【夜会話】ランドル(リフモニカVer.)

スポンサーリンク
ファイポー様

第0話

ランドル
「…」
リフモニカ
「ランドル… どうしてこんなとこに?」
ランドル
「アナタガ 外出シタノデ 跡ヲツケテキタノデス」
リフモニカ
「跡をつけてって… どうして?」
ランドル
「みゅーの様ヲ 狙ッテイルカモ シレナイト 判断シマシタ」
リフモニカ
「そんなことないって!」
ランドル
「ナイトハ 言イキレマセン」
リフモニカ
「ないって! 絶対! 今日はいろいろあったからアタマを冷やしてたのよ!」
ランドル
「知恵熱ニヨル 熱暴走デスネ」
リフモニカ
「えーと…  そーなのかな?」
ランドル
「みゅーの様ヲ 狙ッテイナイノナラ 私ハ 戻リマス」
リフモニカ
「あ…、ちょっと! その前に…」
ランドル
「ナンデスカ?」
リフモニカ
「あらためて これからよろしくね ランドル!」
ランドル
「…  ハイ」
リフモニカ
「ビミョウな間が気になるけど 景気づけにアレを叫ぼう!」
ランドル
「アレ?」
リフモニカ
鍛冶師なら!
ハンマーは…

…ってどうしたの?」
ランドル
「先ホドノ修行中ニモ 言イマシタガ ドウシテ叫ブノカ 理解デキマセン」
リフモニカ
「だから、気合いだよ」
ランドル
「気合イ…」
リフモニカ
「そう、お腹のソコからわきあがる こう…」
ランドル
「…」
リフモニカ
「えーと…」
ランドル
「…」
リフモニカ
「もういいよ 帰って」
ランドル
「了解デス」
(ランドルが去る)
リフモニカ
「いつの日か、きっと あの子にも気合いをつたえてみせる!」

第1話

ランドル
「発見シマシタ」
リフモニカ
「あ、ランドル」
ランドル
「先ホド みゅーの様ガ 目ヲ覚マシマシタ スッカリ元気ニ ナッタヨウデス」
リフモニカ
「よかったね、ランドル」
ランドル
「コレモ アナタノオカゲデス アリガトウゴザイマシタ」
リフモニカ
「な、なによ あらたまって…」
ランドル
「…ト、みゅーの様ガ伝エテ欲シイト 言ッテイマシタ」
リフモニカ
「ああ、なんだ…
でも薬を作るためにランドルだってがんばったよ ザックにも手を貸してもらったし」
ランドル
「ソウデスネ」
リフモニカ
「それに、わたしたちが出かけている間 ミューノをみてたのは親方なんだしさ
わたしひとりだったらここまでできたかどうか…」
ランドル
「ソウデスネ」
リフモニカ
「そう言われるのもハラ立つけどね
でも、ランドルのおかげで強い武器も作れるようになったし 強い相手とも戦えるようになった
本当に助かってるよ」
ランドル
「私ハ アナタノ役ニ立ッテイルノデスネ」
リフモニカ
「うん、バッチリだよ!」
ランドル
「…」
リフモニカ
「これからもよろしくたのむね ランドル」
ランドル
「了解デス」
なんとなくだけど 今、ランドルがよろこんでいるように見えたんだ

第2話

ランドル
「ココデシタカ… 親方トノ 勝負ニソナエテ何カスルコトハ ナイノデスカ?」
リフモニカ
「今日はもういいよ ゆっくり休んで明日にそなえよう!」
ランドル
「ナルホド 了解デス」
リフモニカ
「そう言えば、ランドル 今日はガマンしてくれてありがとね」
ランドル
「ガマン? ソレハ ドウイウコトデスカ?」
リフモニカ
「魔石を取り返す時のことだよ! 本当はさっさとやっつけて魔石を取り戻したかったんでしょ?
でも、わたしのためにそれを ガマンしてくれて… ありがとう」
ランドル
「ガマントハ 何カニ 耐エルコトデス
私ハ アナタノ指示ヲ 守ッタダケ
ガマンヲシテイタノハ アナタデス」
リフモニカ
「ランドル…」
ランドル
「アナタハ みゅーの様ノタメ シタクモナイ 土下座トイウモノマデシテイマシタ」
リフモニカ
「あれかぁ… あれはかなりカッコわるかったね」
ランドル
「ソウデショウカ? アナタハ 自分ヲコロシテマデ約束ヲ守ロウトシテイマシタ
ソレハ アナタノ言ウカッコイイ行動デアルト 思ワレマス」
リフモニカ
「ランドル…」
ランドル
「ソウイッタ行動ノ結果ガ 人ノ気持チトイウモノヲ動カシテイルト 判断シマス」
リフモニカ
「なんか… ランドルにほめられるなんてすっごくうれしいよ!」
ランドル
「…」
リフモニカ
「あ、まあ 明日はいっしょにがんばろうね!」
ランドル
「オー!」

第3話

ランドル
「ヤハリ アナタノ声 デシタカ」
リフモニカ
「あ、ランドル…」
ランドル
「マダ 元気ニナッテハ イナイヨウデスガ… 大丈夫デスカ?」
リフモニカ
「ああ… 気が重くって… わたしどうなっちゃうんだろう…」
ランドル
「私ハ ココデ 働クコトハ デキマセン」
リフモニカ
「わかってるよ、そんなこと」
ランドル
「デハ イイノデスガ… アノ時、アナタガ ウレシソウナ反応ヲ示シタノデ…」
リフモニカ
「たしかに鍛冶師として働かないかって言われたとき、少しうれしかったんだ わたしのウデが認められた気がして
でも、まさかカンバン娘だなんて… こんなことになるなんてわたしだって思ってなかったよ…」
ランドル
「ソレダケデハナク カンバン娘 ト 言ワレタトキモ ヨロコンダヨウナ 反応ガ…」
リフモニカ
「ばっ…! そんなことないよ!」
ランドル
「忘レナイデクダサイ 私ノ使命ハ みゅーの様ヲ守ルコトデス」
リフモニカ
「それは…」
ランドル
「ダカラ みゅーの様ヲ 悲シマセル人ハ 私ノ敵デス タトエ、アナタデモ」
リフモニカ
「トホホ…」

第4話

ランドル
「発見シマシタ… ココニイタノデスカ…」
リフモニカ
「うん… 歩いてたら、なんとなくね…」
ランドル
「ココデ 何ヲシテイルノデスカ スグ近クニ ぼすたふ工房ガ アルノデス
みゅーの様ノ 守リヲ 強化スル必要ガ アリマス」
リフモニカ
「そりゃ、そうだけど… そんなキケンなところなのにどうしてミューノは逃げないの?」
ランドル
「マダコノ町デ ヤルコトガアルヨウデス」
リフモニカ
「それが何かってのは… ま、いつもどおりヒミツなんだろうけどね…」
ランドル
「…」
リフモニカ
「はあ… わからないことだらけだよ…」
ランドル
「ソレデハ みゅーの様ヲ 守ルコトガ デキマセンカ?」
リフモニカ
「そんなことないけど… 親方も言ってたでしょ 鍛冶師の約束は鋼よりカタイのよ
ランドルがわたしのパートナーであるかぎり わたしはミューノを守るよ」
ランドル
「タトエ みゅーの様ガ ろぶ親方ノ 死ンデシマッタ原因ヲ作ッタトシテモ デスカ?」
リフモニカ
「それは…」
ランドル
「ヤハリ ソノ場合 アナタニ みゅーの様ヲ任セルノハ 問題ガアルヨウデス
ソノ時ハ 私ガ アナタノぱーとなーヲヤメマス」
リフモニカ
「な…! どうして…!?」
ランドル
「ソウスレバ アナタハ みゅーの様ヲ守ル必要ガ ナクナルハズデス」
リフモニカ
「ランドル でもあなただって 鍛冶師の約束を…」
ランドル
「みゅーの様ヲ守ルタメデアレバ 鍛冶師ノ約束ヲ ヤブルコトナド 問題デハ アリマセン」
リフモニカ
「ランドル…」

第5話

リフモニカ
「ランドル?」
ランドル
「… ハイ…」
リフモニカ
「よかった! あなた、大丈夫なの?」
ランドル
「拘束サレテイマスガ しすてむニ 異常ハ アリマセン」
リフモニカ
「よくわかんないけど 大丈夫なんだね… ミューノはどうなったの?」
ランドル
「ワカリマセン… アナタタチヲ川カラ助ケ出シタ後ココノ住民ニ拘束サレテ…
コノ場ニ ハコビコマレタノデス」
リフモニカ
「そっか… あなたが助けてくれたのね… ありがと…
そういえばここはどこなんだろ?」
ランドル
「ワカリマセン…」
リフモニカ
「そっか…、でもこんなトコに押し込められてたらこのままじゃどんなことされるか…
なんとかして逃げ出さないと… こんなカベくらいあなたの力でこわせない?」
ランドル
「ムリデス 特殊ナ腕輪ニヨリ 行動制限ガ設ケラレテシマイマシタ」
リフモニカ
「うでわ…? そいつのせいで自由に動けないのね… かわいそうに…!」
ランドル
「コノママデハ みゅーの様ヲ 守ルコトガ デキマセン…」
リフモニカ
「あの連中、ミューノの持ってた 魔石をねらってたんだね…
アレは一体、なんなの? …って、ヒミツだったっけ」
ランドル
「優先順位ヲ 変更シマス 現状 みゅーの様ヲ 守ルタメニハ 知ラセタ方ガ 良イト判断シマス」
リフモニカ
「そうなの?」
ランドル
「アノごう゛ぁんノ魔石ハ みゅーの様ノ 家族ガ代々守ッテキタ モノデス」
リフモニカ
「守ってきた? すごい力があるって言ってたもんね 宝物みたいなもの?」
ランドル
「協力ナ チカラヲ 秘メテイルタメ 悪用サレナイヨウ守ッテイタヨウデス
シカシ 村ニ あにすタチ 武装集団ガ 魔石ヲ ウバイニ 現レタタメ
みゅーの様ノ 父親デアル うぇるまん様ヨリ 私タチハ 魔石ヲ タクサレマシタ」
リフモニカ
「それで、村から逃げてきたの… じゃあ、今、村やお父さんがどうなってるのかは…」
ランドル
「ワカリマセン」
リフモニカ
「そっか… ミューノ、心配なんだろうな…
それなのにわたしたちにはずっとだまってて… ガマンして…」
ランドル
「みゅーの様ハ 自分デ問題ヲ 解決シヨウト シテイマシタ」
リフモニカ
「わたしね… あなたがどうしてミューノを守りたいかわかったような気がするよ…
だから、わたしもがんばる!」
ランドル
「ぱーとなー…」
リフモニカ
「もっともっとがんばって あなたといっしょにミューノを守りぬくよ!」
ランドル
「了解デス ヨロシクオネガイシマス」
リフモニカ
「うん!
…ってまず この状態をなんとかしないといけないなぁ…」

第6話

ランドル
「ココニイタノデスカ 何ヲシテイタノデスカ?」
リフモニカ
「その… 明日の勝負のことを考えてたんだ」
ランドル
「1対1ノ 勝負デスネ 勝ツ自信ハ アリマスカ?」
ランドル
「もちろん! …と言いたいところなんだけど やっぱひとりはちょっと、ね」
リフモニカ
「でも、あなたにばっかカッコイイとことられてちゃカッコワルイからね わたしもがんばらないと」
ランドル
「私ガ カッコイイ デスカ?」
リフモニカ
「うん 変身してわたしを守ってくれてさ すっごいカッコよかったよ」
ランドル
「変身… 格闘もーどニ 変形シタコトデスネ カッコイイ、デスカ…
…」
リフモニカ
「な、なんで泣くの!?」
ランドル
「原因ハ 不明デスガ 機体温度ガ 上昇シタノデ冷却ヲ 行イマシタ」
リフモニカ
「熱くなったってこと? もしかしてテレてたの?」
ランドル
「テレル? 私ガ? ソンナコトハ…」
リフモニカ
「うん? どうしたの?」
ランドル
「変形しすてむノ えらーガ解消サレタ時 ぷろぐらむノ一部ニ 影響ガアッタノカモ シレマセン…
アナタト イッショダト 予想デキナイコトガ 発生シマスカラ」
リフモニカ
「んー… それってほめられてるの?」
ランドル
「ソウダト思ッテモラッテ 問題アリマセン」

第7話

ランドル
「ぱーとなー… ココデシタカ
今日ハ オトナシクシテイロト 親方ニ 言ワレテイマシタガ」
リフモニカ
「でもさ、アニスたちは今でもどこかでミューノを狙ってるんだよ ジッとしてられなくて…」
ランドル
「タシカニ 彼女モ 私タチニ 正体ガ知レタタメ ヨリ計画的ナ 行動ヲスルハズデス
以前ヨリマシテ 注意深クみゅーの様ヲ 守ル必要ガアリマス」
リフモニカ
「そうだね 1日も早くあいつらを捕まえてミューノを安心させてあげよう!
ランドルも変身できるようになったしね! たよりにしてるよ!」
ランドル
「了解デス」
リフモニカ
「よおーし! これからが、本番ってワケだね… 初心に返って、気合い入れよっか!」
ランドル
「気合イ…」
リフモニカ
「そうだよ 覚えてるでしょ? 最初に叫んだアレよ!」
ランドル
「アレデスカ」
リフモニカ
鍛冶師なら!
ハンマーは…

ってどうしたの?」
ランドル
「以前モ 言イマシタガ ドウシテ 叫ブノカ理解デキマセン」
リフモニカ
「だから 叫ぶと、こうおなかの中から…」
ランドル
「ソレヨリモ 明日の話シ合イデ あにすタチノ悪事ヲ 証明スルタメ ガンバッテクダサイ」
リフモニカ
「お…、おー!」

第8話

ランドル
「大丈夫デスカ?ぱーとな- 今日ハ 休ンデイタ方ガ イイノデハ ナイデスカ?」
リフモニカ
「たしかに今日はヒドイ目にあったもんね… ランドルも大丈夫?」
ランドル
「問題アリマセン 機能ノ損傷ハアリマセン アナタコソ 大丈夫ナノデスカ?」
リフモニカ

「まあね アイツらには結構やられちゃったけど一番こたえたのは…
ギランって人にだきつかれたことだなぁ 思い出すと、まだヘコむよ…

ランドル
「タシカニ アノ時 アナタハ トテモ ツラソウデシタ…」
リフモニカ
「つらかったんだよ 本当に…
それに… アニスが言ったことも…」
ランドル
「何デスカ?」
リフモニカ
「あ、ううん… 別にいいよ…」
ランドル
「言エナイヨウナコト ナンデスネ…」
リフモニカ
「あ、いや… その、なんというか…」
ランドル
「今ノ反応ハ イツモノアナタラシクアリマセン 重大ナ事ガ 起キタノデスネ…
次回 彼女タチニ 会ッタ場合ハ ソノ分モ含メテ 対応スルコトニシマス」
リフモニカ
「な、なんかコワイなぁ…」
ロブ親方のことはランドルにも言えなかったな…

第9話

ランドル
「ぱーとなー… …」
リフモニカ
「アニスたちも捕まえたし あとはゴヴァンの魔石を戻せばおしまいだね…」
ランドル
「うぇるまん様ノ 回復モ 時間ノ問題デショウ」
リフモニカ
「そっか… よかったね、ミューノ…」
ランドル
「…」
リフモニカ
「それにしても あなたと会ってからいろんなことがあったね…」
ランドル
「私モ 鍛冶師ノぱーとなーノ任務ナド想定外デシタ」
リフモニカ
「どうだった? 鍛冶師のパートナーは面白かった?」
ランドル
「面白イ? 私ニハ ソンナ感情ハアリマセン 与エラレタ任務ヲ コナシタマデデス」
リフモニカ
「そっか… それはちょっとさびしいかな…」
ランドル
「シカシ 戦闘兵器トシテ作ラレタ私ガ モノヲ作リ出セル トイウコトハ発見デシタ」
リフモニカ
「へぇ… ランドルの仕事はすごく正確だし良い職人になれると思うけど」
ランドル
「アリガトウゴザイマス シカシ 私ノ作業ハ タダ 正確ナダケ デス
アナタノ作ルモノハ 同ジヨウニ 作業シテイテモ ホンノ少シ 変化シテイマス
ソレガ 武器ニ 魂ヲ込メル トイウコト ナノデショウカ?」
リフモニカ
「うーん… 自分ではよくわからないんだけどそうなのかな?」
ランドル
「私ニハ 魂ヲ込メル トイウコトモ 正確ニハ 理解デキマセン
私ノ中ニ 魂ナド 存在シマセンカラ」
リフモニカ
「そんなことないよ! ランドルにだって魂はあるよ!」
ランドル
「ドコニデスカ?」
リフモニカ
「どこって…、それはわからないけど たまにランドルだって怒ったりするときがあるじゃない!」
ランドル
「ソレハ 気ノセイデス 私ニ 感情ナド アリマセン」
リフモニカ
「そんなことないと思うよ
 そういうランドルだから わたしたちは今までパートナーとしてがんばってこれたんだと思うし」
ランドル
「… ソウナノデスカ?」
リフモニカ
「そうだよ 絶対に…!」

デートイベント

リフモニカ
「そういえば、ランドル 今まであなたとはたくさん武器を作ってきたよね
今まで作った武器で どれが一番好き?」
ランドル
「好キ? … ソレハ ドウイウコトデスカ?
耐久性ノ高イ武器ヲ 選ブノデスカ? ソレトモ 斬レ味ノスルドイ武器ヲ選ブノデスカ?」
リフモニカ
「そうじゃなくて、好きなのだよ 何度も作ってきたんだからあるでしょ? お気に入りとか」
ランドル
「オ気ニ入リ…、デスカ 私ハ 作ッタ武器ニ 好キ嫌イナド アリマセン」
リフモニカ
「そっか… じゃ、仕方ないなぁ…」
ランドル
「逆ニ 質問シタイデス アナタハ ドノ武器ガ 好キナノデスカ?」
リフモニカ
「え~! ちょっと待ってよ… すぐには決められないなぁ…」
ランドル
「ナルホド… 私ニモ 心ヤ 魂ト呼バレルモノガアレバ ソノ気持チガ理解デキルノデショウカ?」
リフモニカ
「え… それは、多分…」
ランドル
「以前、とらむサンハ 戦イヲ通シテ 幻龍鬼ニ アナタノ心ガ 伝ワッタト言イマシタガ 本当ナノデスカ?」
リフモニカ
「う~ん… 本気で戦えば気持ちは通じる …っていうのが親方の教えなんだけど
たしかにそんな気はするよ」
ランドル
「シカシ以前 アナタト戦ッタ時 私ニハ アナタノ心トイウモノハ伝ワッテハ キマセンデシタ…」
リフモニカ
「それは… そういえば、あの時あなたは本気が出せなかったんだよね」
ランドル
「タシカニ… 変形機能ニ 問題ガアリマシタ
シカシ 今ハ 機能シテイマス
今 アラタメテ アナタト 勝負デキレバ モシカシタラ…」
リフモニカ
「そうだね… 勝負しよっか!」
ランドル
「了解デス アリガトウゴザイマス」
リフモニカ
「いいっていいって… というか、あなたに勝負を申し込んでお礼を言われるなんて、感動だよ…」
ランドル
「デハ、アナタノ一番好キナ武器デ勝負シテクダサイ 確率ガ上昇スルカモシレマセン」
リフモニカ
「なるほど… たしかに、それってあるかも」
ランドル
「デハ アナタノ準備ガ 調ウマデ 私ハ 工房ノ前デ 待機シテイマス」
リフモニカ
「工房の前ね よおっし! 待っててよね!」
(工房前のランドルに話しかける)
ランドル
「一番好キナ武器ヲ 選ブコトガ デキマシタカ?」
    • 最高の武器を選んできたよ
      (装備している武器が一つでない場合)

      ランドル
      「選ンダ ト言イマシタガ 一番好キナ武器ハ一本デハナイノデスカ?」
      リフモニカ
      「まあ、一番好きだっていうんだから 一本だよね… ちょっと待ってて」
    • 最高の武器を選んできたよ
      (装備している武器が一つの場合)

      リフモニカ
      「この武器で… あなたにわたしの魂を伝えてあげる!」
      ランドル
      「デハ、本気ノ勝負デス!」
      (変形)
      ランドル
      イキマス!
    • もう少し考えさせて
(戦闘後)
リフモニカ
「どう? なんか伝わったでしょ?」
ランドル
「ソウ言ワレテモ 攻撃ニヨル ショウゲキシカ 伝ワッテキマセンデシタガ」
リフモニカ
「それだよ! ランドル」
ランドル
「ドレデスカ?」
リフモニカ
「わたしの使った武器は あなたといっしょに修行してたからできた武器なんだよ
つまり、これはわたしの武器じゃなくて わたしたちの武器なんだ…
だから、わたしは、なんと言うか… わたしはあなたといっしょに 戦ってたんだよ」
ランドル
「私ト イッショニ…」
リフモニカ
「だから、えーと… あなたに伝わったのは武器の力というか…
そうよ あなたに伝わったのは わたしとあなたの魂の重さよ!」
ランドル
「魂ノ 重サ…」
リフモニカ
「なんか、攻撃を受けたとき ガーンときたでしょ? ガーンと」
ランドル
「エエ ソレハ… タシカニ…」
リフモニカ
「そのガーンってなかにはさ 言葉にならない気持ちがたくさんこもってるんだよ!
あとはあなたが それを感じるだけよ!」
ランドル
「感ジル…デスカ?」
リフモニカ
「そう 相手の動きとか表情をみていれば何を考えているか大体わかるでしょ」
ランドル
「ナルホド… アナタノ 先ホドノ戦闘カラアナタノ気持チヲ推測スルト…
アナタハ 楽シカッタ様ニ 思ワレマス」
リフモニカ
「そうだよ! 楽しかった! あなた、結構強かったしね
あなたはわたしがケガしないようにちゃんと考えていてくれたでしょ? やさしいね」
ランドル
「ヤサシイ? 私ガ…?」
リフモニカ
「そうよ ランドルはやさしくていい子よ」
ランドル
「ぱーとなー… 私ハ… 私ハ…!」
リフモニカ
「うわっ! ちょっと!? そんなに泣かないで」
ランドル
「ダメデス 止マリマセン~ 原因不明ノ しすてむえらーデス…」

エンディング

リフモニカ
「ミューノと出会って あなたの召喚石を拾ってホントに色んなコトがあったね」
ランドル
「アナタニ 出会ワナケレバ みゅーの様モ 召喚石ヲ落トスコトハ ナカッタデショウ」
リフモニカ
「なによ、そんなこと… … あるかな」
ランドル
「シカシ アナタニ出会エタカラ みゅーの様ヲ 救ウコトガデキタノダト 思ワレマス」
リフモニカ
「そんな…、そっかな… でも、ミューノを助けられたのはランドルもいてくれたからで…」
ランドル
「当然デス アナタヒトリデハ ミューノ様ヲ助ケルコトハ デキマセンデシタ」
リフモニカ
「あはは…、ズバリ言うねぇ でも、そうだよね! これからもよろしくたのむよ!」
ランドル
「了解デス マズハ 100万ばーむヲ カセグタメ ガンバリマショウ」
リフモニカ
「あ、あはははは~ 100万バームねぇ~ ホントにかせげるのかなぁ…」
ランドル
「カセグノデス!」
リフモニカ
「そ、そうか、気合いだね… わかった! そういうときはアレだね!」
ランドル
「気合イ? アレ? 関連スル単語ヲ検索中…」
リフモニカ
鍛冶師なら!
ハンマーは、友!
ランドル
はんまーハ、力!
リフモニカ
ランドル
ハンマーは、命!
リフモニカ
「ありがとう、ランドル いっしょに叫んでくれるなんて すっごいうれしいよ!」
ランドル
「私ガ 叫ブト ウレシイノデスカ?」
リフモニカ
「もちろん! 燃えてくるわ! よぉし、がんばるぞ!」
ランドル
「ぱーとなー…」
私モ ウレシイデス…

コメント

タイトルとURLをコピーしました