【夜会話】ソノラ(レックスVer.)

スポンサーリンク
浅緋様/夕焼け空様

第2話 陽気な漂流者

ソノラ
「へへへ、先生・・・はい、これ」
レックス
「これって、お守り?」
「水夫のお守り」を手に入れた!
ソノラ
「昼間のお礼だよ 先生がいなかったら、きっとあたしたち大変だったから」
レックス
「ありがとう 大切にするよ」
ソノラ
「あの変な嵐から あたしら以外の連中は、なんとか逃げることができてさ・・・
それはそれでよかったんだけど やっぱ、急にさみしくなっちゃったから
だから、うれしいよ 先生たちが、この船のお客になってくれて」
レックス
「うん・・・」
ソノラ
「言いたかったのはそれだけ・・・ それじゃ、おやすみ!」
あんな笑顔を見せることができるんだな あの子・・・

第3話 はぐれ者たちの島

ソノラ
「まさか、帝国軍までこの島に来てたなんてねー?
ま、先生だったら ひとひねりって感じだったけど」
レックス
「うん・・・」
ソノラ
「やっぱ、フクザツ?自分のいた軍隊と戦うのは・・・」
レックス
「・・・・・・」
ソノラ
「あんまり、自分を責めちゃダメだよ
先生は、一生懸命にがんばってたよ あたし、見てたもん」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「へへへ・・・ほら、これからもっと忙しくなっていくんだからさ
元気出して行こっ! ・・・ね?」
ありがとう・・・ ソノラ・・・

第4話 海から来た暴れん坊

(コンコン)
レックス
「ソノラ?」
(ガチャ)
レックス
「あれ? いない・・・(いったい、どこにいったんだろう)」

第4話 海から来た暴れん坊(???)

レックス
「(あれ、あそこにいるのは・・・)」
  • ソノラ?
    ソノラ
    「あれ、先生 もしかしてお散歩?」
    レックス
    「まあ、そんなところ ソノラは?」
    ソノラ
    「うん、ちょっとね 昔のことを思い出しちゃってさ・・・」
    レックス
    「昔のこと?」
    ソノラ
    「聞いてくれるかな? あたしが、どうして海賊になったのかってこと・・・」
    あたしの中の最古の記憶
    冷たい水と 暗い風 辛くて苦い、潮の味
    このまま、海の中に沈んでしまうんだって 小さなあたしは思ってた
    目を閉じる、あたし 力つきかけた、その手を掴んでくれた人がいた
    その人が、海賊の親分でも あたしには関係なかった
    パパもママも、海に沈んでひとりぼっちのあたしには みんなが新しい家族で
    ずっと側にいたかった 離れるなんて、いやだった だから・・・
    あたしは今、こうしてここにいる・・・

第5話 自分の居場所

ソノラ
「まったく、もう・・・ こんなに困ったちゃんなお客さん、初めてだよ」
レックス
「面目ないよ・・・」
ソノラ
「でもさ・・・あたしにも、ああいう時って、あったしね
まして、いきなりこんな場所で生活することになったんだもん
今回だけは、まあ 大目に見てあげるわ」
レックス
「うん、だけどもう大丈夫だと思うよ」
ソノラ
「そうだね・・・ きちんと、謝ってもくれたし・・・
でもさ、先生 本気であの子を戦いに参加させるの?」
レックス
「うん、あの子がそれを望んだんだし・・・その気持ちは大切にしたいからさ」
ソノラ
「そっか・・・」
これからは あの子にも仲間の一人としてがんばってもらおう

第6話 招かざる来訪者

ソノラ
「ひゅーひゅー♪ 先生、飲んでるぅ?」
レックス
「ソノラ・・・ もしかして、かなり飲みまくってる?」
ソノラ
「あったりまえよぉ? えへへへ・・・
だってぇ、今日は銃の解禁記念日なんだもーんっ♪」
レックス
「き、記念日・・・」
ソノラ
「うーん、久しぶりにぶっ放す銃の感触はまた格別よねぇ・・・
ズシンと響く衝撃!火薬の匂いと轟音! くーっ!たまらん!最高ってカンジ!!」
レックス
「は、はあ・・・」
ソノラ
「大砲の豪快な爆発も素敵なんだけど、やっぱ飛び道具は手持ちに限るわ!
そーいうわけだから これからは、もぉ バンバン任せてよ?
バンバン撃ちまくってあげるからっ♪ あははははははっ!!」
ううっ、この子に銃を持たせることが不安になってきた気がするかも・・・

第7話 すれ違う想い

ソノラ
「まったく・・・アっタマきちゃうわ! ほんとに・・・」
レックス
「なにを、そんなにふくれてるんだよ?」
ソノラ
「最後に出てきて、大砲ぶっ放して笑ってたあのバカのことよ!
どうやれば、あんないい加減な射撃ができるワケ?ホントに軍人!?」
レックス
「ははは・・・」
ソノラ
「あたしだったら最初の一発で確実に先生をぶっとばしていたのに・・・」
レックス
「い、いや・・・ぶっとばされても困るんだけど・・・」
ソノラ
「先生も先生よ・・・ アタマにきたからって大砲ごとどっかーんはないんじゃない?
あのバカだけ、うまくどけてくれたんなら、あたしが絶対有効に活用したのにぃ・・・」
レックス
「それが、本音か・・・」
ビジュが聞いたら絶対、怒るよなあ これって・・・

第8話 卑怯者

ソノラ
「えへへ、お腹とかすいてると思って」
レックス
「ああ、これって昼間のエビのスープ・・・」
ソノラ
「一番大きなのをとっといたんだよ」
レックス
「ありがとう」
ソノラ
「それにしてもさ あいつ、ほんっとに腹が立つよねー?
記憶が混乱してる なんて、思いっきりウソをついてさ
きっと、陰でフフフッ・・・とか笑っていたんだわ!」
レックス
「どうだろう・・・」
ソノラ
「へ?」
レックス
「子供たちと遊んだり 島の人たちの手伝いをしてるときのイスラは
すごく自然に笑ってた それはソノラだって知ってるだろう?」
ソノラ
「それは、そうだけど でも・・・!?」
レックス
「多分、信じていたいんだ 俺は・・・
彼の見せた笑顔、その全部がウソで塗り固められたものではなかったってことを」
ソノラ
「先生・・・」
レックス
「こういう考えだから 甘い、っていわれるんだろうけどね」
でも、それくらいは信じていたい・・・

第9話 先生の休日

ソノラ
「楽しかったね、今日は」
レックス
「うん、こんなに楽しく遊んだのは、ずいぶん久しぶりだよ」
ソノラ
「なによ、それ? もったいないなあ
マジメにがんばるのもいいけどさ 適当に流して遊ぶのも、大事だとあたしは思うよ
行き当たりばったりだって 人生なんとかやっていけるもん」
レックス
「それがソノラの生き方なの?」
ソノラ
「うん、あたしの基本方針かな
きっちり計画を立てたって 不測の事態はつきものだもの
あたし、短気だから 思うようにならなくてイライラするよりも
出たトコ任せでばきゅーんってほうが 性に合ってるみたい」
レックス
「なんか、らしいなあ」
ソノラ
「あははっ、なーんか引っかかるけど まあ、いいや」
レックス
「でも、うらやましいよ そう言いきれちゃう 明るい強さってさ」
ソノラ
「先生だって、海で暮らすようになれば、自然にこれぐらいは言えるようになるよ
なんなら、正式にうちの一家に入って試しちゃわない?
あたしとしては大歓迎しちゃうけど・・・どう?」
レックス
「それは・・・」
ソノラ
「・・・なーんて それは無理だよね? 先生は、先生なんだし」
レックス
「ごめん・・・」
ソノラ
「もぉ、そういうトコが真面目すぎなんだよ ほんとにぃ・・・」
たしかに、ソノラの言うとおりなのかもしれないな・・・

第10話 もつれあう真実

ソノラ
「さっき、先生が二人に怒鳴った言葉、すごい迫力だったね」
レックス
「うーん、思ったことが思わず口をついて飛び出しちゃっただけなんだけどな」
ソノラ
「でも、あたしは正しいと思うよ
命ってもんは、扱い方ひとつで 黄金にも、ゴミにも化けやがる
お宝にツバ吐いて、台無しにするような真似だけは絶対にするんじゃねえ」
レックス
「・・・それは?」
ソノラ
「んー、先代の言葉だよ 何か、先生の言ったことに似てたから思い出しちゃった
海賊の親玉の言葉にしてはちょっと、らしくないかな?」
レックス
「そんなことないよ 俺は、いい言葉だって思うけど」
ソノラ
「えへへ・・・じつは あたしも結構好きなんだよね この言葉・・・」
他の海賊とは違うカイル一家のやり方は 先代の教えによるものなんだな・・・

第11話 昔日の残照

ソノラ
「大変なことになっちゃったよね
正面切って、本気の帝国軍とやりあおうなんてさ・・・」
レックス
「不安かい?」
ソノラ
「べ、別に! あたしは海賊だから、それぐらいでビビリ入らないってば
けど・・・先生はこのままでいいの?
アズリアとの決着つけなくちゃいけないってことなんだよ?」
レックス
「わかってる・・・ でも、だからっていつまでも逃げてはいられないからさ
島のことやみんなのことを知ったから、余計にそんなことはできないよ」
ソノラ
「うん・・・ そうだよね・・・」
レックス
「でも、きっと 俺は往生際が悪いから 最後まで、ジタバタしちゃうんだろうな
他に方法がないかって、さ」
ソノラ
「いいじゃん、それでも」
レックス
「え?」
ソノラ
「だって、先生は、いつだってその中からちゃんとした答えを出してきたでしょ?
あたしたちがびっくりするようなとんでもない答えをさ
だから、信じられるよ 先生の決めたことなら あたし・・・」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「遠慮なんかしないでいつもみたいにかっ飛ばしちゃおうよ
邪魔したり、笑ったりするような連中は、鉛玉食らわして黙らせちゃうからさ
先生の思ったとおりやってごらんよ ・・・ね?」
ありがとう・・・ソノラ・・・

第12話 黄昏、来たりて

ソノラ
「ねえ、具合はいいの?」
レックス
「だいじょうぶさ 前と同じで、ちょっと疲れただけだよ」
ソノラ
「すごかったもんなあ さっきの先生・・・
ぴかぴかどかーん! で、一気に形勢逆転なんだもん」
レックス
「よく覚えてないけど必死だったから」
ソノラ
「へへへ、なんかもう気分爽快だったよ
偉そうなこと言ってたくせに、あのオヤジさっさと逃げちゃうし
負け惜しみで笑ってもみっともないっての あはははははっ♪」
レックス
「はは・・・ ・・・・・・」
ソノラ
「だいじょうぶだよ 今日は、不意打ちで驚いちゃったけどさ
次はもう、絶対にあたしたちの勝ちよ これ、決定事項!
だからさ・・・ 先生が、そうやって暗くなることなんか ないったら、ないの」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「ホント、だよ・・・」
レックス
「そうだね・・・ きっとソノラの言うとおりになるよ きっと・・・」
ソノラ
「う、ん・・・っ」
がんばらなくちゃな 必死に元気づけてくれた、彼女にためにも・・・

第13話 断罪の剣

ソノラ
「スカーレルはさ あたしが船に拾われてすぐに客分になったんだ」
レックス
「そうなんだ?」
ソノラ
「最初は、無口でさ なんか近寄りがたい雰囲気してて
カッコもあんなだったから 余計にこわくてさ
あたし、ずうっと近づけなかったんだ」
レックス
「うん・・・」
ソノラ
「でね、ある時、あたし夢で本当のお父さんたちと出会っちゃってさ
さみしくて、眠れなくなって 甲板で、べそべそ泣いてたら
スカーレルが 初めて、声かけてくれたんだよね
泣き疲れて眠るまで、ずっと一緒に居てくれたんだよ? なのに、さ・・・」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「情けないよ・・・っ スカーレルのこと、あたしなんにも知らなかった!?
どうして、どうして黙って・・・っ」
レックス
「どうして黙ってたのか ソノラは、ちゃんと わかってるよね?」
ソノラ
「うん・・・っ」
レックス
「スカーレルのこと キライになった?」
ソノラ
「そんなの、ありっこないじゃない・・・」
レックス
「それなら ソノラが泣く必要なんてなにもないよ だいじょうぶだから きっと・・・」
ソノラ
「う、うん・・・っ」
ソノラの気持ち スカーレルはちゃんとわかってくれてる 俺は、そう思うよ・・・

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

ソノラ
「いやーっ!オルドレイクの情けない顔ときたら・・・どっと老けこんじゃってさあ
あとは、イスラのヤツをやっつけて、剣を封印したら めでたしめでたし、だね?」
レックス
「ああ、だけど間違いなく今までで、一番きつい戦いになるだろうな・・・
心も、身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ きっと、彼には勝てない」
ソノラ
「ぶーぶー!どうして、そこですぐ深刻になっちゃうかなあ?」
レックス
「え・・・」
ソノラ
「これはもう、先生だけのケンカじゃないんだよ みんなのケンカなんだから
いくら、あいつが口達者でも あたしら全員、同時にケチをつけられっこないし・・・
得意のイヤミが使えなきゃ イスラなんて、先生の敵じゃないもんねー♪
だから、負けっこない!なんか言ってきた時は、もうあたしも容赦しないから!」
レックス
「ソノラ・・・
ああ、そうだな!」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

ソノラ
「いやーっ! オルドレイクの情けない顔ときたら・・・ どっと老けこんじゃってさあ」
(ここから相談した場合の追加台詞)
レックス
「それはいいんだけどだ ソノラ・・・」
ソノラ
「なあに?」
レックス
「無茶するなって さんざん人に説教しといて、どうしてあんな無茶したんだよ?」
ソノラ
「え・・・ えへっ、えへへへ・・・っ♪」
レックス
「笑ってごまかそうなんて思ってたら、本気で怒るよ」
ソノラ
「う・・・っ ごめん・・・」
レックス
「俺のために戦おうとしてくれたことは、うれしかったけどさ
あんなふうに、お互いに心配をかけるようなことは、もう、やめにしよう?
守るのも、守られるのも すぐ側にいなくちゃ、満足にできなくなるから・・・」
ソノラ
「レックス・・・ そ、そうだよね!うん・・・」
(ここまで相談した場合の追加台詞)
ソノラ
「後は、イスラのヤツをやっつけて、剣を封印したら めでたしめでたし、だね?」
レックス
「ああ、だけど間違いなく 今までで、一番きつい戦いになるだろうな・・・
心も、身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ きっと、彼には勝てない」
ソノラ
「ぶーぶー! どうして、そこですぐ深刻になっちゃうかなあ?」
レックス
「え・・・」
ソノラ
「これはもう、先生だけのケンカじゃないんだよ みんなのケンカなんだから
いくら、あいつが口達者でもあたしら全員、同時にケチをつけられっこないし・・・
得意のイヤミが使えなきゃ イスラなんて、先生の敵じゃないもんねー♪
だから、負けっこない! なんか言ってきた時、もう あたしも容赦しないから!」
レックス
「ソノラ・・・ ああ、そうだな!
なあ、ソノラたちはこの戦いが終わったらどうするんだ?」
ソノラ
「ぶーぶー! 先生ったら忘れちゃったワケ?
一番最初に出会ったときに アニキと、約束したでしょ
船が直ったら、近くの港まで運んでいくって・・・」
レックス
「ああ、そういえば そんな約束もあったよなあ」
ソノラ
「もぉ・・・ いい加減だなあ・・・」
レックス
「それじゃ、俺たちを送ったら その後はどうするんだ?」
ソノラ
「うーん、アニキ次第かなあ?」
レックス
「おいおい・・・」
ソノラ
「あ!でも、もしかしたら アレをやっちゃうつもりなのかもしんない・・・」
レックス
「アレって?」
ソノラ
「先代たちと一緒に回った港を順番に、ぐるーっと回っていこうって計画」
レックス
「へえ・・・」
ソノラ
「ずっと前から、アニキとは話してたんだ・・・
海賊稼業に戻るしても 手下のみんなは、散り散りになっちゃったし・・・
身軽になった今だからこそできることだって思うもん」
レックス
「そっか・・・」
ソノラ
「あ、そーだ ねえ、先生も一緒について来ない?」
レックス
「え!?」
ソノラ
「うんうん、それがいいよ! 先生の知らない色んなものがたーくさん見られるよ
逆立ちして泳いでる魚とか氷の海の上だけのかかるきれいな光に橋とか・・・
ねえ、一緒に行こうよ?」
レックス
「それは、面白そうだけど でも・・・」
ソノラ
「ウィルのこと気にしてるんでしょ?」
レックス
「うん・・・」
ソノラ
「だいじょうぶだって! いつまでに出発するとか予定なんかないんだもの
用事が終わるまで待っててあげる だから、いいでしょ?」
レックス
「うーん・・・」
ソノラ
「やっぱ、ダメ? 貸し、いっこだよね?」
レックス
「う・・・っ!?」
ソノラ
「ここで、使っちゃおうかなあ」
レックス
「どうして、ソノラはそこまでして、俺のこと 誘ってくれるんだ?」
ソノラ
「そ、それは・・・ 先生、まさか・・・ 本気で、ちっとも・・・わかってないの?」
レックス
「うん」
ソノラ
「・・・・・・っ」
レックス
「あ、あの・・・ もしもし、ソノラ?」
ソノラ
「この、ニブチーン!!
そんなの、先生といたいからに、決まってるじゃないのよーっ!!」
レックス
「・・・!」
ソノラ
「惚れた相手は、守り抜け! 何があろうと手放すな!
カイル一家の、みっつの掟 最後のひとつなんだから・・・っ」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「い、いいもん・・・っ! どうせ、先生はあたしのことそんな目で見てないもん!
迷惑だって・・・っ わかってたもん・・・っ」
レックス
「そんなことないよ!? それは、気づかなかった俺も悪かったけど・・・
迷惑なんかじゃない 好きって言ってもらえて 俺、うれしいんだ・・・」
ソノラ
「・・・ホント?」
レックス
「ああ、本当だよ」
ソノラ
「じゃあ、キスして・・・」
レックス
「!?」
ソノラ
「してくんなかったら あたし、信じないもん! 貸し、いっこ!」
レックス
「う・・・ ・・・わかったよ 目、つぶって・・・」
ソノラ
「ん・・・」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「・・・・・・っ や、やっぱ、ダメえぇーっ!?」
(ドンッ!)
レックス
「うわっ!? いててて・・・っ」
ソノラ
「ご、ごめん・・・ でも・・・」
レックス
「これで、貸しはチャラ ・・・だよね?」
ソノラ
「う・・・」
レックス
「無理して、背伸びしなくてもいいんだよ、ソノラ?
慌てなくたって、俺は君から、逃げたりしないから」
ソノラ
「・・・それじゃあ!?」
レックス
「ああ、一緒に行けるようにがんばってみるよ 待っててくれるなら、ね?」
ソノラ
「・・・うんっ!」

エンディング(好感度・通常)

レックス
「・・・・・・」
ソノラ
「えへへ、あたしもお邪魔しちゃっていい?」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「ほら、誘った立場としては 退屈してたら悪いなあって心配でさ・・・」
レックス
「そんなことないさ
山で育った俺からすれば 見るもの、聞くもの興味深いものばかりで
毎日が、すごく楽しいんだ」
ソノラ
「ああ、よかったぁ・・・
島の暮らしが、恋しくなってたら、どうしようって ずっと思ってたんだよ」
レックス
「たしかに、あの島はもう俺たちにとっては、第二の故郷みたいなものだからね
だからこそ、疲れた時に帰ることができればいい
今はまだ、ソノラたちと一緒に、色んな場所を見て回っていたいからさ」
ソノラ
「うん、そうだよね・・・」
よぉーっし!それじゃ張り切って、旅を続けちゃおう!

エンディング(好感度・大)

レックス
「・・・・・・」
ソノラ
「えへへ、あたしもお邪魔しちゃっていい?」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「ほら、誘った立場としては退屈してたら悪いなあって心配でさ・・・」
レックス
「そんなことないさ、
山で育った俺からすれば 見るもの、聞くもの興味深いものばかりで
毎日が、すごく楽しいんだ」
ソノラ
「ああ、よかったぁ・・・
島の暮らしが、恋しくなってたら、どうしようってずっと思ってたんだよ」
レックス
「たしかに、あの島はもう俺たちにとっては、第二の故郷みたいなものだからね
だからこそ、疲れたときに帰ることができればいい
今はまだ、ソノラたちと一緒に、色んな場所を見て回っていたいからさ」
ソノラ
「うん、そうだね・・・」
レックス
「だけど・・・こうしているときさ、今までの出来事が全部夢見たいな気がするよ」
ソノラ
「レックス・・・」
レックス
「あの時、最後の最後で 俺は結局力づくディエルゴをねじ伏せた
そうするしかなかったし それが正しいって思ってた
でも、こうして海を見てると時々、胸が痛むんだ・・・
世界を傷つけずに生きようとするのは、絶対に不可能なことかもしれないって」
ソノラ
「かもね・・・ でもさ・・・それで、あきらめちゃう先生じゃないよね?」
レックス
「え?」
ソノラ
「信じなかったら、どんな夢も絶対にかなわない・・・ そう言ってたの、誰だっけ?」
レックス
「あ・・・」
ソノラ
「夢を見るのは、自由だよ 例え、かないっこないってわかってても・・・
それでも、がんばるから 奇跡だって、起きたりするんじゃないかな?」
レックス
「ソノラ・・・」
ソノラ
「あたしは、そう思うよ それに、夢にされちゃったら あたしは、どうなるわけ?
こんなにも幸せなのに 目が覚めて、おしまいなんて そんなの納得できないもん」
レックス
「あ・・・」
ソノラ
「ずっと、一緒だよ じゃなきゃ、思いっきり泣いちゃうからね・・・」
レックス
「ああ・・・」
もっともっと、あなたの事 好きになるから
「明日も快晴!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました