【夜会話】サナレ(クリュウVer.)

スポンサーリンク
不断様

第1話

クリュウ
「・・・勝ったんだ」
(サナレ来る)
クリュウ
『!』
クリュウ
「あ、サナレ」
サナレ
「・・・おめでとう」
クリュウ
「え?」
サナレ
「今日勝ったでしょ おめでとうって言ってるの」
クリュウ
「あ、ありがとう 見てくれてたんだ」
サナレ
「ええ いい試合だったと思う
武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず
鍛冶師の良さは剣の出来だけでも 武器の腕だけでも 護衛獣の強さだけでも決まらない
その全てがそろってはじめて良い鍛冶師といえるってことね・・・
あんたもだてに鍛聖・・・シンテツ様の息子ってわけじゃないみたいね なんか見せつけられちゃったって感じ」
クリュウ
「えへへ」
サナレ
「ところで、何してたの? こんな場所で・・・」
クリュウ
「・・・何となく サナレのことを思い出して・・・」
サナレ
「・・・・・・
そうなんだ」
クリュウ
「ダメだった?」
サナレ
「ううん 別に・・・っていうかさ わたしもちょっと不安で・・・
じつはさ わたしも第1戦の通知がきて・・・ ドキドキしちゃってて・・・
心を落ち着けようと思ったの・・・」
クリュウ
「(ふぅん・・・サナレって生意気なだけだと思ってたけど女の子っぽいとこあるんだ)」
サナレ
「何、その目は? ニヤニヤしちゃって・・・
どうせ かわいいところもあるなぁとか思ってるんでしょ・・・」
クリュウ
「(ばれてる!?)」
サナレ
「別に気にしてないわ わたしは女の子なんだから恥ずかしがることでもないし」
クリュウ
「うん そうだけど」
サナレ
「わたしは最高にかわいくて最高にかっこいい女になるんだから!」
クリュウ
「うん・・・がんばれ!」
サナレ
「変なヤツねあんた・・・」
クリュウ
「そうかな・・・
あ、そうだ! おなかもすいてきたし いっしょノゴハン食べない?」
サナレ
「お断りね 明日試合だっていうのにいっしょに浮かれてなんかいられないの」
クリュウ
「え・・・」
サナレ
「と言いたいところだけどごいっしょしてもよくてよ」
クリュウ
「いいの?」
サナレ
「あのね いい女は食事の誘いを断らないものなの!」

第2話

クリュウ
「あ、サナレ! となりいい?」
サナレ
「だめ ここはわたしの特等席なの」
クリュウ
「え ・・・前と言ってることが違うよ」
サナレ
「ふぅ・・・まったく ジョーダンに決まってるでしょ
それにしてもあんなことがあったのによく平気な顔してるわね
正直わたしはへこみ気味よ
まだまだ未熟なんだって思うとなんか自分のやってることがばかばかしくて・・・」
クリュウ
「そんなことないと思うよ サナレは僕よりずっと真面目だしがんばってるし
そのうち胸を張って自分の武器だって言えるようになろうよ!」
サナレ
「そうね・・・」
クリュウ
「そうだよ絶対!」
サナレ
「まったく あんたといると調子狂うわ
・・・帰ろうか? おねえさんが家まで送ってあげるわ」
クリュウ
「え? サナレって僕より年上なの・・・」

第3話

サナレ
「あ、来たんだ」
クリュウ
「・・・ダメだった?」
サナレ
「ううん そろそろ来るんじゃないかって思ってた」
クリュウ
「・・・なんで?」
サナレ
「今日ラジィって子と戦ったでしょ? つらかったんじゃない?
あんたのことアニキアニキってなついてたみたいだし
・・・でも手加減なんてできないのよねぇ」
クリュウ
「手加減なんてできなかったよ それにラジィは強いよ」
サナレ
「そうね みんなが鍛聖をめざして必死なんだもんね
ねえクリュウ わたしのときも手加減しないって約束して」
クリュウ
「そんな! サナレ相手に手加減なんかしたら殺されちゃうよ!」
サナレ
「どういうことよ?」
クリュウ
「冗談だってば
でもサナレ相手に手加減なんてできないよ
誰が相手でも全力で戦わないとね!」
サナレ
「そうね・・・じゃあまた!」
クリュウ
「うん!」

