【夜会話】ティエ(リッチバーンVer.)

スポンサーリンク
夕焼け空様

第3話

ティエ
「ここにいたのね!」
リッチバーン
「あ、ティエ…」
ティエ
「さあ、あらためてふたりのこれからのことを話し合いましょ!」
リッチバーン
「話し合いもなにも オレはその… ダンナになんて…」
ティエ
「んもう! 本当はうれしいくせに テレないテレない!」
リッチバーン
「テレてない!
たしかに鍛冶師として働かないかって言われたとき、少しうれしかったよ オレのウデが認められた気がしてさ
でも、ダンナとかはさ ちがうんだよ!」
ティエ
「でも、とりあえず今後のふたりの計画はちゃんと立てないとダメでしょ?」
リッチバーン
「ええっ!? どうしてそうなるんだ!?」
ティエ
「まずは、わたしとあなたが町へ行って ふたりではぐれ召喚獣をたおしたり 町の人の手助けをしたりすることで…
こんなケナゲなふたりがやってるすてきな宿屋がありますって宣伝するのよ!
すると、わたしたちのお店に町の人がたくさんやってきて ウチの料理とかに感動しちゃって
ウワサがウワサを呼んで どんどんお客様が増えていくっていう寸法よ!」
リッチバーン
「す、すごい計画ですね…」
ティエ
「ふたりでがんばってこの店をリィンバウムいちの宿屋にしましょ ね、リッチー♥」
リッチバーン
「う… ティエって親方以上かも…」

第4話

ティエ
「あ、リッチー
ここにいたんだ? さがしたんだよ~」
リッチバーン
「ああ、うん、ごめん… 歩いていたら、なんとなくここに来ちゃってて…」
ティエ
「元気ないのね 工房に戻ってからずーっと悩んでる それってやっぱり…」
リッチバーン
「それは…」
ティエ
「浮気なのね?」
リッチバーン
「はぁ?」
ティエ
「とぼけたってダメなんだから! エリエちゃんでしょ?」
リッチバーン
「えぇ!?」
ティエ
「リッチーはわたしといっしょにほほえみ亭で働くのよ エリエちゃんじゃないんだよ!
あの日の誓いをわすれたなんて言わせないんだから!」
リッチバーン
「忘れたも何も言ってることがメチャクチャだ!」
ティエ
「ふふ… そうよ、リッチーはそうでなきゃ!」
リッチバーン
「え?」
ティエ
「今みたいなときの方が、ずっとリッチーらしいってこと わすれないでよ」
リッチバーン
「なんかよくわからないけど気分は軽くなった気がするよ ありがとう、ティエ」

第7話のレミィ戦直前

第6話の夜会話で「ティエはもうかっているかな?」を選択した場合の会話

ティエ
「うそ… リッチー…?」
リッチバーン
「ティエ…!」
ティエ
リッチーだ!
(ティエ、リッチーに飛びつく)
リッチバーン
「うわ…!? ちょっと、なんだよ!?」
ティエ
「リッチー! リッチー!」
リッチバーン
「うわ…! ちょっと… くるし、い…!」
ティエ
「よかったー! なにしてたのよー! 心配したんだからねー!」
リッチバーン
「い…、いき…… ……… …………が…っ!」
ミューノ
「ちょっと、ティエちゃん リッチーが、死んじゃう!」
ティエ
「え…!? あ…!」
リッチバーン
「ホント… カンベンしてくれよ…」
ティエ
「バツよ… 心配かけたバツなんだから!」
リッチバーン
「あ… いや、ちょっと…
ごめんな」
ティエ
「ちゃんとみんなにあやまるんだよ! ミューノたちも!」
ミューノ
「はい」
ヴィー
「おーい! ティエ、何かあったのか?」

第7話

ティエ
「ここにいたのね~!
何してるのよ 今日は工房でおとなしくしてるんじゃなかったの?」
リッチバーン
「そうだけど アニスたちがまだどっかでミューノをねらってるはずだし
じっとしてらんないよ」
ティエ
「今日くらいじっとしてなさいよ あれだけみんなにメイワクかけて反省する気もないわけ?」
リッチバーン
「そんなことはないけど…」
ティエ
「ホントに!? わたしがどれだけ心配してたかちゃんとわかってる!」
リッチバーン
「そ、そりゃあ… 専属鍛冶師がいなくなるとほほえみ亭が大変とか…」
ティエ
バカーーー!!!
リッチバーン
「な、なんだよ!?」
ティエ
「ふざけないでよ! わたし、本気であなたのこと心配してたのよ!
だってあんな崖から落ちたんだよ… もしかしたら… リッチー…」
リッチバーン
「ご、ごめん…」
ティエ
「本当に反省してる?」
リッチバーン
「してるよ! ごめんなさい!」
ティエ
「わかったわ じゃあ、許してあげる
これからは心をいれかえて わたしたちの将来についてももっと真剣に考えてね」
リッチバーン
「あ、あはは…」

第8話

ティエ
「あ、リッチー
大丈夫なの? リッチー」
リッチバーン
「え、何が?」
ティエ
「だってあいつらにヒドイ目にあわされたんでしょ!? ケガとか、大丈夫なの?」
リッチバーン
「あ、ああ… 大丈夫だよ 肉体的には」
ティエ
「え、何!? それ、どういうことなの!?」
リッチバーン
「あの…、気持ち悪い話し方の人にすっごいだきつかれて… あー、思い出すとヘコむなぁ…」
ティエ
「ななな、何それ! あ、わかった! あの、男…じゃなくて…女…
じゃなくて、男でいいのよ! あいつ、わたしのリッチーをキズものに…」
リッチバーン
「その言い方はやめろ!」
ティエ
「かわいそうなリッチー… でも安心して わたしそんなことで…
リッチーのことキライになんてならないから…」
リッチバーン
「よろこんでいいのかどうか…」
ティエ
「いいわよ、リッチー… ガマンしなくても… ほら、お泣きなさい
わたしのムネで…」
リッチバーン
「あ、ありがとう、ティエ でも、その気持ちだけで十分だよ」
ティエ
「まあ、リッチー アナタって本当に強いのね…」
リッチバーン
「なんだかなぁ…」

第9話

ティエ
「あ、リッチー~!
今日もリッチーカッコよかったよ! マグドラドなんかやっつけちゃって!」
リッチバーン
「え… そうかな…」
ティエ
「アニスたちも捕まえちゃったしさ あとはミューノの村に魔石を戻すだけだよね
なんか結構遠いみたいだけどがんばらなくちゃね!」
リッチバーン
「…って、お前 ついてくるつもりなのか?」
ティエ
「当たり前じゃない! ここまで来たんだもの最後まで付き合うわよ!」
リッチバーン
「でもさぁ 魔石を持ち出したせいで はぐれが暴れだしているんなら
ミューノの村の辺りも危ないって 金の派閥に行った時みんな言ってたぜ?」
ティエ
「それはそうかもしれないけど… 大丈夫よ! 愛のためですもの!」
リッチバーン
「あのレミィだってお母さんに止められてたんだぜ ムリしないで家にいた方がいいって」
ティエ
「そんな…、イヤだよ! みんないっしょに出かけるのにわたしだけ留守番だなんて…」
リッチバーン
「遊びじゃないんだ!」
ティエ
「…っ!?」
リッチバーン
「これまでのことだって両親は心配してるんだろ? それなのにまた勝手にそんな…」
ティエ
「そうよね… 勝手にあぶないところに出かけてちゃ みんな心配しちゃうわよね…
そんなんじゃお店だって上手くいきっこないわ… わたしのせいで、それはダメよ」
リッチバーン
「ティエ…」
ティエ
「うん… わたし、家に戻る」
リッチバーン
「そっか 両親もよろこぶとおもうぜ」
ティエ
「でも、リッチーの言うことを聞くかわりに わたしのお願いもひとつ聞いて?」
リッチバーン
「ん~…? なんだよ?」
ティエ
「明日、家までわたしを送っていってくれないかしら?」
リッチバーン
「え…? オレひとりでいいのか? みんなでアイサツに行った方が…」
ティエ
「いいのよ、そんな 別にこれで最後になるわけじゃないんだし…
でも、その、少しの間でもリッチーとはなれるのはさびしいから…」
リッチバーン
「そんな大げさな… でも、まあ… そのくらい、いいよ」
ティエ
「ありがとう! じゃあ、また明日ね」

デートイベント

リッチバーン
「あれ? エンジ、ドコ行くんだよ」
エンジ
「これからの事でミューノに話があっての すまんが少し勝手をさせてもらうぞ」
リッチバーン
「そっか… そうだな… わかったよ」
ティエ
「おまたせー
さ、リッチー 早くほほえみ亭に向かいましょ」
リッチバーン
「そっか そうだったな」
  • じゃあ出発しよう
  • まだ準備ができてないよ
    リッチバーン
    「準備するからちょっと待っててくれよ」
    ティエ
    「じゃあここで待ってるから早くしてね」
    ティエ
    「早くほほえみ亭に向かいましょ」
    リッチバーン
    「わかった 行くよ」
(ほほえみ亭へ)
テュス
「へー、そんなことが… リッチーくんも大変だねぇ」
リッチバーン
「でも、たぶんこれではぐれ召喚獣たちもおとなしくなるって思うんです」
ティエ
「そんなわけでわたしもリッチーといっしょにミューノの村へ行きたいんだけど」
ロシェ
「へぇ そうなの?」
テュス
「…って、なに言い出すんだ ティエ!?」
リッチバーン
「ちょっと待てよ! 今回は留守番じゃなかったのか?」
ティエ
「ここまで来たんだもの 最後までつきあうわよ」
リッチバーン
「でも言っただろ はぐれがヘンになった原因かもしれない場所に行くんだって
何が起きるかわからないんだぞ!」
ティエ
「だからわたしじゃ心配だってことだろうけど困るのよね~
一度くらい勝ったからって いつまでもわたしより強い気でいてもらっちゃ
わたしだってあの時よりは強くなってるのよ」
リッチバーン
「それは、わかってるけど…」
ティエ
わかってない!
じゃあ勝負しましょう 今のわたしがどれだけ役に立つか証明してあげるわ」
リッチバーン
「う…!」
テュス
「よしなさい、ティエ リッチーくんも困ってるだろう」
ティエ
「だったらわたしと勝負して勝てばいいのよ」
リッチバーン
「う…」
ロシェ
「リッチーくん…」
リッチバーン
「…わかりました しかたないですよね…
よっしゃ! 勝負してやるぜティエ!」
ティエ
「そうこなくっちゃ! じゃあ表に出なさい!」
(ロシェに話しかける)
ロシェ
「リッチーくんごめんなさいね あのコ、一度言い出したらきかないの」
(テュスに話しかける)
テュス
「たのんだよ リッチーくん」
ティエ
「どうリッチー? 勝負の準備はできたの?」
  • いつでも勝負できるぜ
    ティエ
    「かくごしなさいよ!」
    テュス
    「リッチーくん…!」
    リッチバーン
    「そうだ… この勝負、ティエの両親のためにも絶対に負けるわけにはいかない!」
(ティエと戦闘・武器破壊で勝てばエクセル鉱石2個入手)
リッチバーン
「どうだ… これで自分の力がわかっただろ? やっぱ留守番してろよ」
テュス
「わかったかい、ティエ? あきらめなさい…」
ティエ
「…できないよ そんなことできないよ…」
リッチバーン
「なんだと? どうして…」
ティエ
「だって… 何が起きるかわからないところにリッチーが行くんだよ…
わたしだって心配だよ! ついていきたいよ! 待ってるなんてイヤなの!」
リッチバーン
「ティエ…」
ティエ
「う… うう…」
リッチバーン
「あ!? ちょっと、そんな 泣くなよ…!?」
テュス
「ティエ… それほどまでにリッチーくんを…
リッチーくん 悪いがティエをいっしょに連れて行ってくれないか?」
リッチバーン
「え? どうして…、ですか!?」
ロシェ
「そうね… この子、あなたの後を追いかけて出て行きかねないわ」
テュス
「だったら最初から君についていってもらった方が安心だ」
リッチバーン
「でも…」
テュス
「わがままなお願いなのは十分承知している だが、どうか、このとおりだ」
リッチバーン
「うわ そんな、あの すみません、オレ、あの」
ティエ
「う… ひっく…」
リッチバーン
「あ… その…
… わかりました」
テュス
「ありがとう、リッチーくん 良かったなティエ さあ、元気出しなさい」
リッチバーン
「だから、ほら もう泣くなよ」
ティエ
「くくく…
あははは! 大・成・功!」
リッチバーン
「え~!?」
テュス
「ウソか!? 今までのは全部ウソか!?」
ティエ
「ウソとかそんなのはどーだっていいのよ! 大切なのはひとつ
わたしがリッチーについていくことにみんなが納得したってこと!」
テュス
「う…!」
ティエ
「そんなワケだから、リッチー 一度した約束は男らしくちゃんと守りなさいよ!」
リッチバーン
「お、男らしく…わかったよ!」
テュス
「我が娘ながら なんとも… すまない、リッチーくん…」
ロシェ
「まあ、しかたないわね こうなったらとりあえず ご飯たべていきなさい!」
リッチバーン
「くっそ~! こうなったら、くうぞ~!」
ティエ
「あ、ダメだって、お母さん!
もう… みんな仕方ないんだから~!」

エンディング

リッチバーン
「ゴヴァンの魔石のおかげで 本当に色々な目にあったなぁ…」
ティエ
「本当、何度もあぶない目にあったもんね… よく命が無事だったわ」
リッチバーン
「たしかに大変な目にはあったけど悪いことばっかじゃないぜ ほら…
こうしてティエと仲良くなれたのも魔石のおかげって言えないこともないし」
ティエ
「そうね… でも魔石なんかなくったってリッチーとは出会っていたはずよ
だってあなたとわたしは ひかれあう運命なんですもの…」
リッチバーン
「そういう言い方 なんか、親方みたいだなぁ…」
ティエ
「魔石の件も片付いたことだし これでほほえみ亭専属の鍛冶師としてしっかりと…」
リッチバーン
「でも、ほら、その前に親方との約束の100万バームをなんとかしなきゃな…」
ティエ
「そういえばリッチー 借金があるのね!?」
リッチバーン
「借金じゃない!」
ティエ
「ああ… こうやってザンコクな運命はふたりを引きさこうと言うのね」
リッチバーン
「スゴイことになってるんだな…」
ティエ
「でも大丈夫よ、リッチー この程度のことなんかじゃわたしはくじけないわ
それどころか逆に燃え上がるわよ! さあ、この逆境 ふたりでのりこえましょう!」
リッチバーン
「わかったわかった まったく… ティエにはかなわないよ
そうだな とにかくふたりでがんばろう!」
ティエ
「ありがとう、リッチー そういうところ大好きよ!」
リッチバーン
「ちょっと、カンベンしてよ…」
ティエ
「ダ~メ カンベンなんてしてあげな~い」
わたしといっしょにユメをかなえるまでは、ね… リッチー

コメント

タイトルとURLをコピーしました