喧嘩御免!暴れん坊皇子旅日記(フェア&ミルリーフVer.)

スポンサーリンク
藍空れぃん。様
フェア
「!」
???
「・・・・・・」
フェア
「(メイトルパの亜人! えーっと、たしか犬型のは・・・
バウナス、とかいうんだっけ?
でも、こんな所にひとりっきりでなにしてるんだろう?
近くに主人の姿もないみたいだし)」
???
「・・・・・・」
どうしようかな・・・
  • ほうっておく
    フェア
    「(ほうっておいたほうがいいのかも・・・
    下手に声をかけてややこしいことになるのもまずいし)」
  • 声をかけてみる
    フェア
    「(そういえば・・・ 前にお兄ちゃんが言ってたっけ
    最近、召喚獣の失踪事件が増えているって
    教えてあげたほうがいいかも・・・)」
    ???
    「!」
    フェア
    「あははっ、えーと こんにちは」
    ???
    「はい、こんにちは ええと・・・」
    フェア
    「わたし、たまたま通りかかっただけなんだけど
    最近、この町では召喚獣が行方不明になってるの
    だから、貴方も気をつけたほうがいいかな、って」
    ???
    「キミは、ボクを心配して声をかけてくれたのかい」
    フェア
    「うん、一応は・・・」
    ???
    「ふふっ、ありがとう 親切なんだね、キミは
    だけど、ボクたちはその行方不明事件の犯人に会いたくて
    ここで、こうして待っていたんだよ」
    フェア
    「・・・え?」
    ???
    「ほら、スバル この子は犯人とは無関係みたいだよ」
    スバル
    「ああ、どうやらそうみてえだな」
    フェア
    「・・・うわっ!?
    (い、いつの間に背後に・・・っ)」
    スバル
    「あははははっ おどかしちまって悪かったな?
    おまえの足運びがただ者じゃなさげだったもんだから
    こっちも用心して気配を消してたんだ カンベンしてくれ」
    フェア
    「あ、うん・・・」
    スバル
    「オレの名はスバル で、そっちが相棒のパナシェってんだ」
    パナシェ
    「よろしくね
    キミの名前は?」
    フェア
    「フェアだよ この町で、宿屋をやっているの
    貴方たちってもしかして「はぐれ」召喚獣なの?」
    スバル
    「「はぐれ」ねぇ・・・」
    パナシェ
    「まあ、端から見るとそうなんだろうね
    でも、ボクたちは普通の召喚獣とは色々と違うんだよ」
    フェア
    「???」
    スバル
    「腰を落ち着けられる場所がありゃ、説明してやれるんだけど
    なにぶん、オレたち 人間じゃないからさ
    普通の店に入れてもらないんだよな」
    フェア
    「じゃあ、ウチに来ればいいよ」
    パナシェ
    「え、でも・・・」
    フェア
    「気にしないで ちょっとした事情があって
    ウチの宿には、もう何人も召喚獣たちが泊まってるの」
    スバル
    「ホントかっ!? うひゃー、そいつは助かるぜ!
    久しぶりに、屋根のある場所で寝れるぞ パナシェっ♪」
    パナシェ
    「もう、スバルったらはしゃぎすぎ・・・
    あ、ちゃんとお金は持ってるから、心配しないでね?」
    フェア
    「あははは・・・」
喧嘩御免!暴れん坊皇子旅日記 ~Bash the Wicked Bros~
フェア
「じゃあ、スバルたちは人間の暮らしぶりを勉強するために
旅をしていたんだね」
スバル
「ああ、そうさ」
パナシェ
「ボクたちが暮らす島は長いこと、外の世界と交流がなかったけど
それじゃいけないって考えるようになってきてるんだよ」
スバル
「そこで、若い世代のオレたちが外の世界を見て回ってるのさ
どういう形で人間と関わっていくべきなのか見極めるためにな」
セイロン
「なるほど・・・ あるいみ、隠れ里とは正反対の考え方だな」
リビエル&アロエリ
「・・・・・・」
グラッド
「事情はわかったよ しかしなあ・・・
今の話だけで君たちが「はぐれ」じゃないと認めるのは厳しいぞ
実際、そんな島があるなんていう話は聞いたことがないし」
ミント
「でも、蒼の派閥が編纂事業をしている世界地図だって
空白のない完璧なものは、未だに完成してはいないですし
私たちの知らない場所は、まだまだあるとは思いますよ」
リシェル
「そうよ、そうよ! 現に隠れ里の存在だって
あたしたち、全然知らなかったじゃないのよ?」
グラッド
「そりゃ、たしかにそうだけど・・・」
フェア
「ゴメンね、なんだか疑ってばかりで
でも、グラッド兄ちゃんもこれが仕事だから」
パナシェ
「気にしないで 当然のことだし」
スバル
「オレたちの身元をどうしてもはっきりさせたいんならさ
帝国軍にいるアズリアって人にたずねてくれよ」
グラッド
「アズリアだって!?」
ルシアン
「たしか、女の人では初めて将軍の地位についた人で・・・
傀儡戦争の時に国境で悪魔の軍勢を撃退した英雄・・・」
スバル
「オレが出会ったのはちっちゃかった頃のことだけどな」
パナシェ
「ダメだよ、スバル 迷惑かかるじゃない」
スバル
「いいじゃんか いつでも歓迎するって言ってたし」
ポムニット
「ここまで具体的な名前が出てきちゃうところを見ますと
口から出任せとはちょっと思えないですよね?」
グラッド
「う、うむ・・・」
シンゲン
「では、これで一応 身元の問題は解決といたしまして
現状、貴方達が困っているという悩みとやらを
ひとつ聞かせてはくれませんかね?」
フェア
「わたしたちもなにか力になれるかもしれないしさ」
パナシェ
「うん、実はね・・・」
フェア
「仲間とはぐれた???」
リシェル
「なんか、つい最近 聞いたような話ね」
アルバ
「あははは・・・」
パナシェ
「ボクたちはずっと3人で旅をしていたんだけど
この町の近くでもう1人が迷子になっちゃって
もう何日も行方がわからないんだ」
ルシアン
「その子もやっぱり君たちみたいな人の姿をしてるの?」
スバル
「まあな・・・ けど、大きさがな まるで違うんだよ」
ルシアン
「大きさって?」
スバル
「花の妖精なのさ 迷子になってるマルルゥはな」
アロエリ
「妖精・・・ 妖精が旅しているというのか!?」
スバル
「ついてくんなって言ったんだけどきかなくてさあ
ちみっちゃいくせにふらふら飛び回って大変なんだよ」
リビエル
「たしかに、年若い妖精は、身体も小さいですし
好奇心旺盛だから迷子になったのもうなずけますわね」
セイロン
「ただの迷子ならよいのだがな」
リビエル
「え?」
セイロン
「ほれ、先日 グラッド殿から聞いたであろう
最近、この町で召喚獣の失踪事件が起こっておると」
フェア
「!?」
パナシェ
「うん、ボクたちもそれを心配しているんだよ
人間に捕まってしまったのかもしれないって」
ミント
「そうね・・・ その可能性は否定できないわ
小さな妖精は見た目が愛らしいこともあって
ペットとして高く取り引きされるって話も聞いたことがあるし」
アロエリ
「なんだ、それは!? ふざけるにもほどがあるぞッ!!」
リシェル
「怒るのはわかるけどそれが現実なのよ
特に、召喚術が広く普及して、召喚獣が財産と認められてる
この帝国ではね」
アロエリ
「クソぉ・・・ッ!」
ミルリーフ
「ミルリーフも、もしママたちに見つけてもらえなかったら
きっと、そうなっていたんだね・・・」
フェア
「(ミルリーフ・・・)」
スバル
「この町にそんな悪党がいるんなら
見つけ出して、絶対とっちめなくちゃ気がすまねえ!」
フェア
「じゃあ、パナシェが町外れでぼーっとしてたのって・・・」
パナシェ
「オトリのつもりだったんだよ
スキを見せてればなにがしかの接触があるかと思ってね」
フェア
「もしかして、わたし 邪魔しちゃった?」
スバル
「気にすんなって どのみち、収穫はなさそうだったし
やっぱ、パナシェがエサじゃ食いついてこないのかもな」
パナシェ
「だからってスバルがエサじゃ逆に逃げちゃうよ」
スバル
「あっははは そりゃそうだ」
フェア
「ねえ、お兄ちゃん なんとか力になってあげられない?
