【夜会話】マルルゥ(アティVer.)

スポンサーリンク
アヤウト様

第9話 先生の休日

アティ
「でも、驚きました まさか、マルルゥが戦いに加わるなんて」
マルルゥ
「マルルゥだってやる時はやるのです
ちっちゃくったって 怒ったら、こわいのですよ」
アティ
「うん、よくわかりました」
マルルゥ
「これからは マルルゥも、みんなと一緒に戦うですよ」
アティ
「え、でも・・・」
マルルゥ
「シマシマさんは「好きにしろ」って言ったです」
アティ
「ヤッファさんが・・・」
マルルゥ
「はい
もう、この島に絶対に安全な場所はないから・・・
どこにいても同じだって、言ってました」
アティ
「そっか・・・
(なら、自分の側が一番安全だってことなんだろうな、きっと・・・)」
マルルゥ
「そういうわけですから これから、よろしくお願いするですよ」
アティ
「うん だけど、くれぐれも無茶はダメよ」
マルルゥ
「はいです 約束しますですよ♪」
もう安全な場所はない、か・・・ それって、けっこうキツイですね・・・

第10話 もつれあう真実

マルルゥ
「帝国の人たちも攻めてきませんでしたし、今日は、平和な一日でしたねえ」
アティ
「うん・・・ 平和が一番だよね?
(遺跡で起きたことは言えませんね さすがに・・・)」
マルルゥ
「マルルゥも 先生さんたちと一緒に戦うと決めたですけど
できれば、やっぱりケンカはしたくないですよ」
アティ
「だったら、どうしてマルルゥは戦いに参加することにしたの?」
マルルゥ
「うーん・・・
それはですね、きっと先生さんと同じですよ」
アティ
「私と?」
マルルゥ
「はい
先生さん、いつも言ってますよね?
戦って、誰かを傷つけてしまうのはイヤだって」
アティ
「・・・」
マルルゥ
「でも、放っておいたら他の誰かと誰かが、もっとひどく傷つけあってしまうから
それはもっとイヤだから 自分が前に出て、戦ってるんですよね?」
アティ
「うん・・・ そうすれば、絶対に最悪の結果だけは見なくてすむから」
マルルゥ
「マルルゥもおんなじです
みんながケンカするの もう、見たくないから
だから、止めるのです」
アティ
「マルルゥ・・・」
マルルゥ
「一緒にがんばるですよ みんなが、もうケンカしなくてすむようにするために!」
アティ
「うん、そうだね 早く、そうなるようにがんばらないとね」
マルルゥ
「はいですよ♪」
たとえ遠い道のりでも 歩き出さなくちゃたどり着けないですものね・・・

第11話 昔日の残照

マルルゥ
「帝国の人たちはどうして、ガマンしてくれないのですかねえ」
アティ
「え?」
マルルゥ
「欲しいものであっても それがどうしてもダメだったら
マルルゥならちゃんとガマンできるですよ
なのに、ダダをこねて欲しがって、暴れて
まるで、赤ちゃんです」
アティ
「ははは・・・」
マルルゥ
「どうして、そんなにも強い力を欲しいって思うですか?」
アティ
「強い力があれば、自分の望むことを他人に認めさせることができるからかな」
マルルゥ
「そんなの変です おかしいですよ
そんなことしなくても きちんとお願いすればいいじゃないですか?
無理なことを力ずくでとおそうとするなんて、すごくワガママです
やっぱり、赤ちゃんと同じですよ」
アティ
「そうだね・・・ うん、そうなのかもしれない・・・」
マルルゥ
「みんながきちんと話を聞いて どうぞって、譲りあうことを忘れなかったら・・・
強い力なんて必要ないと思うです
どうして、ガマンすることができないかな
マルルゥには、すごく不思議ですよ・・・」
みんながマルルゥのように考えられたら 本当は、いいんだろうけどね・・・

第12話 黄昏、来たりて

マルルゥ
「先生さん、もう寝てなくて平気ですか?」
アティ
「だいじょうぶですよ 前と同じで、ちょっと疲れただけ
それより、マルルゥ 貴方こそ、なんだかつらそうじゃない?」
マルルゥ
「あやや、そうですか? 別に、平気・・・」
(バタッ)
アティ
「マルルゥ!?」
マルルゥ
「じゃ、なかったですね 落っこっちゃいました あはは・・・」
アティ
「クノンに診てもらおう ほら、マルルゥ!」
マルルゥ
「心配しないでください ちょっと休めばすぐによくなるですよ」
アティ
「でも!?」
マルルゥ
「妖精は・・・ 生き物のうれしい気持ちで元気になるですよ
逆に 悲しい気持ちに包まれると元気がなくなっちゃうんです」
アティ
「そうか・・・ さっきの戦いのせいでマルルゥは・・・」
マルルゥ
「そんな顔してたらダメですよ 先生さん
マルルゥなら平気です だから、ね?」
アティ
「うん・・・」
マルルゥ
「そうそう、そうです 先生さんは、やっぱり笑顔が一番ですよ♪」
笑わなくちゃ・・・ マルルゥに、元気を出してもらうためにも笑わなくちゃ・・・

第13話 断罪の剣

マルルゥ
「悪いことをしてると こわいオジサンがきて連れていかれちゃうぞ?
先生さんが、前に言っていたお話は、ホントのことだったのですねえ・・・」
アティ
「連れて行かれるようなおぼえ マルルゥにはあるの?」
マルルゥ
「なななっ!? ないですよう!?!?
それは、たまにはヒゲヒゲさんのとっといたハチミツなめちゃったりぃ
わからない宿題 シマシマさんに手伝ってもらったりしてたですけどぉ
マルルゥ、そんなに悪い子じゃないです 連れていかれるのはイヤですよぉ!?」
アティ
「はいはい、わかったから落ちついて?」
マルルゥ
「うぅ~っ」
アティ
「マルルゥはどこにも連れて行かせたりなんかしませんよ
マルルゥだけじゃない みんな、誰一人だって連れて行かせません
先生がついてますからね」
マルルゥ
「先生さぁん・・・」
アティ
「その代わり、もうこれからはそういうことしちゃダメよ?」
マルルゥ
「はいです、マルルゥ約束するですよ!」
アティ
「うん、約束です」
必ず、貴方たちが安心して暮らせるようにしますから

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

マルルゥ
「ばんざーい♪ ばんざいですよーっ♪
先生さんのおかげで、無色の人たち どっかに逃げちゃったですよー♪」
アティ
「私だけの力じゃないよ
マルルゥや、みんなが力を貸してくれたから勝つことができたんだし」
マルルゥ
「それでも、ばんざいなのは変わらないのです♪
それに、マルルゥたちががんばれたのは、先生さんのおかげなんですから
やっぱり、先生さんがばんざいですよーっ♪」
アティ
「あははは・・・ まいったなあ・・・」
マルルゥ
「これで、あとはもうニコニコさんをこらしめるだけですね?」
アティ
「そうだね・・・」
マルルゥ
「今の先生なら、絶対負けっこないですよ マルルゥ、保証するです」
アティ
「どうかな・・・ 正直なところ、私にはよくわからないな
一度は、負けちゃった相手だしね・・・」
マルルゥ
「・・・
ねえ、先生さん・・・ マルルゥ、いい加減なこと言ってるんじゃないですよ」
アティ
「え?」
マルルゥ
「先生さんの新しい剣 蒼くて、キレイな色です
よく晴れた日の海の色みたいに、澄んでいてキラキラしてて・・・
見てるだけで、なんだか元気になっちゃうんです うれしくなっちゃうんです
ずっと前に、マルルゥ言ったですよね?
先生さんの笑顔はおひさまみたいだって」
アティ
「!」
マルルゥ
「あの剣の光は、そんな先生さんの、優しい気持ちでいっぱいでした・・・
マルルゥにはわかるんです! 妖精だから、わかるのです!」
アティ
「マルルゥ・・・」
マルルゥ
「先生さんは負けませんよ だって・・・
海とおひさまが、味方してくれてるですから!」
アティ
「海と、おひさま、か・・・
そうだよね・・・ それなら、絶対に負けっこないよね?」
マルルゥ
「そうですよー♪」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

マルルゥ
「ばんざーい♪ ばんざいですよーっ♪
先生さんのおかげで 無色の人たち、どっかに逃げちゃったですよー♪」
アティ
「私だけの力じゃないよ
マルルゥや、みんなが力を貸してくれたから勝つことができたんだし」
マルルゥ
「それでも、ばんざいなのは変わらないのです♪
それに、マルルゥたちががんばれたのは、先生さんのおかげなんですから
やっぱり、先生さんがばんざいですよーっ♪」
アティ
「あははは・・・ まいったなあ・・・」
マルルゥ
「これで、あとはもうニコニコさんをこらしめるだけですね?」
アティ
「そうだね・・・」
マルルゥ
「今の先生なら、絶対負けっこないですよ マルルゥ、保証するです」
アティ
「どうかな・・・ 正直なところ、私にはよくわからないな
一度は、負けちゃった相手だしね・・・」
マルルゥ
「・・・
ねえ、先生さん・・・ マルルゥ、いい加減なこと言ってるんじゃないですよ」
アティ
「え?」
マルルゥ
「先生さんの新しい剣 蒼くて、キレイな色です
よく晴れた日の海の色みたいに、澄んでいてキラキラしてて・・・
見てるだけで、なんだか元気になっちゃうんです うれしくなっちゃうんです
ずっと前に、マルルゥ言ったですよね?
先生さんの笑顔はおひさまみたいだって」
アティ
「!」
マルルゥ
「あの剣の光は、そんな先生さんの、優しい気持ちでいっぱいでした・・・
マルルゥにはわかるんです! 妖精だから、わかるのです!」
アティ
「マルルゥ・・・」
マルルゥ
「先生さんは負けませんよ
だって・・・ 海とおひさまが、味方してくれてるですから!」
アティ
「海と、おひさま、か・・・
そうだよね・・・ それなら、絶対に負けっこないよね?」
マルルゥ
「そうですよー♪
でも・・・ 戦いが終わっても、もう学校はおしまいですね」
アティ
「え?」
マルルゥ
「だって、先生さんたちがここにいるのは、島から出られなかっただけで
戦いが終わったら、もうホントのお家に帰ってしまうんでしょう?」
アティ
「マルルゥ・・・」
マルルゥ
「わかってます・・・ それが、一番なんだってシマシマさんも言いました
でも、マルルゥは・・・っ マルルゥは・・・っ」
アティ
「泣かないで、笑顔で見送りしてくれるよね?」
マルルゥ
「は、はい・・・っ」
アティ
「しばらくしたら、また戻ってくるんだしね?」
マルルゥ
「はい・・・って・・・
戻ってくるですか~っ!?」
アティ
「当然、そのつもりよ
ベルフラウを進学させて、村のみんなに事情を説明したらね」
マルルゥ
「せ、せんせいさぁん・・・」
アティ
「ごめんね、マルルゥ? 不安にさせちゃって」
マルルゥ
「いいんです! いいんです!
先生さんと、いっしょにいられるのなら・・・
マルルゥ、しあわせですよ! すっごく、すっごくうれしいですよーっ!!」
アティ
「あはははっ、そんなにしがみつかなてもちゃんと、約束しますよ」
マルルゥ
「はいです♪ マルルゥ、いい子にして待ってるですよーっ♪」

エンディング(好感度・通常)

マルルゥ
「先生さん、先生さん お仕事、まだ終わらないですか?」
アティ
「あれ、マルルゥ わざわざ、迎えに来てくれたの?」
マルルゥ
「はいですよ♪ だって、今日の先生さんはお客さまなのですから!」
アティ
「お客さまって・・・ 家庭訪問なんだし、そんな気を遣わなくても・・・」
マルルゥ
「ダメですよう!? お客さまは、お客さま 先生さまなのです!
シマシマさんも とっておきのお酒を用意して、待ってるんですよ」
アティ
「あ、あははは・・・」
マルルゥ
「さあ、行くですよ♪」
先生さん、マルルゥ、今 とーってもしあわせですよう♪

エンディング(好感度・大)

マルルゥ
「先生さん、先生さん お仕事、まだ終わらないですか?」
アティ
「あれ、マルルゥ わざわざ、迎えに来てくれたの?」
マルルゥ
「はいですよ♪ だって、今日の先生さんはお客さまなのですから!」
アティ
「お客さまって・・・ 家庭訪問なんだし、そんな気を遣わなくても・・・」
マルルゥ
「ダメですよう!? お客さまは、お客さま 先生さまなのです!
シマシマさんも とっておきのお酒を用意して、待ってるんですよ」
アティ
「あ、あははは・・・」
マルルゥ
「さあ、行くですよ♪
そういえば、委員長さん 今度は、いつ、戻ってくるですか?」
アティ
「卒業は、まだ先だけど 長期休暇になったら、また遊びにくると思うよ」
マルルゥ
「ゲンコツさんやブーブーさんも、みんな一緒ですか?」
アティ
「うん、多分ね」
マルルゥ
「マルルゥ、今からとっても楽しみですよ♪
本当は、ずっとずーっと みんな一緒にいられたらいいんですけど・・・」
アティ
「そうだね・・・
でも、どこにいたって みんな、この島のことを家みたいに思ってるよ
だから、こうやって 時間を見つけては、帰ってきてくれるんじゃないかな」
マルルゥ
「そうですよね・・・
この島は、大きなお家で みんな、みんな・・・ おっきな家族ですよね!?」
アティ
「ええ、そうですとも」
マルルゥ
「えへへ・・・」
離れてても、会えなくても みんな、みーんな マルルゥ大好きですよう♪
「ニコニコでいこう♪」

コメント

タイトルとURLをコピーしました