【夜会話】エンジ(リッチバーンVer.)

スポンサーリンク
ファイポー様

第0話

エンジ
「見つかってしまったの…」
リッチバーン
「エンジ… どうしてこんなとこに?」
エンジ
「おぬしが出かけたのでな 跡をつけてきたのじゃ」
リッチバーン
「跡をつけてって… どうして?」
エンジ
「おぬしがミューノに手をださんように見張っておらんとな」
リッチバーン
「そんなことあるか!」
エンジ
「そう言い切れると良いのじゃがな…」
リッチバーン
「言い切れるって! 絶対! 今日はいろいろあったんでアタマを冷やしてたんだよ!」
エンジ
「なんじゃ 知恵熱か」
リッチバーン
「あははは… そうかもな
…っておい!」
エンジ
「その様子じゃと本当にミューノとは関係ないようじゃな
では、用はない ワガハイは帰るとするか」
リッチバーン
「なんだよ、それ せっかくパートナーになったんだからもっと仲良くしようぜ」
エンジ
「なるほど… おぬしの言うこともわからんでもない 考えておこう」
リッチバーン
「ちゃんとたのむぜ… 良い武器をつくるためにもな」
エンジ
「ワガハイとて一度やると決めたのじゃ このマゲにかけて、手は抜かぬぞ!」
リッチバーン
「そうこなくっちゃ! よーしっ! 景気づけにアレを叫ぼう!」
エンジ
「あれ? もしや、さっきの…」
リッチバーン
鍛冶師なら!
ハンマーは…

…ってどうしたんだよ?」
エンジ
「今日の修行はもう終わったのじゃろ? すまんがまた明日にしとくれ ワガハイはつかれた…」
リッチバーン
「なんだよ おじいちゃんみたいだな」
エンジ
「100年以上は生きておるからの 十分おじいちゃんじゃよ」
リッチバーン
「え? ホントに?」

第1話

エンジ
「ふむ、ここじゃったか」
リッチバーン
「あ、エンジ」
エンジ
「ついさっき、ミューノが目覚めたぞ すっかり元気になったようだ」
リッチバーン
「よかったな、エンジ」
エンジ
「うむ… おぬしにも礼を言わねばならんな ミューノのためにご苦労だった」
リッチバーン
「なに言ってるんだよ あの薬ができたのはエンジがいたからだろ
それに、ザックにも手を貸してもらったし オレひとりでできたかどうか…」
エンジ
「そうじゃな おそらくムリじゃったろうて」
リッチバーン
「なんだよ ハッキリ言うなぁ」
エンジ
「それだけではないぞ ワガハイたちの留守中には親方にも世話になっておる
まったく、うたがってすまなんだな…」
リッチバーン
「エンジ…」
エンジ
「いくらワガハイがトラじゃとしても この恩を仇で返すわけにはいかんでの 鍛冶の手伝いをがんばってみるか」
リッチバーン
「本当! エンジがいてくれて本当に助かってたんだよ!
強い武器も作れるようになったし強い相手とも戦えるようになったしね」
エンジ
「うむ そうじゃろうて」
リッチバーン
「これからもよろしくたのむぜ エンジ」
エンジ
「まかせておくがいい」
リッチバーン
「あ、でも… エンジは恩を3日で忘れるんだっけ?」
エンジ
「な…! それはネコじゃ!」

第2話

エンジ
「ここにおったか
親方との勝負の前なのにずいぶんと余裕のようじゃの」
リッチバーン
「まあね 相手が親方だから 今さらジタバタしたって仕方ないよ」
エンジ
「まあ、たしかに そのようじゃな」
リッチバーン
「そう言えば、エンジ 今日はガマンしてくれてありがとな」
エンジ
「ガマン?
ガマンならおぬしのパートナーになった時からずっとしておるが?」
リッチバーン
「そうじゃなくて! 魔石を取り返す時のことさ!
本当はさっさとやっつけて魔石を取り戻したかったんだろ?
でも、オレのためにそれをガマンしてくれて… ありがとな」
エンジ
「礼などいい あんな連中いつでもたおせたからの
だから、おぬしがミューノのためにどこまでやるか 見てみたかったのじゃ」
リッチバーン
「エンジ…」
エンジ
「おぬしはミューノのために 土下座までしてくれて…」
リッチバーン
「あれかぁ… あれはかなりカッコわるかったな」
エンジ
「そうでもないぞ おぬしの心意気にワガハイはうたれたぞ 格好良かったぞ」
リッチバーン
「エンジ…」
エンジ
「おぬしがそこまでできる男じゃからミューノの心も動いたのかもしれん」
リッチバーン
「え? ミューノの心?」
エンジ
「ん…? まったく、ニブいヤツじゃのう…」
リッチバーン
「な、なんだよ、それ!?」

第3話

エンジ
「こりゃまた大きなため息じゃの…」
リッチバーン
「あ、エンジ…」
エンジ
「しかし、やっかいなことになったの ため息もつきたくなるか」
リッチバーン
「ああ… まったくどうしたらいいんだか…」
エンジ
「ワガハイはここで働く気など全くないからの」
リッチバーン
「わかってるよ、そんなこと」
エンジ
「ではいいのじゃが あの時、おぬしが少しうれしそうに見えたものでな…」
リッチバーン
「たしかに鍛冶師として働かないかって言われたとき、少しうれしかったよ オレのウデが認められた気がしてさ
でも、何だよ、ダンナって… こんなことになるなんてオレだって思ってなかったよ…」
エンジ
「ほう、そうかの? カワイイ娘に告白されたこともうれしかったのではないか?」
リッチバーン
「ばっ…! なに言ってるんだよ!」
エンジ
「ただ…、忘れるでないぞ ワガハイの使命はミューノを守ることじゃ」
リッチバーン
「それは…」
エンジ
「だからミューノを悲しませるやからは敵じゃ たとえ、おぬしでも」
リッチバーン
「トホホ…」

第4話

エンジ
「ここじゃったか…
どこに行ったのかと思ったぞ…」
リッチバーン
「あ、ごめん… 歩いてたら、なんとなくここに来ちゃってて…」
エンジ
「何を考えておるのじゃ ボスタフ工房がすぐ近くにあるのじゃぞ こんな場所で油など売っておらずに…」
リッチバーン
「油? なんだよ、それ…」
エンジ
「そんなことはいいからしっかりミューノを守るのじゃ!」
リッチバーン
「そりゃ、そうだけど… そんなキケンなところなのにどうしてミューノは逃げないんだ?」
エンジ
「それは…、まだこの町で やることが残ってるんだそうじゃ…」
リッチバーン
「それは何かってのは… ま、いつもどおりヒミツなんだろうけどな…」
エンジ
「むむ…」
リッチバーン
「はあ… わからないことだらけだな…」
エンジ
「なんじゃ、その言い草は おぬしはもうミューノを守ることなぞできんとでも言うのか!」
リッチバーン
「そんなことないけど… 親方も言ってただろ 鍛冶師の約束は鋼よりカタイんだ
エンジがオレのパートナーであるかぎり オレはミューノを守るよ」
エンジ
「たとえロブとやらの死んでしまった原因がミューノにあったとしても、か?」
リッチバーン
「それは…」
エンジ
「ま、その時は仕方ないじゃろ ワガハイがおぬしのパートナーをやめるまでじゃ」
エンジ
「な…! どうして…!?」
エンジ
「そうすればおぬしにはもうミューノを守る必要などなくなるじゃろ?」
リッチバーン
「エンジ でもお前だって鍛冶師の約束を…」
エンジ
「ミューノを守るためじゃ 鍛冶師の約束をやぶることなぞどうということはない…!」
リッチバーン
「エンジ…」

第5話

リッチバーン
「エンジ?」
エンジ
「うむ… どうやらおぬしはいつも通り元気のようじゃな」
リッチバーン
「うん! エンジは大丈夫なのか?」
エンジ
「まあ、一応はな」
リッチバーン
「よかった… じゃ、ミューノは? ミューノはどうなった?」
エンジ
「それが、わからんのじゃ… ワガハイもおぬしらを助けるだけで精一杯でな…
ここについたとき住民たちに捕まってしまって… 気が付いたらこのザマじゃ…」
リッチバーン
「そっか… お前が助けてくれたんだな ありがとう
で、ここはどこなんだ?」
エンジ
「そこまではわからん… ただ、カンゲイされてはおらんようじゃな…」
リッチバーン
「たしかに… こんなところに入れられてるんだもんな…
なんとかして逃げ出さないと… こんなカベくらいお前の力でぶっこわせないか?」
エンジ
「それがの、妙な腕輪をつけられて 力を出すことができんのじゃ…」
リッチバーン
「うでわ…? くっそー…!」
エンジ
「なんとかして、ミューノを助けだす方法を考えんと…」
リッチバーン
「あの連中、ミューノの持ってた魔石をねらってたんだな… アレは一体、なんなんだ?
…って、ヒミツだったか」
エンジ
「こんなことになってしまった以上 おぬしにも知らせるべきかもしれん ミューノを守るためにもな…」
リッチバーン
「そうなのか?」
エンジ
「あのゴヴァンの魔石はの ミューノの家族が代々守ってきたものなのじゃ」
リッチバーン
「守ってきた? すごい力があるって言ってたもんな 宝物みたいなもんなのか?」
エンジ
「宝物とはいいがたいの… 強すぎる力を悪用されないようにかくしてきたようじゃ
しかしどこから話がもれたのか 村に突然アニスたちがやってきての 魔石をよこせとあばれおった…
村はひどいありさまでな… ミューノは父上に魔石をたくされたのじゃ…」
リッチバーン
「それで、村から逃げてきたのか… じゃあ、今その村がどうなってるのかは…」
エンジ
「わからん… しかし、おそらく あの様子では…」
リッチバーン
「そんな… そんなつらい目にあってたのにオレたちにはずっとだまってて…」
エンジ
「ミューノはできるだけおぬしたちを巻き込まないようにと考えておったからの…」
リッチバーン
「オレさ… お前がどうしてミューノを守りたいかわかったような気がするよ…
だから、オレもがんばる!」
エンジ
「おぬし…」
リッチバーン
「もっともっとがんばって お前といっしょにミューノを守りぬくよ!」
エンジ
「よし! その意気じゃ! 共に戦おうぞ!」
リッチバーン
「おう!
…ってまず この状態をなんとかしないといけないなぁ…」

第6話

エンジ
「なんじゃ… ここにおったのか
こんなところで何をしておったのかな?」
リッチバーン
「あ、ちょっとね 明日の勝負のことを考えてたんだ…」
エンジ
「うむ…、たしかに心配じゃの 1対1の勝負じゃワガハイがついておらんからの」
リッチバーン
「なに言ってるんだ! あんなヤツ、オレひとりで楽勝だぜ!
…と言いたいところなんだけど やっぱひとりはちょっと、な」
エンジ
「リッチー…」
リッチバーン
「でも、お前にばっかカッコイイとことられてちゃカッコワルイからな オレもがんばらないと」
エンジ
「ほう! おぬしもワガハイの格好良さがやっとわかったかの!」
リッチバーン
「うん! でっかいトラに変身してさ すっごくカッコよかったぜ」
エンジ
「変身ではない アレが本来の姿じゃ! ワガハイは元々格好良いのじゃ!」
リッチバーン
「そ、そうだった 忘れてたよ、ごめんごめん でもよかったな、元に戻れて」
エンジ
「そうじゃの… 今まで力が出せなかったのは単純なことを忘れていたからじゃろう
単純じゃが とても大切な気持ちを、な」
リッチバーン
「単純だけど大切な気持ち? なんだよそれ?」
エンジ
「何を言っておる それを思い出させてくれたのはおぬしではないか?」
リッチバーン
「オレが? え~…? わかんないよ…」
エンジ
「わからずともよい とにかくワガハイの力も戻ったワケじゃ 大船に乗ったつもりでいてよいぞ」
リッチバーン
「大船って、どれくらいの感じ?」
エンジ
「そんな細かいことはいい!」

第7話

エンジ
「ここじゃったのか、リッチー…
何をしておるのじゃ? 今日はおとなしくしておれと親方に言われたのじゃろう?」
リッチバーン
「でもさ、アニスたちは今でもどこかでミューノを狙ってるんだぜ ジッとしてられなくて…」
エンジ
「うむ! 良い心がけじゃな! あやつらも正体を知られたからにはどんな手に出てくるかわからぬ
よりいっそう気をひきしめてミューノを守るのじゃぞ」
リッチバーン
「そうだね 1日も早くあいつらを捕まえてミューノを安心させてやろう!
エンジも変身できるようになったしな! たよりにしてるぜ!」
エンジ
「承知した!」
リッチバーン
「よっし! これからが、本番ってワケだな… 初心に返って、気合い入れるか!」
エンジ
「気合い? もしや…」
リッチバーン
「そうだよ 覚えてるだろ? 最初に叫んだアレだ!」
エンジ
「やはり…!」
リッチバーン
鍛冶師なら!
ハンマーは…

…ってどうしたんだよ?」
エンジ
「ああ…、すまんの どうにもその、気分がの… やはり疲れがたまっておるのかの」
リッチバーン
「そういう時こそ アレを叫ぶと…」
エンジ
「それはそうと明日の話し合いでアニスたちの悪事を暴かねばならん! がんばるのじゃぞ」
リッチバーン
「あ…うん」

第8話

エンジ
「元気なのは、結構なのじゃがな…
なんじゃ、おぬし 今日のところは休んでいた方が良いのではないか?」
リッチバーン
「たしかに今日はヒドイ目にあったもんなぁ… エンジも大丈夫か?」
エンジ
「見くびるでないわ! あの程度のことでまいるワガハイではない!
今度あのデカ頭に会ったときはそのことを思い知らせてやるぞ! おぬしの方こそ、大丈夫なのか?」
リッチバーン
「まあね アイツらには結構やられちまったけど一番こたえたのは…
ギランってヤツにだきつかれたことだな 思い出すと、まだヘコむけど…」
エンジ
「ああ… たしかにアレはつらそうじゃの 想像するだけで、全身の毛が逆立つわ」
リッチバーン
「つらかったんだよ 本当に… それに…
アニスのヤツが言ったことも…」
エンジ
「何じゃ、それは?」
リッチバーン
「あ、いや… 別にいいんだ…」
エンジ
「ワガハイにも言えぬこととなると余程のことであろう… あやつら…」
リッチバーン
「あ、いや… なんというか…」
エンジ
「あいわかった! 何も言わずともよい!
次にあやつらとあった時には おぬしの分も思い知らせてやるとこのマゲに誓うぞ!」
リッチバーン
「うれしいけど、コワイ…」
ロブ親方のことはエンジにも言えなかったな…

第9話

エンジ
「リッチー…
…」
リッチバーン
「アニスたちも捕まえたし あとはゴヴァンの魔石を戻せばおしまいだな…」
エンジ
「そうじゃの ウェルマン殿の調子も大分よくなったそうじゃしの」
リッチバーン
「そっか… よかったな、ミューノ…」
エンジ
「うむ… おぬしも今までよくやったの もうひとふんばりじゃ」
リッチバーン
「ありがと、エンジ… それにしても、お前と会ってからいろんなことがあったな…」
エンジ
「本当じゃ、まさかワガハイも鍛冶師のパートナーになるとはユメにも思わんかったぞい」
リッチバーン
「どうだった? 鍛冶師のパートナーは面白かったか?」
エンジ
「まあの モノを作り出すことは単純に楽しいもんじゃ
それにおぬしといっしょだとなんだかんだと退屈することはなかったからの」
リッチバーン
「それはオレだって同じだよ オレだってあなたと会ってから毎日ドキドキすることばっかだったぜ」
エンジ
「ははは… 亀の甲より年の劫 まだまだ若いモンには負けんぞ
おぬしもワガハイとの修行の経験をいかして立派な鍛冶師になるのじゃぞ」
リッチバーン
「うん、まかせとけって! いつかエンジ用の武器も作ってあげるからな」
エンジ
「ほほう まあ、あまり期待しないで待っておるぞ」
リッチバーン
「そういえば、エンジ 魔石を戻しに行く前になんかやり残したこととかないのか?」
エンジ
「やり残したこと…か ないの」
リッチバーン
「そ、そうなのか… なんかさびしいなぁ…」
エンジ
「そう言われてもの まあ時間はまだある 考えておくよ」

デートイベント

リッチバーン
「そういえば、エンジ 今までお前とはたくさん武器を作ってきたよなぁ」
エンジ
「本当じゃ まさかワガハイもこんなことになるとはの…
それもこれもあの時おぬしに負けなければ… …」
リッチバーン
「ん? どうしたんだ?」
エンジ
「どうじゃ、リッチー もう一度ワガハイと勝負してみんか?」
リッチバーン
「なんだよ、突然」
エンジ
「あの時ワガハイが負けたのは妖力を出せなかったからじゃ 今なら本気をだせるからの」
リッチバーン
「負け惜しみか? もういいじゃないか今さら…」
エンジ
「そういうおぬしこそ本気のワガハイと戦うのはコワイのではないのか?
安心せい ワガハイが勝ったとしても今さらパートナーをやめるなどとは言わん」
リッチバーン
「なんだと… わかった 勝負してやるよ!」
エンジ
「そうこなくてはな しかしおぬしとでは力の差がありすぎるかの?
なんなら武器はおぬしの好きなだけ持ってきてもいいぞ」
リッチバーン
「ふざけるな ひとつだ!」
エンジ
「なに?」
リッチバーン
「聞こえなかったのか? お前との勝負に使う武器はひとつだって言ったんだ!
これなら言い訳できないだろ オレもお前もな」
エンジ
「ふふふ…面白い ではジックリ選ぶんだな ワガハイは工房の前で待っておるぞ」
(工房の前で話しかける)
エンジ
「どうじゃ 勝負の準備できたか?」
  • 最高の武器を選んできたぜ
    (武器が一つでない場合)

    エンジ
    「しかし、その装備は…? 最高の武器をひとつ選ぶのではなかったのか?」
    リッチバーン
    「ああ、そうだ ひとつだったんだ ちょっと待ってて」
  • 最高の武器を選んできたぜ
    (武器が一つの場合)

    リッチバーン
    「お前の本気、見せてもらうわ エンジ…」
    エンジ
    「うむ… 恨みっこなしじゃぞ!」
    (エンジが変身)
    エンジ
    カクゴせいよ!!
  • もう少し考えさせて
(戦闘勝利後)
(エンジが元に戻る)
エンジ
「ワガハイとしたことがまた負けてしまうとはな さすがじゃの…」
リッチバーン
「エンジ…、そんな… お前の戦い方を見ていればオレにケガさせないようにって…」
エンジ
「いや、本当に強力な武器じゃった そんな良い武器ができたのもワガハイと修行してきたおかげじゃな」
リッチバーン
は?
あははは! そうだな! オレが勝てたのはこの武器の…お前との修行のおかげだよ!
ありがと、エンジ」
エンジ
「おぬし… おぬしは本当に面白いヤツよのう…」
リッチバーン
「なによ、それ? バカにしてるの?」
エンジ
「そうではない おぬしの様な人間にはこれまで会ったことがなくての…
シルターンにおった時、ワガハイはすんでいた山のヌシの様な存在として見られておったようでの…
周りにおった人間たちはワガハイを恐れる者、あがめる者 それに、憎むものばかりじゃった…」
リッチバーン
「エンジをにくむ… どうして? 何か悪いことでもしたのかよ?」
エンジ
「そんなつもりはないが… まあ、悪さをする人間をこらしめたことはあったかの…」
リッチバーン
「それって良いことしてたってことじゃないか 何で憎まれなきゃなんないんだ?」
エンジ
「物事の善悪など、立場で変わるものじゃ 片方には良いことでも もう片方にはそうでないこともある…
だからワガハイがジャマだと考える人間も大勢おってのぉ よく命を狙われたもんじゃ」
リッチバーン
「そんな…」
エンジ
「そんなヤカラとばかり戦っておったから勝負の後には憎しみとむなしさしか残らないと思っておった…
じゃが純粋に勝負を挑んでくる おぬしに教えられたぞ 楽しい勝負もあるもんじゃ、とな」
リッチバーン
「エンジ…」
エンジ
「100年以上生きておるワガハイがこんな子供にモノを教わるとは思ってもみなんだわ!
ありがとう、リッチー… おぬしに出会えて本当に良かったぞ!」
リッチバーン
「なんだよ、それ… オレだってエンジに会えて本当に良かったぜ!」
エンジ
「そうか、そうか… このまま鍛冶師のパートナーでおるのも悪くなかったかもしれんな…」

エンディング

リッチバーン
「ミューノと出会って エンジの召喚石を拾って ホントに色んなコトがあったな」
エンジ
「ミューノもおぬしに出会わなければ召喚石を落とすことなどなかったのにのぉ…」
リッチバーン
「そんなこと… あるかな」
エンジ
「しかし、おぬしに出会ったからこそ あの連中からミューノを救うことができたのじゃからな
礼を言わねばならんの」
リッチバーン
「なに言ってるんだよ、エンジ ホントはオレがいなくたって自分が助けたとか思ってるだろ?」
エンジ
「む… バレたかの?」
リッチバーン
「やっぱりか…」
エンジ
「ジョウダンじゃよ ワガハイひとりであの連中からミューノを守れたかどうか、わからん
本当にカンシャしておるよ」
リッチバーン
「そんな… ありがと、エンジ…」
エンジ
「だから、100万バームをかせげと言われても だまってついてきておるのじゃ」
リッチバーン
「あ、あはははは~ 100万バームねぇ~ ホントにかせげるのかなぁ…」
エンジ
「何を弱気になっておる! コケの一念、岩をも通すじゃ! なせばなるぞ!」
リッチバーン
「そ、そうか、気合いだな… わかったぜ! そういうときはアレだな!」
エンジ
「アレ? もしや…」
リッチバーン
鍛冶師なら!
ハンマーは、友!
エンジ
ハンマーは、力!
リッチバーン&エンジ
ハンマーは、命!
リッチバーン
「ありがとう、エンジ いっしょに叫んでくれるなんてすっごいうれしいぜ!」
エンジ
「まあの… おぬしとはなかなかはなれられん運命の様じゃからの」
これからもよろしくたのむぞ… リッチー

コメント

タイトルとURLをコピーしました