【夜会話】ルーガ(ファラVer.)

スポンサーリンク
いがぼー様

第7話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「悩んでるのかい?女王になるかどうか。」
ファラ
「はい、そうです。」
ルーガ
「まあ、そうだろうね。簡単に決められる事じゃないさね。
お嬢ちゃんをみてると、昔を思い出すよ。
ローングランドのリーダーになった時の事を。
前のリーダーに押しつけられてね、心底困ったよ。」
ファラ
「やっぱり、嫌だったんですか?」
ルーガ
「アタシなんかに務まるのかって、不安で仕方なかったのさ。
だけど、指名されたら引き受けなきゃならないのがローングランドの決まり。
飛べないリーダーの誕生ってわけさ。」
ファラ
「でも、ルーガさんはこうやってローングランドを率いてるんだし。
やっぱり、素質があったんですよ。」
ルーガ
「そんなんじゃない。ただ、助けてくれる仲間がたくさんいただけさ。
そして、お嬢ちゃん。あんたにも、そんな仲間がたくさんいるんだよ。
思い切って引き受けるのも、いんじゃないのかい?
その度胸の良さに、バカな男連中が惚れちまったりしてね。」
ファラ
「そ、そんな!」
ルーガ
「ハハハ、冗談さ。
じゃあね、お嬢ちゃん。明日の返事、楽しみにしてるよ。」
ファラ
「ルーガさん、ありがとう。私、決心がつきました。」
ルーガ
「アタシ達を信じて良いんだよ。」

第8話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「正直、今日は驚いたよ。まさか、王国の王子が、帝国に寝返ってたなんて。」
ファラ
「違います!あれは、帝国の…。」
ルーガ
「分かってるよ。すべて洗脳のせいなんだろ。
それをした帝国に、アタシは吐き気がしてるよ。
兄と妹を戦わせてんだからね。悪趣味にもほどがある。」
ファラ
「でも、洗脳が解ければまた元のお兄様に戻ってくれます。
私は絶対に、お兄様を助けます!」
ルーガ
「…いい顔だ。それでこそ、アタシらのリーダーだ。
ノイン王子、必ず助け出そうじゃないか。
アタシも、いくらでも力を貸すよ。」
ファラ
「ありがとうございます、ルーガさん。」
ルーガ
「アンタのそういう強いところ、好きだね。」

第9話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「もしかして、お嬢ちゃんもアタシと同じかい?
何だか眠るのがもったいないような気がするんだろ?」
ファラ
「ええ。だって、こうやって空を飛ぶ経験ってなかなかできないから。」
ルーガ
「アタシも同じさ。つい、ワクワクしてしまってね。
ほら、アタシには翼がないだろ? 当然飛んだ事なんてないのさ。
ま、仕方ないんだけどね。父親が人間なんだから。」
ファラ
「えっ、そうだったんですか?」
ルーガ
「物心ついた時には、母親しかいなかったから父親の顔も知らないけどね。
ちなみに、ルーガって名前にはランカスタの古い言葉で架け橋って意味があるんだ。
母親が言ってたよ。アタシの父親も、この名前が気に入ってたって。」
ファラ
「ルーガさんに、人間とランカスタの架け橋になって欲しかったんですね。」
ルーガ
「だとしたら、とんでもない期待をされちまってるよ。
アタシには、到底ムリな事さ。」
ファラ
「ううん、私はそうは思いません。
ルーガさんなら、きっとなれると思いますよ。」
ルーガ
「そうかい? お嬢ちゃんに言われると、そんな気がしてくるね。
戦いが終わったら、そういった道を歩くのも悪くないかも…。
おっと、長話しちまったね。さすがにそろそろ寝ないと明日がつらいよ。
おやすみ、お嬢ちゃん。」
<ルーガ立ち去る>
ファラ
「ルーガさんが架け橋となって、帝国の人間もランカスタと仲良くなれたら…。
すごく、ステキな事だな。それって。」
ルーガ
「お嬢ちゃんも、アタシ達の架け橋さ。」

第10話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「あくり~んって子は眠ったのかい?」
ファラ
「ええ、もうぐっすり。」
ルーガ
「本当に仲がいいよね、お嬢ちゃんとあの子。
まるで、本当の姉妹みたいじゃないか。」
ファラ
「本当ですか? それはうれしいな。」
ルーガ
「でも、そんな事はないさね。あの子は、普通じゃないんだから。
とりあえず連れてきてるけど、これからどうするつもりなんだい?」
ファラ
「一緒に、いようと思います。あくり~んちゃんが、私達を助けてくれたんだし、
それに、悪い子じゃないのは確かですから。」
ルーガ
「不思議だね、お嬢ちゃんがそう言うと間違いないような気がするよ。
まあ、アタシもそうするのが一番だと思うよ。
見かけはあんなだけど、頼もしい仲間になってくれそうだからね。」
ファラ
「はい。」
ルーガ
「アタシはお嬢ちゃんを信じるよ。」

第11話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「今日は、すまなかったね。ファングがバカしちまって。
一応、あいつの面倒を見てる身として、謝っとくよ。」
ファラ
「ルーガさんは、ファングさんの過去を知ってたんですか?」
ルーガ
「まあ…大体のところはね。
でも、ランカスタにとっちゃそう珍しい話でもないんだ。
召喚戦争時代、帝国はランカスタの民にヒドイ事をしてたからね。
ローングランドには、つらい過去を背負った連中がゴロゴロしてるよ。」
ファラ
「えっ、だけどみんなすごく明るくて…。
それに、ディランが帝国の皇子だって分かっても、誰も何も…。」
ルーガ
「そりゃあ、わだかまりが何もなかったって言ったらウソになるけど。
ボーヤを責めたところで、どーにもなりゃしないだろ。
それよりは、これからの事を考えた方がいいって、みんな分かってるのさ。
まあ、ランカスタの民にはわりと楽天的な気質の奴が多いってのもあるけどね。」
ファラ
「これからの事…ですか。」
ルーガ
「そーだ。アタシ達は、お嬢ちゃん。あんたにかけてんだ。
帝国と、ランカスタとの憎しみの歴史を終わらせてくれるんじゃないかって。
力はいくらでも貸すよ。未来のために、しっかりやっとくれ。」
ファラ
「はい、がんばります。ルーガさん。」
ルーガ
「アタシ達の未来は、アンタにかかってるんだよ。」

第12話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「おや、誰かと思ったらじゃじゃ馬のお嬢ちゃんじゃないかい。
驚いたよ。ノイン王子を助けに城を飛び出していくなんてね。
さすが、アタシが認めてるだけの事はあるよ。」
ファラ
「すみません、みんなに迷惑をかけて。」
ルーガ
「謝る事はないさ。時にそういった大胆さも必要だと思うしね。
それに、今回はそのおかげでノイン王子を助けられたんだ。
胸を張りなよ。お嬢ちゃん。」
ファラ
「はい、ルーガさん。」
ルーガ
「だけど、もうちょっとマシな人選は考えなかったのかい?」
ファラ
「えっ?」
ルーガ
「カタブツに、ワンコにお子様じゃないか。
ワンコが変身するって奇跡が起こったからいいものの、ちょっと頼りないメンツだね。
アタシに声をかけてくれりゃ、ついてってやったのにねえ。
フフフ、まあすんだ事で文句を言ったって始まりゃしないね。
それじゃおやすみ、お嬢ちゃん。」
ファラ
「カタブツは、ガーリットね。ワンコは、ムームーでお子様はあくり~んちゃん。
ルーガさんらしいけど、みんなには聞かせられないな。」
ルーガ
「アタシが認めたんだ。胸を張っていいんだよ。」

第13話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「おやおや、ここにいたのかい。お嬢ちゃん。
おっと、心配はいらないよ。お嬢ちゃんの事を責めるつもりはないからね。
あんな事があったんだ。遠くへ行きたくなる気持ちも分かる。」
ファラ
「ルーガさん。私、これからどうすればいいのかな?
私、ちゃんと戦えるかな? こんなにも力が抜けちゃってるのに。
これじゃ、みんなに迷惑をかけるだけだよね。」
ルーガ
「お嬢ちゃん、そんな事、気にしなくていいんだよ。
だって、アタシ達は仲間じゃないか。
こんな時なんだ。いくらでも迷惑をかけてくれりゃいいさ。
アタシ達は信じてるからね。お嬢ちゃんが、必ず元気になってくれるって事を。」
ファラ
「ルーガさん…。」
ルーガ
「先に行ってるよ。気持ちが落ち着いたら、城に帰ってくればいいさ。」
ファラ
「待ってください、私も、私も行きます!」
ルーガ
「大丈夫なのかい?」
ファラ
「はい、大丈夫です。
迷惑はかけちゃうかもしれないけれど、私、がんばります。」
ルーガ
「そうかい、なら一緒に行こうじゃないか。」
ルーガ
「いくらでも迷惑をかけてくれていいのさ。」

第14話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「どうしたい、お嬢ちゃん。深刻な顔して考え込んじゃって。
アタシで良ければ話を聞こうじゃないか。」
ファラ
「準備はすべて整った。ラディウスがそう言ってたじゃないですか。
このままだと、今度こそ帝国が女神クラヴィスの力を手に入れてしまう。
私達に、どうにかできるのかなって、そう考えてしまって…。」
ルーガ
「どうにかできるかじゃない、どうにかするしかないんだよ。お嬢ちゃん。
ラディウスってひねくれボーヤが女神の力なんかを手にしたら…、
ろくでもない事になるのは目に見えてる。
王国も、アークランドも、いや、帝国だって不幸になる事だろうさ。
アタシはそんなのまっぴらゴメンだ。
だから、今度こそ奴らのたくらみを終わらせてやるのさ。」
ファラ
「ルーガさんは、強いですね。私もそうならなくちゃ。」
ルーガ
「そんな事はないさ、そうやって心配するのもお嬢ちゃんのいいとこなんだ。
アタシとふたりでバランスが取れりゃそれでいいさ。
お嬢ちゃん、ラディウスの言葉どおり、帝国へ乗り込んでやろうじゃないか。
アタシ達で、ひねくれボーヤに、おしおきをしてやるんだよ。」
ファラ
「はい、ルーガさん。」
ルーガ
「アタシ達ふたりは、良いコンビかもしれないね。」

第15話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「やっぱり、起きてたのかい?
不安で不安で眠れない。そんなとこだろうね。」
ファラ
「はい、そうです。
明日の事を考えると、どうしても気持ちが落ち着かなくて…。」
ルーガ
「やれやれ、しょーがないね。
アタシがとっておきの方法を教えてやろうじゃないか。
お嬢ちゃん、目を閉じな。」
ファラ
「えっ?」
ルーガ
「いいから、目を閉じるんだよ。
ゆっくりと深呼吸しながら、頭に思い浮かべるんだ。
これまで一緒に戦ってきた、仲間達の顔をね。」
ファラ
「ディラン、ムームー、ガーリット、ソティナさん、ファングさん、ザイツさん。
エルナディータさんに、あくり~んちゃん。
それから、ルーガさん。
不思議…です。気分が、楽になりました。」
ルーガ
「きいただろ? これはアタシがよく使ってる方法さ。
まあ、頼りない仲間ばかりだったら、意味のない方法だけどね。」
ファラ
「私には、こんなにも頼れる仲間がたくさんいるんですね。
不安で、大切なものを見失ってました。もう、大丈夫です。
王国の民のため、ランカスタの民のため、そして、帝国の民のためにも。
明日の戦い、絶対に勝ちましょう。」
ルーガ
「いくらでも頼っておくれよ。」

第16話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「やれやれ、やっと終わったね。お嬢ちゃん。
正直、危ないと思った事も一度や二度じゃないけど、終わってみればいい思い出さ。」
ファラ
「ルーガさん。これまで、ありがとうございました。
ルーガさんの助けがあったから、ここまでくる事ができました。」
ルーガ
「よしとくれ、何だか照れるじゃないか。
それに、お礼を言わなきゃならないのはアタシの方だよ。
ランカスタと帝国との争いの歴史。
お嬢ちゃんは、それを終わらせてくれたんだからね。
このままうまくいけば、ローングランドが存在する必要もなくなるだろう。
そしたら、何をして暮らそうかねえ。」
ファラ
「だったら、王国に来ませんか? これからもルーガさんにはいろいろ助けて欲しいんです。」
ルーガ
「うれしい事を言ってくれるじゃないか。
そーさね、こんなアタシの力を必要としてくれるなら。
王国に行くのも、悪くないかもしれないね。」
ルーガ
「お嬢ちゃんの力になれるなら、どこにでも行くさ。」

第17話

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「何泣きそうな顔してんだい? せっかくの美人が台無しだよ。
ま、そう言うアタシも ひとりでいたら不安でどうにかなりそうなのさ。
だから、ここに来た。お嬢ちゃんがいるって思ってね。」
ファラ
「やっぱり、不安ですよね。女神が、相手ですから。」
ルーガ
「そーさね、よりにもよって相手は女神だからね。
でも、それで言ったらこっちだって負けてないと思うよ。
お子様になると頼りないけど、女神アクリーンが仲間にいるし…。
それに、女神ファーライトの魂が、お嬢ちゃんには宿ってるんだから。」
ファラ
「そう…ですよね。」
ルーガ
「どうやら、それも不安の原因みたいだね。
女神ファーライトの魂が目覚めたらどうなるか? それを心配してんだろ?」
ファラ
「…はい。世界がこんな時なのに、ダメですよね。」
ルーガ
「ダメじゃないさ。心配して当然だとアタシは思うよ。
その事に関しては、正直アタシは何も分からない。
でも、お嬢ちゃんの心が消えてなくなるなんて事はないと思うよ。
お嬢ちゃんは、これからのルーンハイムに必要な人間なんだ。
女神だったら、それくらい分かるだろうさ。」
ファラ
「ありがとうございます。そう言ってもらえただけで、私はうれしいです。」
ルーガ
「そうさね、もしどうしても女神様に体が必要ならアタシの体をあげようかね。
女神のガラじゃないから向こうから断られるかね?」
ファラ
「そんな事ないと思いますよ。ルーガさんって、キレイだし素敵だし、美人だし。」
ルーガ
「そ、そうかい? 何だか照れるじゃないか。」
ファラ
「でも、ダメです。ルーガさんだって、必要な人なんですから。
みんなで、戻ってきましょう 平和になった、ルーンハイムに。」
ルーガ
「約束だよ、お嬢ちゃん。」
ルーガ
「あんたはこの世界に必要なんだよ。」

エンディング

ファラ
「ルーガさん。」
ルーガ
「久しぶりにアジトに来たもんだから、何だか懐かしいねぇ。」
ファラ
「ルーガさんに、女王の仕事を手伝ってもらえて、
私すごく助かってます。
だけど、本当にローングランドをやめちゃって良かったんですか?」
ルーガ
「気にする事はないさ。
ファングがうまい事やってくれてるし。
それに、帝国との争いがなくなって、
ローングランドにたいした仕事は無いからね。
それよりお嬢ちゃん。アタシ、まだお礼を言ってなかったような気がするよ。」
ファラ
「お礼?」
ルーガ
「すべてのランカスタを代表して言うよ。
300年前、空からやってきたランカスタの民を受け入れてくれた事。
本当に感謝してるよ。
お嬢ちゃん…いや、女神ファーライト様。」
ファラ
「そんな、お礼なんて言われると、何だか申し訳なくなります。
あの時は、本当の意味で、受け入れる事はできなかったのだから。」
ルーガ
「えっ? どういう事だい?」
ファラ
「だって、ランカスタと人間の争いが始まってしまったじゃないですか。
私の考えが足りなかったんです。」
ルーガ
「女神様が、謝る事ないよ。
それは、人間とアタシ達の責任だからね。
それに、結局は女神様のおかげでその争いも終わったんだ。
すべてが丸く収まったって事さ。
そうだろ?」
ファラ
「はい、ありがとうございます。」
ルーガ
「さてと、それじゃ王国に戻ろうかね、女神様。」
ファラ
「ルーガさん、女神様はやめてくださいね。
お嬢ちゃんでいいんです。
私は、人間として生きることにしたんですから。」
ルーガ
「フフフ、そーだったね。」
ルーガ
「女神様をお嬢ちゃん呼ばわりか、罰があたらなきゃいいけどね。」

コメント