【夜会話】ソティナ(ディランVer.)

スポンサーリンク

第4話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「ここにいたのね。ディラン君。
部屋に行ったけどいないから、ちょっとだけ探しちゃったわ。」
ディラン
「すみません。俺に何か用ですか?」
ソティナ
「うん。ディラン君に、ちゃんとお礼を言いたかったの。」
ディラン
「お礼?」
ソティナ
「今日はありがとね。危険を知らせに、神殿にまで来てくれて。
それに、神殿に残るって言ってた私を、説得してくれたじゃない。
あの時、お姉さん思ったんだよ。
ディラン君。見かけだけじゃなく、本当に頼もしくなったのねって。」
ディラン
「そんな。」
ソティナ
「私の方が子供っぽいから、もうお姉さんも卒業かな?」
ディラン
「そんな事ないです!
帝国の情報をファーライト神殿へ伝えに言ったとき、
ソティナさん以外の神官の人は、みんな逃げてしまいました。
だけど、ソティナさんだけが神殿を守るために残らなきゃって言ったんです。
俺、それってすごく立派だと思います。
やっぱり、ソティナさんは俺の姉さんです。」
ソティナ
「本当に?お姉さんまだお姉さんやってていいの?
やだやだ、何かうれしくなっちゃったわ。
ディラン君。これからいろいろと大変だと思うけど、
お姉さんがついてるから、安心してね。」
ディラン
「ありがとうございます。ソティナさん。」
ソティナ
「お姉さん、まだお姉さんのままでいいのかな?」

第5話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「ディラン君・・・。」
ディラン
「まだ、起きてたんですね。早く眠らないと体に毒ですよ。」
ソティナ
「ディラン君・・・。う、うううう。」
ディラン
「ど、どうしたんですか!?泣かないでください!」
ソティナ
「だって、ディラン君。かわいそうなんだもの。
お父さんに、あんな事を言われるなんて。」
ディラン
「俺を始末しろって命令のことですね。
大丈夫です。覚悟は、してましたから。」
ソティナ
「ディラン君、強がらなくていいからね。
泣きたくなったら、いつでもお姉さんの胸に飛び込んでくるのよ。
ディラン君なら、お姉さん大歓迎で受け止めちゃうから。」
ディラン
「ソ、ソティナさん!」
ソティナ
「それじゃあね。」
ソティナ
「遠慮なく、飛び込んでくるのよ~。」
ディラン
「ちょっとびっくりしたけど、気持ちはうれしかったな。
ありがとう、ソティナさん。」
ソティナ
「いつでもお姉さんの胸に飛び込んでくるのよ~。」

第6話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「あら、ディラン君。まだ起きてたのね。」
ディラン
「ソティナさん。今日はすみませんでした。
俺についてきてくれたばかりに、あんな目にあってしまって。」
ソティナ
「ううん、そんなことちっとも気にしてないわよ。
危険は承知のうえで一緒に行ったんだし、謝る事なんかないわ。」
ディラン
「でも・・・。」
ソティナ
「それに、お姉さんそんなに怖くなんかなかったのよ。
だって、ディラン君が一緒だったもの。」
ディラン
「えっ?」
ソティナ
「何でかしらね。ディラン君って昔っから人を安心させるの上手なのよね。
もしかしたら、そう思うのお姉さんだけかもしれないけど。
あっ、いけないわ。明日は大切な日だもの。早く眠らないと。
ディラン君も、夜更かししないでね。」
ディラン
「(ソティナさんの言うとおり、明日は大切な日
しっかり体を休めておかないとな)」
ソティナ
「ディラン君がいてくれたら、怖くないのよね。」

第7話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「王様になるかどうか、ずっと悩んでるんでしょ?」
ディラン
「はい、でも、やっぱり断ろうかなって思っていて。」
ソティナ
「えっ、どうして?」
ディラン
「だって俺はちっとも、国王にふさわしい人間じゃないし。」
ソティナ
「あら、それじゃ国王にふさわしい人間って、どんな人なのかしら?」
ディラン
「えっと、それは・・・。」
ソティナ
「お姉さんが思うに、国王に一番ふさわしい人間っていうのはね、
周りのみんなが、『この人に国王になって欲しい!』
そう思ってもらえてる人の事じゃないかしら?
そして今、みんなはディラン君に国王になって欲しいって思ってる。
ほら、ディラン君ほど国王にふさわしい人はいないって事になるわよ。」
ディラン
「そうでしょうか・・・。」
ソティナ
「ディラン君の返事、お姉さん楽しみにしてるわ。
それじゃ、おやすみ。」
ディラン
「(ありがとう、ソティナさん。俺、決心がつきそうです)」
ソティナ
「お姉さんも、ディラン君に王様になって欲しいな。」

第8話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「ディラン君。ダメよ、雪原の夜は冷え込むんだから。
カゼひいちゃうわ。
早く、宿屋に戻らないと。」
ディラン
「すみません。心配かけちゃって。
ちょっと考え事してたんです。
グラナードが言っていた、マナの門について。」
ソティナ
「マナの門!そーよ、それよ!
それを伝えたくて、お姉さん、ディラン君を探してたのよ。」
ディラン
「え、どういう事ですか?」
ソティナ
「驚かないで聞いてね。
実はお姉さん、マナの門って言葉に聞き覚えがあるの。」
ディラン
「えっ!本当ですか!?
一体どこにあるんですか?
そもそも、マナの門って何なんですか!?」
ソティナ
「・・・。」
ディラン
「ソティナ・・・さん?」
ソティナ
「聞き覚えはあるのよ。
だけど、細かい部分がちっとも思い出せないの。
お姉さんの頭の中で、記憶が迷子になっちゃってるみたいなの。」
ディラン
「そう・・・ですか。」
ソティナ
「あっ、ディラン君。
今呆れたでしょ?呆れまくっちゃったでしょ?
待ってて。明日の朝までには、絶対に思い出すから。
お姉さんのプライドにかけて、絶対に思い出すから。
信じて待っててね!」
ソティナ
「迷子の記憶ちゃんはどこ?」

第9話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「あら、ディラン君。星空を見てるの?」
ディラン
「星空をこんなに間近で見るなんてなかなかできないから。
眠るのが、何だかもったいなく思えちゃったんです。」
ソティナ
「そうよね。ものすごく貴重な体験よね。
神竜ハインラインの背中に乗って空を飛ぶなんて。」
ディラン
「ソティナさんは、ファーライト神殿の神官だから
もちろん信じてたんですよね?神竜ハインラインの存在を。」
ソティナ
「それは、お姉さんちょっと答えに困っちゃうかな?」
ディラン
「え、そうなんですか?」
ソティナ
「12年前、帝国がクラヴィスを
王国がファーライトを降臨させた事で、
それまで、伝説としてしか語られてなかった女神が
みんなに認められたわ。だけど、神竜ハインラインの
存在については、まだまだ伝説だと思われたの。
お姉さんだってそうよ。
神竜ってホントにいるのかしら~?って、感じだったかな。
だから、ハインラインさんと会えて本当に良かったわ。
あ、それでも一応確かめておいた方がいいかもしれないかな?」
ディラン
「何をです?」
ソティナ
「これが、夢じゃないかってことよ。
自分の頬をつねってっと。いった~~~い。」
ディラン
「(ソティナさん、そんな力一杯しなくてもいいのに・・・)」
ソティナ
「ほっぺいた~い。」

第10話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「ディラン君。何を真剣な顔して考えてるの?」
ディラン
「あくり~んの事です。あの子は、一体何者なのかなって。」
ソティナ
「そうね、不思議な子よね。
突然現れて、マナの門を直してしまったんでしょ。
宝珠の力で呼び出された召喚獣かしら?それとも・・・。
まあ、急がなくてもだんだんと分かってくると思うわ。」
ディラン
「そう、ですね。」
ソティナ
「でも、あくり~んちゃんを見てるとね、何だか懐かしくなるの。
ディラン君の、小さなころの事を思い出しちゃって。」
ディラン
「俺の、小さなころ?」
ソティナ
「ソティナ姉さん、ソティナ姉さんって、慕ってくれてね。
ボクは、大人になったらソティナ姉さんをお嫁さんにするんだって。
ディラン君、そんなこと言ってくれてたのよ。」
ディラン
「そ、そうでしたっけ。全然、覚えてません。」
ソティナ
「私は、うれしかったな。とっても。
いけない、昔話なんかしてたらますます寝るのが遅くなっちゃうわ。
それじゃあ、ディラン君。おやすみなさい。」
ディラン
「(俺、ソティナさんにそんなこと言ってたのか
何か、照れくさいな)」
ソティナ
「あの約束、お姉さんは忘れないわ。」

第11話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「どうしたの?ディラン君。暗い顔してるわよ。」
ディラン
「少し、考え事をしてて。
俺達は今、帝国と戦っている。
その戦いによって家族を失った帝国の民もいる。
彼らは、悲しみの中、俺を憎むんだろうかって、
そんな事を考えてて。」
ソティナ
「ディラン君・・・。」
ディラン
「あ、違うんです。これが
仕方のない事だってのは分かってるんです。だけど・・・」
ソティナ
「憎まれるのって、つらいわよね。
自分が、間違ってないって分かっていても、つらいものね。」

※ソティナ、ディランを抱きしめる

ディラン
「ソティナさん!?」
ソティナ
「ディラン君。どんなに、あなたが憎まれても。
それでも、お姉さんはいつでもディラン君の味方だから。
どんな事になっても、お姉さんだけはディラン君の側にいるから。
それだけは、絶対に忘れないで。絶対によ。」
ディラン
「は、はい。」

※ソティナ、ディランから離れる

ソティナ
「これで、ディラン君の顔も少しは明るくなったかしら?
あれ、ディラン君、どうしたの?顔が真っ赤よ。」
ディラン
「いえ、これはちょっと。」
ソティナ
「大変!考えすぎて熱が出ちゃったのね。
早くベッドで休まなくちゃ、お姉さんがつきっきりで看病してあげるわ。」
ディラン
「い、いえ、それだと余計に悪化するって言うかなんて言うか・・・。
おやすみなさい!」

※ディラン、走り去る

ソティナ
「遠慮しなくていいのよ、ディラン君。
ディランく~~~ん!」
ソティナ
「お姉さん、看病するの上手なのよ~♪」

第12話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「ノイン王子が無事に戻って、王国の人達も大喜びだわ。」
ディラン
「王子が国王になれば、さらにセレスティアの民の結束も強まるはずです。
俺の国王としての役目も、これで終わりって事ですね。」
ソティナ
「ディラン君。本当に、ご苦労様。
大変だったと思うけど、ディラン君は立派に国王してたわよ。
この戦いが終わって、ディラン君が帝都に
戻って皇帝になったとしても、きっと、大丈夫なはずよ。
帝国の人達も、認めてくれると思うわ。」
ディラン
「そうだったらいいんですけどね。」
ソティナ
「大丈夫、お姉さんがそう言うんだから間違いないわ。
それに、どうしても不安だって言うなら、
お姉さんも、一緒に行ってあげても・・・。」
ディラン
「えっ?」
ソティナ
「ううん、何でもないの。何でも。
はは、お姉さん、何言ってるのかしら?
今はそんな時じゃないのにね。
それじゃ、ディラン君。あんまり夜ふかししないようにね。」
ディラン
「一緒にって、帝国に来るって事なのかな?
冗談でも、ちょっとうれしかったな。」
ソティナ
「帝国で、ディラン君と・・・・・・・・・。」

第13話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「やっぱり、まだ起きてたのね。ディラン君
ノイン王子の事を、考えてたの?」
ディラン
「・・・最後に、ノイン王子は俺に王国を託すって言いました。
だけど、俺なんかよりノイン王子の方が
立派な国王になれたはずなんだ。
あの時、俺がノイン王子の身代わりになっていれば・・・。」
ソティナ
「何て事を言うの!ディラン君!
ノイン王子に代わりがいないように、ディラン君にも代わりはいないの!
だから、冗談でもそんなこと言わないで!
でないと、でないと、お姉さん、お姉さん・・・。」
ディラン
「ソティナさん。
すみません。俺、おかしなこと言っちゃって。
俺が代わりになれば良かったなんて言ったら、
命をかけて俺たちを守ってくれたノイン王子に申しわけないですね。
俺、精一杯やってみます。
ノイン王子のためにも、平和な世界を作らなきゃ。」
ソティナ
「お姉さんもいくらでも協力するからね。一緒に、がんばろ!」
ソティナ
「ディラン君の代わりなんて、いないんだから。」

第14話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「ディラン君、あなたが進む道は、どうしてこんなにも
困難なのかしらね。」
ディラン
「どういう事ですか?」
ソティナ
「あんな形で、父親を失い、そして今度は、双子の弟と
戦わなければならない。
どうして、ディラン君にばかりつらい出来事がやって来るのかしら?」
ディラン
「つらいのは、俺だけじゃありません。
この戦争のせいで、たくさんの人がつらい思いをしています。
だから、今度こそ終わりにしなければ。」
ソティナ
「ディラン君は、本当に強くなっちゃったね。
もう、お姉さんの励ましなんていらないかな?」
ディラン
「そんな寂しいこと言わないでくださいよ。
ソティナさんが、俺を励ましてくれると、すごく、勇気が出るんです。」
ソティナ
「本当に?お姉さん、すっごくうれしいわ。
でもね、本当に勇気をもらってるのはお姉さんの方かもしれないな。」
ディラン
「えっ?」
ソティナ
「それじゃね、ディラン君。おやすみ。」
ディラン
「(ソティナさんの最後の言葉、どういう意味だったんだろう?)」
ソティナ
「ディラン君がいるから、お姉さん怖くないわ。」

第15話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「いよいよ、明日ね。ディラン君。」
ディラン
「そうですね。」
ソティナ
「ディラン君には、つらい戦いになっちゃうね。
双子の弟さんが、相手なんだから。」
ディラン
「・・・ありがとうございます。ソティナさん」
ソティナ
「え?」
ディラン
「ソティナさんは、いつも俺の事を心配してくれて。
俺、すごく助けられてます。
ソティナさんがいるから、俺、くじけずにいられるんだと思います。
本当に、ありがとうございます。」
ソティナ
「お姉さん、そんなこと言ってもらえるなんて思ってなかったから。
感動して、涙が出ちゃった。
ディラン君。つらい戦いだけど、がんばってね。
お姉さんが、すぐ側にいるから。」
ディラン
「ありがとうございます。ソティナさん。」
ソティナ
「お姉さんがディラン君を守って見せるわ。」

第16話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「とうとう、戦いを終わらせちゃったわね。
お姉さん、ディラン君ならきっとやりとげるって、信じてたわ。」
ディラン
「俺だけじゃ、ムリでした。
これも、みんなが俺についてきてくれたからです。
こんな、頼りない俺に。」
ソティナ
「あら、ディラン君は、ちっとも頼りなくなんかないわよ。
いつだって、先頭に立ってみんなを引っ張ってたじゃない。
これからだって、ディラン君についていきたいって人が、
たくさんいると思うわ。」
ディラン
「そんな、まさか。」
ソティナ
「ううん、本当の事よ。だって、私もそのひとりだもの。
ディラン君に、ついていきたいって思ってる。
これからも、ずっと。」
ディラン
「ソティナ・・・さん。」
ソティナ
「この意味が分かった時は、返事を聞かせてね。」
ソティナ
「ディラン君の返事、ずーっと待ってるからね。」

第17話

ディラン
「ソティナさん。」
ソティナ
「やっと戦いが終わったと思ってたのに。
最後の最後に、こんなすごい戦いが待ってたなんてね。」
ディラン
「相手は女神クラヴィス。本当に、すごい戦いですね。」
ソティナ
「でもね、ディラン君。お姉さん、そんなに怖くないの。
だって、ディラン君が一緒だから。
お姉さんの大好きな、ディラン君と、一緒だから。」
ディラン
「ソティナさん・・・。」
ソティナ
「ディラン君って、どんなに困難な戦いでも決してひるまなかったでしょ。
そんなディラン君に、お姉さん、たくさん勇気をもらったのよ。
だから、明日の戦いはがんばれるの。
ディラン君、最後の戦いが終わって、世界が平和になったら。
その時は私、お姉さんを卒業してもいいかな?
お姉さんとしてじゃなく、普通の女の子として、私を見て、くれるかな?」
ソティナ
「お姉さんを、普通の女の子にしてね。約束よ。」

エンディング

ソティナ
「ここも、今日でお別れか」
ソティナ
「あ、ディラン君。迎えにきてくれたの?」
ディラン
「王国に用事があったので、そのついでに。」
ソティナ
「ムリしなくても良かったのに。
ディラン君は今や帝国の皇帝陛下なんだから、
ものすごく、忙しいんでしょ?」
ディラン
「ハハ、確かにそうですね」
ソティナ
「やっぱり、お姉さんが行く事にして、正解だったな。
ディラン君が倒れたりしないように、ちゃんと
手助けしてあげないと」
ディラン
「ソティナさん、今さらなんですけど、いいんですか?
神殿の神官をやめて、帝国で暮らすなんて」
ソティナ
「いいのいいの。神官だったら
新しい人を見つければいいだけだし。
お姉さんは、ディラン君のお手伝いをしたいの。
もしかして、迷惑?」
ディラン
「そんな事ないです。ソティナさんが一緒だなんて、
俺すごくうれしいです」
ソティナ
「本当? 良かった。それじゃ、行こ。
そうだ、言い忘れてた。
お姉さんね、決めた事があるの」
ディラン
「何ですか?」
ソティナ
「もう、ディラン君の前で自分の事、お姉さんって
言わないようにしようって」
ディラン
「えっ、どうしてですか?」
ソティナ
「だって、ディラン君は皇帝陛下になっちゃったし…。
いつまでも、お姉さんぶってられないなって思ったの。
それに、もうお姉さんでいるのは嫌になっちゃったから。
ひとりの女の子として、ディラン君に見てもらいたいから。
大好きな、ディラン君には」
ディラン
「ソティナさん…」
ソティナ
「あはは、お姉さん何てこと言ってるのかしら?
いきなりすぎるよね。
とにかく、お姉さんは帝国へ行くの。
そこで、ディラン君を精一杯手助けするんだから。
それが、お姉さんのやりたい事なんだから。
うん、うん」
ソティナ
「お姉さん、お姉さんを卒業するね」

コメント