【夜会話】ナップ(レックスVer.)

スポンサーリンク

第2話 陽気な漂流者

ナップ
「しかし、あれだよな
まさか、本当に海賊の仲間になっちまうとは思わなかったよ」
レックス
「やっぱりナップは納得できないかい?」
ナップ
「そりゃあ、そうだって だって、もともとヤツらが船を襲ってこなければ・・・
こんなことにはならなかったんだもん」
レックス
「うん・・・」
ナップ
「でもさ、そういうのをとっぱらってみたら
ここの連中ってオレ、結構好きだぜ
お頭のカイルなんかすげえ男らしくてカッコイイし」
レックス
「そっか・・・」
ナップ
「ふあ・・・っ」
レックス
「ほら、そろそろ眠ったほうがいい 久しぶりのベッドなんだしさ」
ナップ
「うん、そうだなそうするよ・・・」
心配せずに眠るんだ なにがあっても、俺は約束を守るから・・・

第3話 はぐれ者たちの島

ナップ
「なんだよ、あいつらまったく・・・」
レックス
「まだ、怒ってる?」
ナップ
「当たり前だろ! アンタのおかげで助かったっていうのに
あいつら、礼ひとつ言わないなんて・・・」
レックス
「いいんだよ俺が好きでやったことなんだからさ」
ナップ
「はぁ・・・アンタって、本当にお人好しだな
なあ、どうしてそんな風に他人を信じられるんだよ?」
レックス
「どうして、って言われてもなあ・・・」
特別な理由があるってわけじゃないんだよ 本当に・・・

第4話 海から来た暴れん坊

レックス
「なんだい、話したいことがあるって?」
ナップ
「あのさ・・・一応、謝っとく・・・
さっきから、オレ なんか態度が悪いから」
レックス
「気にしてないよそんなこと
誰だってさ 機嫌が悪いときはあるものだからね」
ナップ
「・・・っ
アンタ・・・やっぱり、ちっともわかってない・・・」
レックス
「ナップ?」
ナップ
「用事はそれだけだよ じゃ、おやすみ!」
レックス
「あ・・・」
ナップ・・・いったい、なにが気に入らないっていうんだろう?

第5話 自分の居場所

レックス
「先生って呼んでくれたの 初めてだよね?」
ナップ
「う、うん・・・」
レックス
「ありがとう うれしかったよ」
ナップ
「そ、そんなのっ、改まって確認するなよな! まったく・・・」
レックス
「それで、学校のことなんだけど・・・」
ナップ
「続けていいよ オレ、もう平気だから
ただ、オレの授業は別にやってほしい
オレ、頭が悪いからやっぱ、つきっきりで教えて欲しいし・・・
ダメ?」
レックス
「そんなことないさ なんとか、がんばってそうしてみるよ」
ナップ
「うんっ!」
忙しくなりそうだけど この子のためにもがんばらなくちゃな!

第6話 招かざる来訪者

レックス
「ナップはさ 最近、スバルと仲がいいみたいだね」
ナップ
「うん、まあな
俺もあいつも、勉強より身体を動かすことが好きだからさ
一緒になって、外で遊んでるんだぜ」
レックス
「へえ」
ナップ
「それに、俺一人っ子だったからさ
ニイちゃんって呼ばれるとさ やっぱうれしいんだよな」
レックス
「そっか・・・」
ナップ
「この島にいる連中と仲良くしていくなんて 最初は絶対無理って思ってたけど
話してみたら全然、そんなことなかったって思ったよ
先生が言ってたとおりだったってね」
ナップからすればいい弟分ができたってことなんだろうな

第7話 すれ違う想い

ナップ
「惜しかったよな せっかく、話ができるかもしれなかったのに
あの大砲のせいで、全部、ブチ壊しになっちゃってさ」
レックス
「仕方がないさ、あの状況じゃみんなを守ることのほうが大切だったからね
それに、機会はまた作ればいいだけさ」
ナップ
「そっか・・・そうだよな?」
レックス
「ああ、俺は俺の信じてるやり方でこれからもがんばっていくことに決めたよ
ナップがきっかけをくれたおかげだな・・・」
ナップ
「よしてくれよ オレはただ、アンタがへこんでるのが気に食わなかっただけで
別に、たいしたことしてないんだからさ」
レックス
「それでも、ありがとう」
ナップ
「や、やめろってば!
ったく・・・ どうしてアンタはそう恥ずかしいことを言えるんだよ?」
本当に、感謝してるよナップ・・・

第8話 卑怯者

ナップ
「起こしちゃった?」
レックス
「いや、もう目は覚めていたからさ」
ナップ
「カイルが、ここまでおぶって連れてきてくれたんだぜ」
レックス
「そっか・・・後で、きちんとお礼をいわなきゃな」
ナップ
「さっきの戦い、さ なんか、似てたよな
俺が飛び出して捕まった時とさ」
レックス
「ああ、なるほど 言われてみればそうかもしれない
あの時と同じこと また、やっちゃったわけか・・・」
ナップ
「そんな、他人事みたいに・・・
まあ、アンタがそういう性格なのはいい加減、オレもわかってきたけど
それでも、すこしは自分のことも大切にしろよな!」
レックス
「そうだな・・・
倒れちゃったら、もう誰かを守ることさえできなくなるってことだもんな・・・」
ナップ
「そうだよ
早く元気になってスバルたちを安心させてくれなくちゃ」
レックス
「うん・・・」
子供たちを不安にさせるようじゃ先生失格だもんな うん・・・

第9話 先生の休日

ナップ
「あーあ、せっかくいい気分で一日が終わると思ったのに
最後の最後でケチがついちゃったよなあ」
レックス
「そうでもないさ 俺にとっては、すごく楽しい一日だったよ
また機会を見つけて、みんな一緒に出かけられるといいよな」
ナップ
「うん・・・
ずっと、ずっとこうしていられるといいんだけどな」
レックス
「え・・・」
ナップ
「いつかはさ、オレたちこの島から出ていくことになるんだろ?
工船都市まで送ってもらったらカイルたちともお別れだし、それに・・・
アンタを先生って呼べるのも軍学校に入るまでだしさ」
レックス
「ナップ・・・」
ナップ
「わかってるよ、オレにもみんなにもそれぞれにやるべきことがあるんだから
そのために、一人でもがんばらなくちゃいけないってことは
でもさ・・・オレ、このままずっとみんなとここで暮らしてたいよ
ずっと・・・先生の生徒のままでいたいよ・・・
ただのワガママだよなこんなの・・・」
レックス
「そうかもしれないな
でも、君がそう思うことが間違いだとは俺は思わないよ」
ナップ
「え?」
レックス
「軍学校に入るのも、島に残って暮らすのも君の好きなように決めればいいと思う
大切なのは、そう決めたことに対して自分で自分に責任がとれるかだと思うんだ」
ナップ
「自分に責任・・・」
レックス
「後悔をしないように、完璧な答えを選ぶなんてこと誰にもできないけどさ
後悔しても構わない、そう覚悟して進むことならなんとかできると俺は思う」
ナップ
「・・・!」
レックス
「ワガママだっていいんじゃない?
生きていくことって 結局、自分の意志を通していくことだし
どうせだったらさ、やりたいことを通していくほうが、気分いいだろ?」
ナップ
「そうだね・・・」
レックス
「しっかりと考えて納得できる答えを探してごらん
それがどんな答えでも君が正しいと信じられるものなら
俺は、応援するよ」
ナップ
「・・・うん
ありがとう、先生!」
家庭教師としては失格だろうけど でも・・・これでいいよな?

第10話 もつれあう真実

ナップ
「命を奪いあうことも、捨てることも俺は認めない、か・・・
そう言ったときの先生 ちょっと、カッコ良かったぜ」
レックス
「か、からかうなよ」
ナップ
「ホントだってば なんか、正義の味方って感じだったもん」
レックス
「正義の味方だなんてかいかぶりすぎだよ
俺はただ、周りの誰かが傷ついたり悲しんだりするのが見たくないだけ
自分の身勝手をとおしてるだけだよ」
ナップ
「身勝手でも、別にいいと思うけどな」
レックス
「え?」
ナップ
「だって、先生の身勝手って、絶対に自分以外の人のことを考えてるじゃないか
最初は、正直呆れてたけどさ なんとなく、わかってきた気がするんだ」
レックス
「ナップ・・・」
ナップ
「誰かを守るために強くなる、か・・・
どうせなるんだったら オレも、そんな軍人目指してみようかな?」
嬉しいけど・・・なんだか、ちょっと複雑な気分だな・・・

第11話 昔日の残照

ナップ
「三人だけで遺跡に行くって言った時はちょっと心配したぜ
前みたいに、また大変なことになるんじゃないかと思ってさ」
レックス
「おいおい、そこまで信用できないのか?」
ナップ
「だって、アンタは前歴ありまくりだし オレより、よっぽど危なっかしいもん」
レックス
「(そこまで言うか・・・)」
ナップ
「ま、でも無事に戻ってきたんだから別にいいや」
レックス
「封印が成功したかどうかはちょっと微妙みたいだけどな」
ナップ
「仕方ないって だって本当ならふたつの剣が必要なことなんだろ?
すくなくとも、今は護人同士のいざこざが消えただけでもよしとしなくちゃ」
うん、そうだな ナップのいうとおりだよな・・・

第12話 黄昏、来たりて

レックス
「すこしは、落ちついてきたかい?」
ナップ
「・・・・・・」
レックス
「無理もないよな あんな光景を目の前で見せられたんだから
あれは・・・ひどすぎた・・・」
ナップ
「でもあれが戦場なんだろ?
軍人になるってさ ああいう戦いに参加するってことなんだろう?」
レックス
「・・・」
ナップ
「わかんなくなってきちゃったよ
強い軍人になって、みんなを守りたいだけど・・・
あんな戦いを続けていく自信なんてオレ、全然ないよ!」
レックス
「ナップ・・・」
ナップ
「わからないよ、先生 オレ、どうしたらいいのか・・・
わからないよぉっ!?」
ごめん、ナップ 俺にも、その答えはわからないんだよ 今でも・・・

第13話 断罪の剣

ナップ
「まさか、イスラがもう一本の剣の持ち主だったなんて・・・
なんで、あんなヤツが選ばれたんだろう
見る目が無いよなあ 剣の意志ってのも」
レックス
「うーん、だけどそれを言うんなら俺が選ばれたのだって、どうかと思うぞ?」
ナップ
「先生はいいんだよ だって、正しい使い方してるじゃないか?」
レックス
「正しい使い方ってなにを基準にして?」
ナップ
「え、それは・・・」
レックス
「俺にしろ、彼にしろ 選ばれたのは多分そんな理由じゃないんだ
単純に、剣を使える資質があっただけ そういうことさ
だから、決められた正しい使い方なんてあの剣にはないんだよ」
ナップ
「そんな・・・」
レックス
「いくら強い力を秘めていたって、道具は道具 使い方を決めるのは持ち主なんだ
そのことを忘れたらいけないよ」
ナップ
「う、うん・・・」
俺自身も、な・・・

第15話 相談イベント

通常会話に掲載

第15話 ひとつの答え(好感度・通常)

ナップ
「やったな、先生!これでもう、無色の派閥なんかこわくないぜ!」
レックス
「ああ、みんなが俺に力を貸してくれたおかげだよ」
(ここから相談した場合の追加台詞)
レックス
「とくに、ナップ 君がいなかったらきっと俺は立ち上がれなかった
君の言葉が勇気づけてくれたから・・・
俺は、本当に自分が守りたかったものを見つけることができたんだよ
ありがとう・・・本当に、感謝してる」
ナップ
「いいんだってば! 改めて、礼を言われるようなことなんかじゃないって!
だって、アンタはオレの先生でオレはアンタの生徒だもん
そんなの、全然当たり前のことだって!」
レックス
「そっか・・・」
(ここまで相談した場合の追加台詞)
ナップ
「あとは、イスラをやっつけて紅の暴君を封印するだけだな?」
レックス
「ああ、だけど間違いなく今までで、一番きつい戦いになるだろうな・・・
心も、身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ きっと、彼には勝てない」
ナップ
「だいじょうぶだって!
だって、今の先生には オレたち、みんながついてるんだもん
前みたいに、一人きりで戦うんじゃない みんなで、戦うんだ!」
レックス
「ナップ・・・」
ナップ
「ぶちかましちゃおうぜ?イスラの目を覚ますくらい きっついのをさ!」
レックス
「ああ、そうだな!」

第15話 ひとつの答え(好感度・大)

ナップ
「やったな、先生!これでもう、無色の派閥なんかこわくないぜ!」
レックス
「ああ、みんなが俺に力を貸してくれたおかげだよ」
(ここから相談した場合の追加台詞)
レックス
「とくに、ナップ 君がいなかったらきっと俺は立ち上がれなかった
君の言葉が勇気づけてくれたから・・・
俺は、本当に自分が守りたかったものを見つけることができたんだよ
ありがとう・・・本当に、感謝してる」
ナップ
「いいんだってば! 改めて、礼を言われるようなことなんかじゃないって!
だって、アンタはオレの先生でオレはアンタの生徒だもん
そんなの、全然当たり前のことだって!」
レックス
「そっか・・・」
(ここまで相談した場合の追加台詞)
ナップ
「あとは、イスラをやっつけて紅の暴君を封印するだけだな?」
レックス
「ああ、だけど間違いなく今までで一番きつい戦いになるだろうな・・・
心も身体も、全てをかけてぶつかっていかなくちゃ、きっと彼には勝てない」
ナップ
「だいじょうぶだって!
だって、今の先生にはオレたち、みんながついてるんだもん
前みたいに、一人きりで戦うんじゃない みんなで、戦うんだ!」
レックス
「ナップ・・・」
ナップ
「ぶちかましちゃおうぜ? イスラの目を覚ますくらい、きっついのをさ!」
レックス
「ああ、そうだな!
それが終わったらいよいよ、この島ともお別れだな・・・」
ナップ
「あのさ、先生・・・そのことなんだけど・・・
オレ、本当は・・・ずっと、この島にいたいって思ってるんだ・・・」
レックス
「え・・・」
ナップ
「逃げるつもりで言ってるんじゃないぜ!
よく考えて、決めたんだ
言ったよな? オレが軍人を目指したのは先生に憧れたからだって」
レックス
「ああ・・・」
ナップ
「先生と出会って、一緒にこの島で暮らしてきて改めて思ったんだ
オレが本当になりたいのは先生みたいな軍人じゃない
先生みたいな人間になりたかったんだって!」
レックス
「ナップ・・・」
ナップ
「だったら、軍学校に行くより、先生の側にいて色々と教えてもらったほうがいいだろ!?
勉強だって戦い方だって、先生に教えてもらったほうが絶対にいいに決まってる!
だから、オレ・・・」
レックス
「君の気持ちはわかったよ ナップ・・・
でもね・・・ それだけじゃ君の考えに、俺は賛成できない」
ナップ
「!?」
レックス
「君が初めて、俺を先生って認めてくれた時、話したよね?
昔の俺と、君は・・・どこか似ている、って」
ナップ
「あ・・・」
レックス
「だけど、今はもう違う 君はあの時よりずっと強く、たくましくなったと思う
俺も以前の俺じゃない みんな、少しずつ変わっていっているんだ」
ナップ
「けど・・・っ」
レックス
「君は、君だよ どれだけ真似をしたって絶対、俺にはなれない
俺が、君になれないようにね」
ナップ
「先生・・・」
レックス
「憧れてくれるのはうれしいよ でも、自分のことだから、俺は自分の欠点だってわかってる
そして、それ以上に・・・
先生という立場だったからこそ、君のもってる君だけの魅力が、俺にはよくわかるんだ」
ナップ
「オレの、魅力・・・」
レックス
「だからこそ、俺は君にもっと広い世界を見てほしい
俺たちだけじゃない、色んな人と出会って色んなことを経験してほしい
決めるのは、それからだって遅くはないだろう?」
ナップ
「うん・・・」
レックス
「あわてなくたっていい 君はまだ、最初の一歩を踏み出したばかりなんだ
迷ったり、疲れたらいつだって頼りにしてくれればいい
君が大人になっても、この先選んだ道が分かれることになっても・・・
俺はずっと、君の先生だから」
ナップ
「うん・・・ありがとう、先生・・・
先生に会えて、オレ・・・よかった・・・」
レックス
「ナップ・・・」

エンディング(好感度・通常)

ナップ
「明日の書きとり試験の問題 こんなカンジでどうかな?」
レックス
「うん・・・こことか、ここの部分とかちょっと難しくないか?」
ナップ
「うーん・・・試験の問題作りってさ 結構、大変なんだなあ」
レックス
「簡単すぎると意味がないし 難しいと、みんなのやる気がなくなっちゃうからね」
ナップ
「試験を受ける立場の時は 生徒にばっかり苦労させて!とか、思ってたけどさ
受けさせる立場のほうも 問題作りや、採点なんかで苦労してたんだよなあ」
レックス
「でも、そのぶんだけ生徒たちのがんばりを見るとうれしくなるだろ?」
ナップ
「うん、それは言える!
マルルゥが、かけ算を暗唱できるようになった時は ホント、うれしかったし」
レックス
「そういう喜びがあるから先生って、やめられなくなるんだよなあ・・・」
ナップ
「ゲンジ校長が言っていたとおりだったよなあ」
レックス
「次の季節の巡りからは他の生徒たちも、学校に来るかもしれないってさ」
ナップ
「ホントに!?」
レックス
「ああ、ユクレス村や風雷の郷のお母さんたちが、ミスミさまにお願いしに来てるんだって
そのためには、俺たちももっと、がんばらないとな」
ナップ
「よーし、それまでには、オレも見習いじゃなく、一人前の先生になってやるぞ~っ!」
レックス
「うん、その意気だ!」
これからも 色々と 教えてくれよな、先生。・・・じゃなくて、先輩

エンディング(好感度・大)

ナップ
「明日の書きとり試験の問題 こんなカンジでどうかな?」
レックス
「うん・・・こことか、ここの部分とかちょっと難しくないか?」
ナップ
「うーん・・・試験の問題作りってさ結構、大変なんだなあ」
レックス
「簡単すぎると意味がないし、難しいとみんなのやる気がなくなっちゃうからね」
ナップ
「試験を受ける立場の時は、生徒にばっかり苦労させて! とか、思ってたけどさ
受けさせる立場のほうも 問題作りや、採点なんかで苦労してたんだよなあ」
レックス
「でも、そのぶんだけ、生徒たちのがんばりを見るとうれしくなるだろ?」
ナップ
「うん、それは言える!
マルルゥが、かけ算を暗唱できるようになった時は、ホントうれしかったし」
レックス
「そういう喜びがあるから、先生ってやめられなくなるんだよなあ・・・」
ナップ
「ゲンジ校長が言っていたとおりだったよなあ」
レックス
「次の季節の巡りからは、他の子供たちも学校に来るかもしれないってさ」
ナップ
「ホントに!?」
レックス
「ああ、ユクレス村や風雷の郷のお母さんたちがミスミさまにお願いしに来てるんだって
そのためには、俺たちももっと、がんばらないとな」
ナップ
「よーし、それまでには、オレも見習いじゃなく一人前の先生になってやるぞ~っ!」
レックス
「うん、その意気だ!」
レックス
「だけど、こうして星空を見あげているとすごく実感できるよ・・・
本当に、俺・・・帰ってきたんだなあ、って」
ナップ
「うん・・・それは、オレも同じだよ
不思議だよなあ
軍学校の宿舎でさ、さみしくなっちゃった時真っ先に思い浮かんできたのは
マルティーニの屋敷じゃなくてここのことばかりだったんだよな・・・」
レックス
「そっか・・・」
ナップ
「あ、でもさ! 家のことどうでもいいって思ってるワケじゃないぜ
オレの考えに賛成してくれたオヤジにはものすごく感謝してるし・・・」
レックス
「やりたいことをやりなさい・・・そう言って笑顔で送り出してくれたもんな」
ナップ
「いつか、なんらかの形でちゃんと親孝行しなくちゃダメだなって思ってる
軍人としてじゃなくても先生として、立派になることで・・・」
レックス
「そうだな・・・」
ナップ
「まだまだ、オレは子供だし 色々、迷惑かけちゃうかもしれないけど・・・
いつかは、アンタと同じくらい立派な先生になるからさ
だから・・・先生・・・
これからも、よろしくご指導、お願いします!
レックス
「ああ・・・こちらこそ、よろしく!ナップ・・・」
ナップ
「へへへ・・・」
やっぱり、アンタの生徒で、オレ本当によかったよ
「受け継がれるもの」

コメント

タイトルとURLをコピーしました