【夜会話】あくり~ん(ファラVer.)

スポンサーリンク

第10話

ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「おねーたま。まだ寝ないの?」
ファラ
「ちょっと、あくり~んちゃんの事を考えてたの。」
あくり~ん
「あたちのこと?」
ファラ
「ねえ、あくり~んちゃん。あなたは、何者なの?」
あくり~ん
「えぐっ、うぐっ。おねーたま、あたちのこと忘れちゃったの?
うわ~~~~ん。」
ファラ
「あ、ごめんね。あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「あたちは、おねーたまのいもーとでしょ?」
ファラ
「えっ、でも。」
あくり~ん
「えぐ、うぐっ。」
ファラ
「そ、そうね! 私はあくり~んちゃんのお姉さんだったわ。」
あくり~ん
「うん、良かったあ。やっと思い出してくれたんだ。
これからも、いっぱいいーっぱい遊ぼうね、おねーたま。」
ファラ
「(あくり~んちゃんの事は何も分からなかったけど…
でも、ま、いっか。こんなに可愛い妹ができたと思えば)」
あくり~ん
「おねーたま、これからよろしくね!」

第11話

ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「うぐっ、えぐっ、うじゅ~~~。」
ファラ
「どーしちゃったの?あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「ファングおにーたま、かわいそ~だよ。
どうして、こんなにみんな悲しくなっちゃうの?
あたち、こんな事のためにさよならしたんじゃないのに。
きっと仲良くできると思ったから、遠くに行くって決めたの~~~。」
ファラ
「えっ?」
あくり~ん
「うええ~~~ん!!!」
ファラ
「もう泣かないで、あくり~んちゃん。
私達が今、がんばってるのは、
もう、みんなが悲しくならないようにするためなんだよ。」
あくり~ん
「そーなの?」
ファラ
「うん、大変な事だけど絶対にそうしなくちゃ。
あくり~んちゃんも、力を貸してね。」
あくり~ん
「うん、分かった。あくり~んもいっぱいがんばるね!
おやすみ、おねーたま!」
ファラ
「元気になって良かったな。
だけど、さよならしたとか遠くに行くって決めたとか、どういう意味なのかな?」
あくり~ん
「おねーたまと一緒に、がんばるよ。」

第12話

ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「良かったね、おねーたま。おにーたまが帰ってきて。
みんなすごく喜んでて、あたちもうれしーーーーー!」
ファラ
「でも、あくり~んちゃんには城で怖い思いをさせちゃったかな?」
あくり~ん
「ううん、あたち怖くなんかなかったよ。
ムーちゃんが変身して助けてくれたんだもん。カッコ良かったな。」
ファラ
「そうよね、ムームーのおかげよね。
だけど、ムームーのあの姿は一体何なのかな?」
あくり~ん
「幻獣王ウラド、その一族は幼いころは幻獣の姿ですが、成長すると人の姿となります。
おそらくムームーは、宝珠の力で一時的に成長をしたのでしょうね。
残念ながら、その力をずっと保っている事は、不可能のようですが。」
ファラ
「あ、あくり~んちゃん!?」
あくり~ん
「え、何?あたち何か言った?
それより、おねーたま。寝る前に絵本を読んで。ムーちゃんも待ってるんだよ。」
ファラ
「(さっきの言葉は、気のせい…じゃないよね)」
あくり~ん
「おねーたま、早く絵本を読んでね!」

第13話

ファラ
「あくり~んちゃん…。」
あくり~ん
「おねーたまみ~~~っけ! さ、もうかくれんぼはお終いだよ。
お城に戻ろ? みんな心配してるよ。」
ファラ
「ありがとう、あくり~んちゃん。だけど…。」
あくり~ん
「元気だちて、おねーたま。すごく悲しいけど、それでも元気出してよ。
おねーたまが元気だしてくれないと…くれないと…。
あたしも、悲しくなっちゃうよ~。
うぐっ、えぐっ。」
ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「うぐっ、えぐっ。うわ~~~~~ん!」
ファラ
「ごっ、ごめんね、あくり~んちゃん。
そうよね、悲しいのは私だけじゃないのよね。
元気、出すわ。お兄様に笑われちゃうものね。」
あくり~ん
「それじゃ、一緒にお城に戻ろ。」
ファラ
「うん、そうしよ。
(お兄様、私、がんばるわ
だって、私はお兄様の妹だもん)」
あくり~ん
「おねーたま、元気を出してね。」

第14話

ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「おねーたま、何してるの?」
ファラ
「まだちょっと驚いちゃってて。ディランに双子の弟がいたなんて。」
あくり~ん
「あたちもびっくり! すっごくびっくりしたよ!
でも、悲しいんだ。どうしてケンカしなくちゃいけないのかなって。
おにーたまとおとーとで、仲良くすればいいのに。」
ファラ
「うん、あくり~んちゃんの言うとおりね。」
あくり~ん
「でも、あたちもまだケンカしたままなんだ。」
ファラ
「えっ、誰と?」
あくり~ん
「おねーたまと。」
ファラ
「私と? ケンカなんかしてないでしょ?」
あくり~ん
「ううん、もうひとりのおねーたまと。
いつか仲直りしたいんだけど、ムズかしいのかな~。
何だか、あたち眠くなっちゃった。
おやすみ、おねーたま。」
ファラ
「もうひとりのおねーたま? あくり~んちゃんは3姉妹って事なのかな?」
あくり~ん
「おねーたまと、仲直りしたいな。」

第15話

ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「おねーたま、大丈夫?すごく、不安そうな顔してる。」
ファラ
「ありがとうあくり~んちゃん。でも、大丈夫よ。
もうここまできたんだもの。後は全力を尽くすだけ。」
あくり~ん
「本当はね、あたちもう戦うのは嫌なの。
でも、明日の戦いが終わったら、みんなが仲良くなれるんだよね?」
ファラ
「そうよ、もちろん最初は大変かもしれないけど・・・。
それでもみんなが協力してくれれば、必ず実現できるはず。」
あくり~ん
「分かった!じゃあ、あたち明日もがんばる!!
みんなが仲良くなったら、おねーたまとたっくさん遊ぶんだ!
カクゴしちゃっててね。おねーたま。」
ファラ
「うん、そうしよ。あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「おねーたま、たくさん遊ぼうね!」

第16話

ファラ
「あくり~んちゃん。」
あくり~ん
「やっとせんそーが終わったんだね。
これで、みんなが仲良く暮らせるんだね。
あたち、すごくうれしーな。」
ファラ
「結局、最後まであくり~んちゃんの正体は分からなかったね。
ううん、そんな事ないか。
あくり~んちゃんは、私の大切な妹。
そうよね?」
あくり~ん
「うん、あたちはおねーたまのいもーとなの!!!
だから、これからもずっと一緒にいるの!!!
離れ離れになるのは、もう嫌なの・・・。」
ファラ
「大丈夫よ、私達は離れ離れになんかならないから。
王国で、一緒に暮らしましょ。」
あくり~ん
「うん!」
あくり~ん
「あたちはおねーたまの妹よ!」

第17話

アクリーン
「こんばんは、ファラさん。」
ファラ
「あくり~んちゃん・・・ううん、女神アクリーン様。」
アクリーン
「何だか、驚かせてしまってすみませんでした。
お姉さまの魂のこと。もっと早くお伝えできれば良かったのですが・・・。
ご存知のとおり、私は心まで小さな子供になってしまっていたので。」
ファラ
「いいんです、アクリーン様。
でも、本当に私の中に女神ファーライトの魂が?」
アクリーン
「はいあなたから、、間違いありません。懐かしい力を私は感じています。」
ファラ
「そう・・・ですか・・・。」
アクリーン
「マナの門で、私がこの世界に呼ばれたのも・・・。
お姉さまの魂があなたに力を貸したのだと思います。」
ファラ
「だったら、明日の戦いでもファーライト様は力を貸してくれるかな?」
アクリーン
「ファーライトお姉様はクラヴィスお姉様と争ってまで世界を分離させました。
それは、すべての命を守ろうとしたからです。
人間も、そしてランカスタも。
そんなお姉さまだから、きっと、力を貸してくれるでしょう。
それでは、失礼します。」
ファラ
「(すべての命を守りたい、それは私も同じ気持ちだわ
たとえ、女神ファーライトが覚醒して、私の心が消えてしまったとしても・・・
それで、みんなの命が守られるなら・・・それでいい!)」
アクリーン
「お姉さま、私も力をお貸しします。」

コメント