裏切りの誘惑 ~Born to be Free~

スポンサーリンク
砕華友輝様
フォルテ
「前にも増して荒れちまったなあ この街も・・・」
パッフェル
「雪も積もりっぱなしで 歩くのにもひと苦労ですよ、ホントに」
シオン
「街も生き物のようなものですからね
住人がいなくなると 死んでしまうのかもしれません・・・」
アグラバイン
「レディウスよ・・・ お前も、さぞや胸を痛めておるだろうな」
イオス
「こんなことに・・・ なっていたとは・・・」
ルヴァイド
「く・・・ッ!」
ネスティ
「どうだ、アメル 悪魔の気配を感じることはできるか?」
アメル
「お城のほうから それらしい気配はするんですが
はっきり、どこにいるのかまではちょっと・・・」
ネスティ
「いや、それで充分だ どのみち、戦うために僕たちは来たのだから
行くぞ? トリス」
トリス
「ちょっと待って さっきからずっとバルレルの姿が見えないのよ」
アメル
「バルレルくんが ですか?」
トリス
「あいつったら こんな時に、もう!」
パッフェル
「空き家をいいことに お酒でも、探し回ってたりして?」
トリス
「先に行ってて? あたしは、あいつをとっちめてからおいかけるわ」
シャムロック
「しかし、単独行動は危険では?」
トリス
「わかってるって! だいじょうぶ、すぐに追いつくから」
ネスティ
「わかった・・・ だが、くれぐれも気をつけるんだぞ?」
トリス
「ええ!」
トリス
「(バルレルったらいったい、どこをほっつき歩いてるのよ まったく・・・)
・・・ん?
(あの翼の生えた人影はバルレルだけど・・・
あの子が向かいあって話してる相手はいったい、誰なの!?)」
バルレル
「つまり、だ・・・ テメエは、このオレに ヤツの舎弟になれって言ってんのかよ?
なァ、ガレアノよォ?」
ガレアノ
「カカカカ・・・ ワシとて、そこまで命知らずではないわい 狂乱の魔公子よ?
今でこそ、子供の姿にされておるものの お前の力はワシの主も買っておるのだ
だからこそ、裏切りを勧めておるのではないか?」
トリス
「(裏切り!?)」
ガレアノ
「お前とて、忌々しい誓約に縛られたままでは、きゅうくつで仕方なかろう?
メルギトス様につけばそれを解除することもできるのだぞ?」
バルレル
「ケッ!ウソっぱちはテメエらの得意技だからなァ?」
ガレアノ
「ウソではないぞ? そのための品物も ちゃんと、ここに用意してあるのだ」
バルレル
「・・・こいつは!?」
ガレアノ
「メルギトス様が鍛えた血識を吸う力をもつ呪いの刃さ?
こいつを使って あのニンゲンから血識を奪えばいいのだ
そうすれば、誓約の解除方法だけではなく 調律者の魔力さえも
お前のものになるぞ 魔公子よ・・・?」
バルレル
「アイツの・・・ トリスの血識を・・・」
ガレアノ
「・・・・・・
カーッカッカッカ! 迷っている時間はなさそうだなあ 魔公子よ!?
カアアアァァッ!!」
(ドォォォォォォン!)
トリス
「ひゃあっ!?」
バルレル
「トリスっ!? テメエ・・・っ まさか、聞いて・・・」
ガレアノ
「カカカッ、どうする?魔公子よ・・・
今やらねば、その前にあのニンゲンはオマエを始末しようとするだろうさ!?」
バルレル
「・・・・・・」
トリス
「・・・・・・」
バルレル
「貸せよ? そいつを・・・」
トリス
「バルレル!?」
ガレアノ
「カーッカッカッカ!!それでいいのだ 裏切りなど、平然としてのける・・・
それが、悪魔の流儀というものだよなァ!?」
バルレル
「トリス オレはな、誰の下にもつきたくねェのさ?
頭ごなしに指図されるなんて、まっぴらだ! だからよォ・・・
・・・・・・」
トリス
「わかったわ・・・
バルレル あんたの好きにしてちょうだい・・・」
バルレル
「そうか・・・ それじゃ、遠慮なんかしねェで・・・
好きにさせてもらおうじゃねェかよッ!!」
(グシャッ!!)
ガレアノ
「ギャアアアアッ!?」
トリス
「バルレル!? どうしてっ!?」
バルレル
「ケッ!そんなこともわかんねェのかよ? テメエは・・・
トリスッ!! テメエが、このオレに頭ごなしに命令したりしたかよッ!?」
トリス
「!!」
バルレル
「ウソつき野郎の手下になり下がるくらいなら テメエんトコのほうがマシなんだよ・・・」
トリス
「バルレル・・・」
ガレアノ
「おのれエェェ・・・ッ だましおったなァ!?」
バルレル
「ケッ!それが悪魔の流儀ってもんだろォ?」
(アヴィスを手に入れた!)
ガレアノ
「ガアアァァァァッ!!
屍人どもよッ! こいつらを八つ裂きにしろオォォォッ!!」
屍人
「ウオォォォォ・・・」
トリス
「なんて数の屍人・・・ 100や200じゃあきかない!?」
ガレアノ
「カーッカッカッカ! そこで、屍人共の餌食となるがいいわ
安心しろ? すぐに仲間たちも同じ目にあわせてやる
このワシの手で無惨に殺してくれるわッ!?」
バルレル
「あんにゃろう・・・ 完全にイッちまってやがったぜ?」
トリス
「ダメ・・・っ! このままじゃ、みんなあいつに殺される!?」
バルレル
「ひとつだけ、この場を切り抜ける方法がないこともねェぜ?」
トリス
「え?」
バルレル
「トリス オレの「誓約」を解く勇気はあるか?」
トリス
「!!」
バルレル
「本来の力を使えりゃ こんなゴミども オレだけで充分だぜ?
責任もって、テメエを メガネやオンナたちのとこへ行かせてやらァ」
トリス
「・・・・・・」
バルレル
「強制はしねェぜ オレとオマエは対等なんだからな?」
トリス
「わかった・・・
あんたに任せるわよ バルレル!?」
バルレル
「ケッ! 任されてやらァッ!?」
(ヴーン)
バルレル
「ウウウオォオォオオオぉぉぉォォ~ッ!!!」
トリス
「(これが・・・っ バルレルの本当の姿・・・!?
こんなにもすさまじい魔力をもった悪魔をあたしは護衛獣にしてたっていうの!?)」
屍人
「オォォ・・・ッ ウォォォォ・・・ッ」
バルレル
「さァ、とっとと行きな トリス?」
トリス
「バルレル! 無事に戻ってこないと承知しないわよ?」
バルレル
「ああ・・・」
トリス
「あたしの護衛獣だってこと、忘れちゃったら承知しないからっ!?」
バルレル
「あのバカ・・・? 「狂乱の魔公子」をなんだと思ってやがる ったく・・・
さァ、薄汚ねェモノをまとめて一掃してやるぜエェェェェェッ!!」
ガレアノ
「貴様らの信じておる調律者は、すでにもう殺してやった・・・」
アメル
「うそ・・・っ!」
ケイナ
「デタラメを言ったら承知しないわよ!?」
ガレアノ
「カカカカッ? 信じたくなければそうすればいい どのみち・・・
次は、貴様らが死ぬ番なのだからなァッ!?」
トリス
「させないッ!!」
ガレアノ
「馬鹿な・・・ッ? なぜ、貴様がここに来れるのだ・・・
千を超える数の屍人を二人だけで倒したというのかァッ!?」
トリス
「バルレルが あたしを、ここに来させてくれた・・・
必ず帰ってくるって あの子は、あたしと約束したの・・・っ」
ネスティ
「トリス・・・」
トリス
「だから・・・ あたしも約束を守るわ・・・
ガレアノっ! あなたを絶対に倒す!」
~戦闘終了後~
トリス
「バルレルっ!?」
バルレル
「うるせェなァ・・・ 疲れてんだからよ 静かにしろっての?」
トリス
「あ・・・」
バルレル
「ケッ・・・! 思った以上に手こずっちまったぜ
これじゃ、テメエをぶっ倒して、とんずらする計画もブチ壊しだぜ・・・っ」
アメル
「バルレルくん!?」
モーリン
「気の消耗がひどいね 待ってな?すぐにあたいが治してやるよ」
ネスティ
「限界まで魔力を使って戦ったんだな・・・」
トリス
「バルレル・・・ありがと・・・」
バルレル
「だまってろ・・・っ! ったく・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました