【夜会話】ファラ

スポンサーリンク

第1話

ディラン
「ファラじゃないか。」
ファラ
「主役がいなくなっちゃダメだよ。ディラン。」
ディラン
「食べ過ぎたみたいなんだ。少し休んだら戻るよ。」
ファラ
「そっか、私もちょっと休んでこっと。
何だかウソみたい。明日でディランがいなくなっちゃうなんて。
ホント、ウソだったらいいんだけどな。
帝国になんて帰らずに、ずっとずっとセレスティアにいればいいのに。」
ディラン
「ファラ…。」
ファラ
「でも、仕方ないものね。ディランは帝国の皇子様なんだから。
やっと、人質の交換が終わって、自分の国に帰れるんだから。
私がおかしなこと言ったら、困っちゃうよね。」
ディラン
「ファラ、正直な気持ちを言うよ。俺は、帰りたくなんかない。
ずっと、このセレスティアにいたいと思っている。」
ファラ
「えっ!」
ディラン
「だけど、それでもやっぱり俺は帝国に戻らなくちゃならない。
この国で学んだ大切な事を、みんなに伝えるために。」
ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、見ててくれ。俺は、帝国をセレスティアのような国にしてみせる。
ランカスタの民も含めて、みんなが仲良く暮らせる国に。」
ファラ
「ディランなら、きっとできるよ。私、応援してるから。
応援…してるからね。ずっと。」
ファラ
「ディラン、応援してるよ。」

第2話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディランが外に行くのが見えたから。」
ディラン
「ファラも、眠れないのか?」
ファラ
「…うん。
目を閉じると、あの時の光景が浮かんでしまって…。
ねえ、ディラン。これが夢だったら、どんなにかいいのにね。
目が覚めたら、セレスティア城の私の部屋のベッドの上で…。
着替えて階段を下りていくと、朝食の準備ができていて…。
お父様と、ディラン。あなたが待ってくれているの。
これまでずっと、そうだったみたいに…。」
ディラン
「ファラ。」
ファラ
「大丈夫、分かってるから。こんなこと言ってもどうしようもないって…。
だけど…だけど…。」
ディラン
「ファラ。俺は約束するよ。
帝国の皇子としてとかじゃない。罪滅ぼしとかそんな事のためじゃない。
ひとりの人間として、ファラ、君を守る。
こんな言葉じゃ、気休めにもならないかもしれないけど…。」
ファラ
「ううん、ありがとう。勇気が出るよ。
ねえ、ディラン。私、お父様の言葉通り生きるわ。
どんなことになっても、負けないでがんばる。だって私はお父様の娘なんだもん。
だけど…今夜だけは泣いてもいいよね。
今夜だけは…。」
ディラン
「ああ、もちろんだよ。」
ファラ
「ディラン…。
ディラーン!」
ディラン
「(ファラ。俺は約束するよ。絶対に、君を守る!)」
ファラ
「今夜だけは、泣いてもいいよね。」

第3話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。何をしているの?」
ディラン
「いや、ちょっとね。夜の街を、見ていたんだ。」
ファラ
「キレイよね。明かりがキラキラしてまるで星みたい。
まだ、私が小さなころ、お父様と一緒に来た事があるの。
その時もね、こうやって夜の街を見たの。
お父様と一緒に、キレイだねって…。」
ディラン
「…ファラ。」
ファラ
「ダメだね、いつまでも泣いてちゃ。
これからいろいろとやらなくちゃいけない事があるんだから。
まずは、ここの掃除ね。だって、どこもかしこもホコリだらけなんだもの。
ディランの部屋もそうだったでしょ?」
ディラン
「まあな。だけど、『特別室』に比べれば全然、居心地はいいよ。」
ファラ
「ねえ、その『特別室』ってどんな部屋なの?
ルーガさんも言ってたし、何か気になるな。」
ディラン
「いや、そんな気にするような所じゃないよ。
それ以前に、部屋ですらないんじゃないかな?」
ファラ
「ますます気になる。明日、ルーガさんに頼んで入らせてもらおうかな?」
ディラン
「(『特別室』がどんなとこか分かったら、びっくりするんだろうな。
でも、良かった。ファラが少しだけ元気になって。)」
ファラ
「明日から忙しくなりそうだね。」

第4話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。まだ眠らないの?」
ディラン
「ああ、ここに飛ばされてきた後、少し眠りすぎたかな?」
ファラ
「私も。でも、本当に不思議だったよね。
神殿からここまで、一瞬で飛んできちゃうなんて。」
ディラン
「ファラ。あの宝珠、持ってるか?」
ファラ
「うん、持ってるよ。」
ディラン
「別に光ったりしないよな。」
ファラ
「私も、あれから何度も試したけどダメだったの。
ソティナさんにも頼まれたし、とりあえずお守りみたいに、肌身離さず持ってるつもりだよ。
毎日、お願いしたら願いがかなったりするかな?
どうか、王国と帝国も仲良く暮らせる日が来ますように。
お兄様が、昔の優しいお兄様に戻ってくれますように。
どうか、ディランがずっと側にいてくれますように。」
ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディランがずっと側にいてくれますように………。」

第5話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「怪我人、思ったより少なかったそうね。」
ディラン
「ああ、ルーガがうまく指揮して黄金宮にみんなを避難させたからな。」
ファラ
「だけど、ディランにあんな許婚がいたなんて驚いたな。」
ディラン
「最初に聞かされた時は俺も驚いたよ。」
ファラ
「どうするの? ディラン。
このままエルナディータさんと結婚しちゃうの?」
ディラン
「そんなはずないだろ? 今はそれどころじゃないんだから。」
ファラ
「じゃあ、戦いが終わったら結婚しちゃうのね。」
ディラン
「それもないよ。
彼女には悪いけど、俺は親が勝手に決めた人と結婚なんてできない。
結婚相手ぐらい、自分で探したいからな。」
ファラ
「その時は、私も立候補しちゃおうかな?」
ディラン
「えっ!?」
ファラ
「フフフ、冗談よ。…今はまだ…ね。」
ファラ
「今はまだ、冗談だけどね………。」

第6話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。まだ眠らないの?」
ディラン
「ああ、明日の作戦のことを考えてたら、どうも寝つけなくて。」
ファラ
「明日、うまくいくかな?」
ディラン
「やるしかない。負けは許されないんだ。」
ファラ
「…ねえ、ディラン。ひとつだけ、約束して。」
ディラン
「約束?」
ファラ
「お願いだから、ムリはしないでね。
王都を取り戻せても、ディランがいなくなったら、どうしようもないんだからね。
命と引きかえに勝つとか、そんなの、絶対にダメだからね。
それで、王都と城が取り戻せたとしても、ちっともうれしくないよ。」
ディラン
「…ファラ。分かったよ。約束する。
俺は、絶対にいなくなったりしない。
だから、安心してくれ。」
ファラ
「ディラン。」
ファラ
「ディラン、いなくなったりしたら嫌だよ。」

第7話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「考え事するなら、きっとここだろうなって思ったの。
その様子だと、まだ返事は決まってないみたいだね。」
ディラン
「そう簡単には、結論を出せないよ。」
ファラ
「私、ディランに大変な事をお願いしちゃったね。
でも、ディランしかできる人はいないって思ったの。
きっと、お父様だって同じ意見だと思うよ。」
ディラン
「陛下が?」
ファラ
「うん、絶対そうだよ。
ディラン。私、なんでも協力するから!
だから、セレスティアの国王になって。
いい返事、期待してるね。」
ディラン
「(ファラ、そこまで俺を信頼してくれてるんだな
その気持ちには、応えなくちゃな)」
ファラ
「ディランなら、立派な王様になれるよ。」

第8話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン、なかなか宿屋に戻ってこないからどうしたのかと思って。」
ディラン
「ごめん、いろいろと考えてたんだ。
あの3人の魔人の事とか、マナの門の事とかを。」
ファラ
「せっかく、こんな遠くまで来たのに、召喚実験阻止できなかったね。」
ディラン
「ああ、残念だったよ。
だけど、ひとつだけ希望が見えた事もある。
それは、ノイン王子の事だ。」
ファラ
「えっ?」
ディラン
「俺達と戦った後、王子は本当の自分を取り戻しかけていた。
ノイン王子にかけられた洗脳を解く事ができれば…。」
ファラ
「本当のお兄様に、戻ってくれるかもしれないのね。
お父様を襲ったのも、すべて洗脳されていたせいなのね。
良かった。本当に良かったわ。」
ディラン
「(ノイン王子。次に会ったら、必ずあなたを助ける
セレスティアの国王には、あなたがなるべきなんだ)」
ファラ
「ディラン、お兄様を助けて………。」

第9話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「眠らないの?ハインライン様の背中、フカフカして気持ちいいよ。」
ディラン
「うん、あんまりにも驚きすぎて、まだ眠くならないんだ。
神竜ハインラインが、ルーンハイムにいたなんて。
しかも今、俺達はその背中に乗って空を飛んでるなんて。 」
ファラ
「そうだよね。びっくりだよね。」
ディラン
「ハインラインのウロコから3人の女神が生まれた。」
ファラ
「そして、ルーンハイムにマナを満たし、生命と秩序を創った。」
ディラン
「広く言えば、ハインラインは俺達の親なのかもしれないな。」
ファラ
「フフフ、本当にそうだね。ハインライン様は私達の大きなお父さんだね。」
ディラン
「喜んでいる場合じゃないけれど、
今の俺達って、ものすごく幸運なのかもしれないな。」
ファラ
「うん、そう考えると眠るのがもったいなく思えてきたよ。
私もディランと一緒にもうちょっとだけ起きてよ。
せっかく、大きなお父さんの背中にいるんだもんね。」
ファラ
「もうちょっと起きていようね。」

第10話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。眠らないの?」
ディラン
「ああ、ちょっとあくり~んの事を考えていたんだ。
あの子、一体何者なんだろう?」
ファラ
「あくり~んって、3女神のひとりの名前よね。もしかして、女神なのかな?」
ディラン
「さすがにそれはないだろう。女神があんな小さな女の子だなんて。」
ファラ
「それじゃ、宝珠の力で呼ばれたどこかの世界の召喚獣?」
ディラン
「そうだな、そんな気がする。だけど、マナの門を直してしまうなんて、
普通の召喚獣には不可能だ。あの子の正体は、やっぱりナゾだな。」
ファラ
「ディラン。そんなに難しく考えなくてもいいと思うの。
あの子は、マナの門を直してみんなを助けてくれたとってもいい子。
それだけで、十分だと思うな。」
ディラン
「ファラ…、すっかりあの子の事、気に入ったみたいだな。」
ファラ
「うん、だってあくり~んちゃん、とっても可愛いんだもん♥
私の事、おねーたまおねーたまって、慕ってくれるし。
私、あんな妹がずっと欲しかったんだ。」
ディラン
「可愛ければそれで良し…か。
これじゃ、ムームーと初めて会った時と同じだな。」
ファラ
「えへへ。」
ディラン
「まあ、悪い子じゃないのは確かだし、しばらく一緒にいて様子を見よう。」
ファラ
「うん。」
ファラ
「あくり~んちゃんって、本当の妹みたいね。」

第11話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。何やってるの?」
ディラン
「俺達のやっていること、正しいのかなって考えてたんだ。」
ファラ
「え?」
ディラン
「俺達は今、帝国と戦っている。その戦いによって家族を奪われた帝国の民もいる。
彼らは悲しみの中、俺を憎むんだろうか?」
ファラ
「ディラン…。」
ディラン
「それは、どうしようもない事だって分かってる。だけど…な。」
ファラ
「ごめんね。私が、ディランに王様なんて押しつけちゃったから。
本当に、ごめん…ね。」
ディラン
「ファラのせいじゃないよ。だから、謝る事なんかないんだ。」
ファラ
「でもね、ディラン。ディランが王様として帝国と戦っている事で、
救われている人も、たくさんいるの。その事だけは、忘れないで。
それに、今、ディランを憎んでる帝国の人がいたとしても、
すべてが終わって、世界が平和になったら、分かってくれると思うの。
きっとよ。」
ディラン
「…ありがとう、ファラ。少し、元気が出たよ。
ファラ、俺、がんばるよ。今はどんなに憎まれても、戦い続ける。
それが、みんなのためなんだから。」
ファラ
「ありがとう、ディラン。」
ファラ
「私もディランに、救われたんだから。」

第12話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。今日は、ごめんなさい。
みんなに内緒で、勝手に古城に向かっちゃって…。
別に気にしなくてもいいよ。こうやって、ノイン王子を無事に救出できたんだから。
明日、ノイン王子は大変だろうな。話さなくちゃならない事がたくさんだから。
帝国が休戦協定を破ったこと。王都が一度、制圧されたこと。」
ファラ
「お父様がなくなった事も、明日、話さなくちゃ。」
ディラン
「…そうか。まだ、話してなかったな。」
ファラ
「ねえ、ディラン。私、何て話せばいいの?あの時のこと。
私、とても言えない。絶対に言えない。」
ディラン
「ファラ、ありのままを話すんだ。」
ファラ
「でも…。」
ディラン
「いいから、ありのままを話すんだ!
陛下は、城に攻め込んできた帝国兵に斬られ、お亡くなりになった。
そう、話すんだ。それが、真実なんだ。
分かったな、ファラ。」
ファラ
「…うん。分かったわ。それが、真実なんだね。それで、いいんだよね。」
ディラン
「ああ、それでいいんだ。」
ファラ
「ありがとう、ディラン。私、そうするよ。」
ディラン
「(俺は、間違ってない。そうですよね、陛下)」
ファラ
「ディラン、それが真実なんだよね?」

第13話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「お兄様の体を埋める時、私、何だか夢を見ているようだったの。
でも、夢じゃないの。お父様の時と同じで、これは現実のこと。
何をしたって、夢にはなってくれない。」
ディラン
「ファラ…。」
ファラ
「どうして、こんな事になっちゃったのかな?
やっと、元のお兄様に戻ってくれたのに。
セレスティア城に、帰ってきてくれたのに。それなのに、どうして…。
神様なんていないんだよ。女神なんてウソだったのよ。
もし、神様や女神様がいたら、お兄様を守ってくれたはずだもの。
こんな事になんか、ならなかったはずだもの。
ね、ディランだってそう思うでしょ?」
ディラン
「ファラ!
泣いていいんだ。ファラ。思い切り泣いていいんだ。
だから、そんな顔をしないでくれ。」
ファラ
「ディラン…。
ディラーーーン!」
ファラ
「ディラン、私もう……ダメかも……。」

第14話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン。やっばり、起きてたんだね。
あんな、びっくりする事が、あったんだもん。
眠れないのが普通だよね。」
ディラン
「ああ、そのとりだと。
俺に、双子の弟がいたなんて。
しかも、あんなにそっくりの。」
ファラ
「ディランとあの人は、そっくりなんかじゃないよ。」
ディラン
「えっ?」
ファラ
「ディランとあの人が、そっくりなはずないよ。
あんなにも簡単に、父親に剣を振るえる人と、同じなはずない。」
ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン、お願いだから負けないでね。
私の前から、いなくなったりしないでね。」
ディラン
「ああ、大丈夫だ。
俺は負けない。絶対に。
この戦いに勝って、ルーンハイムに平和を取り戻すんだ。」
ファラ
「ディランまで、いないなったりしないよね?」

第15話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「帝国との決戦。
とうとう、明日だね。」
ディラン
「長かったけど、ここまできたんだ。」
ファラ
「ディラン、これまで本当にありがとう。
ディランがいなかったら、セレスティアはなくなったままだったよ。
それに、私の命だって。」
ディラン
「お礼を、言うのは俺の方だ。
俺は、陛下やファラと知り合えたから、大切な事に気付いた。
それに、ファラが一緒だから、これまでがんばってこられたんだと思う。
本当に、ありがとう。」
ファラ
「そんな、ディランがそう思ってくれてたなんて。
私なんか、お荷物かなって、心配してたの。
だから、すごくうれしい。」
ディラン
「前にも言った。
この戦いには君の力が必要だって。」
ファラ
「王国の民のため、ランカスタの民のため、
そして、帝国の民のためにも。
絶対に、勝ちましょ。」
ファラ
「ディランがいてくれれば、何も怖くないよ。」

第16話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン、良かったね。
戦いに勝って。こうやって自分の国に戻ってこられて。」
ディラン
「でも、何たが知らない国に来たみたいな感じだよ。
人質交換のため、小さなころにこの国を出たからな。
俺にとっての故郷はセレスティア王国。
そんな、気がするよ。」
ファラ
「ねえ、ディラン。
私、考えたんだけどね。
帝国と王国がひとつの国になっちやうってのはどうだろ?」
ディラン
「えっ!?」
ファラ
「そうすれば、これからもずっと、争いは起きないと思うの。
平和な未来のために、そうするのが一番のような気がする…。
ううん、本当は私がディランと離れたくないだけ。
だって私、ディランの事が…。」
ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ごめんね、ディラン。おかしな事を言っちやって。」
ディラン
「いいや、ちっともおかしな事じゃないよ。
帝国と王国がひとつになる。
それこそが、最高の未来なのかもしれない。
とても難しい事とは思うけど、前向きに考えていかないか?
俺だって…ファラと離れたく…ないから。」
ファラ
「ディラン。」
ファラ
「ディランと離れるなんて、つらいな。」

第17話

ディラン
「ファラ。」
ファラ
「ディラン、何だかとんでもない事になっちゃったね。
女神クラヴィスが復活して、オヴァドがルーンハイムに衝突しようとしてて。
私の中に、女神ファーライトの魂が宿ってるなんて。」
ディラン
「そうだな、本当に驚いたよ。」
ファラ
「ね、ディラン。
こうやってディランと話してる私は、どっちなのかな?
ファラなのかな?
それとも、女神ファーライトなのかな?
ディランと一緒に泣いたり笑ったりして、ここまできた私…。
ディランの事が大好きな私は、どっちなのかな?」
ディラン
「ファラ…。」
ファラ
「ごめんね。
何だか、不安になっちゃっただけなの。
自分が、本当の自分じゃないかもって思ったら…。」
ディラン
「ファラ、よく聞くんだ。
たとえ、女神ファーライトの魂が宿ってたとしたって、ファラはファラだ。
優しくて、思いやりがあってだけど少し泣き虫で、それでもがんばり屋。
そんな、俺の大好きなファラなんだよ。」
ファラ
「ディラン…。」
ディラン
「クラヴィスを倒し、今度こそルーンハイムに平和を取り戻そう。
そしたら、俺達の未来を作っていこう。
約束だ。ファラ。」
ファラ
「うん。」
ファラ
「ディランの事を好きな気持ちは、本物だから。」

エンディング

ファラ
「やっと、一段落ついたね。ディラン。」
ディラン
「ああ、そうだな。忙しさで目が回るかと思ったよ。」
ファラ
「だけど、こんな事になるなんて思ってなかったな。
王国と帝国が、ひとつの国になるなんて。」
ディラン
「両国の民が賛同してくれたからできた事だ。」
ファラ
「みんな、もう憎しみあっていても仕方がないって分かってくれたんだね。
でも国が一緒になったことで、まだ混乱があるみたいだし。がんばっていかないとね。」
ディラン
「なあ、ファラ。本当に、良かったのか?」
ファラ
「何が?」
ディラン
「女神ファーライトとして、ファスティアナに戻らず…、
この世界、ルーンハイムに戻ってくる事にして。」
ファラ
「行って欲しくないって言ったのはディランでしょ?」
ディラン
「確かにそうだけど、もしかしたらとんでもない事を頼んだのかもって…。」
ファラ
「フフフ、いーんだよ。私、すっごくうれしかったから。
前にも言ったとおり、私は転生して人間になったの。
だから、人間としてこの大好きなルーンハイムで暮らしたいの。
それに、もし私がファスティアナに行ったら…。
ディランと、離れ離れになっちゃうじゃない。
そんなの、絶対嫌なんだ。
大好きなディランがいない世界なんて、そんなのつまんないもん。」
ディラン
「ファラ…。」
ファラ
「これからも、ずっと一緒だね。ディラン。」

コメント