【夜会話】ファング(ディランVer.)

スポンサーリンク
ここのつ様

第4話

ディラン
「ファング。」
ファング
「よお、ディラン。もしかして、誰かと待ち合わせか?
だとしたら、オレ、ジャマしちまってるな。」
ディラン

「いや、そんなんじゃないよ。気にしないでくれ。
そうだ、ファング。聞きたい事があったんだ。
どうして、ローングランドを離れて、俺達に力を貸す気になったんだ?

ファング
「そーだな。一言で言えば、放っとけなくなったんだよな。
一緒に行動して改めて分かったが、お前らかなりヤバイ状況だぜ。
帝国の皇子と、セレスティアの王女。この二人を帝国が放っとくはずがない。
そう考えると、ローングランドに戻ってる場合じゃないって思ってな。」
ディラン
「俺達と一緒にいれば君にまで危険が及ぶかもしれない。
それでもいいのか?」
ファング
「おいおい、この片翼のファング様をなめるなよ。
危険とスリルは大歓迎だぜ。」
ディラン
「そうか、ありがとう。ファング。
君が力を貸してくれる事、すごく心強い。
これから、よろしく頼む。」
ファング
「ああ、こっちこそな。」
ファング
「お前の事が、放っておけないだけさ。」

第5話

ディラン
「ファング。」
ファング
「よお、ディラン。まだ起きてたのか?」
ディラン
「ファングこそ。」
ファング
「オレは、見張りの交代の時間なんだ。
あんな事があったからな。これまで以上に、見張りを強化してるんだ。
もうアークランドを召喚獣だらけにされるのはゴメンだぜ。」
ディラン
「だったら、俺も一緒に行こう。」
ファング
「いいっていいって。
ここは翼のあるオレらに任せとけよ。」
ディラン
「でも、ローングランドに頼りっぱなしは良くない。だから・・・。」
ファング
「ディラン。これは、オレたちの仕事なんだ。
あんたは、あんたにしかできない事をやってくれればいい。」
ディラン
「俺にしかできないこと?」
ファング
「そうだ。それが何なのかは、頭の悪いオレには分からないけどな。
じゃあな、早く寝るんだぜ。」
ディラン
「俺にしか、できない事・・・か。そんなものがあるんだろうか?」
ファング
「あんたにしかできない事があるんだぜ。」

第6話

ディラン
「ファング。」
ファング
「おいおい、早く寝た方がいいんじゃねえか
明日は大変だぜ。」
ディラン
「ああ、分かってるよ。すぐに寝るつもりだ。」
ファング
「それにしても、ディラン。
お前って、スゲー奴だよな。オレ、正直驚いたぜ。」
ディラン
「え?」
ファング
「王都に潜入して情報を集めて、あんな計画を立てちまうんだから。
しかも、みんなを説得しその気にさせちまった。
本当に大したもんだよ。」
ディラン
「おだてたって何も出ないぞ。ファング。」
ファング
「おだててんじゃねーよ。本当にそう思うんだ。
お前には、人の上に立つ、素質ってゆーか何かがな。
だからこそ、オレはお前の作戦に乗ったんだ。
明日は、一緒に大暴れしてやろうぜ。
帝国の連中に一泡も二泡も吹かせてやるんだ。」
ディラン
「ああ、頼りにしてるよ。ファング。」
ファング
「お前になら、俺の命、預けられるぜ。」

第7話

ディラン
「ファング。」
ファング
「よっ、国王様。夜ふかしは体に毒だぜ。」
ディラン
「やめてくれよ、ファング。
まだ引き受けるかどうか決めてないんだから。」
ファング
「悪い悪い、つい、調子にのっちまった。
だけどよ、そんな、固っ苦しく考えなくていーんだぜ。
別に国王だからって、何もかも決めなきゃならないわけじゃない。
みんなで決めて、みんなで行動すりゃいい。
これまでとなんら変わらないじゃないか。」
ディラン
「そう言われると、そうかもしれないな。」
ファング
「だろ?相談だったら、いくらでも受けつけるからよ。
みんなで一緒に、がんばってこーぜ。
おっと、オレも寝なきゃな。明日から忙しそうだし。
じゃーな、いい返事を待ってるぜ。」
ディラン
「(ありがとう、ファング。おかげで、決心がついたよ)」
ファング
「ま、気楽にいこうぜ、王様。」

第8話

ディラン
「ファング。」
ファング
「ひゃ~~~、さみ~~~。
ディラン、よくこんな寒いとこいられるよな。
ううう、オレに残された片羽根が、凍ってもげちまいそうだぜ。」
ディラン
「ファング、こんなこと聞いて気を悪くしたら謝るけど・・・。」
ファング
「オレの左の羽根はどうしたか? だろ。」
ディラン
「事故か何かなのか?」
ファング
「違うよ。召喚戦争の時、帝国の奴に斬り落とされたのさ。」
ディラン
「えええっ!そんな、その時代なら、ファングはまだ子供じゃないか!」
ファング
「ああ、子供さ。でも、そんな子供のオレにも、
容赦なく刀は振り下ろされた。」
ディラン
「すまない、ファング。聞くべきじゃなかった。」
ファング
「いいって、そのうち自分から話すつもりだったしな。
こんなだから、最初は満足に飛べずに、みんなにバカにされたさ。
でも、必死になって鍛えて、
今じゃローングランドで一番速く飛べるんだぜ。」
ディラン
「それはスゴイな。感心するよ。」
ファング
「どんな絶望からも、必ず這い上がれる。
それが、オレがこの片羽根から学んだ事さ。
じゃーな、ディラン。カゼひく前に、宿に戻るんだぜ。」
ディラン
「(どんな絶望からも、必ず這い上がれる
いい事を教わった気がする。ありがとう、ファング)」
ファング
「どんな困難でも、跳ね除けてやろうぜ。」

コメント