【夜会話】ムームー(ファラVer.)

スポンサーリンク
ろくろく様

第1話

ファラ
「ムームー」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「どうしたの? ムームー。
ごちそう食べなくていいの?
あ、ムームーすっごく重い。
ちょっと食べ過ぎなんじゃないの?」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「ねえ、ムームー。とうとう、明日になっちゃったね。
ディランが、帝国に戻っちゃうのが」
ムームー
「ム~ン」
ファラ
「ムームーも、ディランとは仲良しだったもんね。
私と同じで、すごく寂しいよね」
ムームー
「ムームームー。
ペロペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「あはは、くすぐったいって。
あはははは」
ムームー
「ムームームー」
ファラ
「ありがと、ムームー。私のこと励ましてくれたのね」
ムームー
「ムームー♥」
ファラ
「そうよね、ディランが帝国に戻るからって、
二度と会えなくなるわけじゃないものね。
ムームー、明日はディランを笑って見送ってあげようね」
ムームー
「ムームー!」
ムームー
「ムームームー!」

第2話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ムームー。」
ファラ
「どうしたの?まだ起きていたの?」
ムームー
「ムー。」
ファラ
「こっちにおいで。」
ムームー
「ムームー。」
ファラ
「私、これからどうすればいいのかな?
たとえ王国が奪われても、お父様さえいてくれてれば。
昔のままの、お兄様と一緒だったら。
こんなに、こんなに悲しくなんかなかったのに。」
ムームー
「ムゥ~~~」
ファラ
「ごめん・・・ね。こんなこと言ったって、どうにもならないのにね。
ごめん・・・ね。」
ムームー
「ペロペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「ムームー?」
ムームー
「ペロペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「ありがとう、ムームー。私をなぐさめてくれてるのね。」
ムームー

「ムームー♥」

ファラ
「ムームー、私、がんばってみるわ。
お父様に言われたように、生きのびてみせる。
ディランやガーリット、それにムームーが一緒だもの。
きっと、大丈夫よね。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「でも、今だけは、今だけは、もうちょっとだけ一緒にいて、ムームー。」
ムームー
「ムームー」
ムームー
「ムームー」

第3話

ファラ
「ムームー。
どうしたの?あなたが起きてきちゃうなんて。
部屋にネズミでも出たのかな?」
ムームー
「ム~ン」
ファラ
「もしかして、私を心配してきてくれたの?」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「大丈夫よ、ムームー。私は、大丈夫…。
あれ、おかしいな。もう散々泣いたのに、まだ涙が出るなんて。
もう泣かないって、決めたのに…。」
ムームー
「ムー
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「ありがとう、ムームー。
これから、どんな事になるか分からないけれど、
あなたはずっと一緒よ。ムームー。」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームー♥」

第4話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「今日は、ムームーに助けられちゃったね。」
ムームー
「ムッ?」
ファラ
「ムームーが、宝珠を取ってきてくれなかったら大変な事になってたよ。
ありがと、ムームー。」
ムームー
「ムー」
ファラ
「もしかして、ムームーには分かってたのかな?
あの宝珠に、不思議な力があるってこと。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「やっぱり、分かってたみたいだね。
そっか、ムームーはファスティアナの召喚獣だもんね。
女神ファーライトの力を感じる事ができたのかな?
すごいね、ムームー。」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームームー♥」

第5話

ファラ
「ムームー」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「今日はびっくりだったね、ムームー。
あんな召喚プレートを使って、街中に、召喚獣を放つなんて。
ルーガさんやローングランドの人達がいなかったら、
大怪我する人も、出ちゃってたかも。
どうして帝国は、あんなヒドイ事ができるのかな?
どうして…なのかな?」
ムームー
「ムー
ペロペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「ムームーは優しいね。
私がちょっとでも悩んでたり、落ち込んでたりすると、
こうやって、なぐさめてくれるんだから」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「大丈夫、私負けないから。
私にできる事が何か、一生懸命考えるから。
応援しててね、ムームー」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームー」

第6話

ファラ
「ムームー」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「ねえ、ムームー。明日の戦い、私達勝てるかな?
ちゃんと、王都を取り戻す事ができるかな?」
ムームー
「ム~ン」
ファラ
「ダメだね、いっつもムームーに悩みをぶつけちゃって。
たまには、私がムームーの悩みを聞いてあげなきゃね。
ムームー、何か悩みがある?」
ムームー
「ムームー。
ムムムームム ムムムムームム ムームムムムーム」
ファラ
「私を、ちゃんと励ましてあげられないのが悲しい…なの?」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「そんな事ないわ。ムームーはいつだって、私を励ましてくれてるわ。
ありがとう、ムームー。
何だか、不安もどこかに飛んでっちゃった」
ムームー
「ムームー♥」
ファラ
「明日の戦いに勝って、王都に帰りましょ。
お父様の待つ、王都へ」
ムームー
「ムームー!」
ムームー
「ムームームー!」

第7話

ファラ
「ムームー」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「なあに? まさかあなたまで、私に女王をやってって言うの」
ムームー
「ムームー♥」
ファラ
「そうだって言ってるみたいね。
でも、女王って大変なのよ。責任も重大だし…
そうだ、ムームー。あなたが王様になればいいんだよ!」
ムームー
「ムムッ!!!」
ファラ
「セレスティア王国は、ムームー王国になるの。
国民はみんな、ムームーと同じムームー語を話すのよ。
どうかな?」
ムームー
「ムムッ! ムムムーム!
ムムムムーームム!
ムムムムムーーー!」
ファラ
「あはは、冗談だよ。冗談」
ムームー
「ムッ! ムムムー!」
ファラ
「あはは、ごめんごめん。あはははは。
何か、たくさん笑ったら気分が軽くなったな。
ムームー、私 女王を引き受ける事にする」
ムームー
「ムッ!?」
ファラ
「みんなが、私を信じてくれてるんだもん。
その気持ちには、応えたいわ。
不安な時は、またムームーにいろいろ話しちゃうかもしれないけど
いい…かな?」
ムームー
「(もちろんさ、ファラ!)」
ファラ
「あれ!? 今、ムームーの言葉が聞こえたような…。
気のせい…よね」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームームームームー!」

第8話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「ムームーも、召喚獣なんだよね。」
ムームー
「ムッ?」
ファラ
「ほら、研究所で召喚された召喚獣がいたでしょ。
ムームーとは、全然違うなって思って。まがまがしくて、すごく、怖かったな。
私達は、あの召喚獣、魔人達と戦わなくちゃならないのね。」
ムームー
「ムームームムムー!!!」
ファラ
「えっ? 自分に任せろって言いたいの?」
ムームー
「ムームー♥」
ファラ
「でも、相手はきっとすっごく強いと思うよ。」
ムームー
「ムームムー!!!ムムムーーー!!!」
ファラ
「そっか、そうだよね。ムームーだって、強いものね。
ムームー、頼りにしてるよ。一緒に、ノインお兄様を助けましょ。」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームー♥」

第9話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「どうしたの? ムームー。さっきまで気持ち良さそうに眠ってたのに。」
ムームー
「ムームームムムー」
ファラ
「私が来ないから、心配してきてくれたの?」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「ムームーは優しいんだね。でも、大丈夫。
ちょっと星空を見てただけだから。
キレイよね、ハインライン様の背中からじゃなきゃ、こんな星空見られないよ。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「そういえば、ハインライン様のウロコから3人の女神が誕生したのよね。
その女神達によって、ルーンハイムに生命が創られた。
そう考えると、ハインライン様って、私達のお父さんって言えるかもしれないね。ムームー。」
ムームー
「ムームー!」
ファラ
「あ、お父さんじゃなくておじいさんって言った方がいいかな?」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームームー♥」

第10話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「ねえ、ムームー。あくり~んちゃんって何者なのかな?」
ムームー
「ムムッ?」
ファラ
「悪い子じゃないってのは確かなのよ。
でも、突然現れてマナの門を直しちゃうって、普通じゃないよね。
本当に、不思議な女の子だな。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「待って、不思議って言ったらムームーもそうよね。」
ムームー
「ムッ?」
ファラ
「あなたも、突然現れたのよね。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「あなたも、あくり~んちゃんと同じなのかな?
あ、でもあの時は宝珠はなかったし。」
ムームー
「ムームー
ペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「そうよね、そんな事を気にしてても仕方ないわね。
ムームーも、あくり~んちゃんも大切な仲間。
それだけでもう、十分よね。」
ムームー
「ムームー♥」
ムームー
「ムームー!」

第11話

ファラ
「ムームー。
ムームー、大丈夫だった?大砲の弾、かすったりしなかった?」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「そっか、大丈夫だったんだ。良かった。
ねえ、ムームー。私ね、ちょっと怖いの。
今私達は、帝国と戦ってるでしょ。
そのせいで、どこかで誰かが苦しんでいるのかもって…。
家族を奪われた、ファングさんみたいに。」
ムームー
「ム~ン
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」
ファラ
「いっつも、ムームーにはなぐさめられてるね。ありがとう。」
ムームー
「ムームー♪」
ファラ
「大丈夫、分かってるから。
この戦いが、苦しむ人をなくすための戦いだって事は。
ムームー、一緒にがんばろ。」
ムームー
「ムームー!」
ムームー
「ムームー!」

第12話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「今日は、本当にありがとね、ムームー。
こうやって、お兄様を助け出せたのもムームーのおかげよ。」
ムームー
「ムームー♪」
ファラ
「だけど、まさかムームーが男の子になっちゃうなんてね。
私、びっくりしちゃったよ。しかも、幻獣王ウラドの息子だなんて。
ムームーって、すっごい召喚獣だったんだね。」
ムームー
「ムームームムムー」
ファラ
「えっ、どうしたの?ムームー。」
ムームー
「ムムムムームムムー!!!」
※ムームー、変身
ファラ
「わっ、すごいすごい!また変身したのね!」
ムームー
「ねえねえ、ファラ。変身したボクってどうかな?」
ファラ
「それはもちろん…。可愛いに決まってるじゃない!」
ムームー
「可愛い?」
ファラ
「うん、変身してもムームーは変わらず可愛いよ。」
ムームー
「ううう、格好良くなってるつもりだったのに…。早く大人になりたいよ~~~!」
ファラ
「どうしちゃったのかな?ムームー。」
ムームー
「ボク、ぜったい格好良くなるからね。」

第13話

ファラ
「ムームー…。」
ムームー
「ムーーー」
ファラ
「私の事、探しにきてくれたの?」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「でも、私はお城には帰らないわ。」
ムームー
「ムー?」
ファラ
「だって、私もうがんばれないもの。
お父様も、お兄様もいなくなっちゃって、私、もうどうしたらいいか。」
ムームー
「ムーーー! ムーーー! ムーーーーーーーン!!!」
※ムームー、変身
ムームー
「ファラ、ボクがついてるよ! だから元気出してよ!」
ファラ
「ムームー…。」
ムームー
「ボクじゃ、ノイン王子の変わりにはならないけど、それでもがんばる。
がんばって、ファラを助けるから!
だから、一緒にがんばろ! ファラがいなくちゃダメなんだ!!!
だって、ボクはファラが…。」
※ムームー、変身解除
ムームー
「ムームームムムー!!!」
ファラ
「ありがとう、ムームー。本当に、ありがとう。
お城に戻ろ、ムームー。みんなに、謝らないとね。」
ムームー
「ムームー!」
ムームー
「ファラがいないと、ボクはダメなんだよ!」

第14話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ファラ、びっくりしただろ?」
ファラ
「うん、びっくりだよ。いつ変身したの?」
ムームー
「そこの壁の後ろで変身したんだ。ファラに喜んでもらいたくて。
だって、難しい顔で考え込んでるんだもん。」
ファラ
「ありがとう、ムームー。」
ムームー
「ディランの双子の弟、ラディウスの事を考えてたんだろ?
あいつ、顔はディランと同じだけど気をつけなきゃダメだよ。
だって、すっごくトゲトゲしたひねくれ者のにおいがするんだもん。
でも、大丈夫。もし~あいつがファラの事をいじめたりしたら…。
ボクが、角で思いきり強く突いてやるんだから。
ガジガジ噛みついたっていい。とにかく、許さないんだから。」
ファラ
「フフフ、頼もしいよムームー。」
ムームー
「頼もしいって、ボクを男の子として認めてくれたって事だよね。
だったらファラ、お願いがあるんだけど、大きくなったらボクのお嫁…。」
※ムームーの変身解除
ムームー
「ム~~~ン」
※ムームー立ち去る
ファラ
「ムームーったら、何を言おうとしてたのかな?」
ムームー
「ボク、早く大人になるからね!」

第15話

ファラ
「ムームー!」
ムームー
「ムームームーーーン!」
※ムームー変身
ムームー
「やったあ、変身大成功だ!」
ファラ
「どうしたの? ムームー。いきなり変身なんかしちゃって。」
ムームー
「ファラに、どうしても言っておきたい事があったんだ。
ムームーだけだと、うまく伝わらないだろ。だから、変身したんだよ。」
ファラ
「わざわざありがとう。それで、何かな?」
ムームー
「ファラ、ボクは約束するよ!帝国との最終決戦、絶対に勝ってみせるって!
帝国は手ごわいし、ラディウスって奴だって強いはず。
だけど、ボクは負けないよ!大好きなファラのために!!!
やった、最後まで言いきったぞ!」
※ムームーの変身解除
ムームー
「ムームームー」
ファラ
「ムームーがいてくれたら、百人力だね。ありがとう。」
ムームー
「ムームー」
ファラ
「明日の戦いが終わったら、一緒に王国に帰ろうね。ムームー。」
ムームー
「大好きなファラの為に、がんばるよ!」

第16話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「ファラ、とうとうやったね。ボク達、戦争を終わらせたんだね!
これでもう、戦いなんかしなくてもいいんだ!
また、王国で平和に暮らす事ができるんだ!ボク、すっごくうれしい!」
ファラ
「これも、ムームーやみんなが私に力を貸してくれたからだよ。
本当に、ありがとね、ムームー。」
ムームー
「ううん、いいんだよ。だって、大好きなファラのためなんだもん。
ねえ、ファラはボクのこと好き?」
ファラ
「ええ、ムームーのこと大好きだよ。」
ムームー
「本当に!?
それじゃそれじゃそれじゃそれじゃそれじゃ!ファラ、ボクのお嫁さんになってよ!」
ファラ
「えっ!?」
ムームー
「大丈夫! きっとボク、すぐに大きくなるから!
ずっと人間の姿でいられるようになるから!だから、いいよね。」
ファラ
「フフフ、素敵なプロポーズ。ありがとね、ムームー。」
ムームー
「ファラはボクのお嫁さんになるんだからね!」

第17話

ファラ
「ムームー。」
ムームー
「えへへ、ボクもなかなか眠れなくてね。
ファラと一緒に、夜ふかししちゃおうかな。」
ファラ
「うん、おいでよムームー。」
※ムームーがファラに近付いて来る
ファラ
「ねえ、ムームー。あなたは最初から知ってたの?
私の体の中に、女神ファーライトの魂が宿ってるってこと。」
ムームー
「うーん、よく分からない。
でも、最初にこの世界に呼び出された時、パパに言われたんだ。
ボクを呼び出した少女を守り続けなさいって。それが、ボクの使命だって。」
ファラ
「そうだったの。」
ムームー
「でもボクは、女神だなんてこと関係なくファラの事が大好きなんだ。
ファラやみんなと、このルーンハイムで暮らしたいんだ。
だから、ファラ。オヴァドの衝突を絶対に止めよ!
大丈夫! ボクとファラが一緒だったら絶対にできる!」
ファラ
「そうね、ムームー。私達ならきっとできるよね。」
ムームー
「うん、見ててね。ボク、すっごく活躍するから。
ファラがボクに、メロメロになっちゃうくらいにね。」
ファラ
「フフフ。」
ムームー
「ボクにメロメロにさせちゃうからね!」

エンディング

ファラ
「天気が良くて気持ちいいね、ムームー。」
ムームー
「ムー♪」
ファラ
「女王として忙しい毎日なんだから、たまにはお休みしてもいいよね?」
ムームー
「ムームー♪」
ファラ
「あ、すっかり忘れてたけどムームーどうするの?」
ムームー
「ムッ?」
ファラ
「私と一緒に、ルーンハイムに戻ってきちゃったけど…。
ムームーは、ファスティアナに戻りたいよね。故郷なんだから。
何とか戻れるように、研究が必要だわ。」
ムームー
「(!)
ムームームー!!!」
※ムームー変身
ムームー
「そんな必要なんてないよ!ファラ!ボクは、帰らない!
ずっとルーンハイムで暮らすんだい!
それとも、ファラはもうボクが必要ないの?
そんな事ないよね?ないよね?ないよね?」
ファラ
「あるわけないよ。ムームーがいてくれなきゃ私すごく寂しいもの。」
ムームー
「本当?良かったあ、ファラに嫌われちゃったのかと思った。
ねえ、ファラ。ボクの事は気にしなくていいんだよ。
女神ファーライト様が転生したファラを守る事、それはボクの役目なんだし。
それに、ボク、ルーンハイムが大好きなんだ。
このルーンハイムで、ファラと一緒に暮らしたいんだ。
これから先も、ずっとずっと!」
ファラ
「うん、私も同じ気持ちよ。ムームー。」
ムームー
「同じ気持ち?ファラもボクとずっとずっと一緒にいたいの?
だったらファラ、今すぐボクのお嫁さんになってよ!
そうすれば、ずっと一緒だよ。」
ファラ
「ムームーのお嫁さん…か。フフフ、いいかもしれないな。」
ムームー
「やったあ!!!」
ファラ
「でも、まだまだ先よ。私もムームーも、もっと大人にならないとね。」
ムームー
「ム~~~。」
ムームー
「ボク、早く大人になるからね。待っててよ、ファラ。」

コメント