【夜会話】シュガレット(クリュウVer.)

スポンサーリンク
夢月紫桜様

第0話

シュガレット
「港に来るのはひさしぶりです・・・」
クリュウ
「あ、あんなところに船がある 乗ってみようよ!」
シュガレット
「あの・・・そんなことしたら怒られますよ・・・?」
クリュウ
「大丈夫だって!おいでよ!」
シュガレット
「気持ちいいですね」
クリュウ
「そうだね~ でも今日はつかれちゃったよ」
シュガレット
「・・・」
クリュウ
「どうしたの?」
シュガレット
「いえ・・・あらためて よろしくお願いします クリュウさま」
クリュウ
「うん、よろしく!父さんみたいな鍛聖になれるよう がんばるからさ、手伝ってよね」
シュガレット
「はい ・・・ところであの・・・クリュウさま?」
クリュウ
「何?」
シュガレット
「シュガレットはさみしがりやです」
クリュウ
「うん、それで?」
シュガレット
「やさしく・・・してくださいますか?」
クリュウ
「え?・・・あ、うん」
シュガレット
「よかった・・・私のダンナさまになる方が やさしくてステキな方で・・・」
クリュウ
「!え、何それ?」
シュガレット
「おききになってないんですか?シュガレットはクリュウさまの許嫁なんですよ」
クリュウ
「いいなずけ!?そんなのきいてないよ!」
シュガレット
「そうですか?でもシンテツさまは息子をおまえのムコにやる、と・・・」
クリュウ
「うそ!?」
シュガレット
「本当ですよ すぐにとは言いませんが 心が決まったら教えてください」
クリュウ
「う・・・うわあ・・・」

第1話

シュガレット
「まずは初戦突破おめでとうございます」
クリュウ
「ありがと ていうかシュガレットのおかげだよね」
シュガレット
「いえ・・・わたしはクリュウのさまの言うように戦っただけですから
わたしひさしぶりにわくわくしました
まるでシンテツさまと戦っているように楽しくて・・・」
クリュウ
「武器は鋼の硬さにあらず 武器は剣の腕にあらず 武器は友の助けにあらず・・・」
シュガレット
「鍛聖の三宝・・・きたえる技術、剣の腕、護衛獣の三つですね」
クリュウ
「うん・・・ちょっとだけわかった気がするよ
シュガレット、これからもよろしく!いっしょに優勝をめざそうね!」
シュガレット
「はい、優勝するまでだけじゃなく ずっとついていくつもりです」
クリュウ
「ありがと・・・」
シュガレット
「イヤと言っても、ですよ?」
クリュウ
「あはは・・・ええと・・・も、帰ろっか・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました