ
「やめちゃったわけじゃないんですよ
ただ、先生って名乗るには まだまだ、私は世間知らずみたいだから・・・
だから、スカーレルたちと世界を旅して、色々なことを勉強したいって思ったの
島の中しか知らない子供たちに、外の世界のこと、伝えてあげたいから」
スカーレル
「なるほどね・・・」
アティ
「それに、決心がついたのはヤードさんのおかげなの」
スカーレル
「まさか、あのヤードが アナタと同じ、先生になるなんてねえ・・・」
アティ
「後のことは任せてほしい そう言って、送り出してくれた、彼のためにも
がんばらなくちゃね」
スカーレル
「ふふっ、そうよね」
アティ
「でもね・・・
こうしてると、なんだか今までの出来事が全部 夢みたいな気がするの」
スカーレル
「アティ・・・」
アティ
「あの時、最後の最後で 私は結局、力ずくでディエルゴをねじ伏せた
そうするしかなかったし それが正しいって思ってた
でも、こうして海を見てると 時々、胸が傷むの・・・
世界を傷つけなくては 生きてはいけない私たちが
誰も傷つけずに生きようとするのは、絶対に不可能なことなのかもしれないって」
スカーレル
「そうね・・・
でも、そうだとしても 夢見ることを、やめちゃう理由には、ならないわよ」
アティ
「え?」
スカーレル
「信じなかったら、どんな夢も絶対かなわない・・・
そう言っていたのは センセじゃないの?」
アティ
「あ・・・」
スカーレル
「夢の中に逃げこむのは みっともないって思うけど
それを叶えるために、前に進んでいくのは、すごく素敵なことじゃないの」
アティ
「スカーレル・・・」
スカーレル
「いいじゃない?それが、アナタにとっての生きる力になるなら・・・
夢も見られない人生よりも そのほうが、ずーっと楽しいに決まってるもの♪」
見守ってるからね 夢に向かって走っていく アナタのまぶしい姿を・・・
「おひさまとヘビ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました