【夜会話】レミィ(リッチバーンVer.)

スポンサーリンク
凶理狐様/ファイポー様

第1話

レミィ
「どうして君が…?
まさか君がこんなところにいるなんて…」
リッチバーン
「いいだろ ここはお気に入りの場所なんだよ
お前こそ、調子悪かったんだろ? こんなところうろうろしてて大丈夫なのかよ」
レミィ
「君に心配してもらうことなんて何もないよ」
リッチバーン
「ま、元気ならいいけどさ ちゃんとザックの薬のんだのか? 約束だぜ?」
レミィ
「…飲んだよ」
リッチバーン
「じゃあ、それが効いたんだな ザックもよろこぶぞ」
レミィ
「…」
リッチバーン
「でも、たおれるまで仕事とはね お前も大変なんだなぁ…」
レミィ
「君に何がわかる?」
リッチバーン
「な、なにって…」
レミィ
「僕のこと何も知らないくせに 勝手なこと言わないで欲しいな」
リッチバーン
「な… なんだよ、その言い方 知らないから聞いただけだろ?」
レミィ
「… 別に君が知る必要なんてないよ…」
リッチバーン
「ち…ちょっと待てよ…!
なんだよ! ハラ立つなぁ!」

第2話

レミィ
「誰かと思えば…
やっぱり君か…」
リッチバーン
「やっぱりってなんだよ?」
レミィ
「あやしい人影が見えたから調べに来ただけだよ」
リッチバーン
「あやしいって、オレのことかよ オレのどこがあやしいんだ?」
レミィ
「気がついてなかったのか… 君は十分あやしいよ」
リッチバーン
「なんだと!」
レミィ
「さわぎのあるところには必ず君がいるじゃないか」
リッチバーン
「う… 反論できないところが…
そういえば あの、ケガした連中はどうなった?」
レミィ
「それほどひどいケガじゃなかったから もう元気にしてる… いや、元気じゃないか…」
リッチバーン
「なんだよ? どこか悪いのか?」
レミィ
「いや、ケガじゃないけど おとなしくなってる 反省している…といいけど」
リッチバーン
「そっか 大丈夫だろ とくにサージってヤツは」
レミィ
「また君がケンカでやっつけたからかい?」
リッチバーン
「ケンカじゃない! 勝負だ!」
レミィ
「それって、何かちがうの?」
リッチバーン
「全然ちがうだろ! なんていうかさ… 心とか?」
レミィ
「心… 心、か… 君がたまにうらやましくなるよ」
リッチバーン
「な… 今オレのことバカにしなかったか?」
レミィ
「さあね」

第3話

レミィ
「君の声だったのか…」
リッチバーン
「あ、レミィ どうしてこんなとこに?」
レミィ
「スゴイうめき声が聞こえたからね またはぐれ召喚獣かと思って」
リッチバーン
「はあ… そうか…」
レミィ
「まだ元気がないみたいだね いつもそれくらいおとなしいと助かるのに」
リッチバーン
「はぁ…」
レミィ
「まったく…」
リッチバーン
「あのさあ、お前… ケッコンって考えたことある?」
レミィ
「ケ、ケッコン!?
い、いや… まだないけど…」
リッチバーン
「はぁ…、いいなぁ… お前、幸せだよ…」
レミィ
「おどろいた… 君にそんなこと言われるだなんて…
毎日あれだけ好き勝手に生きてる君が僕より不幸だって言うのかい? 笑えない冗談だよ」
リッチバーン
「なんだと…? オレは真剣に悩んでたんだよ!」
レミィ
「本当に真剣に悩んでいるのなら 今すぐ寝ることだね
そうすれば明日の朝には悩みなんて、忘れていると思うよ」
リッチバーン
「な…、なんだよ! ムカつく!」
レミィ
「なんだ… もう元気になったじゃないか よかった
おとなしいのは助かるけど 君が元気じゃないと、こっちの調子までおかしくなっちゃうからね」
リッチバーン
「な、なんだよ! 知るか、そんなこと!」

第4話

レミィ
「あれ…?
…? 君はどうしてこんなところに」
リッチバーン
「オレにもよくわからん 歩いてたら、なんとなく…」
レミィ
「なんとなく? そんな風にフラフラしてて またからまれても知らないよ」
リッチバーン
「なんだよ? お前そんなこと心配して こんなとこまで来たのか?」
レミィ
「だ、誰が…!
僕は見回りをしてただけだよ 僕らの工房もこの町の自警団の一員だからね」
リッチバーン
「へぇ…、アニキと同じなのか じゃ、リュート岩窟にいたのも見回りなのか?」
レミィ
「それは…
そうだよ」
リッチバーン
「そっか、大変だな… ま、おかげでオレたちも助かったわけだけど」
レミィ
「だからあれは! 君たちのためじゃなくて…」
リッチバーン
「ボスタフさんのためか… だったらお前とはまた勝負することになるかもな」
レミィ
「どういうこと?」
リッチバーン
「…」
レミィ
「別にいいけど でも、その時は負けないから」

第7話

レミィ
「やっぱり君か…
どうしたんだい? またこっそりと町を抜け出すつもりだった?」
リッチバーン
「なんだよ、それ! オレはただ、この辺りの見回りを…」
レミィ
「見回り? どうして?」
リッチバーン
「それは、今だってアニスたちが どこかでミューノをねらってるかもしれないから…」
レミィ
「ふん… どうしてもあの人たちを悪者にしたいみたいだね」
リッチバーン
「お前こそまだあいつらを仲間だと思っているのか? ボスタフさんがそう言ったのか!?」
レミィ
「それは… 親方にはまだ、話していない…」
リッチバーン
「なんだよ… さっきはあんなに…」
レミィ
「親方は忙しいんだ! 余計な心配なんてかけられるもんか!」
リッチバーン
「…っ! そんな怒らなくても…」
レミィ
「明日、みんなを集めて話し合いがあるよね? きっとその時にハッキリするよ
ボスタフ親方がまちがったことなんてするはずないって」
リッチバーン
「…」

第8話

レミィ
「ここにいたのか…
あの…」
リッチバーン
「ああ、お前 アカバネにおそわれた時のケガとか大丈夫なのか?」
レミィ
「あ、うん もう大丈夫」
リッチバーン
「今日はありがとな お前のおかげで助かったぜ」
レミィ
「あ…、ああ…」
リッチバーン
「ホント、お前が来てくれなかったら あの時、アニスたちにやられてたかもしれなかったんだぜ」
レミィ
「ああ… そうなの あの…」
リッチバーン
「アカバネだってオレたちだけだったら勝てたかどうか、わかんないし」
レミィ
「ああ、それは、その…」
リッチバーン
「それにボスタフさんだって お前がいたから…」
レミィ
「いいから僕にも話させて!」
リッチバーン
「は…? どうぞ」
レミィ
「その… 悪かったね」
リッチバーン
「何が? 助けられたのはオレたちの方だろ? オレの話、聞いてたのか?」
レミィ
「そうじゃなくて アニスたちが本当に悪いヤツだったってことだよ!」
リッチバーン
「あ、ああ! お前にもわかってもらえて ホント良かったよ!」
レミィ
「だから、君のことうたがって 悪かったって思って…」
リッチバーン
「そうだよな これからはもう少しオレの言うことを信じるんだな」
レミィ
「そ、そうだね… 考えておくよ」
リッチバーン
「なんだよ、その言い方! 素直じゃないなぁ お前はいつもそんなんだから…」
レミィ
「…あのさ あんまり調子にのらないでほしいんだけど…」
リッチバーン
「は、はい…」

第9話

レミィ
「君か…」
リッチバーン
「ホントお前はいっつも いいとこに現れるよな」
レミィ
「え…? 今、何かいいところだったの?」
リッチバーン
「は?何の話だよ? アニスたちを追いつめた時だよ あの時、結構ヤバかったんだ
お前たちが来てくれなかったら どうなっていたか… またお前に助けられちまったな」
レミィ
「だから僕は 君を助けになんて行ってない あの人たちを捕まえるためだよ
ザックがあの人たちにやられたし放ってはおけなかっただけで…」
リッチバーン
「そっか でもオレたちが助かったことはたしかだし…
ま、ありがとな」
レミィ
「…」
リッチバーン
「けど、あの調子じゃ ミューノの村へは行けそうにないよな…」
レミィ
「それ、どういうこと?」
リッチバーン
「だってさっき金の派閥でお母さんにすっごく反対されてたじゃないか 行っちゃダメだって」
レミィ
「そんなのは関係ない」
リッチバーン
「関係ないって、お前… お母さんだってお前のこと心配してるんだしさ…」
レミィ
「だから、母さんは関係ない! あの人が何を言おうと知らないよ 僕は…
僕は少しでもボスタフさんの力になりたいだけなんだ」
リッチバーン
「またボスタフさんか… お前、どうしてそんなにボスタフさんにこだわるんだ?」
レミィ
「そんなこと… 君には関係ないよ じゃあね…」
リッチバーン
「あ、おい…」

デートイベント

リッチバーン
「あれ? キルフィス、ドコ行くんだよ」
キルフィス
「ミューノに話があるだけだ キサマには関係ない」
リッチバーン
「そっか… わかったよ」
(キルフィスが去る)
リッチバーン
「ミューノのお父さんもいるし もうすぐ村にかえるワケだし きっと色々あるんだよな…
仕方ない オレはオレでミューノの村へ行く準備をすすめておこう
そういえば、レミィはやっぱりお母さんにだまって行くつもりなのかなぁ…」
(自由行動・工房から出るとイベントが進む)
リッチバーン
「あれ…? 何やってんだ?」
イアナ
「いいわね、レミィ やめておくのよ」
レミィ
「…」
(イアナが去る)
レミィ
「なに見てるの?」
リッチバーン
「あ、いや悪い でもさあ、お前あんなに心配されてんだからさ…
ミューノの村に行くの止めといた方がいいんじゃないの?」
レミィ
「昨日も言ったはずだよ 母さんは関係ないって 僕は絶対に行く
それにあの人は僕がどれだけ鍛えてるか全然知りもしないんだ… それで僕の何を心配するっていうの?」
リッチバーン
「子供があぶないとこに行くんだから普通、心配するだろ? 母親だぜ?」
レミィ
「僕が行ったら危ないと思う様な場所なら君こそ残ってた方がいいんじゃないの?
召喚獣がいないと何もできないくせに」
リッチバーン
「なんだと! キルフィスがいなくたって オレは…!」
レミィ
「マグドラドをたおして調子にのってるみたいだけど あれも召喚獣がいたからだよ
もしかして僕との勝負も自分の力で勝ったと思ってる?」
リッチバーン
「調子にのってるのはどっちだよ! オレひとりだってお前くらいたおせるさ!」
レミィ
「今日はいつもいっしょの召喚獣がいないみたいだし ムリしない方がいいんじゃないの?」
リッチバーン
「うるさい! 一度お前とは1対1で勝負してみたかったんだ!」
レミィ
「勝負か…、いいね 僕もムシャクシャしてたし いい気晴らしになりそうだ」
リッチバーン
「よっしゃ! じゃあ決まりだな!」
レミィ
「すぐに勝負してもいいけど 君には色々準備がいりそうだから北門の前で待ってるよ
準備ができたら教えて」
リッチバーン
「北門の前だな わかった 待ってろよ!」
(北門のレミィに話しかける)
レミィ
「勝負の準備はできた?」
  • バッチリできてるぜ
    リッチバーン
    「さて、はじめようぜ」
    レミィ
    「さっきも言ったけど 僕は今、ムシャクシャしてるから手加減できるかどうか、自信ないんだ
    だから君は、僕のことよりも自分の心配をしていた方がいいと思うよ」
    リッチバーン
    「なんだと… 行くぞ!」
  • もう少し待ってろ
(戦闘勝利後)
レミィ
「… く…っ! また…」
リッチバーン
「お前さあ… 迷ってちゃいい勝負はできないぜ」
レミィ
「なん、だって… 僕が迷ってる…?」
リッチバーン
「なんていうかさ… 勝負に集中してないっていうか… アレだろ? 母親のことだろ?」
レミィ
「なっ…! なんで僕が…!」
リッチバーン
「何があったか知らないけどさ 悩みがあんなら話してみろよ スッキリするかもしれないぜ?」
レミィ
「君は何を…」
リッチバーン
「んで、スッキリしたら もう1回勝負だ!」
レミィ
「は… はあ… 君って人は…
でも、母さんとは別に心配してもらうようなことはないよ」
レミィ
「でもさあ、母親は召喚師なのに お前は鍛冶職人の修行だろ? どうしてだよ?」
レミィ
「君って人は… そうやって思った通り話せるのは少しうらやましいよ」
リッチバーン
「だろう? だからお前も全部話しちまえばいいんだよ」
レミィ
「はあ、わかったよ… 僕だって召喚師の息子だよ 昔は召喚師を目指していたさ
だけど、父さんが死んでからすべてが変わってしまった…」
リッチバーン
「あ…、悪い… なんかシンコクそうな話だな その、ムリしなくても…」
レミィ
「何を今さら… 君が話せって言ったんだ 最後まで付き合ってもらうよ」
リッチバーン
「はぁい…」
レミィ
「父さんが死んでから、母さんは派閥の中での地位をきずくことばかりを考えるようになってしまったんだ…
リングヴァル家の長に取り入ってベルヴォレンなんかの秘書をやっているのも、その証拠だよ…
僕がリングヴァル家で召喚術の勉強をさせてもらえるようにするためとか言ってはいたけどね…
あの人はきっと、僕のことも派閥での地位をきずくための道具のひとつぐらいにしか思ってないんだ
吐き気がする…!」
リッチバーン
「もしかして… その当てつけにボスタフさんのところに…?」
レミィ
「そんなんじゃない! ボスタフ親方は僕を道具じゃなくてひとりの人間として認めてくれたんだ
あそこでなら、僕はモーティア家の地位のことなんて気にしなくてもよかったんだ」
リッチバーン
「レミィ…」
レミィ
「でも、ボスタフさんも奥さんが出て行ってから少しずつ変わってしまって…
今度は僕が、ボスタフさんの力にならなきゃダメなんだ…」
リッチバーン
「… お前の言い分は、大体わかったような気がする…
でも、お母さんのことって本当なのか? お前のかんちがいじゃないのか?
お母さんは本当にお前のためを思ってベルヴォレンさんの秘書に…」
レミィ
「そんなことない…! あの人は、派閥の中でモーティア家を認めさせたかっただけで…」
リッチバーン
「なんでそんな風に言えるんだよ? お母さんからそう聞いたのか?」
レミィ
「聞かなくったってわかる あの人は…」
リッチバーン
わかるもんかっ!
レミィ
「リッチー…」
リッチバーン
「お父さんがいなくなったらお母さんはひとりでお前のメンドウをみなきゃならないんだぞ
それがどんなに大変なのかお前は考えたことあるのかよ!」
レミィ
「なんだって…! どうして君にそんなことが…
あ…
君も、親方を…」
リッチバーン
「そうだよ こういう時に支え合うのが家族ってもんだろ!」
レミィ
「…」
リッチバーン
「さっきだって、お母さん お前のこと本気で心配してたとオレは思うぜ
だからお前ももう少しお母さんのこと信じてやれよ…」
レミィ
「… 君は誰に対しても、相手が召喚獣でも きっとそういう風なんだよね…
うらやましいよ… 僕にはマネはできない…」
リッチバーン
「もしかして、今のは バカにしてる?」
レミィ
「そうじゃない 本気でうらやましいんだ」
リッチバーン
「え…、そうなの? なんかテレるなぁ…」
レミィ
「くやしいけど、君の言う通り話したら少しスッキリしたよ
でも、勝負はまた今度… 悩みが全部解決したらあらためて勝負して欲しいんだ」
リッチバーン
「よし! その日を楽しみにしてるぜ!」
レミィ
「僕も、楽しみだよ」

