【夜会話】パッフェル(マグナVer.)

スポンサーリンク
にゃんこ様

第13話 祭りの夜

パッフェル
「お、お祭り・・・ ですかぁ・・?」
マグナ
「うん、誘おうかと思ったけど・・・
その様子だと、また殺人的に働いているみたいだね」
パッフェル
「そうなんですよー!
あれから結局 店長にさぼってるのがバレちゃってぇ・・・
罰金か、残業か 二択をつきつけられちゃったんですよー
だけど、今夜は他のバイトもあるし 罰金確定かと思うとなんだか・・・
どっと、疲れが出てきてしまったですよ ええ・・・」
マグナ
「(うーん、そりゃたしかにめげるなあ)
・・・手伝おうか?」
パッフェル
「ああっ、その言葉をお待ちしてました!
それじゃケーキ屋はよろしくお願いしますね?
お礼に、食事をごちそうさせてもらいますからっ♪」
マグナ
「お礼、ねぇ・・・?」
パッフェル
「どうも、お仕事お疲れさまでしたー♪」
マグナ
「お疲れさまでしたー♪じゃないよ まったく・・・
あそこまで忙しい目にあうなんて知ってたら絶対に逃げてたよ」
シオン
「祭りは、どの店でも かきいれどきですからねえ・・・」
パッフェル
「まあまあ、ですからこうやって食事をおごってるんじゃないですか
さ、遠慮しないでお好きな物をどうぞ?
一番高いのでも、私がおごりますから」
マグナ
「だってさ・・・ 大将?」
シオン
「一番高いソバはエビが2匹のってる12バームのですねえ」
マグナ
「じゃ、それ・・・」
パッフェル
「私は、いつものくださーい」
シオン
「はい、かけソバのネギ抜き・・・8バームですね?」
パッフェル
「お仕事の帰りには いつも、ここでご飯を食べてるんですよ」
マグナ
「まあ、シオンの大将のソバは、俺も好きではあるけどさぁ・・・」
パッフェル
「ほらほら、いつまでもふくれてたらダメです 笑って、笑って?」
マグナ
「(まあ、今さらむくれていても仕方がないか・・・)」
パッフェル
「でも、あれですねえ」
マグナ
「ん?」
パッフェル
「マグナさんはなんのかんのいって優しいですよねー?」
マグナ
「おだてたって、今日みたいな無茶は、もうしないぞ?」
パッフェル
「わかってますって ええ、もうホントに」
マグナ
「・・・・・・」
パッフェル
「あははははっ 私は長いこと、暗殺者なんてお仕事をしてたせいで
貴方みたいに、素直に人を信じることが
なかなかできないんですよねー・・・
人と人との結びつきより、お金が大事って考えちゃうんです
だから、だまし討ちなんか平気でやってましたよ・・・」
マグナ
「・・・!?」
パッフェル
「あっ、勿論それは昔の話ですよっ?
今はもう、私は組織に属していませんから
ある人が、私が組織を抜けるために、身代金を払ってくれたんです」
マグナ
「それじゃ、もしかしてパッフェルさんが
無茶苦茶に働いてるのって・・・?」
パッフェル
「はい、その人に借りたお金を返すためですよ
本人は「いらない」と言ってるんですけど
やっぱり、借りは借りですし・・・
それを精算しないと本当の意味で、自由になったとはいえない気が
しますしねー?」
マグナ
「(そんな理由が、この人にあったのか・・・)」
パッフェル
「そういうわけですから ご用の際は、
いつでもお気軽に申しつけてくださいな
ケルマさんからお給金をもらえないと困っちゃいますから」
マグナ
「それじゃ、せいぜいこき使わせてもらうことにしようかな?」
パッフェル
「え、えっと・・・ そのあたりは、一応ほどほどということで ひとつ・・・」

第14話 確かな想い

パッフェル
「街道で出会ったあの黒い人たちがデグレアの方々ですか」
マグナ
「ああ、黒の旅団って名前の、デグレアの特務部隊だよ
指揮をしていたのが槍使いのイオス 他にも・・・
銃を使う機械兵士のゼルフィルドや総指揮官である
黒騎士のルヴァイドがいる」
パッフェル
「ええーっ、あれでオシマイじゃないんですかー!?」
マグナ
「そんなわけないって 相手は軍隊なんだから
それにまだパッフェルさんのいた砦を襲撃した
屍人使いのガレアノとか・・・
魔獣使いのビーニャや鬼神使いのキュラーなんて連中だって
残ってるんだぞ」
パッフェル
「ど、どう考えてもお給金の割にあわないですよぉ!?」
マグナ
「(そりゃ、そうだ・・・)
ここで放棄したって俺は責めないよ
お給金はもらえなくなっちゃうけど」
パッフェル
「う・・・」
マグナ
「どうする?」
パッフェル
「あーん・・・ 私の性格を知ってて言ってるくせにー!」
結局、報酬の増額で納得するあたりがパッフェルさんだよなあ・・・

第16話 縛鎖を断つもの

パッフェル
「いやー、どうなることかと思いましたけど
なにもかも、まあるくおさまって、ホントなによりです」
マグナ
「パッフェルさんもこれで安心して仕事に励めるよね?」
パッフェル
「そりゃもう、今までの分も取り返さないと
いざという時にはまた、助っ人も頼めるようになったし・・・」
マグナ
「ん?」
パッフェル
「いえいえ、こっちのお話でーす♪」
この調子だと・・・ また、助っ人にかり出されそうだな?

第17話 影は歌う

パッフェル
「しかしまあ、見事に化けたものですよねえ あの人・・・
カッコだけじゃなくて ちゃんと、歌も楽器もこなせたんでしょう?」
マグナ
「うん・・・ すごくきれいな演奏をしてたんだ・・・
とても、こんなことするような人だなんて思えなかったよ」
パッフェル
「汚れ仕事をする人間にとっては、偽装は必要不可欠ですからねー
ほら?私だってケルマさんに雇われるまで、
疑われずにいたことですし・・・」
マグナ
「いや、あれは・・・ 疑う以前に・・・」
パッフェル
「いやー、まだまだ現役でもいけるかもしれないですねえ?」
マグナ
「・・・・・・」
あからさまに不審人物だったって言うべきかなあ?

第18話 誰がための剣

パッフェル
「そりゃあ、私だって人に雇われて仕事をしてる身ですよ?
バイト先で無茶なこと言われるのは日常茶飯事ですし・・・
暗殺者ギルドに属してた頃なんか
それこそ命令には絶対服従してました
でもね・・・ それじゃ、やっぱりいけないんですよ」
マグナ
「パッフェルさん?」
パッフェル
「職務に忠実であるのは大切だと思う
だけど言われたことを、ただ実行するのとは違う
命令だから、実行するっていう論理はね
命令にかこつけて あらゆる責任を放棄してることと、
なにも変わりはしないから」
マグナ
「!!」
パッフェル
「今の黒騎士は、かつての私なんです・・・
規律と意志の間で板ばさみになってもがき続けている状態
どちらを最後に選ぶかのは、あの人次第ですけど・・・
どちらを選んだって間違いなく、あの人は
なにかを失うことになるでしょうね
きっと・・・」
失うもの、か・・・ パッフェルさんもやっぱりなにかを失ったんだろうか?

第19話 デグレアの闇

パッフェル
「しかし、シノビっていうのはすごいものですよねえ
こういうことに慣れていない、素人さんを連れていって
しっかりと任務を完了してくるんですから」
マグナ
「それじゃ、俺がまるっきり足手まといだってことじゃないか」
パッフェル
「だって、そうですもの ホントの話」
マグナ
「・・・・・・」
パッフェル
「いやー、まさに匠の技って感じですね いい仕事、してますよ」
マグナ
「ちなみに、もしシオンの大将があそこで加勢してくれなくて
俺とパッフェルさんの二人だけで潜入していたら、どうなったと思う?」
パッフェル
「そーですねえ・・・ まあ、私は間違いなく無事に帰還してますね」
マグナ
「・・・・・・
今の発言、きちんとケルマに報告するから」
パッフェル
「え!?あ、いや! あくまで仮定の話じゃないですか~!?
ちょっと、ねえ?マグナさんっ 早まっちゃいけませんですよう!?」
まったく・・・! とんでもなく頼もしい味方だよな・・・