第4話

サナレ
「あ、クリュウ・・・ やるじゃない あの双子を倒すなんて
本当はわたしが倒す予定だったんだけど
そうそう・・・ そういえばクリュウ あなた知らないでしょうけど
今日の試合の後 工房の中大変だったんだから」
クリュウ
「なんでさ?」
サナレ
「あの双子さ 結構人気あるのよ わたしにはわかんないけど」
クリュウ
「はあ」
サナレ
「でさ、ウワサになってるのよ クリュウが試合で口説いてたって」
クリュウ
『!』
クリュウ
「ええ!?」
サナレ
「まあそう見えるわね わたしもそう思ったもん
「女の子はまもるものだから」
だもんねぇ・・・」
クリュウ
「そんな・・・別に 思ったまま言っただけで・・・」
サナレ
「じゃあそれがわたしでも?」
クリュウ
「あたりまえだろ! なんかあったら 僕がまもるよ!」
サナレ
「・・・あんたみたいのが女の子を不幸にするのよね」
クリュウ
「・・・なんで?」
サナレ
「じゃ わたしはこれで帰るわ
これ以上あなたといると調子くるいそうだし」

第5話

クリュウ
「・・・サナレ」
サナレ
「どうしたのよ 神妙な顔しちゃって?」
クリュウ
「今日 リンドウ様に会ったんだ」
サナレ
「金剛の鍛聖・・・リンドウ様? たしかお休みをもらっていたんじゃ?」
クリュウ
「そうだったんだ・・・
だから開会式で姿を見なかったんだね?」
サナレ
「そういうコトみたい で、リンドウ様がどうしたのよ?」
クリュウ
「うん・・・デグレアの兵隊におそわれてね・・・
でもすっごく強くて 僕なんか足元にもおよばなくてさ」
サナレ
「で?
あんな人たちと同じ鍛聖になれるのかなぁ
とか言うんじゃないでしょうね?
あのね! わたしたちが未熟なのはわかりきってることでしょう?
そんなわたしたちを鍛聖にしようってからにはなんか理由があるって思わない?」
クリュウ
「え・・・ 考えたこともなかったよ 追いつくことばっかり考えてて」
サナレ
「あんたねぇ・・・ 未熟なわたしたちだからできる・・・ 大人にはできない何かがあるのよ!
たとえば・・・ 花で都をいっぱいにしたいなんて子供にしか考えつかないでしょ?」
クリュウ
「(ラジィのことだ・・・)」
サナレ
「そういうのを鍛聖の人たちは期待してるのよ」
クリュウ
「・・・すごいよサナレ そんなこと考えもしなかった」
サナレ
「ま・・・ あくまでわたしの想像だけどね とにかく
強くなるだけじゃなくって あんたにしかできないことがあるはずでしょ?
鍛聖になる理由なんてそれでいいじゃない?」
クリュウ
「うん ありがとサナレ
ところでサナレにしかできないことは何?」
サナレ
「ハァ? 決まってるでしょ?
そんなの剣の都で一番いい女になることでしょ? そんだけよ?」
クリュウ
「・・・それはそれですごいよサナレ」

第6話(サナレを助けに向かった場合)

サナレ
「本当にお願いだから今日のことは忘れて!」
クリュウ
「え?・・・なんだよいきなり?」
サナレ
「だ~か~ら~ 今日のことは忘れなさいって言ってるの!」
クリュウ
「だからなんのことかってきいてるのに・・・」
サナレ
「・・・のことよ」
クリュウ
「え?・・・きこえないよ?」
サナレ
「ふ・・・フリフリした服のことよ!」
クリュウ
「あぁ!すっかり忘れてたよ!
でも、かわいかったけどなぁ 似合ってたと思うし・・・」
サナレ
「・・・あんたはまたそういうことをサラっと・・・
まあいいわ・・・ とにかく忘れること!」
クリュウ
「別にいいじゃん」
サナレ
「・・・それより剣はどうしたの?」
クリュウ
「母さんに渡したよ 父さんの剣だからね」
サナレ
「・・・そう でもあなたのお父さん・・・ シンテツ様ってやっぱりすごいのね
街のみんなはあんまり知らないみたいだけど
鍛聖の人とか・・・ うちの姉さんも・・・
みんなシンテツ様を英雄って言うのよね・・・ なんでかしら?」
クリュウ
「僕にもわからないけど でも いつかわかる時が来ると思うんだ」
サナレ
「そうね 実は姉さんもシンテツ様を好きになったのよ
よく考えたら、そんな人が悪い人だったりするわけないのよね・・・」
クリュウ
「そりゃそうだよ!」
サナレ
「そうよね~」
クリュウ
「・・・ところでさ サナレのお姉さんってどんな人なの?」
サナレ
「いいじゃないどんな人でも! すっごく素敵な女の人
・・・だった」
クリュウ
「だった?」
サナレ
「あんたには関係ないことでしょ! ・・・
・・・ わたしは帰るわ・・・じゃ!」

第6話(ラジィを助けに向かった場合)

サナレ
「クリュウ あの剣はどうしたの?」
クリュウ
「母さんに渡したよ 父さんの剣だからね」
サナレ
「・・・そう でもあなたのお父さん・・・ シンテツ様ってやっぱりすごいのね
街のみんなはあんまり知らないみたいだけど
鍛聖の人とか・・・ うちの姉さんも・・・
みんなシンテツ様を英雄だって言うのよね・・・ なんでなのかしら?」
クリュウ
「僕にもわからないけど でも いつかわかる時が来ると思うんだ」
サナレ
「そうね 実は姉さんもシンテツ様を好きになったのよ
よく考えたら、そんな人が悪い人だったりするわけないのよね・・・」
クリュウ
「そりゃそうだよ!」
サナレ
「そうよね~」
クリュウ
「・・・ところでさ サナレのお姉さんってどんな人なの?」
サナレ
「いいじゃないどんな人でも! すっごく素敵な女の人
・・・だった」
クリュウ
「だった?」
サナレ
「あんたには関係ないことでしょ! ・・・
・・・ わたしは帰るわ・・・じゃ!」

第7話

クリュウ
「あ、サナレ・・・
今日の試合 見にいけなくてごめんね」
サナレ
「別に気にしてないって言ってるでしょ?
あんたもそんなこと言うためにここに来たの?」
クリュウ
「うん」
サナレ
「はぁ・・・」
クリュウ
「・・・」
サナレ
「・・・あのさぁ 最近思うのよね わたし弱くなったなぁって、ね」
クリュウ
「どうして? 今日もすごく強かったってラジィが言ってたよ
見違えたみたいだって・・・」
サナレ
「そうね・・・ 見違えた・・・か
前は、ね・・・ 迷惑をかけるとか、心配をされるっていうのが・・・イヤだった・・・
だれかに助けてもらってもうれしい、とか思わなかったの・・・
でもね、このあいだ あんたとヴァリラが助けにきた時 うれしいって思った
その時は当たり前のことだって思ってたんだけど・・・
違うのよね・・・ 誰かに助けられてうれしい、なんて イイ女じゃないわ・・・
それは・・・ ひとりで立てない弱い女なのよね・・・」
クリュウ
「・・・そうなの? 僕はサナレが喜んでくれたならうれしいけど?」
サナレ
「・・・それなのよね あんたのそれがよくないのよ」
クリュウ
「ええ!?」
サナレ
「わかってるのよね・・・ 自分に正直なのが一番っていうのは・・・
でも・・・わたしとしては姉さんと同じになっちゃだめなのよ・・・」
クリュウ
「え?・・・どういう意味?」
サナレ
「・・・わたしなんか言ってた?」
クリュウ
「うん 自分に正直とか・・・ お姉さんと同じじゃだめとか・・・」
サナレ
「・・・忘れて」
クリュウ
「そんな・・・なんで?」
サナレ
「いいから忘れて!」
クリュウ
「うん・・・ごめん」

第8話

サナレ
「クリュウ・・・」
クリュウ
「あ、サナレ さっきよりは元気そうだね?」
サナレ
「うん・・・
ねえ・・・クリュウ」
クリュウ
「なんだよ あらたまって・・・」
サナレ
「あのさ・・・人を好きになるって・・・やっぱりいけないことなのかな?」
クリュウ
「え・・・なんで?」
サナレ
「ルマリさんを1年ぶりに見たの・・・ ルマリさん鍛聖だったでしょ? だから・・・うちの姉さんと仲良くて
久しぶりに見たルマリさんは・・・
すごく弱々しくて・・・ 3年前の強さが全然なくて・・・ なんでかなって思ったら・・・
テュラムさんがいたの」
クリュウ
「どういうこと?」
サナレ
「ルマリさんはテュラムさんが好きだからテュラムさんにたよってるのよ・・・
あんなルマリさんなんて 強くないルマリさんなんて ルマリさんじゃない・・・
弱くなったルマリさんなんてぜんぜん格好良くない・・・
わたしは・・・ あんふうにはならないわ」
クリュウ
「サナレ・・・?」
サナレ
「姉さんもいっしょ・・・ シンテツさんのことを好きになってから・・・」
クリュウ
「え・・・どういうこと?」
サナレ
「なんでもない・・・ ごめん・・・」

第9話

サナレ
「クリュウ・・・どうしたの?」
クリュウ
「ん・・・なんでもないよ それよりもサナレ 今日の試合はどうだった?」
サナレ
「勝ったわ ・・・当たり前でしょ?」
クリュウ
「おめでとうサナレ! 準決勝進出だね!」
サナレ
「ありがと
わたし・・・ずっと・・・悩んでた・・・ うちの姉さんもルマリさんも男の人を好きになって
弱くなった・・・ かっこよくなくなった・・・ いい女じゃなくなったの
でもわかった・・・ 今日の試合ではっきりしたわ
自分に力があれば男の人を好きになっても変わらないですむのよね!」
クリュウ
「サナレ・・・ なんかふっきれたみたいだね・・・」
サナレ
「ねぇクリュウ! あしたヒマ?」
クリュウ
「ひま・・・っていうほどじゃないけど 何?」
サナレ
「あした 買い物につきあってくれない?」
クリュウ
「買い物に・・・? 一日・・・?」
サナレ
「剣の都で一番いい女になるサナレ様のおさそいよ? 断ったら損するんだから」
クリュウ
「はは・・ じゃあ行こうよ ショッピング」
サナレ
「うん・・・ 決まりね」

デートイベント

クリュウ
「・・・と、いうわけでこれからサナレと出かけることになったんだ」
サナレ
「親方さんから船は借りられたわ 準備はいい?」
  • うん!行こう
    クリュウ
    「じゃあ行ってくるよ ザンテック/ラショウ/シュガレット/クッティ」
    サナレ
    「行きましょ」
  • ちょっと待って
    クリュウ
    「ごめん ちょっと待って」
    サナレ
    「仕方ないわねぇ」
    (サナレ入口で待つ)
    サナレ
    「準備はいい?」
    • うん!行こう
      クリュウ
      「じゃあ行ってくるよ!ザンテック/ラショウ/シュガレット/クッティ」
      サナレ
      「行きましょ」
    • ちょっと待って
      サナレ
      「仕方ないわねぇ」
(港へ)
サナレ
「さて 今日はわたしにつきあってもらうから」
クリュウ
「わかった」
サナレ
「というわけで クリュウ・・・今日はあなたが船の運転しなさいよね」
クリュウ
「なんか・・・人づかい荒いなぁ」
サナレ
「口答えしない!」
クリュウ
「・・・はい」
サナレ
「じゃあ行こっか?」
(サナレ移動)
クリュウ
「さ、サナレ! そんなにくっついたら・・・」
サナレ
「いいのよ くっつかないとデートにならないじゃない!?」
  • デートだったの!?
    クリュウ
    『!』
    クリュウ
    「え? デートだったの?」
    サナレ
    「・・・」
    クリュウ
    「・・・・・・」
  • うん、そうだよね
    クリュウ
    「うん、そうだよね デートだもんね?」
    サナレ
    「・・・あんたにあらためて言われるとなんかテレるわね・・・」
    クリュウ
    「じゃあ行こうか、サナレ」
サナレ
「バカ・・・ 予行演習よ よこーえんしゅー!」
サナレ
『!』
(コウレン現れる)
コウレン
「あらサナレ・・
今日はクリュウくんもいっしょなの?」
サナレ
「姉さん・・・
どうしてここに?」
コウレン
「ああ ルマリのところに用事があって・・・
でも・・・サナレもそんな年ごろになったのね・・・
年下とは少し意外だけど」
サナレ
「・・・そんなんじゃない」
コウレン
「あら?・・・そうなの?」
サナレ
「そんなんじゃない! 姉さんといっしょにしないで!」
(サナレ、走り去る)
コウレン
「・・・あの子ったら・・・」
クリュウ
「コウレンさん! 追わなくてもいいんですか!?
なんか・・・サナレ コウレンさんのことになると少し変なんです
弱くなったとか・・・ 恋しちゃだめだとか・・・」
コウレン
「・・・そうね
あの子、わたしのことを嫌っているみたいだから・・・」
クリュウ
「そんなことないと思います・・・」
コウレン
「そうかしら・・・」
クリュウ
「だって!・・・サナレの目標はコウレンさんなんだって・・・僕にはそう思えるんです!」
コウレン
「・・・そうなの・・・ でもわたしはダメね・・・あの子がどこへ行ったのかもわからない
姉、失格ね・・・」
クリュウ
「今・・・少しだけ サナレの言ってたことわかる気がします
今のコウレンさん・・・ かっこわるいです!」
(クリュウ、走り去る)
コウレン
「・・・かっこわるい・・・か」
(海中展望台へ)
(クリュウ、サナレに近づく)
クリュウ
「サナレ!」
サナレ
『!』
サナレ
「・・・クリュウ
・・・・・・」
(クリュウ、サナレの隣に)
クリュウ
「ねぇサナレ・・・」
サナレ
「来ないで!」
クリュウ
「え・・・」
サナレ
「来ないで・・・」
クリュウ
「ごめん・・・」
サナレ
「・・・・・・
・・・
ごめんなさい」
クリュウ
「え?なんで・・・」
サナレ
「クリュウは悪くないのに こんなの、やつあたりだよね・・・」
クリュウ
「・・・サナレ」
サナレ
「あのね・・・ 前に話したかもしれないけど・・・
わたしを育ててくれたのって姉さんなの・・・
わたし、ずっとかっこいい姉さんにあこがれてて、姉さんみたいになりたいって思ってた・・・」
  • その話は前にもきいたような・・・
    クリュウ
    「あれ?その話って・・・確か前にも・・・」
    サナレ
    「おぼえててくれたんだ・・・
    ありがと それでね・・・
    わたし、小さなころから姉さんが、最高の鍛聖だって思ってた 強くて凛々しくて・・・
    でもね・・・ 姉さんはシンテツ様が死んでから・・・ 泣くようになって・・・
    弱くなって・・・
    それからずっと シンテツ様の思い出ばかりに・・・」
  • 黙ってきく
    サナレ
    「ううん・・もしかしたら姉さんみたいになりたいって思ってたのかも・・・
    わたし、小さい頃から姉さんが、最高の鍛聖だって思ってた 強くて凛々しくて・・・
    でもね・・・ 姉さんはシンテツ様が死んでから・・・ なくようになって・・・
    弱くなって・・・
    それからずっと シンテツ様の思い出ばかりに・・・」
クリュウ
「だから・・・お姉さんのかわりに最高の鍛冶師になろうって思ったんだね」
サナレ
「うん・・・ だけど、クリュウに出会って姉さんの気持ちが少しわかった・・・」
クリュウ
「え・・・?」
サナレ
「あんたドンカンだから教えてあげるけど・・・」
クリュウ
「何?」
サナレ
「やっぱやめ これからお互いに戦わなくちゃいけないから・・・
試合が終わったら教えてあげる・・・」
クリュウ
「うん・・・わかった」
サナレ
「とにかく、姉さんの気持ちがわかった・・・ わかっちゃったのよ・・・
でも・・・クリュウに助けられて クリュウだけがどんどん勝ち進んで・・・
あせったの・・・このままだと置いて行かれちゃう・・・わたしの方が強くないといけないのにって・・・
そんなふうに思う自分もイヤだった・・・ だからもっと強くなりたくて・・・
クリュウ・・・ わたし、これじゃ姉さんと同じだよ 弱くて・・・」
  • サナレは強いよ
    クリュウ
    「えっと・・・サナレ・・・ 僕はサナレが強いと思うよ・・・
    僕、思うんだ・・・ 一番強いことは大切じゃないって」
    サナレ
    「え・・・?」
    クリュウ
    「父さんもリンドウさんもサクロさんもウレクサさんも もちろんコウレンさんだって
    みんな強くてやさしい人ばっかりじゃない?
    父さんは母さんを好きだったから戦えたんだと思うし・・・
    サクロさんもウレクサさんがいなくなったときは泣きたかったと思うし・・・
    きっと強いことも弱いこともやさいしいことも・・・ 男とか女とか関係ないと思う・・・」
    サナレ
    「クリュウ・・・」
    クリュウ
    「だから・・・コウレンさんを弱いなんて言っちゃダメだよ
    コウレンさんはやさしくて強くて最高の鍛聖だよ!」
    サナレ
    「ありがと・・・
    でもあんた姉さんのことちゃんと知ってるの?」
    クリュウ
    「え・・・
    あ、いやさ、ほら! サナレのおねえさんだもん! かっこいいにきまってるじゃん!」
    サナレ
    「あんたね・・・」
    クリュウ
    「・・・ごめん」
    サナレ
    「・・・」
    クリュウ
    「・・・」
    サナレ
    「・・・・・・ぷっ ・・・はは・・・ははは・・・ もう、わたしの負け負け!」
    クリュウ
    「なんだよ! 笑わなくてもいいじゃないか・・・」
  • それでもいいと思うよ
    クリュウ
    「弱いかもしれないけど・・・僕はそれでもいいと思うんだ」
    サナレ
    「え・・・」
    クリュウ
    「ただ意味もなく強いことしか考えないサナレより
    弱い人の気持ちがわかるサナレの方が・・・ ずっとかっこよくて強いと思う」
    サナレ
    「・・・ありがとう
    でも・・・ちょっとおそかったかも・・・」
    クリュウ
    「え?・・・なんで」
    サナレ
    「・・・ごめんね ヒミツなの・・・これだけは絶対に言えない・・・
    あーあ・・・ もっと早くクリュウとこうやって話ができてたら・・・
    こんなことにならずにすんだのにね・・・」
    クリュウ
    「どういうこと?」
  • そんなサナレが好きだよ
    クリュウ
    「弱いかもしれないけど・・・僕はそんなサナレが好きだよ」
    サナレ
    「え・・・」
    クリュウ
    「ただ意味もなく強いことしか考えないサナレより
    弱い人の気持ちがわかりサナレの方が・・・ ずっとかっこよくて強いと思う」
    サナレ
    「・・・ありがと
    でも・・・ちょっとおそかったかも・・・」
    クリュウ
    「え?・・・なんで」
    サナレ
    「・・・ごめんね ヒミツなの・・・これだけは絶対に言えない・・・
    あーあ・・・ もっと早くクリュウとこうやって話ができてたら・・・
    こんなことにならずにすんだのにね・・・」
    クリュウ
    「どういうこと?」
サナレ
「ねえクリュウ もし準決勝か決勝で戦うことになったら・・・
本気で勝負してね」
クリュウ
「うん、当然だよ!」
サナレ
「・・・今の気持ち大事にしたいから・・・ 今日は帰るね・・・クリュウ」
クリュウ
「うん」

エンディング

サナレ
「クリュウおそい!」
クリュウ
「ご・・・ごめん・・・ そんなにおくれた?」
サナレ
「別に? ほんのちょっとじゃない?」
クリュウ
「じゃあ・・・」
サナレ
「ちょっとでもチコクはチコク あんたが鍛聖になってもそれは変わらないわ
だいたい、わたしみたいにいい女はおさそいも多いんだから時間は貴重なの」
クリュウ
「ごめん・・・」
サナレ
「うそよ」
クリュウ
「?」
サナレ
「おさそいが多いのは本当だけど 時間はあなたのために空けてあるわ
ね、黒鉄の鍛聖さま?」
クリュウ
「ははっ やっぱりサナレはいじわるだなぁ 初めて会ったときから変わらないや」
サナレ
「な・・・何よ~? なんか落ち着いちゃって!
でも、そうね・・・ 好きな人はいじめたくなるのかもね」
クリュウ
「え・・・何?」
サナレ
「べ、別になんでも・・・ さ、いくわよ!」
クリュウ
「なになに? なんて言ったのさ、サナレ?」
サナレ
「なんでもないっていってるでしょ! もう!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました