勇気のありか ~Brave Heart~

スポンサーリンク
貝塚琴根様
ビーニャ
「キャハハハハハッ!? こんなトコまでわざわざ死にに来るだ なんてさァ・・・
ご苦労さまだねェ マグナちゃん?」
マグナ
「西に向かった軍勢は お前の差し金なのか!ビーニャ!?」
ビーニャ
「そォだよォ? アハハハッ、だったらどうするってのさ?」
モーリン
「決まってるさ! あんたをぶっ倒して止めてやるっ!!」
ビーニャ
「ふーん・・・ やってみればァ?
コイツらから、無事に 逃げられたらねェ!?」
魔獣
「ガオォォォォォッ!!」
マグナ
「魔獣っ!? こんなにたくさん!!」
ビーニャ
「キャハハハッ! ばーか? 待ち伏せしてたって 気づかないなんて
みぃぃんな、まとめて 壊れちゃいなよぉ!?」
フォルテ
「バラバラになるな!? 固まって、いったん逃げるんだ!!」
シャムロック
「こっちですっ!!」
レシィ
「うわあっ!?」
マグナ
「レシィっ!?」
魔獣
「ガァァァァッ!!」
(ザシュッ)
マグナ
「(ぐ・・・っ! 足を・・・っ!?)」
レシィ
「ご、ご主人さまっ! ご主人さまぁ~っ!?」
ビーニャ
「あーらら? おいてけぼりになっちゃったわねぇ?」
魔獣
「ガルルルル・・・ッ」
ビーニャ
「どうすんのさ? これだけの数の魔獣を相手に、戦うワケぇ?」
マグナ
「く・・・っ」
レシィ
「ご主人さま・・・っ」
ビーニャ
「ねぇ、もしも この場で降参してアタシたちに忠誠を誓うんだったら
マグナちゃん アンタだけは、助けてあげてもいいよォ?
アンタは、レイム様の お気に入りだしぃ?」
マグナ
「レシィは・・・ どうなるんだよ・・・」
ビーニャ
「モチロン、アタシの オモチャにして壊れるまで、遊ばせて もらうよォ?」
レシィ
「ひ・・・っ!?」
マグナ
「だったら、絶対に 降参なんてするもんか
レシィを お前のオモチャになんてさせるかッ!!」
レシィ
「ご主人さま・・・」
ビーニャ
「ねェ?どうして そんな役立たずのメトラルなんか かばうのさァ?
魔力の源になる角も 変なカタチに切られちゃってるし・・・
そもそも、そいつを かばったから、アンタ逃げ損なったワケじゃないのさァ?」
レシィ
「あ・・・っ!?」
マグナ
「気にするなよ? レシィ
お前のせいじゃない あんなヤツの言うこと聞くんじゃないぞ」
レシィ
「で、でもぉ・・・っ」
ビーニャ
「なに、同情ひくような カオしてんのさッ!?
キャハハハハッ!? アンタのッ!アンタのッ!! アンタのッ!!!!
みィぃ~んな アンタのせいさッ!?この役立たずの 弱虫護衛獣ッ!!」
マグナ
「黙れぇぇぇっ!!
俺の護衛獣を・・・ レシィをそれ以上、侮辱するな
こいつは、俺にとって 一番の相棒なんだ!!」
レシィ
「ううっ、う・・・っ」
ビーニャ
「なによッ!? アンタ、ちょっと優しくしてやれば つけあがってさァ?
ムカつくぅぅッ? マジギレェェェッ!?超めちゃくちゃに 壊してやるゥッ!!」
マグナ
「レシィ? 俺が、魔獣と戦うからお前は逃げるんだ」
レシィ
「え・・・!?」
マグナ
「俺の今の足じゃ 走るのは無理だからさ
みんなのところへ 行って、助けを呼んできてほしいんだよ?」
魔獣
「ギャオオォォゥッ!!」
マグナ
「行けえぇぇぇっ!?」
レシィ
「は、はいぃぃっ!!」
レシィ
「ごめんなさいっ! ごめんなさいっ!?ごめんなさいぃっ!!
僕がもっと・・・ もっと強かったら!しっかりしてたら!?
弱虫じゃあ・・・ なかったら・・・っ!」
いいか・・・ レシィ・・・・
こわいって気持ちは 俺にだって・・・ あるんだぜ?
レシィ
「!?」
けどな・・・ 大切なものを本気で 守りたいって時・・・
勇気は・・・ そこから、生まれて くるんだよ・・・?
レシィ
「ご主人さまは・・・ 足、怪我してた・・・
もし、ボクが・・・ 助けを呼んでくるのに遅れたら・・・
ご主人さまは・・・
ダメだ・・・
ボクがやるべきことは 助けを呼ぶために逃げることじゃない!
ボクがやらなくちゃ いけないことはッ!!」
ビーニャ
「あーあ、もう終わりィ つまんなァい?」
マグナ
「う、ぐ・・・っ」
ビーニャ
「いい加減、アンタで 遊ぶのも飽きちゃった
キャハハハハハッ!? そろそろ、本格的に壊してあげるゥッ!!」
レシィ
「やめろぉ~っ!?」
マグナ
「レシィ・・・?
馬鹿・・・っ! どうしてっ、戻ってきたりするんだ・・・」
レシィ
「ボクが、貴方の 護衛獣だからです
護衛獣の使命は 主人である召喚師の側にあって、お守りすること・・・
ボクは逃げないッ! 逃げないで、貴方を守ってみせる!!」
ビーニャ
「キャハハハハッ!? 角の折れたメトラルになにができるってのさ ばーか?
アンタが先に 壊れちゃエェェッ!?」
マグナ
「レシィっ!?」
レシィ
「うオぉぉォォ~っ!!」
ビーニャ
「なっ!?」
魔獣
「グギャアァァッ!? グルッ、ガガ・・・ッ」
マグナ
「魔獣たちが・・・ 石みたいに固まった!」
ビーニャ
「メトラルの魔眼? ち、違うッ!? こんな、いっぺんになんて・・・
まさか・・・ッ 今までに一匹しか使えなかった・・・
伝説の審眼ッ!?!?」
レシィ
「ご主人さまは・・・ ボクが・・・守る・・・
誰にも・・・ 傷つけさせない!!」
ビーニャ
「く、くるなッ!? イヤアァァァァッ!!
くるしいィィッ!! 息がッ、血がァッ!?止まるウゥゥッ!?
レ、レイムさまぁっ? たす・・・ッ、け!
が、がぁ・・・ッ!?」
マグナ
「もういいっ! やめるんだっ!? レシィっ!?
俺は無事だよ!? だから、もうよすんだ レシィ・・・っ」
レシィ
「ごしゅじ・・・ さま・・・っ よかったぁ・・・」
マグナ
「ごめんな・・・? 優しいお前に、こんなことさせて・・・」
ビーニャ
「はあッ、はァ・・・ッ ハァ・・・・ッ・・・」
ネスティ
「マグナっ だいじょうぶか!?」
アメル
「レシィくん!?」
マグナ
「気を失ってるだけだよ
俺を守るために・・・ レシィは勇気をふりしぼって 戦ってくれたんだ」
フォルテ
「そうか・・・ こいつが・・・
だったら、こっからは オレたちがふんばる番だよなァッ!?」
シャムロック
「覚悟しろ、ビーニャ!」
ビーニャ
「な、なによッ!? よってたかってェ!?
アンタたちなんか キライッ!! みんな、壊れちゃえば いいのよォォッ!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました