【夜会話】ディラン

スポンサーリンク

第1話

ファラ
「ディラン」
ディラン
「会場にいないと思ったら、ここにいたんだな。ファラ。
ふう、何だか疲れたよ。」
ファラ
「フフ、ダメよ。主役がそんなこと言っちゃ。」
ディラン
「でも、あんなにたくさんの人が集まってくれるなんて思ってもなかったよ。」
ファラ
「それだけ、ディランがみんなに慕われてたって事だね。」
ディラン
「ありがたいよ、本当に。
帝国の皇子である俺を、陛下は家族として受け入れてくれた。
王国の人達だってそうだ。みんな、俺に親切にしてくれた。
俺は、時々自分が人質である事を忘れそうになったくらいなんだ。
陛下やこの国の人達には感謝している。
もちろんファラ、君にも。」
ファラ
「ディラン…。」
ディラン
「俺が、どんなに冷たく接しても、君は俺を嫌いにならないでいてくれた。
俺が心を開けたのは、君がいてくれたからだ。
ファラ、ありがとう。」
ファラ
「やめてよ、そんな お礼だなんて。
何だかもう会えないみたいじゃない。
離れ離れになっちゃうけど、私達が家族だってのは変わらないんだから。」
ディラン
「ああ、そうだな。
これからも、よろしく。ファラ。」
ファラ
「うん、ディラン!」
ディラン
「俺が変われたのは、君のおかげだ。」

第2話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラが、外に出て行くのが見えたから。
眠れないのか?」
ファラ
「…うん。
目を閉じると、あの時の光景が浮かんでしまって…。」
ディラン
「すまない、ファラ。俺がもっと早くに、王宮にたどりつけていたら…。」
ファラ
「ううん、ディランは帝国を裏切ってまで助けにきてくれた。
それだけで、十分だよ。」
ディラン
「ファラ…。」
ファラ
「でも、お父様も亡くなって、お兄様も行ってしまって…。
私、これからどうすればいいのかな?
不安で不安で、たまらないよ。ディラン。」
ディラン
「俺がいる、ファラ。
約束する、どんなになっても俺は君の側にいて、君を助ける。
俺じゃ、陛下の代わりにはなれないかもしれないけどな。」
ファラ
「そんなことない、ディランがいてくれるだけで、私は心強い。
明日から、私は強くなる。ディランがいてくれるなら、私、がんばれる。
だけど…今夜だけは泣いてもいいよね。
今夜だけは…。」
ディラン
「ああ、もちろんだよ。」
ファラ
「ディラン…。
ディラーン!」
ディラン
「ファラ、俺が側にいるから………。」

第3話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、何をしてるんだ?」
ファラ
「いろんな事がありすぎて、まだ落ちつかないの。
だから、ちょっと夜風に当たってたんだ。」
ディラン
「ファラ、嘘を言わなくてもいいんだぞ。
陛下の事を、思い出していたんだろ?」
ファラ
「………うん。
こんなんじゃ、ダメなのにね。もっと、しっかりしなくちゃいけないのに。
私が、しっかりしなくちゃ、いけないのに…。」
ディラン
「いいんだよ、ファラ。ムリして、しっかりなんかしなくていい。
そんなファラを見る方が、俺はつらいんだ。」
ファラ
「ディラン。」
ディラン
「今は、ゆっくり休むんだ。何の心配もしなくていい。
俺で良かったら、いくらでも頼ってくれていいんだ。」
ファラ
「ありがとう、ディラン。」
ディラン
「もう、ムリなんてしなくていいんだ。」

第4話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、まだ起きててくれて良かったよ。
ソティナさんから預かった宝珠、見せてくれないか?」
ファラ
「うん、いいよ。」
ディラン
「見たところ、ただのキレイな玉なのに、
あんな不思議な力を秘めてるなんてな。
………。
やっぱり、ダメ…か。」
ファラ
「どうしたの?」
ディラン
「いや、女神ファーライトの力で、奇跡が起きないかなって思ってさ。
宝珠に、祈ってみたんだ。陛下が…生き返りますようにって。」
ファラ
「ムリよ。だって、もう私が祈ったもの。」
ディラン
「そうか…。」
ファラ
「でも、過去は変えられなくても未来は変わると思うの。
だから、これからの事を祈りましょ。」
ディラン
「そうだな。」
ファラ
「どうか、王国と帝国が仲良く暮らせる日が来ますように。
お兄様が、昔の優しいお兄様に戻ってくれますように。
(どうか、ディランがずっと側にいてくれますように)」
ディラン
「君と一緒にいる事が、俺の望みだ。」

第5話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、今日は大変だったな。」
ファラ
「うん、でも怪我人が少なくて良かったわ。」
ディラン
「そうだな、ルーガの指揮でみんな黄金宮に避難したからな。
それはそうと、ファラ。ちょっと、話したい事があるんだ。」
ファラ
「え?」
ディラン
「いや、もし誤解があったら良くないと思ってな。その、エルナディータの事で。」
ファラ
「あ、ディランの許婚のエルナディータさんの事ね。
あんな可愛い許婚がいたなんて、教えてくれれば良かったのに。」
ディラン
「違うんだ。許婚の存在を知らされたのは人質返還の後なんだ。
もちろん、彼女と会ったのはその時が初めてだし、秘密にしてたわけじゃない。
それに、こうなってしまった以上、彼女と結婚する事はないだろうし。」
ファラ
「あら、じゃあこうなってなかったら、結婚してたって事なのね。」
ディラン
「いや、それは言葉のあやで。何て言うかその、結婚はお互いの意志が重要で…。
つまり、俺にはまだそんな意思はないという事でだな、えっと…。」
ファラ
「(ディラン、必死になってる。フフ、何だか可愛いな)」
ディラン
「ファラ、信じてくれ、俺は………。」

第6話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、今日はありがとう。
危険をおかして、王都にまで助けにきてくれて。」
ファラ
「ううん、王都への潜入は、私がお願いしたようなものだもん。
私こそ、お礼を言わないと。
ディランが情報を集めてきてくれなかったら、どうしようもなかったもの。」
ディラン
「いよいよ、明日だな。」
ファラ
「うん、もう覚悟は決めてるつもりなのに、やっぱり怖いな。」
ディラン
「俺も、正直怖い。だけど、俺は信じてる。
ファラの立てた、この作戦を。」
ファラ
「ありがとう、ディラン。」
ディラン
「ファラ、俺はすべての力を君に預ける。
必ず勝って、王国を取り戻そう!」
ファラ
「うん!」
ディラン
「ファラ、俺は君を信じる。」

第7話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「やっぱり、まだ起きてたのか。」
ファラ
「うん、女王になるって事を考えてたの。
ねえ、ディラン。やっぱり、私断ろうと思ってるの。
私には、とてもムリだわ。セレスティアの女王だなんて。」
ディラン
「俺は、ムリだなんて思わない。
それどころか、ファラにしかできないと、思ってる。」
ファラ
「私が、王家の人間だから?」
ディラン
「そうじゃないんだ。
君は、誰よりも優しい心を持っている。
かたくなだった俺の心をほぐしてくれたのも、君のその優しさだ。
そんな君だから、本当に平和な国を作れるような気がするんだ。」
ファラ
「ディラン。」
ディラン
「俺にできる手助けなら何だってする。
だから、女王になってくれないか?
いい返事を、期待してる。」
(ディラン去る)
ファラ
「ディラン、ありがとう。
ディランがそう言ってくれるなら、私、できるような気がする。」
ディラン
「君の優しさに、俺は救われたんだ。」

第8話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、風邪をひくぞ。セレスティアとは気候がまるで違うんだから。」
ファラ
「うん、そうだね。ごめん、ちょっと考え事をしてたの。
ノインお兄様の事を。」
ディラン
「すまない、俺の力が足りず、ラディウスに…。」
ファラ
「ううん、ディランのせいじゃない。だから、謝らないで。
あのね、私今、少しだけホッとしてるの。
お兄様は、洗脳されていた。
それって、お父様を襲ったのも本心じゃないって事でしょ。」
ディラン
「ファラ、必ずノイン王子を助け出そう。
あの時、王子は本当の自分を取り戻しかけていた。
洗脳を解く事も可能なはずなんだ。
元に戻ったノイン王子が仲間になってくれたら、こんなに心強い事はない。」
ファラ
「そうだね、ディラン。
(もし、お兄様が戻ってきてくれたら…。
お兄様に、なってもらおう。セレスティアの王様に。)」
ディラン
「諦めずに、前に進もう。」

第9話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「まだ、起きてたのか。ファラ。
でもまあ、その気持ちも分かるけどな。
伝説の神竜ハインラインの背中に乗って、
女神ファーライトが造ったマナの門を目指す。
こんなとんでもない経験をしてるんだもんな。」
ファラ
「うん、こんな経験したくたってできないでしょ?
だから、少しだけ夜ふかししちゃってるんだ。
眠っちゃったら、何だかもったいないような気がするんだもん。」
ディラン
「ハハハ、ファラらしいな。その考え方。
よし、俺も少しだけファラと一緒に起きていようかな。」
ファラ
「うん、そうしよ。ディラン。」
ディラン
「今日はもう少し、ファラに付き合いたい気分なんだ。」

第10話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「あの子は、一緒じゃないのか?」
ファラ
「あくり~んちゃんね。眠くなって寝ちゃったの。
ずっとはしゃいでいたから疲れちゃったみたい。」
ディラン
「宝珠が光って、あの子が現れた。そうだったな?
それで、壊れたマナの門を直してしまった。
どうやら、俺達はまた宝珠の力に救われたようだな。」
ファラ
「うん、そうみたいだね。」
ディラン
「マナの門を直してしまうあの子の力は不思議だけど、悪い子じゃなさそうだ。
しばらく、様子を見る事にしよう。」
ファラ
「うん、そうしよ。」
ディラン
「だけど、あくり~んはどうしてあんなにもファラになついてるんだろうな?
ムームーの時もそうだったし、
ファラは何だかよく分からないモノになつかれる質なのかもしれないぞ。」
ファラ
「何だかよく分からないなんて言ったら、ふたりとも怒っちゃうよ。」
ディラン
「ごめんごめん、ふたりには内緒にしておいてくれ。」
ファラ
「どうしよっかな、フフフ。」
ディラン
「またファラに助けられたよ、ありがとう。」

第11話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「まだ、起きていたのか。
きっとファラの事だから、ファングの過去について考えてるんだろうな。」
ファラ
「うん、そうなんだ。ファングさんは、悲しい過去を背負ってるんだなって。
ううん、ファングさんだけじゃないよね。
戦争で悲しい思いをしてる人は一杯いるんだから。」
ディラン
「そうだな。
それが戦争だって、言ってしまうのは簡単だ。
だけど、こんな事は間違っているんだ。
みんなが、悲しい思いをしなくてすむような世界にしなくちゃならない。
俺は、そう思うんだ。夢物語かもしれないけどな。」
ファラ
「ううん、そんな事ない。夢物語なんかで終わらせちゃダメなんだよ。
ディラン、一緒にそんな世界を目指しましょ。」
ディラン
「ああ、そうしよう。ファラ。」
ディラン
「ファラ、君とならできる気がする。」

第12話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「今日は、悪かった。駆けつけたのにもかかわらず、ファラを助けられなくて。」
ファラ
「ううん、こっちこそごめんね。勝手に城を飛び出しちゃって。
でも、お兄様の洗脳が解けて本当に良かったわ。
これで安心して、王国をお兄様に任せられる。」
ディラン
「ファラ、ノイン王子の事なんだけどな。」
ファラ
「何?」
ディラン
「知ってのとおり、洗脳されている間の事をノイン王子は覚えていない。
だから、あの事は言わなくてもいい…。
いや、言うべきではないって思うんだ。
謁見室での、出来事を。」
ファラ
「うん、分かってる。私もそのつもりだったから。
でも、それで本当にいいのかな?」
ディラン
「いいに決まってるさ。陛下だって、それを望んでるはずだ。
陛下は、城に攻め込んできた帝国兵の手によって命を落とされた。
それが、真実なんだ。いいな、ファラ。」
ファラ
「うん、ディラン。」
ディラン
「真実は、俺達の胸にしまっておこう。」

第13話

ファラ
「…ディラン。」
ディラン
「ここにいたのか、ファラ。探したよ。」
ファラ
「ごめんね、勝手にいなくなったりして。
でも、私もうダメみたい。もうがんばれないよ。
だからディラン、私の事はもう…。」
ディラン
「ファラ、気持ちは…分かる。だけど、俺達は前に進まなきゃならない。
ノイン王子も、それを望んでいるはずだ。」
ファラ
「…お兄様ね、私に言ったの。
自分が国王になったら、争いのない国を作りたいって。
ディランとも協力して、帝国とも仲良くしていきたいって。」
ディラン
「今、その夢は君に託されているんだ。
ゆっくりでもいい! 俺がいくらでも力を貸す!
だから、一緒に行こう!」
ファラ
「…ありがとう、ディラン。私、行くわ。」
ディラン
「俺がついている、だから一緒に行こう。」

第14話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、ありがとう。」
ファラ
「えっ?」
ディラン
「俺の父、皇帝グロッケンの亡骸を、葬ってくれた事だ。
憎い相手のはずなのに、本当に、ありがとう。」
ファラ
「ううん、当たり前の事だから。それに、ディランのお父様なんだし…。」
ディラン
「ファラ、俺は思う。父上は、悪い夢を見ていたんだって。
すべてを手に入れる事のできる強い国こそが、良い国なんだと。
でも、それは違うんだ。俺は、王国での10年で、その事を学んだ。
陛下や、ファラ、君が俺に教えてくれたんだ。
もし、人質交換がなく俺が帝都にずっといたら…。
父上と一緒に、悪い夢を見ていたのかもしれないな。」
ファラ
「そんな事ないよ。ディランは違う。
だって、ディランは最初から優しい人だもの。」
ディラン
「…ファラ。」
ディラン
「俺を変えてくれたのは、君だよ。」

第15話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「もう、ずいぶんと時間が経ったような気がする。
俺達が、セレスティア城を抜け出した、あの夜から。」
ファラ
「本当にそうだね。もう、ずっと前の事みたい。」
ディラン
「あれから俺達は、戦いを続けてきた。
それも、明日でやっと終わる。その事が、俺は正直うれしいんだ。」
ファラ
「でも、帝国は強大よ。私達で勝てるかどうか…。」
ディラン
「必ず勝てるさ。俺達には、『想い』があるから。」
ファラ
「想い?」
ディラン
「この戦争を終わらせて、再び平和な世界を取り戻したいという想い。
これ以上、苦しむ人々を増やしてはならないという想い。
そして、愛する人を、国を、守りたいという想い。
この想いがあれば、俺達は負けないはずだ。」
ファラ
「…そうだよね。私達、勝てるよね。
ありがとう、ディランのおかげで勇気が出たよ。」
ディラン
「そうか、良かった。」
ファラ
「ところで、ディランの愛する人って一体誰なのかな?」
ディラン
「!?」
ファラ
「フフフ、それはこの戦いが終わったら教えてもらおうかな。」
ディラン
「…そうだな。それまで、待っててくれ。ファラ。
必ず、君に伝えるよ。俺の、想いを。」
ディラン
「戦いが終わったら、俺の想いを伝えるよ。」

第16話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「ファラ、やっぱり起きてたんだな。
きっと、ここにいるんじゃないかって思ってた。
ここからの眺めが、一番キレイだからな。」
ファラ
「セレスティア城のテラスからの眺めもキレイだけど、
帝国も、負けてないと思うな。
たくさんの人達が築き上げてきた、帝国の文化なんだね。」
ディラン
「ああ、そうだな。」
ファラ
「ディランはこれから、皇帝としてそれを守っていくんだね。」
ディラン
「なあ、ファラ。いつ、王国に戻るんだ?」
ファラ
「明日には帰るつもり。きっと、みんなが待ってるから。」
ディラン
「そう…か。」
ファラ
「これまで、ありがとね。ディラン。
そして、今度こそお別れだね。」
ディラン
「ファラ、俺は… 俺は君と別れたくない。
できる事なら、ずっと一緒にいたいんだ。
君は俺の、大切な家族…いや、大切な女性だから。」
ファラ
「ディラン…。」
ディラン
「すまない、こんな事を言っても、どうにもならないのにな。
君は王国の女王、そして俺は帝国の皇帝。
国がひとつになりでもしなければ、ずっと一緒なんてムリだろう。」
ファラ
「国がひとつ…か。
そんな未来が本当に来ればいいのにな。」
ディラン
「俺は大切な君と、別れたくない。」

第17話

ファラ
「ディラン。」
ディラン
「まだ、起きてたのか?」
ファラ
「ディランこそ。明日の戦いの事が心配なのね。
分かるわ。だって、相手は女神クラヴィスなんだもの。
私達、勝てるかな?ううん、そんなこと言ってても仕方ないよね。
絶対に、勝てる。そう思わないと。」
ディラン
「違うんだ、ファラ。確かに女神クラヴィスとの戦いは心配だ。
だけどそれ以上に不安な事が、俺にはあるんだ。
ファラ、君がいなくなってしまう事なんだ。」
ファラ
「えっ?」
ディラン
「女神アクリーンが言っていた。君には女神ファーライトの魂が宿っているって。
もしその魂が覚醒して、君が女神になってしまったら…。
そして、ファスティアナへ帰ってしまったら…。
そう考えると、俺はどうしていいか分からなくなる。」
ファラ
「ディラン…。」
ディラン
「ファラ、約束してくれ。クラヴィスを倒し、一緒に戻ってくるって。
ルーンハイムが平和になっても、君がいなかったら俺には意味がないんだ。
俺が心から愛する、君がいなかったら。」
ファラ
「…ディラン。ありがとう、そう言ってくれてすごく、すごくうれしい。
約束する。ディランと一緒にこのルーンハイムに戻ってくるって。
私、約束するから。絶対に。」
ディラン
「お願いだ。俺の前から消えたりしないでくれ。」

エンディング

ディラン
「また、この城に戻ってこられるなんてな。正直、思ってもなかったよ。」
ファラ
「私もだよ、ディラン。でも、これはちっともおかしな事じゃないんだよね。
だって、帝国と王国はひとつの国になったんだから。」
ディラン
「俺達は、ふたつの国が手を取り合って歩んでいける未来を目指した。
最高の結果になって、本当にうれしいよ。
反発も抵抗も覚悟してた。何十年もかかるだろうって予想してた。
こんなにも早く、実現できるなんてな。これって、奇跡だよ。
もしかしたら、女神ファーライト様の力なのかもな。」
ファラ
「もー、そんなんじゃないよ。
人間として生きる事を決めてから、女神の力は消えちゃってるんだしね。」
ディラン
「ファラ。本当に、ありがとう。あの時、ルーンハイムに戻る決意をしてくれて。」
ファラ
「どうしたの? ディランいきなり。」
ディラン
「君が、あのままファスティアナに行ってしまっていたら…。
国をひとつにするなんて事、できなかったと思う。
心から愛する君と一緒だったから、成し遂げられたんだ。」
ファラ
「ディラン…。」
ディラン
「愛する君と一緒にいられる。それが、一番の奇跡だ。ファラ。」

コメント