町で起きた事件を解決するのが駐在軍人でしょ?」
グラッド
「まあな・・・
だが、召喚獣の失踪が人為的なものかさえ未だ不明なんだぞ
手がかりもなしじゃ解決のしようもない」
ミント
「それなんですけど
オトリ捜査っていう方法自体は有効だと思うんですよ」
グラッド
「???」
リシェル
「思わずかぶりつきたくなるくらいのエサだったら
結果は違ってくる そういうことでしょ」
ミント
「そうそう♪ つまりね・・・」
リビエル
「ひっく、ひっく ひっく・・・」
???
「おやおや、天使のおじょうちゃん どうしたんだい?」
リビエル
「ごしゅじんさまとぉ はぐれっ、ちゃったよよぉぉ・・・っ」
???
「そいつはいけないな きっと、ご主人さまも心配してるだろう
どれ、僕が一緒に捜してあげよう」
リビエル
「・・・ほんとに?」
???
「ああ、本当だとも 安心して、僕についておいで」
リビエル
「うん・・・」
リビエル
「ねえ、どうして町の外にいくの?」
???
「町の中には悪い人がたくさんいるからね
おじょうちゃんを安心できる場所にかくまうためさ」
リビエル
「ねえ、どうして洞窟に入るの?」
???
「ここが一番安全だからだよ だって・・・」
???
「オリつきだからな! うははははっ!!」
リビエル
「・・・!?」
???
「ふふ、でかしたぞ 我が弟、バレンよ
よもや、はぐれの天使をお持ち帰りしてくるとはな」
バレン
「ギムレあんちゃん 僕、がんばったよ
ねえねえ、僕ってかっこいい?」
ギムレ
「ああ、かっこいいさ 最高にイカしてるぞ
なあ、オマエたちもそう思うだろう!」
(無法者)
「おいーっす!!」
リビエル
「(オリの中に召喚獣たちが・・・
それも、みんなおとなしそうな種族ばっかり・・・)」
ギムレ
「うはは、そいつらは全部、我らが捕まえてきた魔物たちよ
こいつらをまとめて売っ払えば、大金が手にはいるって寸法さ」
バレン
「ぼっろもうけっ♪ ぼっろもうけっ♪」
ギムレ
「召喚獣が行方不明になったところで
真剣に捜して回る主人なんて、まず いねえからな
新しいのを買ったり召喚すれば、それですむだけのことよ」
リビエル
「ひどい・・・っ」
ギムレ
「うはははは、召喚獣ににらまれたところでなにも感じないぞ
ついでに言えば 泣こうがわめこうがへっちゃらだとも」
バレン
「さあ、おじょうちゃん おとなしくオリの中に入ったほうがいい
じゃないと、すっごく痛い目を見ることになっちゃうぞぉ?」
リビエル
「ふふふ、痛い目にあうのは・・・
はたして、どちらのほうかしらね!?」
(バシュッ!)
バレン
「ひゃっ!?」
アロエリ
「つくづく、呆れた外道どもだな」
リシェル
「そうね、そのうえこんなにあっさりひっかかるなんて
同じ人間として恥ずかしいわよ まったく・・・」
ギムレ
「ひっかか・・・っ?」
リビエル
「お誕生日とお祭りが重なったくらいにおめでたいわね
あんな見え見えの手口に、この私がひっかかるなんて
ありっこないですわ 最初から、お芝居していたのよ」
グラッド
「貴様らの尻尾を掴むためにな!」
バレン
「ててっ、帝国軍っ! 帝国軍の兵士だよっ あんちゃんっ!?」
グラッド
「悪事は全て露見した おとなしく武器を捨てて、縄につき
真聖皇帝の裁きを受けるがいい!!」
ギムレ
「皇帝にびびってこんな商売なんぞやってられるか!
相手は兵士一人だ 口をふさいじまえばなにも問題ねえ!」
(無法者)
「おいーっす!!」
スバル
「・・・召鬼・轟雷ッ!」
(ドッシャーンッ!)
スバル
「反省するんだったらカンベンしてやろうかと思ったんだけどさ
こりゃあ、もう ドカンと一発決めるしかなさそうだな」
フェア
「ええ、こういうひどい連中にはぶっとばしてわからせるしかないもんね!」
バレン
「あわ、あわわ・・・・ あわわわわわわわわ」
スバル
「風雷の里の長 鬼姫ミスミが一子 雷迅の将スバル
いっくぜえぇーっ!!」
-バトル-
ギムレ
「あ、明日に向かって退却だあぁーっ!!」
バレン
「あんちゃん、待ってえええぇぇーっ!?」
グラッド
「なんて逃げ足の早さだ まったく・・・
まあ、いいか さらわれた召喚獣が確保さえできれば
事件の立件そのものは・・・
って、おい!?」
スバル
「あれ? もしかして勝手に逃がしたらまずかったのか?」
パナシェ
「あははは、だってみんな、きゅうくつそうだったから」
グラッド
「なんてことを・・・ とほほほ・・・」
ミルリーフ
「・・・ワザとでしょ?」
スバル
「・・・まあな
でも、逃がしたのは帰りたくないって連中だけだからな」
パナシェ
「人間も襲わないって約束もさせたからね」
フェア
「あはははは・・・ やれやれ・・・」
アルバ
「で、結局のところ マルルゥはあそこにいなかったのか」
パナシェ
「うん、てっきり捕まってると思っていたんだけど」
スバル
「まったく、いったいどこいっちまったんだよ、あいつ・・・」
オヤカタ
「ムイッ、ムイムイ!」
ミント
「ちょっと、オヤカタ どうかしたの? そんなにあわてて」
オヤカタ
「ムイッ、ムイーッ!」
フェア
「とにかく、ついていってみましょ」
???
「うううう・・・っ 誰かぁ・・・っ
このベトベトしたの とってくださぁーい」
スバル&パナシェ
「マルルゥっ!?」
フェア
「えぇーっ!?」
ミント
「じゃあ、私が見たあのふわふわした光の正体は・・・」
マルルゥ
「はい、マルルゥだったのですよ」
スバル
「まったく、心配かけさせやがって」
マルルゥ
「ヤンチャさん ワンワンさん ごめんなさい」
ルシアン
「だけど、どうしてオヤカタは今まで
マルルゥのことに気づかなかったのかな???」
オヤカタ
「ム、ムイィ・・・」
マルルゥ
「オヤカタさんはマルルゥをかばってくれてたのです!
人間に見つかったら大変だから、って
ゴハンも半分こしてわけてくれたのです」
ミント
「そうだったの」
リシェル
「ふふふっ、オヤカタ いいトコあるじゃん」
オヤカタ
「ムイィィ・・・ッ」
パナシェ
「でも、どうしてこんな所にいたの マルルゥ?」
マルルゥ
「あんまりこの畑が素敵な場所だったからついふらふらと
えへへへ・・・」
アロエリ
「たしかに、この畑は大地の豊かな息吹に満ちているからな
植物の妖精が、つい引き寄せられたのもうなずける」
パナシェ
「うん、そうかも なんだか懐かしいカンジがするもの」
シンゲン
「まあ、一件落着ということですかね」
(グウゥゥ~)
マルルゥ
「あややや・・・」
フェア
「ずっと半分こじゃそりゃお腹だってすいちゃうよね
うん、ここはひとつ マルルゥの好きな物作ってあげるわ」
マルルゥ
「それなら、マルルゥ お鍋がいいですよ♪」
フェア
「は?」
パナシェ
「ボクたちの島のしきたりなんだよ
いいことがあった時には、みんなでお鍋を囲むんだ」
スバル
「みんなの絆がもっと深まるようにってな」
セイロン
「ほう、じつに素敵なしきたりではないか」
フェア
「よーし、だったら とびっきりのお鍋 食べさせたげる!」
ミント
「お野菜はもちろん うちの畑のでね?」
リシェル&ルシアン
「おーっ!」
新しいメニュー ミニ海賊ナベ のレシピをひらめいた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました