【夜会話】ソティナ(ファラVer.)

スポンサーリンク

第4話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「良かった、ファラちゃんがまだ起きててくれて。」
ファラ
「私に何か用事ですか?」
ソティナ
「うん、ちゃんとお礼を言っておきたくって。
今日は、お姉さんを助けにきてくれありがとう。」
ファラ
「私も、ソティナさんにお礼を言わなくちゃ。
神殿に残るって意思を、変えてくれた事を。」
ソティナ
「お姉さん、テコでも動かないつもりだったのにね。
ファラちゃんの悲しそうな顏を見たら、できなくなっちゃった。
あ、昔もよくこんな事があったなって。思い出しちゃったの。」
ファラ
「おはは、私、何かに困るといっつもソティナさんのところに行ってましたね。」
ソティナ
「そうよ、おねーちゃん、おねーちゃんって言ってくれて、
私、本当の妹のように思ってた。それは、今も変わらないわ。」
ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん、本当に大変な事ばかりでつらいでしょうけど、
困ったり、悩んだりしたら、昔みたいに、お姉さんのところに来てね。
お姉さん、待ってるから。」
ファラ
「ありがとうございます。ソティナさん。」
ソティナ
「お姉さんの事、賴っていいのよ。」

第5話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん、まだ起きてたのね。」
ソティナ
「そうね、頭の痛い問題よね。
きっと帝国は次から次へといろんな手で攻めてくるでしょうし…。
アークランドが、いつまで耐えられるかどうか…。」
ファラ
「………。」
ソティナ
「あ、お姉さん暗くなるような事、言っちゃったみたいね。
こういう時は、ウソでも大丈夫って言わなきゃいけなかったよね。
あ~~、お姉さん何やってるのかしら~。
ね、質問するとこからやり直しさせてもらってもいいかな?」
ファラ
「フフフ、大丈夫ですよ。
ソティナさんを見ていたら、何だか気分が楽になりました。
ソティナさんって、昔から人をホッとさせるのが上手なんですよね。」
ソティナ
「本当に?何だかお姉さん照れちゃうわね。
でも、ファラちゃんの役に立てて良かったな。
そういう事なら、いくらでも見てちょうだいね。
それでファラちゃんが楽になるなら、お姉さん一肌も二肌も脱いじゃうから。
それじゃあね♪」
ファラ
「ソティナさん。本当に脱いだりしないかちょっと心配だな。」
ソティナ
「さあ、一肌脱いじゃうわよ。」

第6話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん、ほんっとに今日はありがと~。
お姉さん、もうダメかと思っちゃったわ。
でも、そんな時にファラちゃん達が助けにきてくれて…。
お姉さん、ファラちゃんの姿が一瞬、女神様に見えちゃったくらいなのよ。」
ファラ
「そんな、女神だなんて。」
ソティナ
「ファラちゃん、明日の戦い、不安でしょうけどがんばりましょ。
ファラちゃんがいれば、きっと大丈夫。
お姉さん、不思議とそんな気がするの。
お姉さんのカンって、ごくまれに当たる事もあるって有名なんだから。」
ファラ
「フフフ、それは心強いですね。」
ソティナ
「必ず、王都を取り戻しましょうね。」
ファラ
「はい、ソティナさん。がんばりましょう。」
ソティナ
「ファラちゃんはお姉さんの女神様ね。」

第7話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん。まだ眠れないの?
分かった、女王の事どうしようか考えてたんでしょ?」
ファラ
「ソティナさん。私、どうしたらいいんだろ?
王女として、引き受けるべきなのは分かってる。
だけど…」
ソティナ
「ファラちゃん、誤解しないでね。
みんながファラちゃんに女王になってって言ってるのは…。
ファラちゃんが、王女だからって理由だけじゃないのよ。」
ファラ
「えっ?」
ソティナ
「ファラちゃんが、誰よりも優しくて人の痛みの分かる人だから。
だから、女王になって欲しいって思ってるの。
もちろん、お姉さんもよ。」
ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「大丈夫、大丈夫、ファラちゃんならできるわ。
それじゃあね、悩みすぎて熱が出ちゃう前に休むのよ。」
<ソティナ立ち去る>
ファラ
「昔から、こうだったな。私がどんなに悩んでても、
ソティナさんの、大丈夫、大丈夫、を聞くと気持ちが楽になるの。
そして、本当に大丈夫だって思えてくる。
ありがとう、ソティナさん。私、決心がつきました。」
ソティナ
「ファラちゃんの事、信じてるわ。」

第8話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラ…ちゃん。」
ファラ
「どうしたんですか? そんな、悲しそうな顔をして。」
ソティナ
「つらかったでしょ。ノイン君のこと。
まさか、あんな事になってたなんて。」
ファラ
「でも、今は少しだけホッとしてるんです。
お兄様が帝国に味方していたのは、洗脳のせいだって分かったから。
お兄様の、本心じゃないって、分かったから。」
ソティナ
「ファラちゃん、今日、ノイン君の洗脳が一瞬解けかけたでしょ?
ノイン君の心が完全には消えてないって事だわ。
必ず、洗脳は解けてまた元の優しいノイン君に戻ってくれるはず。
だから、ファラちゃん。それを信じて、がんばりましょ。
お姉さんも、一緒にがんばるからね。」
ファラ
「はい、ソティナさん。」
ソティナ
「信じていれば奇跡は起こるんだから。」

第9話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん、ステキな眺めよね。
お姉さん、こんなキレイな星空見るの初めてよ。」
ファラ
「私もです、ソティナさん。」
ソティナ
「でも、今日はちょっとだけお姉さん悔しかったな。」
ファラ
「えっ、何がですか?」
ソティナ
「お姉さん、これでもファーライト神殿の神官なのに…。
マナの門の事、詳しく覚えてなかったなんて。」
ファラ
「仕方ありませんよ。アーティーさんも言ってたじゃないですか。
神話の中でも、すごく細かな部分だって。」
ソティナ
「それでも、神官としては覚えておかなくちゃ。
戦いが終わって神殿に戻ったら猛勉強するわ!
そして今度こそ、アーティーさんには負けないようにするのよ!」
ファラ
「は、はぁ。がんばってくださいね。」
ソティナ
「見ててね、お姉さん がんばっちゃうんだから!」

第10話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「あら、ファラちゃん。まだ起きていたのね。」
ファラ
「あくり~んちゃんの事、考えてて。」
ソティナ
「不思議な子よね。お姉さんもいろいろ考えたけど答えは出なかったわ。
宝珠の力で呼び出された召喚獣かしら? それとも…。
まあ、急がなくてもだんだんと分かってくると思うわ。」
ファラ
「確かにそうですね。」
ソティナ
「でも、ファラちゃんって面倒見が良くてびっくりしちゃった。
あくり~んちゃんの面倒、ちゃんと見てるんだもの。」
ファラ
「アハハ、だって夢がかなってうれしいから。」
ソティナ
「夢?」
ファラ
「私、ソティナさんみたいなステキなお姉さんになりたいなって、昔から思ってたんです。」
ソティナ
「ファラちゃん、そんなこと言ってくれるなんてお姉さん感激だわ。
これからも、ファラちゃんのステキなお姉さんでいられるように、
お姉さん、がんばっちゃうんだから。」
ソティナ
「お姉さん、張り切っちゃうわよ。」

第11話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「どうしたの?ファラちゃん。難しい顔してたわよ。
何か悩みがあるんなら、お姉さんに遠慮なく話してね。」
ファラ
「召喚戦争のせいで、ファングさんはつらい思いをした。
ううん、ファングさんだけじゃない。
たくさんの人やランカスタの民が、つらい過去を背負ってる。
それは、帝国の人だって同じはずでしょ。
なのに、どうしてまた戦争が始まっちゃったのかな?おかしいよ、そんなの。」
ソティナ
「うん、確かにそのとおりね。
でもね、すべての帝国の人が過去の痛みを忘れたわけじゃないと思うの。」
ファラ
「えっ?」
ソティナ
「その証拠に、帝国を脱走してきた兵士達もいるでしょ?
今戦ってる人達も、頭のどこかでは分かってるんじゃないかな?
この戦いが間違ってるんだって。
だからこそ、早くこの戦いを終わらせなきゃいけないと思うの。」
ファラ
「そうですね、ソティナさん。
私、がんばります。ふたつの国のためにも、この戦いを終わらせます。」
ソティナ
「ファラちゃんなら、この戦いを終わらせられるわ。」

第12話

ファラ
「ソティナさん。
ソティナさん。今日はごめんなさい。勝手に出てったりして。」
ソティナ
「いいのよ、気にしないで。こうやって、洗脳の解けたノイン君も
戻ってきたんだし。本当に、良かったわ。
お姉さんもすごくうれしい。
でも、ノイン君心配してたわよ。」
ファラ
「何をですか?」
ソティナ
「洗脳されている間に、何かとんでもない事をしてしまってないかって。」
ファラ
「それは…。」
ソティナ
「心配いらないわって答えておいたわ。
お姉さんは何も知らないけれども…それが一番だと思ったの。」
ファラ
「ありがとうございます。ソティナさん。」
ソティナ
「ノイン君が戻ってきて、みんなも心強いと思うの。
帝国に負けないように、力をあわせてがんばりましょ。」
ファラ
「はい!」
ソティナ
「何も心配しなくて、いいんだからね。」

第13話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん!?良かった、やっと見つけたわ。
お姉さん、あっちこっち探しちゃったわ。」
ファラ
「すみません、ソティナさん。」
ソティナ
「いいのよ~。こうやって見つかったんだし。
さ、お城に戻りましょ。」
ファラ
「ソティナさん、私はお城には戻れません。」
ソティナ
「えっ!?」
ファラ
「私、もうがんばれないんです。全身から力が抜けちゃって、もう何も…。」
ソティナ
「だったら、がんばらなくてもいいのよ。ファラちゃん。」
ファラ
「えっ?」
ソティナ
「ファラちゃんは、これまでずっとがんばってきた。
どんなにつらい事があっても、前を向いて歩いてきた。
少し休む事も、必要だと思うわ。
大丈夫、ファラちゃんが休んでる間は、お姉さんがはりきっちゃうんだから。」
ファラ
「ありがとうございます、ソティナさん。
でも、ソティナさんにそう言ってもらえたら、勇気が出てきました。
こんなに優しいお姉さんがいてくれるって思ったら、心強くなりました。
私、がんばります。お父様やお兄様のためにも。
お城に戻りましょ。ソティナさん。みんなに、謝らないと。」
ソティナ
「辛かったら、少しは休んで良いのよ。」

第14話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「召喚の塔で女神クラヴィスは降臨されなかったけど、安心はできないのよね。
ディラン君の弟、ラディウスが言ってたものね。準備はすべて整ったって。」
ファラ
「そうです、放っておいたら今度こそ、帝国は女神の力を手に入れてしまいます。
阻止しなければいけません。王国のため、そして帝国のためにも。」
ソティナ
「ファラちゃん、すっかり頼もしくなっちゃったわね。」
ファラ
「えっ?」
ソティナ
「小さなころは、あんなに泣き虫の女の子だったのに。
今では、セレスティア王国の立派な女王様だもんね。
お姉さんとして、すごく、誇らしく思うわ。」
ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃんがそのつもりなら、お姉さんは全力を尽くすだけよ。
帝国が女神クラヴィスの力を手に入れるの、絶対に阻止しましょ。」
ファラ
「はい。」
ソティナ
「ファラちゃんはお姉さんの誇りよ。」

第15話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「あら、まだ起きてたの? ファラちゃん。
緊張してるのは分かるけど、早く眠らなきゃダメよ。」
ファラ
「ソティナさん、私、不安で仕方ないんです。
帝国は、いまだ強大です。私達なんかで、勝てるかどうか…。」
ソティナ
「大丈夫よ、ファラちゃん。絶対に勝てるから。
ファラちゃんは、これまでたくさんつらい思いをしてきたわ。
だけど、負けずにがんばってここまできたのよ。
お姉さんね、神様ってそんなに意地悪じゃないと思うの。
だから、明日も絶対に勝てる。お姉さんはそう信じてるな。」
ファラ
「フフフ、ソティナさんらしいですね。
でも、私もそう思う事にします。心配ばかりしても仕方ないから。」
ソティナ
「うんうん、それがいいわ。
頼りないお姉さんだけど、いつも側にいるから…。
だから、がんばろうね。ファラちゃん。」
ソティナ
「お姉さんが側にいるからね。」

第16話

ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「ファラちゃん、まずは心をこめて言うわね。
おめでと~~~!これで、戦争は終わり。平和を取り戻したのよ。」
ファラ
「でも、まだまだやらなくちゃいけない事がたくさんあります。
ランカスタの民が帝国の民に受け入れられるように…。
ディランと一緒に、がんばっていかないと。」
ソティナ
「大丈夫、あなた達ふたりなら必ずできるわ。
ああ、こんなに素敵な妹と弟がいてお姉さんとっても幸せよ。」
ファラ
「ソティナさん。」
ソティナ
「もちろん、これからだってお姉さん、いくらでも協力しちゃうから。
遠慮なく、頼ってね。」
ファラ
「はい。」
ソティナ
「お姉さん、はりきっちゃうからね!」

コメント