エンディング

リッチバーン
「へぇ… こんなとこ、あがれるんだな」
レミィ
「まあ、僕は自警団だし」
リッチバーン
「で、話ってなんだよ」
レミィ
「それは…、あの… 君にお礼を言いたくて…」
リッチバーン
「はぁ? そんなことでワザワザこんなとこに?」
レミィ
「だって… 君にお礼を言ってるところを誰かにみられたら…」
リッチバーン
「オレにお礼を言うのは そんなに恥ずかしいことなのか…」
レミィ
「いや… それは…」
リッチバーン
「もういいよ… けど、なんだよ お礼って?」
レミィ
「ああ…、その…、この間… 君に言われたとおり母さんと色々話してみたんだ…
そうしたら、お互いのゴカイもとけたって言うか… だから…」
リッチバーン
「そっか!よかったな! これで悩みもなくなったから オレと勝負を…」
レミィ
「まだだよ!」
リッチバーン
「え~!? まだなんか残ってるのかよ~」
レミィ
「それは… まだ君にちゃんとお礼を言ってない…」
リッチバーン
「なんだよ そんなこと…」
レミィ
「いいから!」
リッチバーン
「はい…」
レミィ
「だから、その…
ありがとう」
リッチバーン
「よかったな、レミィ」
レミィ
「うん これで心おきなく勝負ができる 今度は負けないから」
リッチバーン
「なんだと オレだって」
レミィ
「ふふふ…」
ありがとう、リッチー こんなに楽しい気持ちひさしぶりだよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました