【夜会話】ユエル(トリスVer.)

スポンサーリンク
夕焼け空様

第14話 確かな想い

ユエル
「へへへ・・・・」
トリス
「どうしたのユエル? すごくご機嫌みたいだけど」
ユエル
「だって、だってね 今日からはもう夜になってもひとりぼっちじゃないんだもん
暗い物陰に隠れて眠らなくったっていいんだもん」
トリス
「(そっか、今までユエルはそうやって夜を過ごしてたの)」
ユエル
「ねえねえ トリス 今日は、ユエルと一緒に寝ようね?」
トリス
「ええ・・・ってええっ!?」
ユエル
「うん、そだよ オルフルは仲間で身を寄せあって眠るの
とっても暖かいから北風だって平気だもん」
トリス
「(そういや、オルフルは家を持たない種族って言ってたっけ・・・)」
ユエル
「トリスはオルフルじゃないけどユエルの仲間だもん
だから、いいよねっ?」
トリス
「ちょ、ちょっと ユエルってば・・・」
まあ、いいや・・・ 今夜ぐらいはユエルの好きにさせたげよう

第16話 縛鎖を断つもの

ユエル
「仲直りができてよかったね トリス?」
トリス
「おかげさまでね」
ユエル
「うんうん、やっぱりトリスはこうじゃないとダメ」
トリス
「でもさ・・・ユエルは、あたしのこと、こわくないの?
もしかして、ユエルもあんな風にしちゃうかもしれないわよぉ?」
ユエル
「あはははっ そんなこと、絶対にないもんねー
トリスはユエルのためにあんなに怒ってくれたんだもん・・・
ユエル、ちゃんと知ってるんだから!」
トリス
「そっか・・・お見通しってわけね」
ユエル
「残念でしたー!」
そこまで信頼してくれてるのね ユエルは・・・

第17話 影は歌う

ユエル
「レイム、ウソつきだったんだね・・・」
トリス
「うん・・・」
ユエル
「ユエル、ウソつきはだいっキライ!!
みんなをだまして笑ってたなんて、絶対許せないもん・・・」
トリス
「ユエル・・・」
ユエル
「待っててね? 次に、レイムが来たらユエルがこてんぱんにやっつけて・・・
二人に、ちゃんとごめんなさいって言わせるから!
絶対だから!!」
気持ちはうれしいけど多分、無理だと思うわ ユエル・・・ でも、ありがとう

第18話 誰がための剣

ユエル
「ミニスのおかあさんって、すごいんだねえ」
トリス
「ええ、さすがは金の派閥で議長をしてるだけあるわね
よほどの力の持ち主じゃなくちゃ、あんな芸当できないもの」
ユエル
「うんうん♪ すっごい力だよねえ
だって、地面をあんなにぐらぐらって揺らせるんだもん
どうすれば、あんなに力持ちになれるのかなあ・・・?」
トリス
「へ?」
ユエル
「すごいなあ・・・」
トリス
「あのね、ユエル? 力ってのは、そういう意味じゃなくて・・・」
いくら力持ちでも地面を揺するなんて芸当は無理だってば まったく・・・

第19話 デグレアの闇

ユエル
「う~・・・」
トリス
「どうしたのよ ユエル?
しょんぼりしちゃってお腹の調子でも悪いの?」
ユエル
「違うよぉ・・・
逃げられちゃったのが悔しいだけ・・・」
トリス
「逃げられた?」
ユエル
「ほら!ポケットの中に、あんなにたくさん雪をつめてきたのに
なんか、知らないうちに、逃げられた・・・どこにも、残ってないよぉ・・・」
トリス
「(・・・そりゃそうよ)」
ユエル
「う~・・・」
トリス
「あのね、ユエル? 雪っていうのは、時間がたつと、なくなってしまうものなのよ」
ユエル
「でも!あそこにあった雪は、ちっともそんなことなかった!」
トリス
「わかった、わかった とにかく今回はもうあきらめなさい?
そのうち、ちゃんと雪で遊べるところへ連れてったげるから」
ユエル
「ほんと!? ホントに、ホント!?」
トリス
「ええ、なにもかもが全部終わったらね」
ユエル
「わあ・・・! ユエル、楽しみっ♪」
早く、そんな日が来るといいよね・・・

第20話 知の略奪者

ユエル
「悪魔・・・」
トリス
「ええ、あたしたちの敵はデグレアそのものじゃなくて
それを利用していた悪魔たちだったの」
ユエル
「ユエル・・・知ってるよ・・・
メイトルパにも悪魔は、やってきたことがあるもん
悪い心をばらまいて亜人や幻獣たちを別の生き物に変えようとしたって・・・
魔獣たちは、そうして生まれたんだって」
トリス
「そうなの・・・?」
ユエル
「・・・・・・」
トリス
「ねえ、ユエル? こわいなら、ファナンに帰ってもいいんだよ」
ユエル
「ユエル、まだトリスにお礼をしてないもん!」
トリス
「最初に言ったでしょ? あたしは、お礼がほしくてユエルを助けたんじゃないのよ」
ユエル
「でも・・・っ」
トリス
「あたしはね・・・ユエルを自由にしてあげたかっただけ
暗いところに隠れたり逃げずにすむようにしてあげたかったんだ
昔のあたしも・・・そうだったから」
ユエル
「トリス・・・」
トリス
「ねえ、ユエルにはなにかしたいことってある?」
ユエル
「した、こと・・・?」
トリス
「元の世界に帰すのは無理になっちゃったけど・・・
あたし、ユエルにはそのぶん、この世界で幸せになってほしいと思ってるの
したいことを思いきりさせてあげたいんだ」
ユエル
「ユエルの・・・したいこと・・・
しあわせ・・・?」
トリス
「一度、ゆっくり考えてみてごらんよ」
それが見つかった時 ユエルは今よりもっと自由になれるはずよ きっと・・・

第21話 メルギトスの嘲笑

ユエル
「みんな・・・元気ないね・・・」
トリス
「うん・・・さすがに、目の前であんなものを見たらね」
ユエル
「ゼルフィルド・・・もう、直らないの?」
トリス
「・・・・・・」
ユエル
「やだよ・・・ユエル、こんなの!
みんな悲しい顔して笑うこともできないなんて、イヤだよ!?」
トリス
「ユエル・・・」
ユエル
「ユエルは、もう誰もいなくなったりしてほしくないよ
こんなさびしいのはやだよぉ・・・」
そうね・・・ ユエルの言うとおりだよね・・・

第22話 真なる罪人(好感度・通常)

ユエル
「トリス ユエルに言ったよね?
恩返しなんかしなくていいって・・・」
トリス
「ええ、言ったわ その気持ちは、今でも変わってない
ユエルには、ユエルのしたいことをして幸せになってほしいの」
ユエル
「うん・・・
だから、ユエル 一生懸命に考えたの
自分が何をしたいのか どうしたら幸せになれるのか・・・
いっぱい、いっぱい考えたんだよ? ホントだよ!?
でもね・・・わかんなかった・・・
だって、ユエル まだまだ、知らないことが多いから」
トリス
「ユエル・・・」
ユエル
「だから、だからね! もうちょっとだけでいいから・・・
トリスの側にいてもいい?」
トリス
「・・・・・・」
ユエル
「ユエル、ちゃんとしたいこと探すから!約束するからっ!!
・・・ダメ?」
トリス
「言ったでしょう?あせる必要なんてないって・・・」
ユエル
「それじゃあ!?」
トリス
「一緒に探してあげるよ ユエルがしたいことをね?」
ユエル
「トリス・・・ ありがとう!!」

第22話 真なる罪人(好感度・大)

ユエル
「トリス ユエルに言ったよね?
恩返しなんかしなくていいって・・・」
トリス
「ええ、言ったわ その気持ちは、今でも変わってない
ユエルには、ユエルのしたいことをして幸せになってほしいの」
ユエル
「うん・・・
だから、ユエル 一生懸命に考えたの
自分が何をしたいのか どうしたら幸せになれるのか・・・
いっぱい、いっぱい考えたんだよ? ホントだよ!?
でもね・・・わかんなかった・・・
だって、ユエル まだまだ、知らないことが多いから」
トリス
「ユエル・・・」
ユエル
「だから、だからね! もうちょっとだけでいいから・・・
トリスの側にいてもいい?」
トリス
「・・・・・・」
ユエル
「ユエル、ちゃんとしたいこと探すから! 約束するからっ!!
・・・ダメ?」
トリス
「言ったでしょう? あせる必要なんてないって・・・」
ユエル
「それじゃあ!?」
トリス
「一緒に探してあげるよ ユエルがしたいことをね?」
ユエル
「トリス・・・ありがとう!!
ねえ トリス」
トリス
「ん?」
ユエル
「今晩だけ、一緒に寝てもいい?」
トリス
「・・・いいわよ
けど、今晩だけよ? これから、ユエルはこの世界に慣れないといけないんだから」
ユエル
「うん・・・約束するよ・・・」

エンディング(好感度・通常/大 共通)

戦いは終わった・・・
源罪の嵐によってリィンバウムに混乱と破壊をもたらそうとしたメルギトスの最後の企みは
彼女の命がけの行動によって完全に潰えたのだ・・・
禁忌の森に隠されていた忌まわしき召喚兵器たちは永遠に抹消されて
そこには、今・・・一本の巨木がそびえている
聖なる大樹
人々が、その樹のことをそう呼ぶようになってから
二度めの季節が・・・巡ろうとしていた・・・~聖地の森~
ユエル
「・・・トリス?
元気、ないね・・・どうしたの?
もしかして、ユエルの作ったご飯食べたからお腹がイタイの!?」
トリス
「そうじゃないって ただ、ちょっと・・・
アメルのことをね 考えてたのよ」
ユエル
「あ・・・」
トリス
「ゴメンね いつまでも、同じことばっかり考えてて」
ユエル
「いいんだよっ!仕方ないことだって ユエル、思うもん!
トリスはアメルのこと、すごく大切に思ってたもの
だから・・・仕方ないよ・・・」
トリス
「ユエル・・・
ねえ、ユエル ちょっと散歩しにいかない?」
ユエル
「お散歩?」
トリス
「ええ、どうも家の中にいると じめっとした気分になっちゃうから
アメルの様子を見がてら、森の中をぶらつきましょう」
ユエル
「うんっ♪」
ユエル
「ここの空気っていつも優しいニオイがするから、好きだな」
トリス
「この聖なる大樹はあらゆる汚れたものを吸い取って、浄化してくれてるのよ・・・
空気だけじゃなくて邪悪な魔力や、人間の欲望まで・・・」
ユエル
「スゴイよねぇ
アメルのおかげでみんな、こうやって平和に暮らすことができるんだよね
ユエルたち、アメルに感謝しなくちゃね」
トリス
「そうね・・・」
ユエル
「ありがとう、アメルっ トリスもユエルたちも元気でいるよっ♪
トリスはユエルが守るからっ!アメルのぶんまでがんばるからっ!
だから・・・安心して、そこから見ていてねっ」
トリス
「ユエル・・・?」
ユエル
「えへへへっ♪
ユエル、まだまだトリスに迷惑かけてるけどね
いつかきっと役に立ちたいなって思ってるの
アメルみたいにお料理は上手じゃないけど・・・
ユエルにできることはなんだってトリスにしてあげたいの
だから、ちょっとでいいから・・・
前みたいに、笑顔になってほしいな」
トリス
「!」
ユエル
「・・・ダメ?」
トリス
「ダメじゃないわ
ありがとう、ユエル 心配してくれて」
ユエル
「うんっ♪」
アメル、聞こえる?
あなたの愛した世界は今もこうして息づいてる
相変わらず、あたしたちは不器用な生き方しかできないみたいだけど・・・
でも、あなたは言ったよね
人間は自分自身の力だけで変われるんだって・・・
そんな人間のことが愛しいって・・・
だから、あたしも信じるわ
いつかきっと・・・誰も悲しまずにすむ未来がこの世界におとずれるって
だから・・・ずっと、ずっとこの場所から、あたしたちを見守っていてね
ねえ アメル・・・
トリス
「そろそろ戻ろっか 風がまた、強くなってきたし・・・」
ユエル
「あ~っ!?」
トリス
「ど、どうしたのっ!?」
ユエル
「風が強くなるから洗濯物をしまってってレシィに頼まれてたの・・・
忘れてたよぉ!」
トリス
「もしかして・・・あっちの空に飛んでいくシーツは・・・」
ユエル
「あーっ!?待てえぇぇぇっ!!」
トリス
「あらあら・・・このぶんだと、他の洗濯物も同じ運命になってたりして」
ユエル
「ごめんなさい・・・」
トリス
「気にしないの ほら、それより早く追いかけましょう!」
ユエル
「トリス・・・」
トリス
「二人で洗い直せばすぐに終わるもの」
うんっ! だから、だーいすきっ!
ユエル “おなかすいたよ”

コメント

タイトルとURLをコピーしました