第20話 知の略奪者

パッフェル
「ひゃあ・・・
ついてかなくてホントによかったですよー・・・」
マグナ
「あのなー・・・?」
パッフェル
「ウソウソ、冗談ですよ やだなー?」
マグナ
「・・・・・・」
パッフェル
「でも、本当のところついて来てくれって言われても、
今日は無理でしたね」
マグナ
「バイト?」
パッフェル
「バイトというか・・・ 実はですね、ちょっと恩人と会う
約束があったんですよ」
マグナ
「ああ、もしかして 身代金の人?」
パッフェル
「なんか、その略し方には引っかかりますが
そーいうことです 私の身元引受人さん」
マグナ
「ゼラムに住んでるんだ その人は?」
パッフェル
「ええ、そうですよ」
マグナ
「俺も、一度ぐらい会ってみたいなあ」
パッフェル
「え゛? あ、いや、それはちょっと・・・」
マグナ
「?」
パッフェル
「あ、あはははっ 恥ずかしがり屋さんなんですよー! その人って・・・
聞いてはみますけどあんまり期待しないで欲しいかなー、と」
マグナ
「ホントにぃ?」
パッフェル
「信用してくださいよー マグナさん」
マグナ
「うー・・・っ」
パッフェル
「それに・・・
もしかしたら、もう知らずにどこかで会っているかもしれませんよ?」
マグナ
「・・・え?」
なんだか、うまくはぐらかされた気がするなあ・・・?

第21話 メルギトスの嘲笑

マグナ
「ねえ、パッフェルさん」
パッフェル
「はい?」
マグナ
「メルギトスはどうして最後に、あんなことを言ったのかな?
まるで、俺がまだ誰かにだまされてるって
言ってるようなものじゃないか・・・」
パッフェル
「そう、ですね・・・
あ、でも、ほらっ? ギブソンさんだっておっしゃってたじゃあないですか?
メルギトスってのは ああして、人の心をかきみだすのが
得意な悪魔なんだって
あはは、もしかしたらこれもそーいう作戦なのかもなんて、
私思ったりして・・・」
マグナ
「そっか・・・!
うん、そうだよ! そういう可能性だってあるんだよな!?
ありがとうパッフェルさん! あははは、なんか気が楽になったよ
じゃあ、おやすみ」
パッフェル
「あ・・・ おやすみなさいです
・・・・・・
ツライですよ・・・ やっぱ・・・
こういうのは・・・」
危なく、敵の作戦に引っかかるところだったよな・・・

第22話 真なる罪人

パッフェル
「あははははっ さすがの貴方でもやっぱ、怒っちゃいますよね?
貴方たちのことをだましたうえに、その行動を、
逐一報告していたんですもんね
裏切り者だもの・・・ 私・・・」
マグナ
「怒ってなんかないよ」
パッフェル
「え・・・?」
マグナ
「だって、俺はちゃんとわかってるから
パッフェルさんがこの秘密を守るために何度も、
つらい思いをしてたってことをさ」
パッフェル
「マグナ・・・ 貴方は・・・」
マグナ
「ほら、笑ってよ? しゅんとした顔なんてパッフェルさんらしくないぞ
接客業は、笑顔が命なんでしょう?」
パッフェル
「は、はいっ! そうですよねっ!?」
マグナ
「うん、そうそう♪」
パッフェル
「マグナ あの、図々しくて申しわけないんですが
このまま最後まで私も、おつきあいしていいですか?
エクス様から許可はいただいてます!
もう隠し事なしで、私みなさんのお手伝いをしたいから・・・」
マグナ
「お手伝いもなにもさ パッフェルさん忘れてない?」
パッフェル
「え?」
マグナ
「ちゃんと最後まで働いてくれなくちゃケルマに言いつけちゃうぞ?」
パッフェル
「あ・・・
そそそ、そうでした!お給金を、フイにしちゃうなんて
勿体ないですもんね?」
マグナ
「うん、だから最後までよろしくね パッフェルさん」
パッフェル
「かしこまりましたっ!
でも、よかった・・・」
マグナ
「え?」
パッフェル
「だましちゃった相手が貴方みたいな子で
自分のことよりも相手のことを考える優しい子で・・・」
マグナ
「パッフェルさん・・・」
パッフェル
「マグナ 貴方はね、私が心から信じることができた三人目の人・・・
貴方にあえて・・・ よかったよ・・・」
マグナ
「・・・!?」
パッフェル
「ん・・・これは、そのお礼よ」
マグナ
「あ、あう・・・」
パッフェル
「ふふふっ それじゃ、おやすみ?マグナ」

エンディング

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によって、リィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・~聖地の森~
パッフェル
「・・・マグナ?
お久しぶりですう♪ マグナさん」
マグナ
「パッフェルさん? あれ、どうしてこんなところに!?」
パッフェル
「いえね、エクス様に金の派閥の本部までおつかいするように
頼まれまして・・・
ファナンまで来たんでちょっと、ご機嫌をうかがおうかな、と」
マグナ
「そうなんだ・・・」
パッフェル
「でも、その様子だとあんまり、元気じゃあないみたいですね」
マグナ
「そんなことないさ いつも、こんなふうにぼけーっとしてるわけじゃないよ
ただ、さ・・・ もうすぐあの日がやってくると思うとね」
パッフェル
「そういえば・・・ そうでしたね・・・
そうそう! 私まだ、彼に挨拶をしてなかったですよ
マグナさん 一緒に、ついて来てくれませんか?」
マグナ
「うん、わかったよ」
パッフェル
「あれから・・・ もう季節もふた巡りになるんですか・・・
ホント、早いですよね 月日が経つのは」
マグナ
「エクス総帥たちとはあれっきり会ってないけど、どうだい?
変わりはないかい?」
パッフェル
「あの人は相変わらずですよ
事務仕事はほとんどグラムス様に任せきりで、ふらふらしてます」
マグナ
「そうなんだ」
パッフェル
「ことに、あの戦い以来 ファミィ議長と意気投合して、
行動を共にしてますから
護衛役になってる私やケルマさんからしたらかなり、頭イタイです
ホントに・・・」
マグナ
「あはははっ、それは大変だなあ」
パッフェル
「笑いごとじゃなくて大変なんですよう
金の派閥との友好化のための内部改革に
デグレアとトライドラの再興のお手伝い
人手不足は、今でも同じなの・・・」
マグナ
「・・・・・・」
パッフェル
「マグナさん そろそろ、戻ってきてくれませんか?」
マグナ
「それは、総帥の望んだことなのかい?」
パッフェル
「ええ、だけど・・・ けしてエクス様だけが言っていることではないんですよ
ギブソン師範にミモザ師範・・・ ラウル様やグラムス様
ファミィ議長たちも
みんな、貴方が帰ってくるその日を待っているんです」
マグナ
「・・・・・・」
パッフェル
「聖なる大樹の護人になることを望んだ貴方の気持ちはわかっています
彼が帰ってくる日を信じて、待ち続けているのも・・・
でもね・・・ マグナ・・・
同じように貴方の帰りを待つ人たちがいるということも
どうか、忘れないで」
マグナ
「パッフェルさん・・・
うん、わかってるんだ 本当はこんなこといつまでも
してちゃいけないって・・・
爺さんたちと一緒にレルムの村で
孤児の世話をすることにしたアメルみたいに
俺も、前向きになって生きないとさ
ネスにさ・・・ 叱られるもんな」
パッフェル
「すいません・・・ 出過ぎたことを言って」
マグナ
「ううん・・・ いいんだよ・・・」
聞こえるかい、ネス?
君のおかげで、俺たちはこうして生きているよ…。
ネスが言っていたとおり、人間は、やっぱり嘘つきで自分勝手だけど…
でも、昨日とは違う、よりよい明日をめざして生きてるんだ。
だから、俺は信じるよ
いつかきっと…誰も悲しまずにすむ未来が、この世界におとずれるって
だから…ずっと、ずっと この場所から、俺たちを見守っていてくれるかい?
パッフェル
「そろそろ戻ってお茶にしません?
あの店のケーキ おみやげにもってきてるんですよ」
マグナ
「お、いいねえ」
パッフェル
「しかし、まさか街に出たルウさんが
召喚師からケーキ屋になるなんて・・・
正直、驚きですよねえ」
マグナ
「ルウはもともと凝り性だったしね」
パッフェル
「その人の人生はその人のものですから
後悔しないように生きられたら、
それで充分なのかもしれないですねえ・・・
なーんて、言ってみたりして」
マグナ
「パッフェルさんはどうなんだい?
今の自分の生き方に後悔してないかい?」
パッフェル
「もちろんですよぉ♪」
だって 君みたいな素敵な子に会えたんだもの・・・ね
パッフェル “店長にはナイショ”

コメント

タイトルとURLをコピーしました