【夜会話】クッティ(クリュウVer.)

スポンサーリンク
不断様

第0話

クリュウ
「ああ、あの船・・・
いつも不用心にここに泊めてあるな・・・
そうだクッティ! 乗ってみようよ!」
クリュウ
「こうしてると思い出すなぁ
前に父さんの船に乗せてもらってヴァンスに連れていってもらったこと
クッティも行ったことあるんだよね
今度は僕が連れていってあげるね ヴァンスよりも遠いところとか・・・
行ったこともないくらい遠くとか」
クッティ
「クッティ!」
クリュウ
「そっか・・・ クッティも行きたいんだね
うん 絶対連れていってあげるよ」
クッティ
「クッティ!」
クリュウ
「そのためには船を手に入れたり強くなったりしなくちゃね
鍛聖になれてもなれなくても絶対に行こうね!
ね、クッティ・・・」
クリュウ
『?』
クリュウ
「あれ・・・クッティ?」
クッティ
「・・・」
クリュウ
「寝ちゃったみたい・・・ おつかれさま・・・ おやすみ、クッティ」

第1話

クッティ
「クッティ!」
クリュウ
「なんかゴキゲンだね、クッティ
でもクッティのおかげで1回戦を突破できたよ ありがとね
こんどおいしいもの ごちそうしてあげるからね
ねえクッティ そういえば鍛聖の人が言ってた鍛冶師の三宝・・・わかる?」
クッティ
『♥』
クッティ
「(すりすり)」
クリュウ
「ってクッティにわかるわけないか」
クッティ
「クッティ!」
(パンチ)
クリュウ
「いたたたた ゴメンゴメン! バカにしたわけじゃないよ~!!」
クッティ
「クッティ!」
クリュウ
「・・・ふぅ で、鍛冶師の三宝だけど・・・
武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず
・・・ 鋼の硬さはきっときたえる武器の良さだから 武器をきたえる腕だよね
剣の腕はそのまま 武器の扱いの上手さだし・・・
友の助けは・・・ いっしょに武器をきたえたり 戦ったりする護衛獣のことかな
つまり・・・
鍛聖の三宝・・・ きたえる技術、剣の腕、護衛獣の三つがそろわないと
本当の鍛冶師にはなれないってことだよね」
クッティ
「クッティ!」
クリュウ
「クッティもそう思う? そうだね きっとそれであってるよね
これからもいっしょにがんばろう クッティ!」

第2話

クリュウ
「なんとか今回も勝てたよ ありがとう、クッティ」
クッティ
「・・・クティ!」
クリュウ
「勝ったのはうれしいんだけど・・・ 本当はちょっと不安なんだ
次の試合は誰かなって思うとドキドキするよ・・・
だってさ・・・この先にはヴァリラみたいに強いのが何人もいるんだよね
今日はまぐれでヴァリラに勝てたけど次は勝てるんだろうか・・・」
クッティ
「(すりすり・・・)」
クリュウ
「くすぐったいよクッティ わかってるよ・・・大丈夫! こわがったりしてないから
ヴァリラは強いしほかにもたくさん強い人がいるし・・・ だから僕も強くならなくちゃ!」
クッティ
「クーッ!」
(パンチ)
クリュウ
「いった! ・・・わかった、強くなるよ・・・」
クッティ
「クッティ!!」

第3話

クリュウ
「ねぇ、クッティ」
クッティ
「クッティ!」
クリュウ
「・・・
・・・・・・
よかったのかな ラジィに勝っちゃて」
クッティ
「クティ?」
クリュウ
「ラジィはね、このワイスタァンを剣と花の都にしたいっていう夢を持ってたんだよ
でも僕にはそんな目標はなくて ただ父さんみたいな鍛聖になりたい それだけなんだ
僕よりもラジィの方が鍛聖として立派にやっていける気がするんだ・・・」
クッティ
『♥』
クッティ
「(すりすり)」
クリュウ
「ありがとクッティ なぐさめてくれてるんだね・・・
わかってるよ 目標がしっかりしててもしてなくても競うからには勝たないとね
勝って・・・優勝して・・・ ラジィの願いをかなえられる鍛聖にならないと・・・
がんばろうねクッティ・・・」
クリュウ
『・・・』
クッティ
「ZZZZZzzzzzzzz」
クリュウ
「はは・・・おやすみ、クッティ」

第4話

クリュウ
「やったねクッティ・・・」
クッティ
「・・・zzzzzzzz ・・・クティ」
クリュウ
「って・・・寝てる?
そうか・・・疲れたもんな・・・
そういえば・・・サクロさん 父さんのこといっぱい知ってそうだったな・・・
父さんは誰かをまもるためにいなくなったとか・・・
当然母さんも知ってるんだろうな・・・
なんで みんな教えてくれないんだろう?
クッティも話ができたら教えてくれるのかな・・・」
クッティ
「クゥ・・・」
クリュウ
「教えてくれないような気がする・・・
きっと僕がもっと成長するまでみんな黙ってる・・・のかな?
よく物語とかにあるけど・・・「お主が知るにはまだ早いのじゃ」ってやつとか・・・
だとしたら、それこそもっと立派な鍛冶師にならないと・・・
よし! 父さんの秘密を全部知るためにももっとがんばってきたえなきゃ!
がんばろうね! クッティ!」
クッティ
「クゥ・・・」

第5話

クリュウ
「金剛の鍛聖・・・ 最も美しい武器を作る鍛聖の長かぁ・・・
もっとこわい人かと思ってたけどやさしい普通のおじいさんだったなぁ・・・
・・・ちょっと変な人だったけど
ねぇクッティは前にもリンドウさんに会ったことがあるんだよね・・・」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「父さんとリンドウさんか・・・ 僕もふたりみたいに立派な鍛冶師になるんだ!
あの女の人が言っていたように父さんが英雄だったんなら 僕も英雄をめざして・・・
リンドウさんに認めてもらえる鍛聖にならないとね! がんばろうねクッティ!」
クッティ
「クティクティ!」

第6話

クッティ
「クティ!」
クリュウ
「今日は大冒険だったね、クッティ」
クッティ
「クティクティ!」
クリュウ
「島にやっとたどりついて・・・
サナレたちが捕まったってきいたときはどうしようかと思ったよ・・・
なんとか助けられたけど・・・」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「ねえクッティ 英雄ってなんだろう・・・
あの女の人もサクロさんも村長さんも・・・
みんな父さんのことを英雄って言うけど・・・
人を助けることが英雄ってわけじゃないよね・・・」
クッティ
「クティ?」
クリュウ
「わかんないや・・・
でも言えることは 父さんは英雄で僕には父さんっていうお手本がある
いつか父さんがどういう人だったのかを知ってきっと追いつくよ!」
クッティ
「クッティ!」

第7話

クリュウ
「今日もごくろうさま、クッティ」
クッティ
「・・・くてぃ・・・」
クリュウ
「あれ、寝てる? そりゃそうか・・・ いろいろあったもんね
勇者さまってもっと威厳たっぷりな人かと思ってたけど
あんがい普通のやさしい人だったなぁ・・・
ただ、ちょっと仲間のためにいっしょけんめいなだけの・・・
きっと父さんも同じなんだろうな・・・ やさしくて、ほかの人のために・・・
・・・そうか!
きっと勇者って・・・ 誰かのために正しいことをできる人なんだ・・・
よし! 僕も勇者さまみたいになるぞ!」
クッティ
「・・・くてぃ?」
クリュウ
「ごめんクッティ・・・ 起こしちゃった?」
クッティ
「ク~~ティッ!!!」
(パンチ)
クリュウ
「うわぁ! クッティ、寝起き悪すぎ!」

第8話

クリュウ
「ねえクッティ ウレクサさんはルマリさんの勇者になれたのかな」
クッティ
「・・・」
クリュウ
「・・・思うんだ ウレクサさんってすごいよね・・・って
大好きなお姉さんのためにほかの大事なものぜんぶ捨てちゃって
お姉さんの・・・ルマリさんのためだけに いっしょけんめいで
ほかの人に何を言われてもあきらめないで・・・
・・・・・・
・・・
・・・でも 間違ってるよね
ルマリさんのためにいいと思ってしてることが結局ルマリさんを苦しめて
・・・
僕ね・・・ ウレクサさんを巻き込んだルベーテさんを許せそうにないよ
なんでそんなことをするのか ちゃんときかせてほしいよ・・・」
(クッティすりよる)
クッティ
『♥』
クッティ
「クティクティ・・・」
クリュウ
「ありがとうクッティ・・・ なぐさめてくれるんだね」

第9話

クリュウ
「終わったね、クッティ これで大会に専念できるね・・・」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「気合入れ直さなくちゃね!
・・・
・・・・・・
気になるなぁ・・・ パリスタパリスのこともデグレアのことも・・・
このあいだ なんでサナレが泣いていたのかも・・・
う~ん・・・」
クッティ
『?』
クッティ
「クティ?」
(クッティ移動)
クリュウ
「・・・ん? クッティどうしたの?」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「なんか拾ったの? 見せてよ」
クッティ
「ク~!!!」
クリュウ
「見せてよクッティ! 親方の落とし物かもしれないよ?!」
クッティ
「クティクティ!」
クリュウ
「どこ行くの?!」
(クッティ去る)

デートイベント

クッティ
「くてぃ・・・」
クリュウ
「・・・やっと放した これは?
指輪?!」
(指輪入手)
クッティ
「クティ!」
クリュウ
『!』
(親方、工房に入る)
ブロン
「おうクリュウ なんかやかましかったがどうかしたのか?」
クリュウ
「あ!親方!
実はコレ・・・ 親方の船で拾ったんですけど・・・」
ブロン
「・・・指輪?
・・・ん
ありゃ! こりゃバードンレルのもんだ!」
クリュウ
「バードンレルさん?」
  • 誰だっけ・・・
    クリュウ
    「誰だっけ・・・」
    ブロン
    「鍛聖を目指しているなら人の名前くらいおぼえとけよ
    ルギスタ島であったろ? あそこの村長さんだよ」
    クリュウ
    「あ!・・・へんなおじさんだ!」
  • ああ! あの人
    クリュウ
    「ああ!ルギスタ島の村長さんの?」
ブロン
「そうだ
あいつ、その指輪をなくしたとき すんげぇ大さわぎしてよぉ 大変だったんだよ・・・
あんだけ探しても見つからなかったのにどこにあったんでぃ?」
クリュウ
「さぁ・・・船のどこかから? クッティが見つけたんです」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「・・・そんなに得意そうな顔しなくても・・・・
っていうか親方も村長さんの知り合いなんですか?」
ブロン
「おうよ!
シンテツの弟子って言えばオレっちの弟子みたいなもんだしな!
シンテツの家に下宿してたときはよく世話してやったもんよ」
クリュウ
「へぇ・・・ そんなことがあったとは・・・」
ブロン
「あったというか さっきまで会ってたんだよ」
クリュウ
「ええ!!」
ブロン
「久しぶりに顔が見たくなったって娘と一緒にこっち来てんだよ」
クリュウ
「ええ!!」
ブロン
「まだおまえン家にいるんじゃねぇか? オレっちが待っていって・・・」
鍛冶師
「親方~! どこ行ったんですか~」
鍛冶師
「またアマリエさんのとこじゃないか?」
鍛冶師
「さっき連れ戻してきたばっかなのに?」
ブロン
「うるせぇ! まだ行ってねぇってんだ!!!
というわけで届けてやんな、クリュウ
親方はつれぇなぁ・・・」
クリュウ
「(・・・母さんに会えないのがつらいだけなんじゃ)
わかりました 行ってきます」
(自宅へ)
アマリエ
「あらクリュウ」
村長
「おお! ひさしぶり!!」
エクレーヌ
「おひさしぶりです」
クリュウ
「お久しぶりです」
(クリュウたち村長の近くに移動)
エクレーヌ
「あの・・・ 今日はヴァリラさんは?」
クリュウ
「ごめんなさい いっしょじゃないんです
2階層の金の匠合に行ってみたらどうです?」
エクレーヌ
「そうね あとで行ってみようかしら」
クリュウ
「それで、あの・・・
親方の船で指輪を見つけて 村長さんに渡すように言われたんですけど・・・」
(クリュウ、指輪を渡す)
村長
『・・・』 『!』
村長
「なんと・・・コレは結婚指輪・・・ やっと出てきたのか!!!」
クリュウ
「クッティが見つけたんですよ」
クッティ
「クティ!」
村長
「ありがとう、クッティ 本当に探していたんだよ・・・」
エクレーヌ
「お父さん・・・ それってママとの結婚指輪だよね?」
村長
「そうだが・・・?」
エクレーヌ
「そんなものなくしてたの・・・?」
村長
「そうだが・・・?」
エクレーヌ
「・・・サイテー・・・」
(エクレーヌ去る)
村長
『!』
村長
「あぁ・・・ エクレーヌ!!」
アマリエ
『・・・』
アマリエ
「もう! あなたったら相変わらずねぇ
わたしが話してきますから大人しくしてなさい!」
(アマリエ、エクレーヌを追いかける)
村長
『・・・』
村長
「う~ん 娘の教育はむずかしい いや、このうえなく・・・」
クリュウ
「(・・・それ以前の問題のような気がする・・・)」
村長
「クリュウくん? 今、それ以前の問題とか思わなかったかね?」
クリュウ
「え!?」
村長
「なぜわかったかという顔をしているね・・・」
  • なんでわかったんですか?
    クリュウ
    「ええと・・・ なんでわかったんですか?」
    村長
    「ふふふ・・・ 簡単なことだよクリュウくん!
    いや、これがなぜかこういう場面になるとみんながそう言うのだよ
    娘さんの教育がどうのよりバードンレルの性格が問題ではないか、とね
    村長のくせに娘をほったらかしにして村のご婦人をお茶に誘ったり
    えっちなことばかり考えていたり・・・
    それがいけないと言うのだよ! どいつもこいつも!
    どうだね?カンタンな推理だろう?」
    クリュウ&クッティ
    『汗』
  • そんなことないです
    クリュウ
    「そ、そんなことないですよ!」
    村長
    「いいや、思った! まちがいないもんね~!」
    クリュウ
    「「まちがいないもんね~」って・・・」
    村長
    「村長のくせに娘をほったらかしにして村のご婦人をお茶に誘ったり
    えっちなことばかり考えていたり・・・
    どうせクリュウくんもそれがいけないと言うんだろう?」
    クリュウ
    「・・・普通は言うかと思いますけど・・・」
    村長
    「まったく! かわいいものやえっちなものを好きなどこがいかんのだ?」
クリュウ
「・・・バードンレルさん
なんというか、その・・・ そのうえ、エクレーヌさんのお母さんの形見をなくしたら・・・
それはエクレーヌさんも怒るんじゃないですか?」
村長
「形見ではないぞ」
クリュウ
『?』
クリュウ
「え?」
村長
「別にエクレーヌの母は元気にしているぞ」
クリュウ
「じゃあ・・・」
村長
「うむ・・・わたしがあんまりいいかげんなので・・・」
クリュウ
「なので・・・?」
村長
「逃げた」
  • 当然だと思います・・・
    クリュウ
    「・・・なんかわかる気がします・・・」
    村長
    「つまり 逃げられて当然だというわけだね?」
    クリュウ
    「いえ・・・そこまでは・・・」
    村長
    「正直に言いたまえ 怒らないから」
    クリュウ
    「当然だと思い・・・」
    村長
    「なんだとっ!?」
    クリュウ
    「そんなぁ・・・ 今 怒らないって言ったじゃないですか・・・」
    村長
    「あ、いやスマンスマン
    考えてみれば・・・ 私も娘に、父親らしいことを何もしてやってはいない・・・
    しばらくはいいお父さんでいてやるか・・・」
  • 少しは反省してください
    クリュウ
    「あの・・・少しは反省してください・・・」
    村長
    「むぅ・・・そうか・・・
    考えてみれば・・・ わたし娘に、父親らしいことを何もしてやっていない・・・
    しばらくはいいお父さんでいてやるか・・・」
クリュウ
「しばらくは?」
村長
「半月くらい・・・かな?」
クリュウ
「・・・反省してないじゃないですか」
村長
「だがなクリュウくん 女性のさそい方もえっちなことが好きなのも
みんなクリュウくんの父上 シンテツ師から教えてもらったことなんだ」
クリュウ
「父さんが・・・」
村長
「そうだ、シンテツ師はわたしによく言ってくれた・・・
『美少女サイコー! えっちバンザイ!』とね・・・」
クリュウ
「そう・・・だったんですか?」
クッティ
「クティ?」
村長
「そうなのだ・・・ シンテツ師はわたしの鍛冶の師匠であり剣の先生でもあり・・・
軟派の先輩でもあったのだよ!」
クッティ
『!』
クッティ
「クティ!!!」
クリュウ
「どうしたのクッティ! そんなにおびえて・・・ 一体何が?」
クリュウ&村長
『!』
(アマリエ&エクレーヌ近づく)
アマリエ
「あらあらあら・・・
ウソはいけませんよ バードンレルさん・・・」
村長
「アマリエ・・・さま・・・
お、お帰りになっていたのですか・・・」
エクレーヌ
「・・・クリュウくん うちのお父さんの言うことを信じちゃだめよ・・・
うちのお父さんといっしょに悪いことしたえっちなおじさんは・・・
シンテツさんじゃなくてブロンさんなんだから」
クリュウ
「・・・親方が・・・?
じゃあさっき村長さんが言ってたのは?」
村長
「ウソ・・・ でございます」
アマリエ
「・・・クリュウ 母さんはバードンレルさんとお話があるから・・・
工房へ帰りなさい」
クリュウ
「・・・はい」
(クリュウ&クッティ帰る)
(銀の匠合へ)
ブロン
「おう! どうだったクリュウ 指輪は渡せたか?」
クリュウ
「・・・はい それよりも・・・」
ブロン
「どうした? オレっちの顔に何かついてるか?」
クリュウ
「親方のよくない話をきいてきました・・・」
ブロン
「ん?・・・なんでぇなんでぇ?」
クリュウ&クッティ
『・・・』
クリュウ
「親方のえっち~っ! 母さんに近づくな~っ!」
ブロン
「お・・・おい いったい何が!?
とりあえず逃げるか!」
(ブロン逃げる)
クリュウ
「クッティ これからもふたりで母さんをまもっていこうな!」
クッティ
「クティ!!!」

エンディング

クリュウ
「いい風だね クッティ・・・」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「僕たち・・・ヴァリラに勝ったんだよ やったねクッティ
コレで僕も鍛聖さまなんだ!
・・・まだまだ見習だけど・・・
それでね・・・ いただいた称号が・・・黒鉄の鍛聖・・・!
なんと父さんと同じ称号なんだよ1 すごくうれしいんだ!」
クッティ
「クティ!」
クリュウ
「コレから本当の鍛聖さまになるために剣の修行をして、鍛冶の腕をみがいて
父さんみたいな立派な鍛聖になるにはほかにもいろいろ勉強しなくちゃいけないけど・・・
がんばろうね、クッティ!」
クッティ
「クティクティ!」
クリュウ
「もう・・ くすぐったいよ、クッティ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました